レスポール&ストラトの部屋

RolandのGT-001とBR-80をメインにDAW制作を楽しんでいるよ(^O^)/

ストラトに擬似ハムってありかも?マジ使える音だよ

2016年09月19日 | 日記
連休の最終日を如何お過ごしだろうか?

私は昨日仕上がったアコギを中心にギターのメンテと演奏を楽しんでいるのだ

まぁ、毎度の休日の過ごし方だが・・




今回は少しばかりロック色が強い音源を作ってみた

使用ギターはストラトなのだ



あえてレスポールで弾かないのが良いところなのだ


音に力があるレスポールならば普通のアプローチなのだ




ストラトの擬似ハムの良さをもっと広めたい



私のギターは純正仕様だが・・




後付けのキットと簡単な作業で誰でも擬似ハム化できるのだ

ストラトを購入したならば、リアのトーン化と共にお薦めの改造なのだ


ザクリなど加工の必要もない

ルックスに変化がないのが良いところなのだ


『太い音』はストラト弾きの悩みでもあるのだ

ブルースやファンク一色という人はそれで良いと思うが・・・


時にハードなロックにも使いたいという場合、太い音が欲しいシーンが多々あるのだ

単にリアのシングルをエフェクターで歪ませるだけというアプローチでは物足りない


左右のバッキングは同じアンプなのだ

左側にはオクターバーをかけているのだ

右側はOFFにしているのだ

音色の違いが分かるように派手にパンニングしてみた


中央のリード的な音は擬似ハムを他のモード(ピックアップの組み合わせ変更)で弾いてみた

音の差別化を図る場合、音量を上げる、イコライザーで補正する

他のアンプに変えてみる

色々な方法があるのだ


特に決まりはないと思う

音圧を稼ぐならば音量よりも他の方法を選んだ方が良いと思う




ベースはBR-80内蔵のベースシュミレーションを使用した


『ストラト擬似ハム』

『楽器』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フルサイズアコギとミニアコ... | トップ | ストラトの擬似ハムでブルー... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事