ホッと日記

お気楽日記ですから息を抜いてクリックしてネ

秋めいて

2014-08-30 16:54:12 | 日記・エッセイ・コラム

今日は雨もなく、最高気温は25℃と快適な午後です。

空はうろこ雲が広がり秋の装いです。

辛い夏がやっと終わろうとしています。

8月生まれの私ですが、都会に暮らすようになってから

は8月は最も嫌いな月になりました。

年々暑くなっているようで、こちらは歳とともに体力も落ちて

熱中症で倒れるのではと不安になります。

暑かろうが寒かろうが、そんなことはお構いなしに仕事は

あるので、効率の上がらない夏は簡単な仕事であっても

こなすのが苦しいんですよね。

今日の空を見て胸をなでおろし、撮影と打合せに

向かいます。

今日は気の重い打合せが夜7時から都内某所で

ございます。涼しくなったんで体と頭脳は好調のようですから

嫌がってないで、気合い入れてガンバってまいりましょー!

140830_1

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見つめていたい

2014-08-25 09:26:03 | 日記・エッセイ・コラム

震災前の2010年末に我が家へやってきた観葉植物くん。

家内が室内に花やグリーンが何もないのは寂しいからと

いうことで、100円ショップで3つ買ってきました。

一つは枯れてしまいましたが、二つはすくすくと成長し

見違える姿となりました。

朝の水やりは私の日課となり、暑い夏は外で、寒い冬は

部屋の中で、大雨・台風時も部屋の中でと、気遣いした

御蔭で元気です。

今まで植物なんぞ育てた経験のない私が4年近く、植物と

向き合っています。

朝起きて「今日も元気かな?」と声をかけるかのように

見つめて、更にベランダから見えるお寺の木を眺めていると

自然と心癒されます。

私自身、独身時代は家にいることが少なく、いや、居たくなくて

積極的に外へ出ていて、家のことなどまともに考えたことも

ありませんでした。

結婚し、子供が出来て、生活のことを考えだしたら、

自然と家のことが目に入り出しました。

毎日眺められる家、周りの風景、同じ風景と付き合えることが

いかにいいことか自然と肌で感じられるようになりました。

このブログを書いている間も出来るだけ機器の音が少ない

ノートパソコンを使い、窓から吹き込む自然の風と

工場の音、セミの声を聴きながら、目の前のグラスの中の

風景を見つめています。

50を過ぎて、やっと、やっとですが落ち着いてものが

見れるようになったようです。

ただし今は老眼が進行し昔のようには見れませんけど。。。

140825_1

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とにかく暑い~~~~ぞ~~

2014-08-21 20:21:54 | 日記・エッセイ・コラム

昨日、本日とシンポジウム撮影に埼玉県内と都内を

軽い機材で行ってますが、50を過ぎると辛いですネ。

本日は早めに仕事が終了したので15時ごろ駅から

歩いて帰りましたが、気温35℃とピーク!

歩いていてクラクラしました。

大した仕事でもないのに、この状態では先が思いや

られます。昨日は仕事へ行く前にうちのベランダで

息絶えたセミを見つけ、その後の買い物に行く途中では

死んだセミを食べるカラスに遭遇しました。

まるで自分を見ているようでした。

どこかで息絶え倒れてカラスに突っつかれる

白昼夢をみてしまうぐらい、この暑さにまいっているん

です。

とにかく早く終わってくれ、夏!!!

140821_1

140821_3

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プレゼンテーション

2014-08-19 11:34:47 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜、夕焼けを階段踊り場で撮影している最中、

いろんなシーンでお会いするマンション住人の方

から写真についての質問を受けた。

内容は、マンション駐車場に置いているご自身の

車が隣の車のドアを開く際に傷つけられて困って

いるので、キズのついた部分を撮影しようと試みて

はいるけど出来ないため、どうすれば上手に撮れ

るか?ということでした。

私から少し説明はしてあげたけれど、そう簡単に

素人が撮れるものでもないので、少し撮ってから

別の日に撮影することとなりました。

もちろん裁判に出すわけですからお金も払うという

のですが、私自身は御金をもらう気は、さらさらない

ので、都合の良い時に撮ることにしました。

これが個人でなく団体や会社、もしくは私の写真を

よく知っての個人であれば遠慮なく、手加減なし

でお金は取りますが、写真についての知識も全く

なく写真とは結婚式ぐらいしか知らなくて、

私がただただ写真を趣味でやっているのではと

思っている仲良しのお知り合いからの初依頼は、

ちょっとした、ほんとにちょっとした撮影なんで

プレゼンテーションぐらいのモノ、いやそれ以下

のモノなので。。。。

そして写真というものがどういうものか知っていた

だくいい機会ぐらいに考えています。

以前にキヤノンのインタビューにも答えたことがありますが

私の写真を使ってのちょっとした社会貢献ですかね~~~

ところで、。車のキズを写真で撮ってこいという弁護士も

考えもんです。誰でも簡単に撮れるわけでもないのにね。

弁護士からして写真をなめているのが気になるのです。

自分でまず撮って、どれぐらい難しいか体験してほしい

ですね。

140819_1

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

反省をもとに、、、

2014-08-17 11:12:12 | 日記・エッセイ・コラム

自分の撮影法に疑念を抱くのは時折必要なこと。

撮る前にモノをよく見る・観察することは当たり前のこと

ですが、なかなかできないもの。

昨夜は飲み会に新大久保に出向いたんですけど

ここへ行くにあたって、駅から歩くんですが、

いろんな出会いがあります。

最近、街歩きが出来ていないのもよくないと思い

新宿で下車し、徒歩15分の道のりを考え事しながら

歩いておりました。

あくまで歩いて街をみることがメインですから

カメラは重い一眼レフではなくコンパクトカメラと

ムービーカメラを持って、何気なく風景を眺めながら

カメラを向けていました。

街を歩く人の姿、ビル群など20年前の光景と

どう変わったのかなど、頭の中で比べつつ

いろんなことを考えると、撮影の反省点やら

今度の撮影のアイデアやらが自然と浮かんで

くるもんですね。

140816_3

コメント
この記事をはてなブックマークに追加