レスポール&ストラトの部屋

RolandのGT-001とBR-80をメインにDAW制作を楽しんでいるよ(^O^)/

ZO-3ギターをタップ化してみた・・第二弾!

2016年10月16日 | 日記
ZO-3ギターをまたまた改造してみた

先日はハムとシングルを切り替えられるようにしたとお伝えした



今回はさらに音のバリエーションを追加してみた


スイッチを3段階に切り替えられる物に交換した

ハム、シングルに加えて・・


シングル×2というモードを追加したのだ

ピックアップの距離は近いが・・
所謂、『ハーフトーン』のような効果を狙ったのだ


伝わっているだろうか?


配線に詳しい人は理屈が理解できると思う


もちろん、電池駆動が可能な事はそのままなのだ


平素、スピーカーを鳴らす機会はないが・・

何かの時に役立つと思う


スピーカーの機能をスポイルするような改造ではダメなのだ

正しい改造はデフォルトの状態を維持する事なのだ


デフォルトの状態を維持したまま、機能を追加するという・・

さらにはルックスもそのままが一番カッコいい


ミニハムに白色ピックガード仕様もカッコいい



これはメーカー製なのだ


特にピックガードの必要性は感じないが・・

参考として頭に入れているのだ


ピックアップの交換も検討していたが・・

「これでいいかな?」

という感じで落ちついたのだ




むしろ、この枯れた感じがかなかなかに味わい深い




押し入れの中で20年熟成?した効果が音に表れているかと・・


1ボリューム仕様だが・・

ピックアップを三段階に切り替える事でトーンの違いを表現できるようになった


ちなみに最も音抜けが悪い音がデフォルトのハムの音なのだ

高音域が強調された音がシングル、さらに底に低音が加わった音はハーフトーンの音なのだ



今回はスイッチの交換だけなのだ


秀逸なミニギターは

”使えないフルサイズ・・”



遥かに超える


サブギターを考えている方はZO-3ギターを導入してみては如何だろうか?


トーンなども無いが・・

その音が気に入れば買いだと思う


ピッチもその辺の安ギターよりも良いと思う


単なる音比べだが・・・・


工夫すれば、こんな改造も出来るという例なのだ

参考にしていただきたい


『ZO-3タップⅡ』

『楽器』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アコギの値段の差は音に出る... | トップ | ZO-3ギターでハーフトー... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む