小児医療・アレルギー・アトピー他

日々アレルギー疾患の診療をしている小児科医です.読んだ本の感想やネット情報を書き留めました(本棚2)。

アメリカの成人向け予防接種スケジュール2017年版

2017-02-22 06:26:13 | 予防接種
 アメリカの成人向け予防接種スケジュールが2017年版へ更新されたという記事を紹介します。
 日本では成人に対する定期接種は、高齢者向けの肺炎球菌ワクチン高齢者向けの季節性インフルエンザワクチンの2つだけですが、アメリカではさまざまなワクチンが推奨されています。
 また、予防接種制度も異なり、日本では定期接種は公費負担、任意接種は自己負担という仕分けがされていますが、アメリカでは健康保険で接種費用をまかなっています。

 ちなみに、昨年(2016年)の推奨内容は下図の通り(2016/7/26:日経メディカル「B肝、破傷風ワクチン、大人に勧めるべき?」
横林賢一Dr.より
);


表1 米国における19歳以上の成人に対して推奨されるワクチン
国内で販売されていない髄膜炎菌莢膜多糖体ワクチン、B型髄膜炎菌ワクチン、国内で成人への承認がないヘモフィルスインフルエンザ菌b型(Hib)ワクチン、男性への承認がないヒトパピーローマウイルスワクチン・男性に関しては割愛。



表2 米国における19歳以上の成人で基礎疾患やその他のリスクを持つ方に対して推奨されるワクチン
国内で販売されていない髄膜炎菌莢膜多糖体ワクチン、B型髄膜炎菌ワクチン、国内で成人への承認がないヘモフィルスインフルエンザ菌 b 型(Hib)ワクチン、男性への承認がないヒトパピーローマウイルスワクチン・男性に関しては割愛。


 今年の変更記事を要約すると、
・経鼻生インフルエンザワクチンが非推奨となる。
・アナフィラキシー既往のある卵アレルギー患者でも、医療従事者の監視下であれば、あらゆる種類のインフルエンザワクチンを接種可能。
・3回接種が基本であったHPVワクチン(=子宮頸がんワクチン)は、9~14歳で1回目、5カ月以内に2回目の接種をすれば、3回目の接種は不要(ただし、青年期まで未接種の場合は、従来通り3回の接種が推奨)。
・HIV陽性の成人に、新たに髄膜炎菌4価ワクチン(MenACWY)の2回接種を推奨。
・B型肝炎ワクチンが有益とされる慢性肝疾患患者のリストに、新たにC型肝炎感染者が追加される。


■ 米国の予防接種ガイドラインが更新される
2017/02/22:ケアネット、提供元:HealthDay News
 米国疾病管理予防センター(CDC)の予防接種諮問委員会(ACIP)は、米国の成人に推奨される予防接種に関する2017年版の勧告を発表した。医師は毎年更新されるこの勧告に従い、患者に適した予防接種を実施する。報告の筆頭著者であるDavid Kim氏は、「重篤な疾患の感染、拡大を予防するため、誰もが予防接種を受ける必要がある」と述べている。
 主な変更点として、まずインフルエンザの経鼻ワクチンが非推奨となった。注射ワクチンは死滅したウイルスを用いて作製されるのに対し、経鼻ワクチンは弱毒化ウイルスを用いて作製される。しかし、複数の研究で経鼻ワクチンにはほとんど効果がないことが明らかにされている。
 また、卵アレルギーのある人でも、年齢に適したインフルエンザワクチンの接種が可能となった。昨年までは重篤な卵アレルギーのある人は卵不使用のワクチンが推奨されていたが、新ガイドラインでは、腫れ、めまい、呼吸困難などの症状の出たことのある人でも、医療従事者の監視下であれば、あらゆる種類のインフルエンザワクチンを接種してもよいとされている。
 ヒトパピローマウイルス(HPV)による子宮頸がんやその他の腫瘍を予防するHPVワクチンは、9~14歳で1回目、5カ月以内に2回目の接種をすれば、3回目の接種は不要となった。米国がん協会(ACS)もこの新たな勧告を支持する声明を発表している。ただし、青年期まで未接種の場合は、従来通り3回の接種が推奨される。
 HIV陽性の成人には、新たに髄膜炎菌4価ワクチン(MenACWY)の2回接種が推奨されている。このワクチンは脳や脊髄の致死的な細菌感染の予防に有効である。
 B型肝炎ワクチンが有益とされる慢性肝疾患患者のリストに、新たにC型肝炎感染者が追加された。このほか、肝硬変、脂肪性肝疾患、アルコール性肝疾患、自己免疫性肝炎、一部の肝酵素値上昇のみられる患者もB型肝炎ワクチンの接種対象となっている。肥満の人も肝臓に脂肪が溜まっている可能性が高いため、ワクチンを接種すべきだという。
 ACIPによると、成人のワクチン接種率は十分とはいえないという。特にインフルエンザワクチンの接種率は低いが、慢性疾患患者、妊婦、高齢者には重要だとKim氏は指摘している。また、19歳以上のTdap(破傷風、ジフテリア、百日咳)ワクチンの接種率が20%にとどまることも懸念事項だという。医療保険加入の有無が、ワクチン接種率に影響しているとも指摘されている。
 この新ガイドラインは「Annals of Internal Medicine」オンライン版に2月7日掲載された。





<原著論文>
Kim DK, et al. Ann Intern Med. 2017; 166: 209-219.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 香り立つ柔軟剤の功罪 | トップ | スイスで麻疹流行が続く(201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

予防接種」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事