生物教材はんどめいど部

ぼちぼち更新。
高校生物の中でも立体を意識した教材を中心に更新する予定でしたが、その他が殆ど。

授業者自らが「教科する」例・・・気孔の開閉モデル

2017-05-14 08:57:31 | 2分野(生物)

 

 

高校生物(4単位)の授業にて。
気孔が開閉するためには、孔辺細胞がくねっと曲がる必要があります。

そのしくみはとってもシンプル。

細胞壁の厚さが均一ではないため、
吸水した時に、厚いところより薄いところの方が膨張し、
くねっと曲がるのです。

教科書にも分かりやすい図が載っているのですが、
なんとなくモデルで実演。

材料はバルーンアート用の風船とセロハンテープ。

吸水(空気を入れる)と細胞(風船)が自然に曲がるよ〜、
を実演したいだけです。

空気を入れる前の風船に、
三分の一幅でカットしたセロハンテープを貼るだけ。
細胞壁が厚いところ(セロハンテープを貼った部分)は伸びないから、
ほら、くねっとするでしょ?

高3のみなさんは、へぇーと言う感じで見ていましたが、
一番楽しんだのは私。

以前、京都大学の石井先生の講演にて、
教材開発に熱心になる教員は、
自分自身で「教科する」傾向にある、と話されていたことを思い出しました。

ま、たまにはいいか・・・。
熱心とは程遠いし・・・。 

 

今求められる学力と学びとは―コンピテンシー・ベースのカリキュラムの光と影 (日本標準ブックレツト)
クリエーター情報なし
日本標準

以下引用

教科指導における「真正の学習」の追求は、「教科を学ぶ(learn about a subject)」授業と対比されるところの、「教科する(do a subject)」授業(知識・技能が実生活で生かされている場面や、その領域の専門家が知を探究する過程を追体験し、「教科の本質」をともに深め合う授業)を創造することと理解すべきでしょう。
思考したり、実践したり、表現したりすることは、実際にやってみないと伸びて行きません。故に、「教科する」授業を創るには、まず学習の主導権を子ども自身に委ね、活動的で共同的な学びのプロセスを組織することが必要です。 (pp39-40)



 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 授乳にロマンを感じる時。 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL