4CATS

この平穏退屈な日々にもそれなりに感動って在るもの。

2009-07-29 00:04:50 | わたし的育児日記
今日離乳食にカボチャの煮たのとパンがゆと炒り卵をあげてたら、カボチャがお気に召さなかったようで、一匙目でちょっとオエってなってたんだけど、せめてもう一匙と思ってあげてみたら、一緒に食べた卵なんかと一緒にオエってもどしちゃった。

まあ、これには多少慣れっこにはなってたんだけどね、その筈なんだけど、吐瀉物を拾って掃除しながらその瞬間余計なことをあれこれ考えちゃう。こんな小さな些細なことで落ち込んだりする自分もバカなんだけど、受け付けない場合は食べれるものをあげていけばいいとかそうゆうのもわかってるんだけど、せっかく作ったのにとか、あ~あ、とかそうゆう小さいこと考えたり、そこからもっと広範囲なことまであれこれ考えて、それでも気を取り直して、別の食べ物をスプーンで運んで嫌な顔されたりしたら、全く大人気なくも、どっと疲れて溜息がでちゃう。

たぶん、そうゆうこと考える時間がありすぎてるからだと思うんだけどね。
でも、子育てって、自分でペース考えてちょっと疲れてるから休ませてね!!っていう風にはいかないし、赤ちゃんは余裕のなくなった哀れな母親を少しも待ってはくれない、たとえば途中ちょっと泣くのやめててくれたりとか、たとえ嫌でも可哀相だからちょっと我慢しててあげるとか



出産前は、子育て(乳児期とかの)の悩みなんて、幸せな悩みで、悩みであって殆ど悩みじゃないじゃん、なんてよく知りもしないでそんな風に思ってた。

ところが、実際そうなってみて、これは自分が生まれて初めてぶつかる“自分の思い通りにうまくいかないこと”のような気がしている。そしてそれをどう対処してけばいいのかと戸惑ってて、強いストレスを感じてるの。とても情けないことだけど。

子育てを始めて、人と人とに重点が置かれた仕事の大変さを改めて知った。もちろん他にはない喜びや充実感なんかたくさんあるかもしれないけど、ストレスも多大だと思う。

私はいい母親になれるのだろうか、と毎夜自問しては自信がなくなる。

こんなこと一昔前の世代の母親たちには甘えるんじゃないって笑われるね。
昔の女性は本当に強かった。そうせざるをえなかったのかもしれないけど、私は甘えすぎ。こんなだらしない女だとは、自分が母親になるまで気付けなかった。

反省できるだけマシか?とまたまた自己弁護へと奔走する私です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近の悩み

2009-07-17 11:46:11 | わたし的育児日記
毎回書いてるかもだけど、早いもので息子も8ヶ月になり、まだまだ大変な部分も多いけどそれでも以前に比べたら格段に楽しくなりつつある育児。

でも最近ちょっとした悩みが・・。

それは便秘。
子供が、なんだけど。前は見境なく!?一日にちょこちょこ出してたんだけど(普通新生児はきっと皆そうなんだろうけど)最近は3日に一度。この前は4日目に突入しちゃったので、普通の浣腸(ベビー用綿棒にベビーオイルぬってコチョコチョやる)じゃ効かなくて、ついにイチジク浣腸に手を出してみました。

イチジク浣腸、ベビー用でも10キロからなので、8キロの我が子は半分の量で試してくださいとのこと。

それでおそるおそるやってみたら、なんてことない一分も経たないうちに出てきましたやったーーーーと一人大興奮。

まあ出来れば自然に出て欲しいので、今はなるべく水分、果汁をあげたり、便秘にいい離乳食を考えたりと息子の排便に一喜一憂してる毎日です


以下にあげるのは、便秘に効果的かなと思われるもの

やっぱり水分。うちは母乳で哺乳瓶を全く使わなくてそのままトレーニングコップに移行したんだけどうまく飲めなくて、スプーンで一匙一匙あげてるから明らかに水分不足かと思われる今は夏だしとにかく赤ちゃんて汗かくから足りてないんだろうな今使ってるトレーニングマグマグ5ヶ月から用は飲みにくいらしい(他のママも言ってた)ので、ストローでチャレンジしてみるつもり。。果汁ならオレンジジュースがやっぱり効果ありそう。市販のジュースをお湯で割って飲ませてます。

ジャンピングマシーン て家では呼んでるんだけど、以前も紹介したこれに乗ると、乗ってる最中に最近はしてる。他にもフィッシャープライスのバイブする椅子が以前はテキメンだったんだけど、最近はイマイチになっちゃった。

他にも調べたところ、オムツ替えのたび、お腹を軽くマッサージしたりがいいらしいけど、あまり効果は感じられてない。
あとは、ヨーグルトだけど、これも最初だけであんまりだなあ。。何より酸っぱがってあまり食べたがらない。バナナと一緒だといいみたい。

今日はとりあえず3日ぶりにしたので、朝からほっ

まあそんな毎日です。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏にお薦め!?恋愛映画2本

2009-07-16 12:23:56 | 映画あれこれ
今日は先日借りた映画2本を紹介します。

1本目は、“スウェーディッシュ・ラブストーリー”
これいったん手にとってみてやっぱりやめようと棚に戻した筈が、借りようと思ってた別の映画を戻しちゃってたみたいでうちに帰ってきてちょっとショックでした
が、これも見ろって運命か私好みの映画で大満足でした。借りてよかった。スウェーデン版“小さな恋のメロディ”らしいのですが、シリアスなのかとぼけてるのか、何とも言えない空気感と主演のもうすぐ14歳になるというアニカちゃんが可愛くてそれだけで魅せられます。あれくらいの年頃って思いっきりミニスカートとか履いても本当に可愛いんだよね(と思うとこの年でミニはもうきついかなって気がしてきます・・)男の子の方もやんちゃそうで可愛くて、この二人を見てるだけで初恋みたいなドキドキを追体験できちゃう
ぜひ気軽~な気持ちで見てみてね


もう1本は、キーラ ナイトレイ主演の“つぐない”
つぐないっていえば、テレサ テンの歌がつい口をついて出そうですが・・

内容をかいつまむと、
妹がついたある嘘により翻弄される二人の男女の運命。なのです。

どんな嘘か気になってたら、私の想像してたのとは違ってましたが、なるほど~という感じでスタートし、グングングングンストーリーに引き込まれ、最後は、哀しいです
でもすっごい胸にくる結構極上な恋愛映画でした。

ついでにこの映画のいいとこは、英国が舞台でかなり上流階級なお屋敷に住む姉妹で、インテリアとか壁紙とか可愛くって、キャス キッドソン好きには特にタマラナイでしょう
あとね、キーラの着てた緑のドレスとか本当にクラシックでステキ。これも見る価値ありと見た
あと、主演のジェームズ マカヴォイ。A ジョリー主演の“ウォンテッド”に出てたのは知ってたけど、“ナルニア”にも出てると聞いて、何役??かと思ったら、あのタムナスさん役だったなんかずいぶん昇進したのね~と思いながら見ちゃいました。かっこいいよね

原作者はイギリスで今人気の小説家イアン マキューアン。私はこの人の“アムステルダム”って本は読んだんだけど、かっこつけた感じであまり好きだと思わなかったんだけど、“つぐない”の原作“贖罪”は読んでみたくなったな。

とにかく、お腹いっぱいなれる映画だと思います。是非。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はまってます 2

2009-07-13 22:22:25 | こんなもの食べました
ティラミスに使われるマスカルポーネチーズ。
これまでそのものを食べたことはなかったのですが、安売りしてたので買ってみることに。

帰って、スプーンで一匙すくって食べてみると、おいし~
生クリームみたいにクリーミー、でも生クリームよりもたれなそう。ほんとにスキスキこの味。このクリーミーぶり。マーガリンの半分のカロリーだって

明日から、バターの代わりにこれつけてパン食べてみよう

と思います
それと、ティラミスの作り方書いてあったので、もしかしたら挑戦するかも。
そしたら結果また載せますね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近はまってます。

2009-07-12 12:56:49 | こんなもの食べました
私アイスクリームはどちらかというとこってりクリーミーなのが好きだったのですが、なので冬場はMOWにはまってました。定番のクリーミーミルクはもとより、限定のメイプルとか、クリーミーチーズとか、美味しいし、何よりこれ安いのにラクトアイスじゃなくて、ほんとのアイスクリームなとこもステキ

それで逆になんかは、シャリシャリは別に求めてないしと思って試したことがありませんでした。

でもこの夏、初めてそんな爽を口にしたら、美味しくて最高
独特のこのシャリシャリ感がヤミツキかも
マンゴーヨーグルトも美味しいし、ソーダフロートもいい
試してみるものですね。たっぷり入ってるとこもステキ。

食べ物も化粧品も上げ底してあるって気付いたら次からは絶対買わないもんね。
だってセコイじゃない~それも一見パッケージはとても立派なのに、裏を返したり、開けたりしてみるとかなり上げ底してあるやつ

あらら、また話が反れた。今日は都議会選挙。私は珍しく朝一で行っちゃった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

FOREVER21

2009-07-10 10:40:22 | とりとめもない話
先日、どうしてもテレビで見て気になってたForever21に行ってきました。まずネーミングがいいじゃないFOREVER21なんて確かに気持ち永遠の21歳でいたいなあ。。。。なんて。でも実際、21なんてもう遥か昔のこと。

平日の2時過ぎだったのですが、軽く並んでました。子供を母親に預けて来ていたので、身軽で助かった。店の中は大混雑。ざあっと見て廻りましたが、カラフルでいるだけで楽しく浮き足立つような店内。確かに値段も安くてそこらへんも浮き足立っちゃう感じ。下着もあって、私の好きなパットなしのシースルーとかすごくかわいいし、安い。これは授乳が終わったらぜひ買いに来たいかもと思いました


ただやっぱり、素材と値段は釣り合ってて、本当に21歳以下または前後くらいの女の子たちにはいいけど、三十路の私にはちょっと着こなせないような気がしました。これくらいの年になるともうちょっといいものを着ないと輝けない気がして・・

でも若い子(ティーンエイジャーとか)は、お小遣いで買ったりする子もいるだろうし、ちょっとくらい素材悪くても、そこは若さで着こなせると思うから、若い子にとってはあんなカラフルでかわいくて、流行の服がたくさん買えるならとってもいい店だと思いました。

私はこの日ラフォーレに入ってるTOPSHOPの方によりときめいたなでも結局何も買わずに帰りました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MJ

2009-07-08 09:52:44 | とりとめもない話
マイケル ジャクソンが死んだ!?そんな驚きのニュースから2週間近く経ち、昨日追悼式が行われ、朝からテレビはそのニュースで持ちきり。そんな私もすっかり釘付けになってテレビに見入ってる。

マイケル ジャクソンの曲って私はあまり馴染みがなくて、知ってた曲は、中学二年の時に運動会の応援団に入った時に踊った“BLACK OR WHITE”と、曲名は知らなかったんだけど、映画“フリーウィリー”の曲で“HEAL THE WORLD”この2曲だけ。(すごーーーくいい曲だよね)


“BLACK OR WHITE”は、何度も練習して聴いてたし、好きだったけど、歌詞の意味まではまるでわからず、気にもしてなかった。ただノリのいい曲くらいに思ってて、だからこんなメッセージが込められてたなんて知らなくて、今回の騒動で知ることになり、マイケル ジャクソンという人の中身を今更になってやっと知った思いだった。

ここ何年も、彼に関する報道は、性的虐待やら、借金問題やら、整形に関することやら、もう半分冗談みたいになって伝えられてて、まるでモンスターみたいに思ってる部分もあって、今回の死の報道もはじめは真偽の程がわからなくて、また今回も悪い冗談かと思ってたけど、世紀のスーパースターはあっけなく逝ってしまった。

このことで最近、運命とか宿命とかについてすごく考えちゃって。

今回のマイケル ジャクソンをはじめ、ちょっと卓越したようなすごい人って、生き急いじゃうというか、全力で生ききっちゃうみたいな部分があるのかなあ?とも思うし、最期もその勢いで人生のゴールを切ってしまうみたいなとこがあるなあって思ってて。または、そうゆう星の元に生まれたのか?宿命みたいな?
ジョン レノンとか、マリリン モンロー、ジェイムス ディーン、エルビス プレスリー、美空ひばりや石原裕次郎、セルジュ ケンズブールとか。
母の友達も昨年亡くなって、その人は傍目から見てもすごく詰まった生き方をしてたなあと思ってたけど、突然病気になって逝ってしまって、でも「この人生に悔いなし」と言って亡くなったらしい。なんだか太く短く生きるよう、そんな運命を背負わされた人たちなんじゃないかと考えちゃう。

そう考えてると、何だか私たちは偶然の積み重ねやら、自らの意思で人生を生きてるんじゃなくて、あらかじめ決められた運命に沿って生きてるような部分もあるような、運命に抗って生きようとして、でも結局運命には抗えないんじゃないかとも、最近ちょっと思う。

生きるって、素晴らしいけどやっぱり悲しみに満ちてる気がしちゃう。

追悼式、マイケル ジャクソンの娘のパリスちゃんのスピーチには父に向けた愛情の全てが詰まってたね。彼女のあの短い言葉の中でまたマイケル ジャクソンという人の違う一面、父親という一面を知れた気がします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子育て後の仕事復帰、わたしは・・

2009-07-02 10:01:25 | わたし的育児日記
去年失業保険の延長申請に行った時、確か出産後8ヵ月から3年までの間が延長申請期間だと言われたと思う。ということは、子供を預けて外に働きに出る準備をしてもいい頃なんだ、私。

仕事を辞めて一年ちょっと、その間にももちろん主婦という仕事があるにはあったけど、いろいろ感覚鈍らないうちにどこかに働きに出たいなあとはずっと思ってて。子供が産まれたら、子育てより外で働く方がどんなに楽か(精神的にも)と思ったりもして。つまり四六時中子供と顔を突き合わせて奮闘するよりも、適度に離れていたいような、そんな逃避行的な気持ちもあったりして・・それに家計も潤うしね。


でもやっぱり、暫くは外に働きに出るのはやめとこうと思った。
なぜなら、ここに私が最高に望まれてる仕事があるから。
外の仕事は、私がいなくたって何の支障もないけど、ここに最も大事でしかも大変重要な仕事があるんだから、大変でもここから逃げないで、この仕事に取り組もうと思う。それになんだかんだ言ったって、贅沢な悩みだもんね、子育ての大変さなんて。介護のそれとは比べ物にならないか。比べるものでもないか。

介護疲れの末に、って事件最近よく聞くようになったけど、ほんとにいたたまれないというか、これほどつらく可哀相な話ってないですね。
介護の仕事って本当に本当に大変だし過酷だから、介護士さんたちはたくさんお金を貰うべき仕事だと思う。(実際私は昔ホームヘルパーの研修に一日行っただけで、自分にはムリだと思った

税金、血税、ほんとにもっと大事に考えて使ってくれ。
政権交代でも何でもいいからお願いします

なんか話が変な怒りの方向に反れちゃったね

とにかく、覚悟を決めて子育てにどっぷり浸かって頑張ります
コメント
この記事をはてなブックマークに追加