レスポール&ストラトの部屋

RolandのGT-001とBR-80をメインにDAW制作を楽しんでいるよ(^O^)/

おじさんのギターピック選び

2017年05月18日 | 日記
読者の皆さんはどんなピックをお使いだろうか?

たかが100円の小物だが・・

想像以上に効果絶大なのだ


弾き心地でピックを選ぶ人もいる

素材によって滑りも異なる


私はここ数年は『ヘルコ』なのだ

僅かに弦が引っかかるのだ




勘違いしないでいただきたい

良い意味で弦との摩擦抵抗を感じるのだ


特にロック系の場合、ピックで作り出す倍音が重要なのだ

ピッキングハーモニクスが自在にコントロールできるようになれば脱中級なのだ

ピックを意識的に斜めに当ててみると良いと思う


特殊な素材のピックもあるようだが・・

私は昔ながらのナイロン製が使い易い


ペイジ師匠の影響もあると思うが・・

プロにも愛用者が多いピックなのだ





かなり滑りにくいのだ

ステージなどでは重宝するのだ


特にこれからの季節は悩ましい

独特のザラザラした感触がお気に入りなのだ





店員さんの好みもあると思うが・・

ヘルコを置いていない楽器店は信用できない


お勧めのぴっくなのだ

先日の速弾きも今回の演奏もすべてこのピックを使用したのだ

ちなみに薄い方のピックを多用したのだ


この薄さでソロにも使えるピックは少ない

バッキングからソロ、アコギ系のスストロークまで守備範囲は広い


現状に納得いかない人はピックと弦の交換をお勧めしたい

ギターの買い替えにはそれなりのか覚悟と出費が強いられる


安くて良いギターがあるならば私も欲しい

ギター選びは体の良いギャンブルなのだ


賭けなのだ

購入後の伸びしろまえ踏まえるとギター選びは難しい

失敗もつきものなのだ

私も過去にかなり散財したのだ





散財は宝だと思う

そこで培った経験などが現状の演奏にも活きている


そして蓄えた知識が当ブログを支えているのだ

バックボーンと経験値がない人は行き詰まる


他愛ないギターライフからネタを絞り出すのは難しい


今回の音源はピックのエッジ感を意識したのだ

リフやリードにも要所にハーモニクス音を加えてみた


『ピックの違い』

『楽器』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドミノ倒しとおじさん | トップ | おじさんは頑張る »
最近の画像もっと見る

あわせて読む