レスポール&ストラトの部屋

RolandのGT-001とBR-80をメインにDAW制作を楽しんでいるよ(^O^)/

ストラトVSレスポールって・・永遠のライバル?

2016年10月29日 | 日記
本日、3話目の投稿なのだ

先に挙げたレスポールの音源は如何だろうか?


ZO-3とは異なる、芯がある密度が高い音をご確認いただけたと思う

弾いているとより一層強く感じられるのだ



”良いギターはネックが鳴る・・・”

と言われる


言葉で説明するのは難しい


そもそも無意味だと思う


興味ある方はごご自分で確認いただきたい



これは弾き込んだギターに表れるのだ

新品のギターは言うほどでもない


先のレスポールとまったく同じパッチ(アンプの設定など・・)で弾いてみた



リアとセンターのシングルを使っているのだ


シングルがロック向きではないという人がいるが・・

フレーズによりけりなのだ


レスポールのような2音のパワーコードには向かない

しかしながら、古くはリッチーブラックモアがストラトでもパワーコードが刻める

ストラトでもハードなロックが演奏できる事を証明してくれた


ストラト+マーシャルを確立した立役者なのだ


ストラトの音は幅広い

カリカリでキンキンな尖がった音もストラト・・・


フロントの包み込むような温かい音もストラトの真骨頂なのだ




近年のストラトのキーワードは『ノイズレス』なのだ


シングルコイルを縦に重ねる事でシングルらしさを残しつつノイズレスを実現している

クラプトンからの提案で開発を始めた経緯があるのだ


現在ではジェフベックも愛用しているのだ

超一流のプロが使用した事でストラトの定番の音として定着した



昔ながらのカリカリの音が好みだというマニアも多いが・・

まさにストラトのマニアなのだ


一般使いではノイズと格闘する事はストレスに繋がる

演奏に集中できない場合も多々ある


アメデラもモデルチェンジでエリートという名前で再デビューした

当時のアメデラのラインナップなのだ




リアにハムを搭載したギターもラインナップしていた


個人的にはストラトは『SSS仕様』が良い


理由はルックスに尽きる

それで音幅が広く音が良いならば尚良いと思う


ストラトでロックをする場合、和音を絡める事が必須なのだ

ストラトで単音リフを弾くメリットは少ない


ポップスなどのオブリガードならば良いが・・

ロック系のリフにはならない


和音を歪ませても音の抜けが良い、音が濁らないのもストラトの特徴なのだ



レスポールも良いが・・

ストラトも捨て難い


このギターは間違いなく『当たり』だと思う

とにかく良く出来た優秀なギターだと思う


シングルの魅力が満載なのだ




『ストラトのリフ』

『楽器』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっぱりギブソンレスポール... | トップ | ”ムダなギターブログ・・”っ... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事