4CATS

この平穏退屈な日々にもそれなりに感動って在るもの。

『あの子を探して』

2016-10-12 10:38:00 | 映画あれこれ
チャン イーモウ監督の映画を初めて見た。「あの子を探して」

ヴェネチア映画祭でグランプリを獲った作品だけあって、深く深く心に残る素朴でとてもいい映画だった。

ストーリーは、中国の農村の壊れかけた小学校を舞台に、教師の代理を務めることになったまだほんの15歳くらいの少女が、家の借金返済の為、学校をやめて街に出稼ぎに出てしまった11歳の男の子を連れ戻しに街に出る話。

まず村自体、学校自体に驚く。現代と思えないほど、周りに緑のような色もなく灰色の世界。
大丈夫なの?と思えるような、突然学校に連れてこられた、歌さえまともに歌えない代理教師の少女。それに、置かれた境遇に嘆くこともなく、ただただ純粋で賢い学年もマチマチな生徒たち。

一見とても可哀想に思える話なのに、全編通して、そんな憐憫の情は不要とばかりにどこかユーモラスで、諦めない。見てるこっちが、何度も、もう諦めちゃいなよと言いたくなるのに、少女は諦めない。そんなつもりもない。だって、そもそも、苦労を苦労と思っていないんだもん。

不平不満をすぐにこぼしたがる、しょうもない私にとって、この映画のウェイ先生の「苦労を苦労と思わない」姿は、まさに「目から鱗」だった。

見終わってからも、あまりにじわりじわり心を離れないので、翌朝家族に話して、話を聞いた夫が見たがって、家族でもう一度見た。子供たちの心にどう映ったかはわからないけど、
私の心には未だにじんわり来ていて、忘れられない。
忘れたくもない。

私もせめて、苦労を苦労と思わない、ウェイ先生の爪の垢でも煎じて呑みたい。



『あの子を探して』 日本予告篇
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 運動会のお弁当 | トップ | オーケストラの105人 他 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。