レスポール&ストラトの部屋

RolandのGT-001とBR-80をメインにDAW制作を楽しんでいるよ(^O^)/

変態おじさん・・握ってる?

2017年06月09日 | 日記
今回は『ネック握り』の第二弾なのだ

前回と同様に親指で余弦をミュートしているのだ

さらに余った指でプレーン弦をミュートしているのだ


右手はリズムを意識したカッティングなのだ

非常に守備範囲が広い必須のテクなのだ


リズムの要はミュートとブラッシングなのだ

似ていて非なり・・

確実に使い分けができるようにしておきたい


変態おじさんは常に何かを握っていたい

ネックを握っていると興奮する反面、どこか落ち着けるような気もする


握るものがないおじさんはムダにテレビリモコンを握っているのだ



「なんかギター弾くの面倒臭くなってきた」


今回はバッキングをクローズアップしたかったのでリードは弾いていないのだ

秀逸なバッキングはそれだけで完結できる




”歌うような伴奏・・”


私もそんな究極のバッキング目指しているのだ

まだまだ修行の身なのだ


カッティング系のバッキングの最大のメリットは『広がり』なのだ

単なるパワーコードと比較すると音に広がりが出るのだ



ミュートとブラッシングを駆使することでメリハリも出せる

表情豊かなバッキングを構築することができるのだ


ロックに限らず、応用範囲は広い

今回もベースは疑似ベース音を使用したのだ


バンドのメンバーに仮歌を聴かせる程度なら、これで十分なのだ


余談だが・・

ここ最近はスラップの秘密練習を重ねているのだ

何故だかベースが上手くなりたい

特にスラップを自在に弾けるようになりたい

目標を明確に設定することで練習に身が入るのだ

毎晩、15分程度の練習なのだ


ベースのネックも握り心地が良いのだ

太い弦と細いネックの組み合わせがギターにはない魅力なのだ



『ネック握ってる?』


『楽器』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピンクでフロイドな変態おじさん | トップ | 変態おじさんとアーム棒 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む