レスポール&ストラトの部屋

RolandのGT-001とBR-80をメインにDAW制作を楽しんでいるよ(^O^)/

変態おじさんと至福の時間

2017年06月14日 | 日記
先日もお話したが・・

時間がある時にGT-001の音作りを楽しんでいるのだ

『TONESTUDIO』という便利なアプリが使えるのだ


本機とパソコンを接続することで活用可能になるのだ

パソコンの画面で各種パラメーターの操作や書き込みなどが出来るのだ




ネット接続できる環境ならば、さらに楽しく便利なことができるのだ

BOSSのマルチすべてで使えるのだ

興味ある方は調べていただきたい


ネット時代だけにこれも『性能』のうちだと思う

輸入製品の多くはこの辺りの使い勝手がイマイチなのだ

全文が英字だったりと微妙なのだ

「俺は英語が得意だぜ~」

という人は良いと思う




本日はかなり早起きしてギターと戯れていたのだ



ストラトとGT-001で遊んでいたのだ


こんな遊びから気付くことも多い

「少しアームが重いかな?」

こういう微妙な部分が気になる

「そろそろ弦交換した方がいいかな?」


期間で弦を交換する人もいるようだが・・

私は自分の感覚なのだ


意外に持ちが悪いこともある

一方、長持ちすることもあるのだ


自分の耳と指先の感覚を信じてみるのだ


ギターは『勘』が大事だったりするのだ



言葉で説明し難い部分でもある


今朝も何だかんだでお気に入りのパッチを一個、完成させたのだ


”名前をつけて保存・・・”

は画像などの保存と一緒なのだ


個人的にはマルチの醍醐味は空間系のエフェクトだと思っているのだ

ヘッドフォン環境でのステレオ感は実機のアンプでは再現できない



いかに『エアー感』を創り出すか?

これが重要だと思うのだ




使いどころに迷ってしまうような得体の知れない音が好きなのだ


軽く録音してみたが・・

今回は見送ったのだ




何でもかんでも中途半端に提供するのは控えたい


耳が肥えた読者の皆さんにお聴きいただくにはもう少々時間が必要だと感じたのだ


ギターと戯れている時間がもっとも癒やされる



私にとっては『至福の時間』なのだ


とにかく時間が欲しい・・

一括りの時間が欲しいと願うのだ

何かが生まれそうな予感がしているのだ




相変らず新着画像の表示が微妙なのだ

今回はどの画像が表示されるのだろうか?

『楽器』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 変態おじさんと開放弦 | トップ | 変態おじさんとディープパープル »
最近の画像もっと見る

あわせて読む