レスポール&ストラトの部屋

RolandのGT-001とBR-80をメインにDAW制作を楽しんでいるよ(^O^)/

ジョー・ペリーも使っているレギュラーレスポール

2017年01月25日 | 日記
元エアロスミスのギタリストであるジョーペリーはギターコレクターとしても有名なのだ

600本近いギターをストックしているそうだ

もちろん、59レスポールをはじめとする価値あるギターも多い


スラッシュが持っている59レスポールは氏から譲り受けたギターなのだ

ガンズで成功を収めたスラッシュは59を複数本所有している事でも有名なのだ


スラッシュもジョーも超一流である事に異論はないと思う

レスポールを世に広めたという功績も両者に共通している


スラッシュはレスポールオンリーだが・・

ジョーは色々なギターを使うのだ


実はストラト好きでもあるのだ

ジェフベック好きでも有名なのだ


実はジョーペリーはギブソンのレギュラーラインを現場で使っているそうだ

数年前の来日の際にもレギュラーラインのギターを2本持参したそうだ




一本は2011年のトラディショナルなのだ



まったくの無改造で使っているようだ


私のギターと同様にトラスロッドカバーを無地に交換しているのだ


もう一本はゴールドのトラディショナルなのだ



こちらもレギュラーらいんなのだ



カスタムショップ製のレスポールも使っているが・・

一流のプロがレギュラーラインを選んだ事に意義がある


勿論、メインではないが・・


日本のギター弾きはレギュラーを低くみる

単に値段の比較なのだ




その上にカスタムショップ製があるとう事実関係だけなのだ


海外のプロはレギュラーラインの使用頻度が高い

愛用者が多い事でも知られる


海外ではプロはレギュラーラインを好む

非常に合理的な考えなのだ

「ムダなお金って勿体ないだろ?」

「欲しい音が出れば何でもいいのさ」

という趣旨の発言をしている記事を読んだ事がある


何故だかカスタムショップ製にhが興味がないようだ

カスタムショップを選ぶならば、本物を手に入れる


つまりは年代物のヴィンテージギターなのだ



カスタムショップ製は人気が高いギターである事は間違いないが・・

世界の国でも日本人が特に好む傾向が見られる


”日本限定50本・・・”

という感じなのだ


まさに『狙い撃ち』なのだ


カスタムショップ製のギターは何本か弾いた事がある

残念ながら、私のレベルではその違いが良く分からないのだ

僅かに軽いかな?という程度なのだ


カスタムショップ製だから精度が高く、レギュラーは低いという感じではないのだ


共に『海外品質』なのだ


「日本製のギターって精度が高いですか?」

「日本製のレスポールタイプって品質が良いですか?」


品質や精度が気なる気持ちは理解できる


ギターは精密機械ではないのだ

隙間なく接着されているギターが良い音か?


そうではない事も多い


そこが深いのだ


海外ブランドのギターの精度が低い、作りが粗い・・

という人がいるが・・


そんな人に限って鳴らし方を知らない




個人的には十分だと思う

他のギターを何本か弾いてみたが楽器として問題があるギターは皆無なのだ


ただし、個体差(音の違い)があるのも事実なのだ

理由は不明なのだ


木材の部位なのか?

それ以外に理由があるのか?


私はレスポールを選ぶ際に5本の中から選らんだのだ

タバコやハニーなど色違いもあった


音で選んだ結果、チェリーになったのだ



余談だが・・

ジョーの相棒もレギュラーラインのレスポールを使っているそうだ

もちろん本物の59レスポールも所有しているのだ


”本物を知る物があえて選ぶギター・・・”


レギュラーラインに何を求めているのか?は知らないが・・

プロの現場でも通用するという事を知ったのだ


むしろ、ピッチ的にはヴィンテージを凌ぐ

二人とも『無改造』というのも好感が持てる


つい嬉しくなって書いてしまったのだ


この情報はネットでは出てこないかも?
『楽器』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 早朝の公園とZO-3ギター... | トップ | 早朝の公園でZO-3ギター... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む