レスポール&ストラトの部屋

RolandのGT-001とBR-80をメインにDAW制作を楽しんでいるよ(^O^)/

ZO-3ギターの改造

2017年07月27日 | 日記

「ZO-3ギターもサドルを交換したらイイ感じになるかな?」

まったくの思いつきだが・・・



色々と調べてみたのだ


”質感が高いパーツの流用・・・”



というイメージで進めていたのだ


結論から先に述べるならば無理なのだ

フルサイズのギターと比較して弦間が狭いのだ

僅かな差だが・・・


ZO-3専用の交換パーツならいくらでも見つかるのだ

交換用のサドルも単体で販売しているようだ

想像以上の高値に驚かされたのだ


ZO-3をマニアは意外に多い

改造する人も少なくない


過去に私のギターのような固定ブリッジを可動式のブリッジに付け替えていた人がいた

「凄い人もいるなぁ・・」

と関心したのだ


ボディペイント派も多い

ピックアップの改造やディストーション機能の使いなど・・


いわゆる、『内部改造』をする人が多い

素材としても面白いギターだと思う


ブリッジを改造する人はいないのだ

さらに探せば何とかなるのだろうが・・・

ここにお金をかけるのは意味がないような気がしてきたのだ


現状でそこそこ良い音、安定したピッチを得ているのだ

あえてバランスを崩すのもアホ臭くなってきた


ここのところ『改造癖』が収まっていたのだが・・・


ご存じのように私の子象は内部配線を弄っているのだ

ピックアップはデフォルトの状態だが音を切り替えられるようにしているのだ

簡単ではないが配線に詳しい人ならば僅かなパーツで可能なのだ


子象にそこまで求める人がいないのだろうか?

ハムとシングルをタップ(切り替え)出来るだけで世界観が変わる

むしろ、この手のギターにトーンなど不要だと思う


私の場合、使用環境はBR-80主体なのだ

トーンは本機側のアンプやイコライザーで行えば良いと考えているのだ


しかしながら、ハムとシングルの質感を再現するのは難しい

タップ機能を不要だと言う人も多いが・・・


音のバリエーションという意味でも私は有用だと考えているのだ

私が所有するストラトもタップ機能があるが故の使い勝手だと思っているのだ


現場でも時折、太い音が欲しいことがある

ギターを持ち替えることが最も近道だといえるが・・・

運搬などの理由からギターを一本しか持っていけない事もあると思う


そもそも、音にバリエーションを求めない人はそれなりなのだ

以前にもお話したが・・・


シングルにはシングルの・・・

ハムにはハムに似合ったフレーズというものがあるのだ


色々なフレーズを知れば知るほどに多彩なギターが必要だと感じるようになるのだ


私は遊び程度のセッションならば子象を持参するのだ

仲間も最初は呆れていたが・・


今では認めているのだ

「ZO-3ギターって凄いね~ ピッチもイイ感じじゃない?」


まぁ、今回のパーツ交換は流れてしまったが・・・

それだけ、このミニギターに愛着がある事を実感したのだ


余談だが・・

先日、愛用のクリップチューナーが壊れてしまったのだ


厳密には

”壊れていた・・”

のだ


使おうと取り出してみるとクリップ部分が破損しているのだ

プラスチック製故にこの部分が壊れることも多いという


使い勝手も良く、性能&反応も良かっただけに残念なのだ

安物も微妙だし・・高級品も不要なのだ


楽器店に確認したところ生産完了品という事なのだ

「あれが良かったんだよね・・・」

私は気に入ると同じものを買い続ける


食べ物などもそういう傾向があるのだ

昼食に同じメニューを10食連続した事があるのだ

ストイックなのだ

変態なのだ


まぁ、どうでも良い話だが・・・


手持ちの楽器は常にシールドを接続しているので無くても問題はない

不便ではあるのだ


先日もレスポールの弦交換を終えていざチューニング!

「えっ? 壊れているの?」

その時には破損部分をテープで仮留めして使ったのだ


”ちょっと音程を合わせたい・・”

という場合にクリップ式は便利なのだ


ちなみにウクレレの場合には必須なのだ

私の場合、ウクレレもピックアップ仕様なのでBR-80などと接続している状態ではチューナー要らずなのだ

それ故に購入を悩んでいるのだ


ヘッド部分が自在に稼働するタイプが良い

ヘッドを起こすと自動で電源が入るタイプが好みなのだ



『音楽』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 変態おじさんとプログレ | トップ | 変態おじさんと1コード系メタル »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事