片側M字、頭頂部ヤバ夫

薄毛についての経過や植毛について色々を書いていく

はげの始まりについて(医学的なことも含みつつ)

2016-10-11 14:04:55 | 日記

私は元から髪が薄い方で、昔から夜に風呂に入らない時


カラオケでオールしたときなどは地肌がすぐ見えている状態だった



そしてその後あり得ないほどのストレスにさいなまれる時期が来る。
ストレスと不眠から自立神経もかなりおかしくなっていたと思う。

それを私はトリガーと思っているのだが

その後から一気に髪が薄くなってきた。




この世にはもう遺伝子的に組み込まれて発症してしまう疾患と

遺伝的に素因はあるのだが環境次第では発症しない疾患があると思っている。




あのストレスで一気に始まったことを考えると私の薄毛は後者だと思っている。







なので家族に薄毛の人が存在してもその弟とかがフサフサの例は
その環境因子が関係しているのではないだろうか




現に私の弟は私が薄くなり始めた時期になっても
フサフサをキープしている






恐らくジヒドロテストステロンへの感受性が変化したのだろう。
受容体の変化なのか、それとも受容体以降の変化なのかは分からないが
ジヒドロテストステロンへの還元酵素5α-リアクターゼ阻害薬はあっても


まだ受容体ブロッカーはないようだ


今後これが研究され頭皮への実用化が始まれば
とても有効な治療薬になるのではないかと思う。



え、飲んでますけど?
フィナステリドとミノキシジルタブレット
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 植毛の優先すべき場所 | トップ | 画像さらすわ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。