4CATS

この平穏退屈な日々にもそれなりに感動って在るもの。

『あん』

2017-09-24 09:29:34 | わたし的育児日記
河瀨直美監督の映画はずっと見てみたいと思っていたのに、未だ見たことがなかった。

「萌の朱雀」や「殯の森」など、どれもタイトルだけ耳にしても素敵に思う。

映画「あん」も、予告で見ただけで絶対面白いだろうと思ったが、これ程とは。

やっぱり凄い監督なんだと、ただただ感嘆した。

そして、樹木希林はやっぱり凄すぎる。


こんなに泣いた映画も振り返ってみて思い出せないくらい、泣いてしまった。

一夜明けて、泣き腫らした浮腫んだ顔のままこれを書いている今も、「あん」の映画がぽおっと頭に浮かぶ。

泣けるシーンばかりじゃなく、笑える。永瀬正敏演じるどら焼き屋の店長さんと樹木希林演じる徳江さんのやり取り。

初めて二人で餡をつくるシーンの美しさ。

モッくん(と、まだつい呼んでしまう)の娘(=樹木希林の孫)演じる中学3年生との初々しい爽やかなやり取り。

でも一番すごいのは、樹木希林の演技がうますぎて、リアルに目に浮かぶのだ。徳江さんが、これまで歩んできた道程を想う。

忘れられない映画がまた出来た。





映画『あん』予告編
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鈴虫

2017-08-06 13:32:16 | わたし的育児日記
目黒の昔からある花屋さんの前に虫かごに入った虫が売られていて、私は興味もなく通り過ぎたが、子供たちと、私の母が食いついた。

10メートル程先から振り返って見ていたら、何だか怪しげだったので、

息子に凄い勢いでこっちに来るように手招きしたが、遅かった。

800円出して買ったのは、鈴虫。

弁解するように、皆が口々に言う。「リーリー鳴いていい音なんだって。」「鈴虫なんてめったにいないよ。」「普段鳴いてるのは、コオロギで鈴虫じゃないよ」等々。


鈴虫がそんなに貴重な虫だって知らなかった。秋を知らせるあの鳴き声はコオロギだったらしい。(ちなみに私はコオロギが鳴きだすあの夏の終わりが切なくて大好き。)


家に帰って、置いてみる。

涼しいところが好きな鈴虫。

リーリーいうあの鳴き声は、確かに気持ちがよく、天然のヒーリングサウンド。

夜、トイレで目覚めてすぐに寝付けない時は、2分おきくらいにリーリーいう音が、
時計の秒針のごとく気になって眠れないことは時にあるけれど。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あなたはどっち派?!

2017-07-26 21:09:22 | わたし的育児日記
昨日夫が、明日子供たちをプールに連れて行くから、その間どこか出かけていいよと言ってきた。

そのまま夕食も食べてくるから、夕食もどこかで食べてきたりしてもいいよと。優しい~


子供たちにも、明日プール行くぞといつものように事前告知、私は子供たちには事前告知しない派なのですが、

夫は、すぐに言っちゃう派。でもでも、その通りに行かなかったりして(天気とかね、体調とかね、)普段から物凄くがっかりさせる派でもある。


事前告知しない方がいいよ、と何度忠告するも、懲りない派。黙ってられない派。

また、子供たちも毎回乗せられてがっかりする派。



そして、今回も。

朝から予期せぬ大雨。久々にこんなにざんざんざんと降るとこ見た。

天気予報では、昨日は曇りって言ってたのにね。


なので、私も今季行けてなかったセール(もう終わってるか?!)に行くこと、どこかで美味しいランチを食べることは諦めてたのに、

さすがの子供たちも外を見れば言うまでもなく、今日プールに行けないのは理解でき、


なのに、うちの夫ときたら、こんな朝からの降りやまぬざんざん雨の中でもプールに行くんですって!!!!


ビックリでしょう。。。。



諦めてた子供たち(特に幼稚園年長の娘)すっかりその気。


でもでも、さすがにこれは止めました。だって、今日行って風邪ひいて、明日仕事休んで病院連れてくのは私なんだもの。

と言うと、夫、子供たちにこう言い放った。

「ママがダメだって言ってるからやっぱり今日行けないよ。」



はあ???私のせい???

その時、思った。うちの夫って、まるで何だか、沖縄の辺野古基地移設問題で、元民主党の鳩○元首相が基地移設でほぼ納得しかかってたところを
急に方向転換図って、でもやっぱり撤回なんかできなくて、沖縄県民を余計にがっかりさせたあの時みたい。


ちょっと、私のせいにしないでくれる??とキレたら、雨の中、伝説のポケモンを獲りにバイクで出掛けて行った。

そんな日常・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レモンパイ

2017-07-25 23:02:41 | わたし的育児日記
先週から子供たちは夏休みに突入。

よく言われていることだが、これまでそんなに実感としてなかったんだけど、今年は感じている。

「気が休まる暇がない」と。

片づけても片づけても、その横から汚されて、雑巾がけ(といっても大好きな激落ちくんスポンジ)したばかりの床の上で、公園に行って足の指に
挟まった砂を靴下を脱いでサラサラと落とされたり。

冬と違って素足だから、とにかく、、、そんなこんなで気が休まる暇ってものがないんです。


今日の外気は、ただでさえ暑いのに、毛布を要らないって言っても言っても聞いてもらえず無理矢理それに包まされてるような不快さでした。

私はかれこれ半年、足の裏の魚の目の治療に2週間に一度皮膚科を訪ねている。

夏は、特に皮膚科が混む。今日も一時間以上待って足の裏に液体窒素をつけてもらう。

魚の目は、本当にしつこいです。


帰ってから、娘とレモンパイを作る。

昨日、二人で見たマーサ スチュワートがキーライムパイを作っていて(キーライムって何だ??)それがすごく美味しそうで挑戦してみた。

何しろ、出産後、今流行りのスイーツを気軽に味わうことから遥かに遠ざかった生活を送っているので、
テレビで見た箱根フジヤホテル(いつか泊まってみたい)のレモンパイ(確かコレド日本橋とかで買える)を食べてみたくて仕方ないのに、未だ果たせないでいた私である。

参考にしたレシピは、「レモンタルト コンデンスミルク メレンゲ」とググって出てきたオーストラリアの義母に教わったという方のレシピ。

かくかくしかじか、少しでも手が込んだスイーツはやっぱり買うに限るので、でもこのレモンパイくらいなら結構お茶の子さいさいで出来た。

ちょっとコンデンスミルクが甘すぎたけど、見た目も味も美味しく出来た。さすがオーストラリアの義母さんのレシピ。

次回は、コンデンスミルク400グラム使うのを300に減らしてみようか、そしてタルトの焼きをもっと多く。

結構なお味でございました。夏にピッタリ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芝アクアフィールドのプール

2017-07-09 23:59:46 | わたし的育児日記
昨日は今年初ののプールに行こうと家族で平和島に。

駐車場空いててよかったね、と言って入口の前に立つと、休館の文字が

平和島のプールは区民プールにしては珍しくプールサイドで飲食OKだし、時間制限もないし、ゆる~い感じが気に入ってます。
なので、お弁当も買って、準備万端乗り込んだら、、まさかのお休みでした。子供たちがっかり。
息子が車に酔ったので、レジャーシート広げて暑くて苦しい中しばらくそこから動けず。
そんな中、娘は銀チョコパン(思いっきりジャンクな感じの菓子パン)をむしゃむしゃ。口の周りをチョコで泥棒みたいに真っ黒に

通りがかりの人に怪訝な目で見られますが、猛烈な暑さに他人にどう見られようとお構いなしな気分に。

ドンキホーテで夫が酔い止めを買ってきて、何とか車で家に帰りました。


そして、今日はやっているかを電話で確認して、芝公園のアクアフィールドのプールへ。

去年は大人二時間ワンコインだったのに、640円に値上がりしてた。このタイミングで、なぜ??
(子供は200円→240円)

しかも、チケット見せる時、娘は小学生じゃないかと聞かれたので、幼稚園と私が答えると、係の人が娘に向かって「何歳?」って聞いてた

疑ってるの??ディズニーランドだって、なかなかこんな風には聞かれないよ

5月生まれの娘は「6歳」と答えていた。(ちなみにうちの娘は幼稚園年長の平均より小さいと思います)


おまけに、ネックレスやピアス外すのはどこでもそうだけど、ここのプールは何と指輪もダメ。
外さないなら、絆創膏のようなもので指輪部分を落ちないようにテーピングしてもらうんだって
そんなことさせられるんなら外してロッカーしまっとくよ

そして、延長料金も容赦はしない。着替えで2、3分時間を過ぎただけで、延長料金取られたことあるから、必死。
15分前には上がって着替えないと💦


東京タワーが目の前の絶好のロケーションなだけに、ちょっと色々残念だわ、

浮き輪を膨らましてくれるサービスだけはあるけどね!


小学3年生の息子は平泳ぎ、クロール共に50メートルを全部泳ぎきった。成長を感じた。水泳習わせた甲斐あるわ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

七変化

2017-06-11 22:30:56 | わたし的育児日記
今日はお祭りだったので、初めての浴衣。私の子供の頃のと、帯は私の母が子供の頃、お母さんが縫って作ってくれたもの。布は古びないなぁ。60年以上前のものには見えない。







お兄ちゃんに憧れて、サッカー始めるんだって。まずは衣装から。
お兄ちゃん用に昔買ったZARAのスペイン代表のユニフォーム。 




同じ日に、七変化😆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年のGW

2017-05-06 12:46:52 | わたし的育児日記
今年のGW、東京は天気にとても恵まれた。そんな、GWも残すところあと一日。

我が家は、前半こそ忙しく過ごしたものの、後半は三日家族でズーラシア。
しかし、息子がいまいち元気がなく、熱はないものの疲れがあるようなので、早めに退散する。
クラスで4月なのにインフルエンザBが流行っていたから、もしかしたらと思ったけど、熱もなくその後も元気。
休日診療を探して病院に行かないで済んだ。本当はそれだけで充分ありがたいはずなのに、人間というものは、というより
私は本当に欲深いものだ。

元気になったら元気になったで、どこかに行きたくて仕方ない。
翌4日は、そんなわけでムリしないで家や、近所の公園で兄弟で水鉄砲をやって過ごした。

その次5日は、いよいよ新しいテレビが届くんで家にいた。
この日も子供たちは近所の公園で水鉄砲。おそらく、誰でもいいから友達に会って遊びたいようだが、あいにく公園に遊びにくる友達はいないらしかった。私はスーパーに買い物。いつものスーパーも何となく連休仕様。パーティーでもするらしい若者たちが
あれこれ言い合いながら買い出しをしている様子がいかにも楽しそうでうらやましい。


しかし、3週間ぶりにクリアに隅々まで見れるテレビに対する感動は言葉では言い尽くせない、と言ったら少し大げさだろうか。
でも本当にもう声しか聞こえないくらい酷い有様だったのだ。


そして、今日。さすがにどこかに出かけたいと思って昨日の夜から頭をしぼって、ネット検索もして、考えたが、
ちょうどいいところが思いつかない、

もうさすがに退屈。おまけにこの素晴らしい天気が、どこかに行かないと物凄い損だよと焦燥感だけが全身を駆け回る。

しか~し、肝心の子供たちは普段見れないディズニーチャンネルが今日は無料で見れるので、朝5時半からずっとずっとずっとテレビを見て飽きない様子。嘘でしょ。

母だけが退屈で飽き飽きしている。
耐えきれない。

だのに、行く場所が思いつかない。


普段、忙しいだの、子供の部活だの、試合だの、仕事だの、そんな諸々があってこそちょうど良かったんだと今更ながら気づく。
人間は(というより私がか、)案外行くところなんてないのだなあと思う。

家中の床を激落ちくんでピカピカに拭く。
下らなかった本についてダラダラと感想を書く。

世間は静まり返っている。
みんな出払っているのだ。人の気配が驚くほどしない。

夫は仕事に行っている。

こんな私の味方は図書館だ。
こんな天気のいい日も図書館はやっていて、しかもそれなりに人がいる。
GWなんて存在しないかのように、いつもの時が流れてる。


私は目新しいところに行くのが好きなんだ。

来年のGWはしっかり予定を立てようといつになく決心する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お手伝い

2017-04-26 15:22:39 | わたし的育児日記


春から幼稚園の年長になった娘。

気が向けば、ヒレカツのパン粉つけをしてくれます。大変助かります。

あとは、毎日のお風呂掃除が彼女の担当。この前の冬休みから、ほぼ毎日欠かさずやってくれる。てきとーな日もあるけど。

ヒレカツは最近、普通に食べるよりソースカツ丼にして食べるのが子供たちにはウケてる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テレビ壊れる

2017-04-18 10:30:42 | わたし的育児日記
子供と暮らしていると、まあ日々色々なことが起こるなあと思う。

まあ、その“色々なこと”を引き起こしてくるのは、やっぱり90%が小学3年生のお兄ちゃんの方だ。

男の子だからか、それとも呼び寄せてしまうのか、ケンカを買ってしまうからか、公園に出せば、何かしらが起きる。

今日は平和な友達と遊んでるはずだからと安心していたら、敵対する友達と言い合いになり、お腹を蹴られたと泣いて電話してきたり。


この前も、小学校の保護者会だったので、外で遊んでもらおうと思ったが、つい先日のお腹を蹴られた件もあったので、○○君一人ならいいよと
言ったところ、途中で○○君もいい?というメールが来ていて、私がそれに気づいて、いいよとメールを送った時には既にもう家に上がり込んでるんだろうな・・と思いながら。

すると案の定、事件は起こった。

電話がかかってきて、「WIIやってたら、リモコンがテレビに飛んでテレビが壊れた」



まったく、液晶テレビは右隅の方にピストルで撃たれたような跡があり、右側と上の部分に大胆な虹色の線。
画面によっては、右半分暗くて見えないところもあり、全体的に黒い縞模様がかかってしまって。


もう滅茶苦茶頭に血が昇ったけど、こうして何日か経ってみると、

やっぱり留守中に友達を呼ぶことを容認した自分も悪いし、(というより、友達呼びたいと朝から愚図った息子に屈した自分も呪う)
WIIのリモコンの紐を手首にしっかり掛けることを教えてなかったことや、そもそもこの前公園でお腹蹴られてなかったら、外で遊ばせたのに、と
夥しいタラレバであふれ・・


今これを読んだ人に一番に伝えたいことは、WIIリモコンには充分気をつけるということです、
WII側も始めの画面で大きく注意喚起してるもんね

ああ、テレビ代
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お雛様飾りました!

2017-02-27 16:16:03 | わたし的育児日記


今年は、実家のお雛様を子供たちと一緒に飾ることにしました。

私が生まれた時に祖父が買ってくれたお雛様。

今年は骨組みの一部が錆々に。

そおっと扱わないと、お雛様の髪がポロっと取れたり、手が外れたり。でも何とか毎年欠かさず出してる。

ここ数年母にお願いしていたけど、さすがに気が引けてきた

子供たちも、飾られた完成品を見るより、一から飾ることに興味津々。二人で競うように飾った。

完成したお雛様を前に充実感を憶える。

これは毎年恒例の行事にしよう。

飾るのだけじゃなく、片づけもちゃんとしなくちゃいけないね。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加