ハナ-ぐるみ



ハナちゃんは大きな瞳が印象的なシェルティーMIXの女の子。
ママさんにハナちゃんの特徴を教えて頂きました。

コロッケのような美味しそうな茶色と、首の後ろの白の差し毛、
前足のフリンジ風の毛(我が家では「にしきの」と呼んでいます)

やはりどこのお宅でも前足の飾り毛は「にしきの」と呼ばれているようです。

 

大きさ     高さ17cm
毛の量     40g 一部羊毛混紡
生年月日    2002.6.3

 

ハナちゃんの性格は、

恐らく末っ子なので少し臆病。
とにかく「食」が大好き!寝る間も惜しんでおねだり。
優しくて意外と頑固。

お上品で小食に見えるハナちゃんなのに、そんなに食いしん坊だなんて!
こんな可愛いお目々に見つめられたら、おねだりに負けてしまうこと確実です。

 

エピソードも沢山教えて頂きました。

・以前入院手術した時、寂しがり屋だし、とても心配したのですが、
夜鳴きもせず
大人しく食事もトイレも従っていたそうです。
飼主が思うよりずっとしっかり者でした。

大人しそうに見えるハナちゃんですが、芯が強い子なんでしょうね。

・ウグイスが好きで、春先はさえずりに耳を傾けていました。
(今は耳が遠いので聞こえていないようです…)
・文鳥が先住だったので、文鳥に気を遣っているようです。

ハナちゃんは小鳥が好きなんですね。
ウグイスのさえずりに耳を傾けるなんて、風流としか言いようがありません!
風流なわんこ・・・
wanko-ami史上初めて出会ったわんこです!!

・私が泣いていたり怒っていると、すっ飛んで来てお腹を出していました。

小鳥だけでなく家族の心の声にもちゃんと耳を傾けているんですね。

 

6月に15歳になったハナちゃんですが、現在大きな病気と闘っています。

ハナは、昨年2月に倒れ、一度心肺停止状態になり、
何もしないで余命1ヶ月、との肝臓がんと診断されました。
そこから、1年以上まだまだ元気で頑張っております!
幸い、原発性のもので、転移はなく、

小さい頃より診て頂いている先生が腫瘍のエキスパートということもあり、
高齢で心臓も弱く、手術が出来ないなかで、
ハナにあう薬を選んで下さって、頑張っています。

免疫力が落ちて様々な病気にもなったそうですが、
手作り療養食や色々なことを試し、家族全員で乗り切って来たそうです。

数値はここのところ高めですが、とにかく食欲が旺盛!
毎日、台所の高い台のうえにあるご飯が早く欲しくて、飛びつく始末です。
がん闘病中とは思えないくらい、元気いっぱいです。
むしろ、飼い主の私のほうが過保護になりすぎて心配心配の毎日です。
でも、美味しく、楽しく、無理なく頑張れればいいかな、と思っています。

ハナちゃんはこんなにご家族に愛され大切にされて、本当に幸せですね・・・

 

ハナちゃんのハナぐるみへの反応を教えて頂きました。

何度も匂いをかいだり、パクっとしてみたり、
(パクっとするたびに母が「やめて~~~~~~」と絶叫していました。笑)
新しい
家族を迎えた気分です。

ハナちゃ~ん、いつまでも元気でごはんにバンバン飛びついちゃってね!
でも、ハナぐるみには飛びついちゃダメよ。
クルエラも「やめて~~~~~~」って絶叫しちゃうから!!

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

バリー-ぐるみ



バリー君はとっても優しいお顔の男の子。
つぶらな瞳と長いまつ毛がチャームポイントです♪
よく女の子に間違えられるそうですよ。

 

大きさ     長さ27cm
毛の量     70
生年月日    2004.8.18

 

バリー君の性格をママさんに教えて頂きました。

人が大好きで、どんなワンコとも仲良く出来て、穏やかな子です。
年をとっても変わらずいつまでも少年のようなワンコです。

フレンドリーで穏やかで、いつまでも少年のようだなんて、
女子の理想のタイプど真ん中じゃないですかっ!

 

エピソードも優しいバリー君らしさで溢れています。

初めて一緒に暮らすワンコだったのですが、あまりにも人好きなので、
人と触れ合うお仕事が出来たらと思い、
AAA(動物介在活動)のあるしつけ教室に通うようになりました。
1才頃から、幼稚園、養護施設、身体障害者施設、老人ホームの
子供達やお年寄りの方々との触れ合いを楽しんで来ました。
(嬉しくなると体をスリスリしながらぶつかっていくので、
倒してしまわないように気を遣いながら・・・)
初めての人と話すのが苦手な飼主の私も、
バリーといると自然と色んな方と笑顔で話す機会が多くなっていきました。

AAAはバリー君のぬくもりを感じて癒される方々にとって、
素晴らしい時間なのでしょうね。
その上、バリー君はママさんの社交性まで高めてくれるなんて!
バリー君の持つプラスのパワー、ハンパないです!!

 

どんなワンコとも仲良く出来るので、しつけ教室では、
犬が苦手なワンコが歩く練習をする時の
ワンコポールの役目をよくやっていました。

ドッグランで知らない犬同士がものすごいケンカになると、
遠くからも飛んで行って間に入る平和主義者な面もあって、よく驚かされました。

バリー君は男気もあるんですね~女子は益々夢中になりますわ♪

いつもはテンションがかなり低いのですが、
お出かけや楽しいことがあると一気にアップ⤴⤴⤴!
別犬のようにニコニコ顔になり、喜びを全身で表し、
12歳になった今でも、タッタッタッタッと速足で散歩しています。

私達家族の旅は、全部ワンコと一緒のキャンプ、
そして今でも時々、代々木公園~表参道を歩くカフェ散歩を楽しんでいます。
張り合いを大事にして、
これからも心と体共に健康に過ごしてほしいと願っています。

バリー君がいつまでも元気で少年のようでいられるのは、
ご家族がバリー君のことを第一に考え、バリー君の好きなことや、
一緒に楽しめることをなさっているからなんですね。

 

バリーぐるみが到着した時のバリー君の様子を教えて頂きました。
妹ちゃんの存在もバリー君が若々しくいられる一因かも。ぷ。

念入りにクンクンチェックしてました。
一緒にいる妹分の黒い子(プーリーです)が、
おもちゃと
思ったのか欲しがって大変でした^^;

バリー君、
ご家族も、周りの人達もワンコ達も、み~んなバリー君が大好きだって!
だからこれからもずっと元気で、皆を幸せな気持ちにさせてね!! 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ニタ-ぐるみ



ニタちゃんは、キリっとした印象のコーギーの女の子。
大きなお耳とぷりぷりしたお尻がチャームポイントです。
実は、クルエラの初代愛犬グレースのお散歩友達だったニタちゃん。
ボール大好きなニタちゃんと、公園で一緒にボール遊びをしました。
ニタちゃんは5年前にお星さまになってしまいましたが、
今頃お空の上でグレースや当時のお友達と走り回っているはずです。

 

大きさ     長さ27cm
毛の量     100g(一部羊毛・猫毛混紡)
生年月日    1998.3.16~2012.3.29

 

ニタと言うちょっと変わった名前の由来を伺いました。
パパさんとママさんが以前「タロウ」と言う名前のわんこを飼っていて、
2代目のわんこは、男の子なら「ニタロウ」にするはずだったんですって。
が、女の子だったので「ニタ」に。
パパさん、ママさん、これって、一郎・二郎・三郎の感覚ですよ~ぷ。

 

ニタちゃんの性格を教えて頂いたら、

ワガママ、独占欲が強い
上から目線の甘えん坊

ですって。
公園では愛想が良くて人懐こくて、全然そんな感じはしなかったのに、
お家では思いっきりパパとママに甘えてたからなんだろうな~

「撫でて~」じゃなくて「撫でろ!」

って命令するんだそうです。
でも、そんなニタちゃんが可愛くて仕方がなかったパパさんとママさん。
ふたりとニタちゃんでよく公園に来られていましたが、
ニタちゃんを見つめるまなざしには、いつも愛が溢れてデレデレでした。
優しいパパさんとママさんには、グレースも沢山遊んでもらったっけ…

 

ニタぐるみが完成し、ニタちゃんのお家にクルエラがお届けに伺いました。
箱を開けてニタぐるみを取り出すと、
パパさんとママさんから歓声が上がりました。
その後パパさんとママさんの目には涙が…
そしてクルエラももらい泣き…3人で泣いてしまいました。
お空のニタちゃんとグレースは、
「3人で何やってんの~」って笑っていたかもしれません。

 

ニタちゃんには妹分の白黒にゃんこ、はなちゃんがいます。
ニタぐるみの背中の黒い部分にははなちゃんの毛が混紡されているんですよ♪
ニタちゃんがいなくなった後はとっても寂しがっていたそうで・・・
クルエラが帰った後、そんなはなちゃんの様子をママさんが教えてくれました。

ニタぐるみにスリスリしてました!
はなも気に入ってるみたいです!

そしてパパさんの様子も・・・

ニタがまた来たみたいで、ほんとに嬉しいです!!感動!!
パパ
は今、写真撮ってまた涙ぐんでます!

ニタちゃん、パパとママは今でもニタちゃんにデレデレみたいだよ!

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

シュート-ぐるみ



シュート君はエレガントな雰囲気を持つMダックスの男の子。
長い耳の飾り毛がふんわりしたロングヘアのようです♪
毛色はレッドなのですが、レッドにしては黒っぽい色なんだそうですよ。
また、シュート君はとっても小顔!
だから女の子のような可愛さを感じるんですね。

 

大きさ     長さ16cm(お座り)
毛の量     30g(お座り)一部羊毛混紡
生年月日    2002.3.3(推定)

 

シュート君の性格は、

保護犬なので、どういう過去なのか不明ですが、とにかく大人しいです。
散歩は好きではなく、おもちゃで遊ぶことができません。いたずらもしません。
昨年位から年齢のせいか、何もない空間に向かって吠えたりする事が増えました。
抱っこは嫌いで、いつもお願いして「10秒だけ抱っこさせて!」って
無理やり抱っこしてます。

どのような経緯があったのかわかりませんが、
今はご家族と一緒に穏やかに過ごすことが、
シュート君にとって一番の喜びなんでしょうね。
でもシュート君、たまにはママにゆっくり抱っこさせてあげて~

 

シュート君のエピソードも教えて頂きました。

先代犬のチョピンが亡くなってから迎えた保護犬です。
年が経つにつれ、なんだか見た目が似てきたように思います。
いつも寝てばかり。というのがシュート。

シュート君の中にチョピン君の面影が見えるんですよね。
わかります!

チョピンはホテルなどに預けてばかりだったので、反省し、
シュートはほぼ預けることをやめました。
一緒に行ける温泉に頻繁に行っています。
大体月に一度の割合。シュートがいった温泉宿は相当の数。
温泉に連れて行っても、いつも落ち着いて寝てくれます。

宿の人にもいっつも大人しくてお利口ですね、って言われます。
でも、うちに迎えたばかりの頃は、
大きなゴミ箱をひっくり返して、中を漁ったりしたことも。

放浪していた時の苦労が思いやられてかわいそうでならなかったです。
それも今は良い思い出。

シュート君、愛されてる~♪
温泉三昧なんて羨ましいです。
でも、そうやって温泉に行けるのも、シュート君が大人しくて、
どこでも落ち着いていられる良い子だからですね。

 

シュート君のママさんには、8年前にチョピンぐるみを制作させて頂きました。

シュートは保護犬で誕生日不明なので、チョピンと同じ日を誕生日にしています。
なので、毎年チョピンぐるみと一緒に誕生日祝いをしています。

チョピンぐるみとシュート君が一緒にお誕生日祝いをしている写真を拝見して、
クルエラ大感激です!
保護犬だったシュート君が加藤さまの家族になり、こんなに幸せになって・・・
そんなシュート君も15歳(推定)になりました。
これからもずっと元気でいられるよう、チョピン君ちゃんと見守っててね!

  

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ゆき&ハル-ぐるみ



左のシュッとしたお顔の美人さんがゆきちゃん(フラット×ラブMIX)で、
右のクッションで寛いでいる可愛い子がハルちゃん(ラブ)です。

ゆきちゃんの特徴をママさんに教えて頂いたらビックリ!

フラットが入っているからか、体の大きさのわりに顔は小さめで細長い。
細長い顔=口が大きく、テニスボールを4つ咥えることができました!

こんな美人さんが口の中にボールを4つ・・・見てみたかった!
今はお空でその特技を皆に披露しているんでしょうね…
それに対してハルちゃんは、

ハルは生まれてこのかた「女子」と言われたことがありません。
筋肉ムキムキのがっしりした体形、
大きな顔!は、
どこから見ても男前な男子でしたが、
歳を重ねていくにつれ、どんどん優しく可愛い顔になってきたハル。
「可愛い女の子」と呼ばれる日は
近いはずです(笑)

近いどころか、もうすっかり可愛い女の子ですよ♪

 

大きさ     長さ16cm(ゆき伏せ)高さ15cm(ハルお座り)
毛の量     どちらも30
生年月日    1998.12.14~2013.5.16(ゆき)、2003.11.20(ハル)

 

ゆきちゃんの性格は、

人と食べ物とボールをこよなく愛した子でした。
我慢強く物事に動じないスーパーわんこで、
散歩中にノーリードのわんこが現れた時も、パニックになる私とハルを横目に、
「あっちへ行きなさい!」の目力で相手を制したことがありました。
晩年、口の中に腫瘍ができて、その生検をする時も、
「ゆきちゃんならできるかも」と麻酔なしでやりました。
スケーラーのような物で腫瘍部分をガリガリ削られても、
暴れることなくじっと我慢していました(T_T)私は号泣。
先生の目にも涙が・・・

なんて我慢強い子なんでしょう…
そんなことが出来るわんこは滅多にいないと思います。
きっとその強さは優しさの裏返しなんでしょうね。

 

そんなゆきちゃんにも面白エピソードが沢山!

若い頃はレトリバーあるあるが一杯。
夕食後うたた寝をして目が覚めると、
畳を掘り掘りして、
い草にまみれて眠っているゆきがいました。

家族で出かけた夏の海では、華麗な泳ぎを披露した後浜辺に戻り、
大きな腐った魚を食べ、
帰りの車の中でゲロゲーロ。
あまりの悪臭に(←ひと月以上臭いが取れませんでした)
エアコンを
止めて窓を開け汗だくで帰りました。

そして、最強のエピソードは、当時小学生だった娘とお散歩に行ったゆき。
たぶん娘に何か意地悪を
されたのだと思います。
「わたし。〇〇ちゃんとは2度とお散歩行かないから」と宣言(たぶん)。
亡くなるまで娘がどんなに猫撫で声でゆきを誘っても、
一度も散歩に行くことはありませんでした。

ゆきちゃんも色々やらかしてますね。ぷ。
それにしても意志が強すぎ!
気持ちの強さがこんなところにも出ちゃったんですね~

犬だけど、どこか人間みたいで、人間年齢でいえばまだまだ子供なのに、
思わず頼ってしまいそうに
なる包容力のあったゆき。
ゆきを語る文章が全部過去形なのが寂しいけど、
今もこれからも
大切な大切なわんこの姿をした私たちの子供です。

 

一方ハルちゃんの性格は、

ハルは怒った顔を見たことがないくらい温厚で優しい性格です。
そして、天然で天真爛漫・・・ハルの辞書に「我慢」という言葉はありません。
思うようにならないと
背後霊のようについて回り、
ヒンヒンと要求吠えで泣き落しです。
そんなハルも13歳、すっかり
大人しくなって、
ハルをよく知る人達からは、「ハルちゃんでも歳をとるのねえ」と・・・(笑)

でもやっぱりハルは耳が聞こえなくても足腰が弱くなっても、
いつも前向きでお散歩も元気一杯で、
2歳の妹犬にこを遊びに誘います。
私たちの可愛い可愛い永遠の3歳児です。

我慢強いゆきちゃんとは真逆の性格!
でもそんな甘えん坊なところがまた可愛いんですよね~

  

ハルちゃんにも面白エピソードが。

若い頃は本当に色々やってくれました(笑)
朝一番、ペットシーツのうん○のてっぺんに
爪楊枝が立っていたり、
冬のお散歩で頭を撫でてくれた女性の手袋を丸のみしたり。

散歩は常に犬ぞり状態で、ハルは筋肉隆々・・・
シャンプーしてもらったトリマーの友人に、
「こんな後足に筋肉のついた子見たことない!!」と驚かれました。
いつもテンションが高くてわちゃわちゃで、
「もーっ!ハルーっ、いい加減にしなさいー!!!」と
叱られるけど、
なぜかみんな途中で吹き出して笑ってしまう、愛すべきわんこです。

最近はお留守番中や夜中にしたうん〇をラッピングする術をマスターしました。
処理してもらえないと
気持ちが悪いのか、鼻先でペットシーツをめくって、
きれいにラッピングしています。
すごいでしよ?

すごいです!
爪楊枝を立てるのもすごいと思いましたが、ラッピングとは!!
まるでうん〇イリュージョンです。

13歳まで病院のお世話になることもほとんどなく、
元気でいてくれたことに感謝です。

これからもハルと一日一日をのんびりと楽しく、
大切に過ごしていけたらと願っています。

 

ゆきちゃんの妹だったハルちゃんには、ラブのにこちゃんと言う妹が出来ました。
ご家族の深い愛情によって育まれたゆきちゃんの強さや優しさは、
こうやって引き継がれているんですね。
ゆきちゃんはふたりの中に今もちゃんと生きています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

イーライ-ぐるみ



イーライ君は小柄で女の子のように愛らしい男の子。
↑ の写真は、9歳のお誕生日記念に、
プロのカメラマンに撮ってもらったそうですよ。
チャームポイントは舌!
舌の先が逆ハート型でとっても可愛いんです♪

 

大きさ     高さ14cm(お座り)、長さ15cm(テディ)
毛の量     30g(お座り)、20g(テディ)
生年月日    2008.4.23

 

イーライ君の性格をママさんに教えて頂きました。

とっても優しい穏やかな性格。
どんな時もマイペースなおっとり屋さん。
みーんな大好きの甘えん坊。

性格がそのまんまお顔に出ていますね。
優しい優しい笑顔です。
こんなに可愛いイーライ君に甘えてもらったら、みーんな大喜びだろうな~

 

こんなに優しくてみーんな大好きなイーライ君ですが、
意外な過去がありました。

Eliは我が家の四代目ゴールデンレトリーバーです。
パピーの時、最初に迎えられた家族にはご縁を切られ、
保健所に出されることになり、保護する方に助け出されました。
その後、一時預かりさんのお家を転々としていたところ、
巡り巡って1歳7ヶ月の時、我が家にやって来てくれた子です。
不安な日々を過ごしていたにもかかわらず、
生まれ持ったのほほ~んとした性格で、
家に来た初日からとっても良い子でした。
他のわんこともトラブルなし。
家の中の悪戯やおもちゃの破壊も全くありません。
ぬいぐるみやボールの端っこをちょっと咥えて運んで来てくれる可愛い子です。

こんな可愛い子を手放した人の気が知れませんが、
その天性の大らかさで辛い過去をものともせず、本当の家族と巡り合えたことは、
犬を愛し犬と暮らす私達にとっても最高の喜びです!
保護して下さった方や一時預かりさんも、
イーライ君に愛情深く接してくれたんでしょうね。
その方達やママさんには、本当に頭が下がります。

 

Eちゃんは時々老人ホーム等での訪問活動もしています。
特にはしゃぐでもなく、ぬぅ~んと頭を出して
ただただ撫でて頂いているだけですが・・・
Eちゃんはそれだけで満足みたいです。

おっとりしたイーライ君にピッタリのお仕事ですね。
おじいちゃんおばあちゃんも、イーライ君をただただ撫でるだけで、
寿命がグングン延びているはず!



そんなおっとりしたイーライ君がなんと・・・

Eちゃんは、電車大好きの鉄男君です。
車でもなく、飛行機でもなく、ヘリコプターでもなく、
電車大好きな3歳児みたいです。

朝・夕のお散歩では、必ず電車を上りと下りをセットで見送らないと動きません。
電車を見ては嬉しくてワォーンと叫び、線路沿いを走ります。
ご近所では有名な鉄男君となっています。

イーライ君が豹変する姿を見てみたいです!
きっとママさんもイーライ君に引きずられるように走っているはず!!

 

イーライぐるみはイーライ君9歳の誕生日に完成し、誕生日が同じになりました。
なのにイーライ君は嬉しそうではなく真顔になっていますが。ぷ。

先代の子達はみな駆け足でお空へ旅立ってしまいました。
Eちゃん、イーライぐるみと共に、ずっとずっと楽しい時を重ねていきたいです。

先代の子達の分も、これから何回も何回も
イーライ君とイーライぐるみのお誕生日をお祝いして下さいね。
沢山の方達の愛情を受けて幸せになったイーライ君ですもの。
ずーっとママさんのそばにいてくれるはずです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ウィル-ぐるみ

ウィル君は体重45Kgの大きくて男らしさ満載のアラスカン・マラミュート。
見るからに頼りになりそうです。

胸板の厚い子で、ふさふさの胸に顔をうずめるのが好きでした。

とママさん。
送って頂いたウィル君の毛もふんわりふわふわ。
顔をうずめたくなるのも頷けます。
そんなウィル君は、3年前お星さまに・・・

 

大きさ     高さ19cm(お座り)、長さ18cm(テディ)
毛の量     50g(お座り)、30g(テディ)一部羊毛混紡
生年月日    2003.2.22~2014.5.30

 

ウィル君の性格は、

とにかく甘えん坊、そして内弁慶。
気性はおっとりしていて、とにかくよく食べ寝る子でした。

こんな大きな体で甘えん坊ですと?!
その上、内弁慶?!
犬は見た目でわかりません。

 

ママさんにウィル君のエピソードを教えて頂きました。

朝は私の顔を舐めて起こすことから始まり、そのあと二時間の散歩。
そして、ご飯を食べて寝る。
そして、また夜に二時間の散歩、食べて寝るの毎日でした(笑)
とにかく、毎日一緒。
お散歩の時は、すれ違う人に歩幅まで一緒ですねって言われるほどでした。

毎日お散歩が計4時間!
犬にとってお散歩は命。
ウィル君、最高に幸せ者でしたね~
そしてウィル君の為にそれだけの時間を費やしたママさんの深い愛…
そりゃ一心同体にもなりますよ!

 

おっとりとしているウィルですが、そり犬だけあって、
ここぞという時の力はものすごく、
若い頃はよく転ばされて怪我が絶えませんでした(泣)

パパさんが枕にしてもビクともしないウィル君ですから、
ママさんを転がすくらいは簡単だったと思われ・・・

いつも、私がどこにいるかをなにげにチェックしているストーカーな一面も・・・
おっきくて可愛い、息子であり、時にはお父さんのようでもありました。

ウィル君にとっても、
ママさんは守らなければならない小さな女の子であり、
時には優しい優しいお母さんだったのだと思います。

  

ママさんからウィルぐるみの到着メールと写真を送って頂きました。

抱っこしたりするうちに、手が熱くなってきて、
そうだウィル本人の毛だったと思いました。
撫でてると、冬でも暑苦しくなってくるぐらい保温力のある毛なんですよね。
久しぶりに思い出しました。

ウィル君のぬくもりを感じてもらって嬉しいです。
ウィル君は、今でもお空の上から
大好きなママさんの姿を追いかけているんだろうな…

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ビー&キング-ぐるみ



ビーちゃんとキング君はちっちゃくて可愛いマルチーズの男の子。
ふたりとも台湾で暮らしています。
ビーちゃんのトレードマークは前髪のちょんまげ。
少し離れ目で、舌を左寄りにちょろっと出しているところが、
いつも皆を和ませるんですって♪
キング君は華奢な体で目がパッチリしていて、
まるで女の子のようです。
ビーちゃんは現在11歳、キング君は一昨年お星さまになってしまいましたが、
ふたりの可愛さは永遠に変わりません。 

 

大きさ     高さ14cm(ビーお座り)、長さ16cm(キング伏せ)
毛の量     どちらも40g(キングぐるみは羊毛混紡)
生年月日    2005.9.6(ビー)、2002.10.29~2015.12.29(キング)

 

ママさんにビーちゃんの性格を教えて頂きました。

普段はボーッとしていて、マイペースで甘えん坊、ピトっとくっついて来ます。
食べることも大好きでご飯は今まで残したことがありません。
散歩やドッグランで走ることが大好きです。
ドッグランではワンコが変わったように走りまくり、
普段のボーっとしたイメージしか知らない人にはよく驚かれます。
旅行も普段のお出かけも一緒で、どこへ行っても静かにできて花丸です。

こんな可愛い顔で爆走するビーちゃん、見てみたいな~

 

ビーちゃんには楽しいエピソードが。

ルームメートは猫のみゃうみゃうと今は亡きマルチーズのキング。
みゃうみゃうに教えてもらった(?)のか、
かまってくれる人がいたら、猫のようにすりすりしに行きます。

自分のご飯はダイソンの掃除機のようにガフガフ食べ、
キングのご飯を盗み食いする時は、音を立てずに食べました。

嬉しい時は、上から見たら体が「し」や「つ」の形に見えるぐらい
体をクネクネさせます。
寝ている時も白目だったり、大きいイビキをかいたりして
いつも笑わせてくれます。

ビーちゃんのお顔にも和みますが、エピソードにも和みます♪
ビーちゃんの周りでは笑い声が絶えないんでしょうね。

 

キング君の性格は、

オレ様。自分が一番。頑固。
いつも澄まし顔でしたが、入りにくいスイッチが入るとはっちゃける子でした。
抱っこが大好きで、いつも誰かに抱っこをねだってました。
(抱っこはして欲しいけど、あちらこちら触られるのは嫌・・・。)

こんな女の子のようなお顔なのに、オレ様だなんて意外!
でも、名前は王様ですもんね。

 

キンキンことキング君のエピソードにはビックリです。

キンキンを迎えてからの初めての一時帰国の時、
ワンコ達に2週間離れ離れになる事を伝えていませんでした。
台湾に戻ってワンコ達と対面すると、
ビーちゃんは「あはは~、帰ってきた~」と喜び、
キンキンはとても怒っていました。
それからは、一時帰国日の10日ぐらい前から、
ワンコ達に「留守番をお願いすること、留守番中どこで過ごすのか、
ご飯などのお世話をする人は誰なのか」等、言い聞かせるようにすると、
キンキンも怒らずに待っていてくれるようになりました。

キング君、なんて頭が良いんでしょう!
話せばわかるワンコです。 

ビーちゃんとはケンカをすることもなく、
だからといっていつも遊んでいる、といった関係でもありませんでした。
お互い遊びたい時はあるんですが、タイミングが合わないことが多々・・・
ヒトと遊ぶのも、初めはなかなかスイッチが入りにくかったです。
でもスイッチが一度入るとなかなかの弾け具合でした。

ご飯が大好きでした。おやつはもっと大好きでした。
おやつを見ると我を忘れて「お手するから早くちょうだい!」と、
言ってもいないお手を沢山してくれました。

おすまし顔のキング君も可愛いけれど、弾けてるキング君も最高に可愛いです♪

 

キング君がお空に行って寂しくなったけれど、
ビーちゃんには惜しみなく愛を降り注いでくれる優しいご家族がいます。

台湾を旅行する時は必ずビーちゃんも一緒に行きます。
白内障で目が白くなって来ましたが、まだまだ元気です。
これからも一緒に色んな所へ遊びにいって、
「楽しい嬉しい」の毎日を過ごしてほしいです。

キング君もビーちゃんの「楽しい嬉しい」毎日に、
お空の上で一緒に笑っているに違いありません。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ごん太-ぐるみ



ごん太君は、瞳もお鼻も真っ黒で、飾り毛がゴージャスなイケメンわんこ!
とっても優しいお顔をしています。
きっとわんこの女子からも人間の女子からもモテモテだったことでしょう。
そんなごん太君ですが、残念ながら今年の5月、お空に旅立ってしまいました・・・

 

大きさ     長さ18cm(伏せ)、長さ16cm(テディ)
毛の量     40g(伏せ)、20g(テディ)
生年月日    2000.4.1~2016.5.19

 

ごん太君の性格は・・・

・ケンカは売らない、買わない。争い事は嫌いな平和主義。
・とても優しい性格。
・人もわんこも大好き。だけど絡まない(笑)
 同じ空間にいるだけで楽しいみたいでした。
 ひとり遊びが好きなマイペースな子でした。


優しいお顔そのままに、性格も穏やかなジェントルマンだったごん太君。
クルエラが実際に会っていたら大ファンになっていたこと間違いなしです♪

  

ごん太君のエピソードをママさんに教えて頂きました。

ごん太はシニア期に入っても元気な子でした。
走ることも、泳ぐことも大好きな子でした。
10歳から12歳までの2年間、転勤で関西に住んでいたのですが、
その頃、横浜の病院へ通ったり、お友達と遊ぶために関東遠征していました。
朝から夕方まで走ったり泳いだりした後、クタクタなはずなのに、
家に着くまでの6時間ほどの間、一睡もせず、車の中でずっと立ったまま(笑)
当時11歳。ごん太の体力にはいつも驚かされました。

ひゃ~、ごん太君!なぜ頑なに寝ない?!
でも、優しい上にタフなんて、男として最高ですわ♪

 

いつも元気一杯のごん太君でしたが、13歳の夏に大きな病気が見つかり、
闘病生活が始まって…
様々な症状が表れ、眠れない日々が続いたそうです。

そんな辛い毎日の中でも ごん太はいつも笑顔でした。

確かに、お借りしたごん太君の写真も全部笑顔でした。
闘病中の時のものもあったでしょうに、いつも百点満点の笑顔! 

 

頑張ってるごん太に 少しでも喜んでもらいたくて
休日はごん太の大好きなカフェ通い。
ごん太と言えばスプラッシュ!でしたが
ごん太と言えばカフェだよね♪って言われるくらい通いました。
ごん太の頭の中では、パパがいる=カフェに行けると言う方程式が出来ていたので
パパがいると、連れて行ってもらえるまで諦めない
と言うしつこさを発揮していました(笑)
 

・オヤツ欲しさにイタズラして、2時間粘ったこともありました(笑) 
・テラス席やお店を見る度、吸い込まれるようにドアの前へ。
 その時は凄い力を発揮し、ナックリングにもならず、
 
グイグイ引っ張ってました(笑)

カフェはごん太の元気の源でした。 

スプラッシュ!のごん太君もカッコいいけれど、
パパさんの横で嬉しそうに笑うごん太君もなんて可愛いんでしょう♪
パパさんも、グイグイ引っ張られながらカフェに連れて来た甲斐が
あるってもんです。

  

気がつけば発病してから2年以上過ぎ、
先生が驚かれるくらい上手く共存していました。
どうかこのまま・・・と願っていましたが・・・

今年の1月に新たな病気が見つかり、手術、再発、転移・・・
次々と病気にかかってしまったそうです。
そして…

16歳1ヶ月18日でお空へ旅立ちました。
病気が見つかってから2年10ヶ月。
ずっと笑顔で頑張ってくれました。

とっても可愛くて、とっても強くて、とっても優しくて、自慢の息子でした。
ごん太と過ごした16年は本当に幸せでした。

16歳のお誕生日を盛大にお祝いしてもらったごん太君。
お骨にはクリスマスの飾りつけをしてもらっています。
今も変わらずこんなに愛されて・・・
ごん太君もお空の上で、こんな風に自慢しているに違いありません。
「僕のパパとママはとっても優しくて、僕は最高に幸せだったんだよ。」って・・・

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

アロ-ぐるみ



アロ君はとっても綺麗なチョコラブの男の子。
以前制作させて頂いたルーク君(ゴールデン)の弟分です。
ママさんに、アロ君のチャームポイントを教えて頂きました。

アロの頭ですが、晩年はまるでトンガリコーン(笑)のように
先端がとんがってました。

もちろんアロぐるみの頭もトンガリコーンです♪
そんなキュートなアロ君も、今年5月にお星さまになってしまいました…

 

大きさ     長さ20cm(伏せ)
毛の量     40g(伏せ)
生年月日    2003.10.24~2016.5.30

 

アロ君は、ママさんがラブに対して持っていたイメージを
ことごとく壊してくれたそうです。

とにかくマイペース(我関せず?)
お菓子は好きだが、お菓子よりボールが大好きで、
お菓子とボールを並べていると、まっすぐボールに向かう子でした。
他の犬ともうまく遊べず、他の子と遊ぶくらいなら
ひとりボールで遊んでいました。
目の前でごはんを食べていてもチラッと見ただけで、
あとは眠かったら勝手に寝る、水が飲みたかったら水飲みに向かう、
ボールなら遊ぶ…みたいに、アロのすぐ真下におかずを落としても
安心して(?)拾えました。

とは言っても、全く食に興味がないわけではなかったようで、
食事の時間に関しては、

10分前からソワソワしだし、時間が過ぎるとワンワン吠えて
要求するという、体内時計に寸分の狂いもない犬でした。

アロ君たら、全てにおいてキッチリし過ぎ!

 

マイペースなアロ君ですが、実はこんな一面も。

あまりにも呼び戻しが出来ず、ひとりでピョコピョコ飛び歩いているし…
で、警察犬訓練所に入所したのですが、所長に
「久しぶりにものすげー犬来たなぁ。」って笑われちゃいました。
匂いの選別は、アロが全く興味を示さず(笑)やめましたが、
私の側にピタリとついて、スピード・歩幅に合わせて歩いたりする
服従訓練は、本犬も大好きだったようで、尻尾をブンブン振って
本当に楽しそうにやりました。
2008年に日本警察犬協会主催の第11回全日本服従訓練競技会では、
私とアロでアマⅡ部にて優勝することが出来ました。
「とにかく楽しくやっているアピールのものすごい犬だね。」と、
審査員の方にも褒めてもらえました。

ひゃ~!
アロ君たら超優秀犬じゃないですかっ!!
そして、それ以上にママのことが大大大好きで、
一緒に何かをするのが嬉しくてたまらない様子が伝わって来ました。
アピールだけではなく、心から楽しんでいたのだと思います!

 

…のはずなのに、訓練中や競技会以外では超おバカで、
まさしくルークと一緒にお間抜けチームでした。
いびきはすごいし、ヨダレ垂らしながら目を半開きで寝ている時なんて、
エクソシストの世界でした…

確かにこの寝顔から、優勝した時の凛々しい姿を想像するのは難しいかも・・・

 

他の犬とは遊べないアロ君が、唯一心を許していたのがルーク君です。

行動がおっちょこちょいで天然ボケのようなルークに対し、
あまりにもマイペース過ぎるアロで、それこそチームおバカーズでした。

最大の愛情を込めて、ふたりをチームおバカーズと呼ぶママさん。
今もふたりはお空の上から、最強コンビ「チームおバカーズ」として、
ご家族に笑いと幸せのエネルギーを送り続けているに違いありません。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ