銓衡

2016-11-05 15:21:36 | 時事通信
相も変わらず、同じサイクルの生活を繰り返している。
催淫カプセル
仕事へ行き、帰宅して寝るだけの退屈な日々。

生きる為に仕事をしているのか?
仕事をする為に生きているのか?
正直疑問だ。

まるで人生の終末まで、抜け出せないサイクルの中を生きているように感じる。


時折押し寄せる孤独感に耐えながらも、それでも独りは寂しいと、結婚を望むものの出会いは全くなく、サイトへ登録してもこの有様である。

私が普通に生活していると、
ゆうに半年ぐらいは全く女性と接触する機会がない。
冗談ではなく、本当に会話する事さえないのだ。
半年、若しくは半年以上、異性と全く会話がない。
これは普通?

地元を地獄や牢獄と呼ぶ意味がおわかりか?


嗚呼、そうでしたね。

悪いのは自分だと。

主に自分のツラがな。




大阪での任期中、同級生の訃報を知る。

自ら、出そうだ。

催情薬
彼とは懇意とは言えなかったが、私の親友が懇意にしており、知らせを聞いたのだった。

友人は激しく悔いたが、自分を責めるべきではないと慰めた。

私も同様の選択をするにしても、友人には相談はしないだろう。
迷惑だろうから。

また、一体どれだけの人が、本気で聞き、受け止め、支えてくれるだろう?
皆自分の事に精一杯で、変化には気づきにくいだろうし。
…仕方のない事である。
あの頃のように、毎日顔を合わせる訳ではないのだから。

恐らく彼も、そうだったのではないか。
花痴
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 土人発言と大阪人 | トップ | 皆様へのご挨拶。 »

あわせて読む