レスポール&ストラトの部屋

RolandのGT-001とBR-80をメインにDAW制作を楽しんでいるよ(^O^)/

ヤイリミニアコギ4回目の弦交換

2016年09月18日 | 日記
読者の皆さんのお宅は台風の影響は大丈夫だろうか?

ご注意いただきたい

我が家の周辺ではお祭りが賑やかに行われている

場所柄、祭りとは縁遠い格好の人々が溢れているのだ

それが都会の祭りなのだと思う


賑やかなイベントが大好きな家族は朝から見物に出かけているようだ

私は自宅でギターとパソコンと共に寛ぎたい


天気が良ければ少し自転車にでも乗ろうと考えていたのだ



ガレージで自転車を磨き眺めるのも悪くない


今回は劣化したミニアコギの弦を交換したのだ




画像でサビが確認できるだろうか?




フルサイズのアコギはいまだに定番の弦が定まらない

色々と試してみたいと考えている

実はまだ『入院』しているのだ


一方のミニアコギは4回目の弦交換でマッチする弦を見つけた

マーチンのフォスファーブロンズ弦なのだ




ギター本体の価格を考えると少々オーバースペックに感じられる

しかしながら、活躍度や使用頻度を考慮すれば、丁度良い感じなのだ


頻繁に使用する軽自動車に良いタイヤを履かせる感じだろうか?


弦交換はメンテのチャンスなのだ



ナットグリスなどもこのタイミングで塗布する



右側はギブソンとフェンダー用なのだ

ミニアコギには左側のホームセンターで購入したグリスを使用している


過去にグラスルーツ、エピフォン、ピグノーズギターなど

価格が安いギターで頻繁に使用していたのだ


小型モーターなどに使用するグリスなのだ

要するに弦が滑れば良いのだ

ナットやその他の部分に支障はないか?


正直、素人が使う程度のギターなど気にする事などない

読者の皆さんがお使いのレスポールはむしろ塗装も含めタフに作られている

雨の中のライブでも問題ない


取り外した古い弦なのだ





このタイミングで指板なども手入れしておく




グリスはムダにタップリと塗布する




マーチンアコギ弦は紙のパッケージなのだ




新品弦は良い色なのだ




アコギ用は色々な成分が配合されている

それが音色や弾き心地に大きく影響しているのだ


シルバー一本のエレキよりも選択肢が多い

エレキにも言えるが値段が高ければ良いというものでもない


音楽用のパーツや道具は難しい

そこに自分の好みが加わるのだ


アコギの場合、指弾きでソロ演奏などを中心に行うならば高価で煌びやかな弦が良い

一方、ピック使用が主体でブルースなどが中心ならば他に選択肢がある


新品と古い弦を比較の為に並べてみた



古い弦が黒く変色しているのが分かるだろうか?


使いこんだ熟女の黒乳首(下品?)のような感じなのだ

先にも述べたように用途や好みなのだ

一概に悪いとも言えない

何のこっちゃ?


少し使いこんで劣化した弦が好みというプロも多い

本番の数日前から弦を張り準備するプロも多い

熟女の黒乳首なのだ


読者の中にも憧れている方がいるのでは?



無事に新品の弦を張り終えた




もう一枚・・・





古い弦との音比較を音源化しようと思ったが・・

意味がないので止めたのだ


今回の音源は張り立ての新品弦の音なのだ

レコーダーはZoomR-8なのだ

ベースは内蔵のベースシュミレーションなのだ

本来はエレキ用だが無理やりにアコギをベース化してみた


『アコギ新品弦』

『楽器』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ”伝説のアンプ・・”ピグノー... | トップ | ヤイリのミニアコギでジミヘ... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事