クォータ:エアロロード

KUOTA KHARMA EVO


クォータ カルマ エボ

クラーロよりもエアロっぽいシルエットです。

クラーロより若干重量があり、若干剛性が低いようですが、違いは微妙…。

判りやすいのはヘッドチューブの長さで、カルマの方が長くなっているのでスペーサーを積層しなくても高い位置にハンドルをセットできます。

何となくロングライド用かなぁ。

クラーロもカルマエボもシートピラーを前後逆に取り付けることもできるので、DHバーを取り付けてトライアスロン用にセッティングすることも可能です。もちろんTTにも使えますが、TTモデルを使う場面って少ないよね。

ああ、間瀬の耐久レースで使えるか。もう、申し込みを受け付けています。





↓こういう物のベース車両にエアロフレームが欲しいところ。

ジェットエンジンを搭載して最高時速263km/h出した自転車
 すでに自転車じゃないし…。
ジェットエンジン搭載は今までいくつも有ったけど、これが最速かな?



パルスジェットエンジン搭載の自転車
 こんな奴が一人近所に居たら楽しいだろな…。
パルスジェットエンジンは単純な構造なので簡単に作れます。

一人でいいんだ。沢山居ると大変そう…。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

クォータ:エアロロード

KUOTA KURARO 105Mod.


クォータ クラーロ 105モデル

エアロロードというカテゴリー。

クロモリの時代からエアロチューブを使ったロードレーサーは有りましたが、バテッド加工されてなかったので重い物になっていました。
また、縦方向につぶしを入れるので横剛性が低くなり、ウイップが多いということで好まれませんでした。

アルミフレームだと割れを防ぐために肉厚のチューブを採用するのでクロモリより重い代物になりましたね。

競技用フレームはカーボン全盛になり、比較的剛性の要らないTTモデルやトライアスロンモデルは再度エアロ化が進みます。カーボン繊維のグレードが上がり、レイヤー方法や製法が進化してエアロ化しても十分な剛性が取れるフレームが作られるようになりました。
競技用でなければ、更に剛性を落とすこともします。

エアロロードは必要十分な剛性を確保して、ビジュアル的なエアロダイナミクスを兼ね備えています。


カーボンのディープリムを履かせたいよね。





明日のチーム走(k池さんがそう呼んでた)も私は走りれせんがやるでしょう。





逃げるMTB:ジー・アサートン

追うハヤブサ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ダホン:フォールディングバイク

DAHON Speed P8


ダホン スピード P8

硬くなりがちな4130クロモリを採用していますが、一本フレームになっているので程よくしなります。
同じクロモリを採用した“ボードウォーク”というのもありますが、そちらはチューブが細いので結構たわむのが判ります。

ダーホンはギミックが多いので畳むのに慣れが必要ですが、慣れればもっともコンパクトになる部類です。
また、20インチのホイールを採用しているせいか、比較的身長の高い方でも乗れます。


折り畳んだ状態。


ダホンは今年で30周年になりました。
日本に初上陸したときの東京サイクルショーを憶えていますが、ブースを持たず通路でパンフレットを配っていました。時はトライアスロンとマウンテンバイクのブーム。日本のディストリビューターが決まっておらず募集中でしたが(私も声を掛けられたw)、奇怪な折り畳み自転車は見向きもされませんでした。
当時のカタカナ表記は“ダ・ホン”。 『カリフォルニアの会社なんですが、“ホンダ”が自転車を作ったのか?って聞かれるんですよ』と、営業さんが苦笑いしていたのを憶えています。
輸入元が決まるまでの数年間、会場でパンフ配りをしていたので、輸入元が決まった時は思わず『良かったですね』って声をかけちゃいました。

昔はデモンタブルでもなければ安物。ってイメージだった折り畳み自転車を、軽快な小径スポーツ車ってイメージに引っ張り上げたのはダホンの功績だと思います。



明日は(今日は)サイクルトレインと新潟シティライドと関川マラソンの日です。
天気は回復しそうですね。
私はサイクルトレインの手伝いを断念しました。通常通り仕事します。

オペラを組み上げないといけないし、ジャイアントも納車しなければならない。
今週はバッソも着手します。ホイールを持ってきてね。明日連絡するでしょう…。
週末までにクオータカルマとアンカーのカーボンも組む予定。ルイガノとブリヂストンも今週入ってくるな…。

内緒だけど、タイムのフレームも入って来てしまったw いつ組むの?
クオータとカレラのフレームも入ってきたけど、これはパーツが揃わないから見なかったことにしとこw
でも検品くらいはしなきゃね。


店内では'80sのロック&ポップスを掛けてノリノリで仕事しています。
結構ハマってる人いるのねー。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ブリヂストン:フォールディングバイク

BRIDGESTONE SNEAKER LIGHT


ブリヂストン スニーカー ライト

折り畳み自転車の“スニーカー”シリーズには“シティ”と“ライト”があり、“ライト”には16インチと18インチがあります。

以前にも記事にしたと思ったのですが、検索しても出て来なかったので改めて書きます。

国内最大手自転車メーカーブリヂストンで、何の変哲もなさそうな折り畳み自転車で面白みがないとか言われますが、ちゃんと走ります

ネット通販で人気の○○と同じような価格ですが、トルクを掛けたらフレームがよれてフロントからチェーンが外れるなんてことはありません。



折り畳んだ状態。



唯一の弱点を挙げるとしたら…、あまり身長が高いと乗り難いってことくらいかな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今年も『パスマガ』に載ったよ。

PAS magazine 6と7月号



特集:自転車に乗ろう!

なんてストレートなんだw



内緒なんですが、店内が片付いていないので前回の写真を使い回ししてもらいました…。



…片付けます!




日曜日の朝連ですが、先週も走りました(私は走ってませんが…)。

ドグマが駆け抜けて行ったのをプロトスとパリが追いかけて行ったそうですが、行き先が違ったのか見失ったそうです。
明日も走るんでしょ?
私はまだ走れませんが、お見送りくらいしましょうか。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )