レスポール&ストラトの部屋

RolandのGT-001とBR-80をメインにDAW制作を楽しんでいるよ(^O^)/

箱根駅伝には熱いドラマがあるんだよね・・

2017年01月03日 | 日記
私の仕事始めはもう少し先なのだ

何となく体がダルいのだ


確実に運動不足だと思う


先程まで録画した箱根駅伝をギターを弾きながら観戦していたのだ

もちろんリアルタイムで応援していたのだが・・

リプレイという事で研究していたのだ



若い頃にはマラソンにはまったく興味がなかった


いつの頃からか・・

マラソンが好きになったのだ

理由は不明なのだ


今回は我が母校も健闘したのだ


青山学院が強すぎたのだ


三連覇はもはや偶然ではない



ブログなどでも


”順位などどうでもいい・・・”

という声をたま~に耳にする


本音だろか?


”参加する事に意義がある・・”

誰が言った言葉だろうか?


果たして、この言葉が励ましになっているのだろうか?


熱い戦いを観戦しながら、そんな事を考えていたのだ


早く来年の戦いが観てみたい

まぁ、オヤジ世代の一年は早いのだ

光のような速さで駆け抜けるのだ


それ故に時間を大切にしたいと考えているのだ


GT-001とBD-2を接続して遊んでいたのだ



GT-001内蔵のエフェクトを徹底的に実機に近づけるべく設定を追いこんでいたのだ

「いいんじゃない? かなり差が無くなってきたかも・・・」


今さらだが・・

BOSSのエフェクターとGT-001との相性の良さに驚いているのだ

まったくノイズが出ないのだ



「他の製品はどうだろうか?」

手持ちの他の2台はかなり派手にノイズが出るのだ

ノイズがリアルさだという人もいる

間違いではないと思う


実機の真空管アンプの録音はノイズとの戦いでもある

しかしながら、宅録においてノイズが少ない事は有難いと思う


以前に『技シリーズ』も買った事があるが飽きてしまったのだ

巷では絶賛されているが・・・

私の好みではなかったのだと思う


今回、購入したBD-2はかなり好みの音が出せる



そもそも、内部の回路が異なるという


レスポールとの相性も徹底的に検証してみたが・・

残念ながら私の好みの音は作れなかった

それで良いのではないだろうか?


このエフェクターはレスポールとの相性が良い



使い分けなのだ


さらに今後はツマミの設定やエフェクター同士の組み合わせを研究していきたい

大凡の傾向は見えているが・・・

完璧ではない


実機のエフェクターはマルチのようにツマミの位置を記憶できない

つまりは自分の頭の中に記憶するしかない

以前は各種の設定をデータ化しパソコンで管理していたが・・

結局、面倒臭くなって止めてしまった




実機の動作は自分の体に叩き込む方が良いと思う

その為には徹底的に使い込む必要があるのだ


何だろう・・

1㎜単位でツマミを動かしながら好みの音を探しているのだ


ギター好きにとっては面倒臭いどころか

『至福の時間』でもあるのだ



『微妙な差』なのだ


今年は引き続き・・

その差に拘りたい


徹底的に拘りたい


今年はまだ真空管アンプを鳴らしていないのだ

来週あたり時間を作ってスタジオで遊んでみたい

BD-2との相性やノイズの具合などをチェックしてみたいのだ


箱根駅伝の話から脱線してしまったが・・・

来年は頑張って欲しい

優勝出来れば、
ギター一本くらいのご祝儀を寄付する予定なのだ

「ギターってどんな?」

それは秘密なのだ


今年は『熱いドラマ』があるようなギターを弾きたい・・










『楽器』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フェンダージャパンのベース... | トップ | ”レスポール&ストラトの部屋... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事