ホッと日記

お気楽日記ですから息を抜いてクリックしてネ

厳しい現場

2017-06-15 14:09:16 | 日記
フリーランスは業種、そして業種の中のどんな
仕事をするかでその内容は大きく異なるけれど
どれも楽ではないというのが私の思うところ。
私自身は一応、表向きフォトグラファーという
ことに自他ともに認識はしているものの、四半
世紀前とは手法も
アプローチも
テクニカルも
納品形態も
営業方法も
ぜーんぶ違う。
そして以前よりきつい。
たまに辞めたくなることもある。
でも続けていられたのは家族の全面協力が
あったことと他の仕事では今以上に稼げない
という理由からだ。
だから、どんな厳しい現場でも耐えられる。
というより諦められるというほうが正しいか?
ただし、この20年間、かなりの無理をしていたよ
うで、身体は悲鳴を上げている。
いつ倒れてもおかしくない。
そして同じ仕事に携わるエディター、ライター
スタイリスト、プランナーなどなども
その仕事独特のキャパを超えた仕事量を抱え
ていて、皆々様苦しんでおられる。
私の周囲の上記職業の方々も数年前から
リタイヤしだしている。
最近も気になる方々がいるので心配なのだ。
同じ仕事に携わり苦楽を共にしてきたので
突然いなくなったりするのは寂しい。
少しでいいから、余裕があればそれほど
きつくならないと思うのですが、、、、ね。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デジタル時代のフリー仕事事情 | トップ | 昨夕は、、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。