レスポール&ストラトの部屋

RolandのGT-001とBR-80をメインにDAW制作を楽しんでいるよ(^O^)/

おじさんで練習する・・第三弾

2017年04月23日 | 日記
今回は音源付きなのだ

ZOOM R-8を使ってみたのだ


画像作成の練習中なのだ



画像を重ねる技をマスターすると楽しさが倍増するのだ


まぁ、難しいテクはないが・・

音楽ソフト同様に理解出来ない人には永遠の謎なのだ


さらに難易度が高い技にも挑戦するつもりなのだ

当ブログはギターブログなのでとりあえず音源が優先という考え方は変わらない


音源を貼り付けることで辛うじてギターブログだと認識されているのだ


今回は子象でサクサクっとカッティングしてみた



器用なギターなのだ


少しボリュームを絞って音の粒をそろえているのだ

上級ギターと同じような事が出来てしまうところが楽しいのだ


簡易的なセッションや音合わせの現場には最近はこのギターを持って行くことが多い

所詮、素人に遊びなのだ


このギターの最大の利点は通常のレギュラーチューニングが可能な点なのだ

それ故にフルサイズのギター達と交えることができるのだ

ちなみにピグノーズもOKなのだ


他社のミニギターで4度上のチューニングを推奨するギターがある

私も弾いたことがある

持ち運びという点においては優れているが・・

楽器としては難点も多いのだ


最近はアコギでもミニが定着してきた

ネックは通常でボディだけを小さくしたギターも人気なのだ

ピッチの良さが売りなのだ


アコギの場合、ボディの鳴りも重要になってくる

やはり箱が小さいギターは音に奥行きがない


これが飽きの原因になってしまう


一方の子象のようなエレキの場合にはボディの鳴りはあまり関係ない

関係ないというと語弊があるが・・・


その他の部分でなんとか乗り切れるのだ

私の子象は初期に生産されたレアな象なのだ

それなりに流通しているが・・


かなり劣化している

ギターとして微妙な個体も多いのだ


最近は中古市場の考え方も変わってきたのだ

ようやく価値あるヴィンテージと単なる古い中古ギターの違いが理解されるようになってきた


当ブログで何度も言っているが・・

日本のメーカーの古いギターをヴィンテージとは呼ばない

これは世界基準なのだ


バレンタインデーがお菓子メーカーの戦略だという事実と同じなのだ

興奮気味に踊らされている層がいることも事実なのだ


中古のギターとして適正な価格ならば問題はない

「最近のギターは材が良くないんだわ」


そんなことを言う人は家具メーカーで修行をした経験があるのだろうか?

実は楽器販売のプロである楽器店の店員さんも材については良く理解していないということなのだ

単に絶対量としての希少性を推しているだけだという


指板は紙で作られ、ボディも木屑で作る時代なのだ

一説によると既存のギターよりも安定した出音だという


湿度などにも強く、丈夫なのだ

そもそも、楽器の老舗メーカーが自信を持って発売しているのだ


子象もたいした材を使っていない

しかしながら、音の伸びも良く、音の粒立ちも揃っている


そもそもオモチャならば、私は飽きてしまう

古くから当ブログに通ってくださっている方はご存じだと思う


私は良くも悪くも凝り性で飽きっぽい

気に入れば徹底的に使い倒すという・・・


非常にストイックで偏った性格なのだ

偏執狂なのだ


短い音源だが・・

お楽しみいただきたい

ギターブログは量産にこそ意味がある

情報は常に流量的であり読者は新鮮なネタを求めるのだ


『カッティング遊び』

『楽器』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おじさんで遊んでみた・・第二弾 | トップ | おじさんの指弾きベック大会だぁ »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事