レスポール&ストラトの部屋

RolandのGT-001とBR-80をメインにDAW制作を楽しんでいるよ(^O^)/

BOSS BD-2はプロ御用達

2017年04月20日 | 日記
BOSSのエフェクターはプロにも愛用者が多い

雑誌などで見かけたことがあるという方も多いと思う


後発には優れたエフェクターも多い

それにも関わらずBOSS製品を使う理由は何だろうか?


私も同社のエフェクターを何台か使ってきたのだ

特筆すべきはその耐久性なのだ

壊れないという事も性能だと思う


もちろん、音が良い、使い易いというのもポイントだと思う


プロにも愛用者が多いエフェクターはBD-2なのだ

マイルドだと称される同社のエフェクターにおいて画期的な提案だったように思う



エッジがきいた音が特徴なのだ


ブルースというネーミングだが・・

その実、かなり歪むエフェクターなのだ

単体でも使えるほどなのだ


これも人気を後押しした理由だといえるのだ


もちろん、アンプや他の歪む系をプッシュするブースターとしての使い勝手も悪くない

良くも悪くも個性的なのだ


好きな人は何台も買い足すようだ

プロにも通算20台を使ってきたという人もいるのだ

まぁ、素人の場合、そこまで過酷なロードはありえない

自宅使いで壊れることは皆無なのだ


ライブなどに参加する機会が多い人は盗難に遭うということも多いと思う

残念だが・・

ギター弾きにもそんな人がチラホラといるようだ

私は実害に遭ったことはないが・・

そんな苦情をよく耳にするのだ


今回の音源はBR-80内蔵のエフェクターを使ったのだ

実機の特徴を良く捉えていると思う

ちなみにプリセットの最初のパッチがこのエフェクターを使ったものなのだ

ブルース系のパッチにケテゴライズされているが・・


私はロック系のバッキング用に多用するのだ


左右のバッキングは同じ音色なのだ

リード部分だけ違う音色を使っている


毎度お馴染み『公園録音』なのだ

わずか10分足らずの作業なのだ


愛犬たちを遊ばせている間にサクサクッと作ってみたのだ

最終的なマスタリングは自宅で行ったのだ


如何だろうか?


こんなにお手軽なマシンが他にあるだろうか?

2万円ちょいなのだ

この性能でこの価格はお買い得だと感じているのだ


自宅でのちょい弾き用として利用しても楽しいのだ

もちろん旅行などのお供にもよいと思う


巷のギター弾きは2種類に大別できる

ギターを弾く人・・・

ギターを弾かない人・・・

読者のみなさんはどちらだろうか?


弾くために買ったギターだと思う

その為には環境を整える必要があると思う


他の方法があるという方はそれでよいと思う

「たしかに・・最近、ギター弾いてないな・・」


ギターを弾かない人の言い分は・・

”時間がないから・・・”

がある

時間がないことが本当の理由だろうか?


”ギターを弾いていても楽しく感じられない・・”

実はこれが本音ではないだろか?


人間は楽しい事に邁進するものなのだ

ギターは弾けば育つ、弾き手も成長する


上手くなれば、さらにギターの美味しい部分を引き出せるようになる

この段階で安ギターを使っている場合、かなり物足りなさを感じるのだ


これが買い替えのポイントなのだ

「お金が貯まったら・・買うわ・・」


実は正論のようで間違っているのだ


必要な時が買い時なのだ

親などに前借りできる場合、利用してもよいと思う

ローンを組むのも一考だと思う


お金などいつまでたっても貯まらない

義務にしてしまうのもよいと思う


『BD-2でロック大会』

『楽器』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝シャンで気合いを入れたのだ | トップ | おじさんの新曲を聴いてきた・・ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む