4CATS

この平穏退屈な日々にもそれなりに感動って在るもの。

薦「鍵のない夢を見る」

2017-07-11 23:04:08 | 私の読書日記
辻村深月の直木賞受賞作「鍵のない夢を見る」を読んだ。

初めて読んだ「朝が来る」が面白かったので、直木賞受賞作でもある本作を読んだが、

5つの短編小説、そのどれもが文句なしに面白かった。

どれも主人公は女性だが、同じ女性から見て、なんてリアルと息を飲む。

リアルだから、ものすごく感情移入して話にのめり込んでいく。

また主人公たちが、ダメだと思いながらも離れられない男の存在もとてもリアル。

5つのストーリー、どれもがそれぞれに違うのに、どれも甲乙つけがたい面白さ。

久しぶりに興奮して眠れない~。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 芝アクアフィールドのプール | トップ |   
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (神崎和幸)
2017-07-12 15:03:11
こんにちは。

自分も「鍵のない夢を見る」読みましたよ。
面白いですよね。
辻村さんの筆力が素晴らしかったです。
そのうえ女性の心理がよく描かれていると思いましたよ。

それに「朝が来る」も読みましたが、この作品もいいですよね。
親は何があっても子どもを信じなければならない。そう感じました。
そのうえ「朝が来る」というタイトルも良かったと思いましたよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。