レスポール&ストラトの部屋

RolandのGT-001とBR-80をメインにDAW制作を楽しんでいるよ(^O^)/

伝説のアンプJC-120をBR-80で表現してみた

2016年12月13日 | 日記
本日、勢いに乗っての三話目なのだ

このテンション感は何だろう?

自分でも良く分からないのだ




今回はスタジオの定番アンプJC-120にスポットを当ててみたい




2017年1月号に影響されたのだ




日本全国のスタジオに常設されているほどの大定番アンプなのだ

読者の皆さんも一度は触れた事があると思う


アンプ単体ではあまり歪まない

ロック的な音を作る場合には他のエフェクターと併用するのだ




こんなエフェクターとの相性もよい




今回はこの音をBR-80で再現してみたのだ

音源の始まりはアンプ単体なのだ

次にクリーンブースター

最後はファズなのだ




このアンプで生みだされた名演は多い

お馴染みのあの曲もこのアンプでレコーディングされたのだ


興味ある方は検索してみていただきたい

お宝的なネタに出会えると思う


素直なで音故にエフェクターが活きるのだ

マーシャルのような真空管アンプの場合、歪みはアンプで作る

エフェクターは音量差を作り出したり、プッシュに使う事が多い


一方、このアンプの場合、歪み系エフェクターが音の軸になる

それ故にエフェクターの個性が前に出る


ファズの場合、特に相性が良いように感じる

このモアモアした感じが良い感じなのだ


スタジオに行くとマーシャルなどの真空管アンプに目が行くと思う

それも良いと思うが・・

機会があったらこのアンプに触れていただきたい


歪みも楽しいが・・

やはり真骨頂はクリーンなのだ


アンプのゲインを少し足したクリーンは秀逸なのだ

このアンプの音で録られた名演も多い

特にコンプなど繋がなくても微妙にコンプレッションが追加される


このアンプの小型モデルもあるが・・

個人的にはあまりお薦めできない

やはりこのアンプはこのサイズ感とW数が重要なのだ


重量も約30kgという事で自宅向きではない

スタジオで尋常ではない音量で鳴らしてみたい


歪まないという部分ではピグノーズも同様の立ち位置なのだ




アンプ単体のクリーンに特徴がある点も似ている

もちろんサイズも音色も異なるが・・・


他のエフェクターとの組み合わせで化ける




今回の音源もZO-3を使用しているのだ



同じくピックはこちら・・





先の音源に雰囲気は似ているが・・

コンセプトが違うのだ


そんな感じで解釈していただくと良いかと・・

厚いピックは扱いが難しいが・・

アタック感が増すのだ


『JC-120とエフェクター』

『楽器』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ギターの音程は指先で作り出... | トップ | 平日の訪問者数2000超え... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む