crossroadからのお便り

柏崎久雄が、いろいろな人との出会いや出来事を「交差点からのお便り」(クロスロードノート)として報告させていただきます。

測定の時間を間違っていた。

2016年10月05日 | ケトン体ダイエット

9/29木;113、 0.3   

9/301210.1

10/2; 1180.2

10/3; 1010.3   

10/4  123 0.2

10/5  102 0.4

 ケトン体ダイエットの試みを止め、糖質を摂っても、ケトン体値は変わりませんでした。これは、ケトン体測定の時間を間違っていたことのようです。夜にしたほうが良いとありますが、これからは、普段の生活をしながら、ケトン体値を計ってみます。

 血糖値が高い時は、夜眠れなかった後の朝です。アドレナリンが出ていたのでしょうか。血糖値が高いと身体がふらふらします。血圧も測定する必要がありそうです。今朝の血糖値が高かったのは、昨日運動をかなりしたからです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016.10月のお知らせ

2016年10月01日 | マリヤ・クリニック

*  10月1日よりインフルエンザの予防接種を開始します。熱がない時においでください。小児の方は母子手帳をお持ちください。今年度は、チメロサールフリー(水銀系防腐剤を使用していない)ワクチンは製造中止のため入荷できませんでした。3歳以上1回3,780円(税込)、3歳未満1回3000円(税込)です。ご希望の方は、午前は9時迄、午後は通常の受付時間内にお越し下さい。
 千葉市の高齢者助成は満65歳以上で、自己負担1,800円(生活保護、市民税非課税世帯は無料、12月31日まで)です。

*  10月よりB型肝炎ワクチンが定期接種化されます。対象者は、H28年4月生まれ以降で生後2ヶ月以上のお子さんです。予約不要です。

*  病児保育のご利用には、前もって登録をしておいてください。詳細はホームページや配布資料をご覧ください。

*  栄養指導を当日の予約時間までにご連絡がなく、無断キャンセルした場合、1080円のキャンセル料が掛かります。

*  障害治療研修所の全体研修会が10月10日(月・祝)10時半より16時まであります。会費は2000円(会員)、定員30名です。ヨーゼフ・ポイントの利用ができます。今回は、日本発達障害支援協会の池田医師ご夫妻と柏崎院長による発達障害についての講演です。

*  11月10日(木)10時~12時、クリニック1階にて、院長による「子供の病気予防と栄養」セミナーを行います。参加費は無料です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ケトン体ダイエットは失敗!

2016年10月01日 | ケトン体ダイエット

 実は、私のケトン体値は、ケトジェニック状態に至っていないセミケトジェニック値であったことがわかりました。それで、それほど痩せなかったのですが、多くの人から、痩せた、締まった、などと言われました。脂肪の体積は、水の1.1倍で、筋肉の体積は0.9倍なので、脂肪が1.4kg、筋肉が0.9kg、水分が1.2kg落ちたので、体積は3.55㍑減ったことになります。ペットボトル2本弱ほど細くなったわけです。美味しいものは殆ど炭水化物なので、ストレスもありましたが、まあ興味深い4週間でした。1.4kgの脂肪の塊を想像すると、不気味ですが。

 感想としては、短期間に脂肪を減らすことはかなり難しいということです。結果的には、ケトン体値をあまり上げることはできませんでした。正しいケトン体ダイエットでなかったので、ケトン体値が1mmol/l以上のケトジェニック状態にならなかったのでしょう。仕事をしながら、食事だけで大量に脂肪を落とすのは難しいのではないでしょうか。脂肪を減らすためには、かなり運動をしなければならず、確かに運動をした日だけ脂肪が減りました。9月は雨が毎日降っていたので、思うように運動ができず、マッサージなどで脂肪が減るという程度の問題ではないようです。脂肪の減量は、一月で2kgくらいを目標にすることが大事で、それ以上の減量をしようとして摂取エネルギーを減らすと大事な筋肉が減ることになりそうです。

 普通の人が、適当に始めるつもりで試してみたのですが、ダイエット指導には良い体験でした。それでも、ケトン体値が1mmol/lを超えるダイエットをもう一度しなければならないようです。それを少なくとも1週間続けてから、改めて簡単にご報告させていただきます。検査測定も夜寝る前に変えて、その日の食事と活動の結果として計ったほうが良いようです。栄養医学を標榜する医療機関として、健全なダイエットを指導できるようになるために、試行錯誤自体を報告しています。そして、指導さえあれば、無理なく健全なダイエットを適正にできるノウハウを確認していきたいと考えています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

結果報告

2016年09月29日 | ケトン体ダイエット

9/25日→ 108、 0.3

9/26月→ 110、 0.3

9/27火→ 105、 0.3   作業後昼12時 103、 0.4

9/28水→ 96、 0.4

体組成計

8/31

9/7

9/28

体重

74.0kg

73.0Kg

71.6kg

体脂肪率

23.1

21.9

21.9%

脂肪量 

17.1kg

16.0kg

15.7Kg

筋肉量

53.9kg

54.0kg

53kg

体内水分量

39.5Kg

39.0kg

38.3kg

骨量

3.0kg

3.0kg

2.9Kg

BMI

26.1

25.7

25.2

基礎代謝

1559kcal

1559kcal

1526kcal

内臓脂肪レベル

15

14

14

9/29木→ 108、 0.3 

 4週間、仕事をしながらのケトン体ダイエットは、健康的には全く問題はありませんでした。健全に行ったので、劇的な結果が出ないのは当然でしたが、脂肪、特に内臓脂肪がこれでやっと減りました。実は、20日経ってから脂肪が減りやすくなったような気がしました。脂汗が非常に多くなって、一日何回も石鹸で顔を洗いました。こんなことはなかったので、「アブラが染み出てる!」という実感でした。この後、穏やかなダイエットを続けてみます。ケトン体値は計り続けようと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

血糖値の維持

2016年09月26日 | ケトン体ダイエット

9/22

 123 0.4

 朝の血糖値がこれでは糖尿病に近くなってしまいます。なんだか血糖値が高留まりして、予想とは逆です。糖質を摂らないのだから、血糖値は低くなるはずなのですが、反対の反応が出ています。そして、なんだか興奮ぎみで、アドレナリンが出ているなという感じです。私の身体は、防衛機能が強いというか、例えばお酒を飲むと身体の中でアルコール分を排出する機能が活発になっていることがわかり、ゆっくり飲めばビール1ダースを飲んでも殆ど酔っぱらうということはなく、むろん酔いは回りますが、普通の行動ができました。若い頃は、日本酒1升2合を飲んで自転車で5キロくらいを帰ったことがあります。身体が酸化しても、すぐにわかることは、前にお伝えしたとおりです。自分の身体を注意深く観察すると、そんなものだと思っていましたが、皆さんはどうなのでしょうか。そういうわけで、アドレナリンの分泌亢進はすぐにわかります。おそらく、解糖系で一生懸命、グルコースをタンパク質と脂肪から作りだしているのでしょう。

 脂肪酸がミトコンドリアの内膜に入ってTCAサイクルの前のアセチルCoAに変わっていくのですが、この脂肪酸が内膜を通るのにL-カルニチンが必要で、このL-カルニチンの合成にビタミンが必要となってくるので、ケトン体ダイエットには余計ビタミンが多く必要となるのです。確かに、Cを摂らないとエネルギー不足になるので、不思議でした。

9/23 金

112 0.4

9/24

109、 0.3

 現在、ダイエットについてまとめていますが、およそのことがわかってきました。クリニックニュースの10月号に載せる予定ですが、急激な減量は身体によくありません。健全なダイエットが出来たという実感です。あと3日間続けて、その後は、ゆっくりとしたダイエットを4週間試してみます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビタミンⅭの必要は大きい!

2016年09月22日 | ケトン体ダイエット

9/15

113、0.4

 美味しい肉に飢えてきたので、牛ヒレブロック、ロース薄切り、鶏むね肉、豚ヒレブロックを昨晩塩コショウしてペーパータオルで水分を抜き、扇風機に一晩抱えたものをスモークに掛けた。雑草取りも夫婦でしたが、栗が実っていたので家内が拾ったら、2キロもあった。目立つイガはまだ青いのに、裂けて大きな栗が出ているのもある。まだ10キロ以上は取れそう。

夜10時半1100.6

 作業をみっちりしたので、ケトン体値は最高値に。

9/16

1070.4

 ケトン体が出ないのは、アーモンドやクルミなどの豆を食べているからのようです。糖質が10%以上あり、ケトン体ダイエットには不向きなようです。

夜12時 1220.4

9/17

105、 0.1

朝はケトン体が非常に少なくなってしまった。昨晩、プロテインを20g摂って寝たが、そのせいなのかどうか。

夜12時 108 0.6

 今日の昼は月曜にバーベキューがあるので、かなり作業しました。そして、あまり食べなかったので、そのせいか夜のケトン体値は最高値。

9/18日

106 0.5

 朝は、昨晩のままケトン体の値が高かった。

 夜10時122 0.2

9/19月

118 0.3

9/20火

107 0.1

 なぜなのか、ケトン体値が低い。ココナッツミルクも関係するのかもしれない。

脂肪酸の代謝について、もう一度調べてみることにしよう。でも、脂肪1kgで9000kcalだから一日1000kcal減らしても1kg減らすには9日も掛かることになります。なにげなく増えてきた脂肪を一気に減らすのは、難しいものだという実感があります。

9/21水

106 0.3

 夜のNHK「ためしてガッテン」に心臓の周りには脂肪がついており、心臓の活動の栄養源になるので、心臓の周りの脂肪は運動をすれば、すぐに減っていくとありました。そういうことで内臓脂肪は、減りやすいと説明されますが、肝臓にはケトン体は蓄えられず、栄養源にならないので、肝臓の脂肪は取れずらいのではないでしょうか。ともかく、私の脂肪肝は非常に落ちづらいのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ケトン体ダイエットとグリコーゲン量の関係

2016年09月15日 | ケトン体ダイエット

9/13

99、  0.4

 やっと血糖値が平常になってきました。ケトン体ダイエットはアドレナリンの分泌が激しくなるので、血糖値の上下が激しくなるのではないか、という印象を持ちました。私の場合は、糖尿病ではないので、血糖値はそれほど高くならないのですが、低血糖症や糖尿病の人には、ケトン体ダイエットは、大丈夫なのかという疑問を持ちました。

 70kgの成人の肝臓にはグリコーゲンが108g、筋肉には245g、細胞外糖質10gがあるそうです。筋肉のグリコーゲンは筋肉活動に使われるのが目的ですが、この合計363gのグリコーゲンは1gで1.11gのグルコースを生成するので363×1.11×4(グルコースのカロリー)=1612kcalしかありません。一日分の基礎代謝量くらいです。ところが、筑波大学の矢作教授が2013年に、脂肪分解システムは肝臓内のグリコーゲン不足を検出して始まると研究発表をしました。絶食時などに肝臓のグリコーゲンから脂肪組織の中性脂肪へとエネルギー源が切り替えられるそうです。脂肪〔トリグリセリド)がエネルギー源となるために必要なことは、グリコーゲン量の減少であって、グルコースの血中濃度(血糖値)ではないことが判明したことです。ケトン体ダイエットには、ココナッツオイルの摂取が必須と言われていますが、このグリコーゲン説からいえば、当初は良いとしても、持続的な必要の意味合いがわからなくなります。これについては、後で詳細に確認します。

107、 0.3 夜の12時に測ってみたら、この値でした。

9/14

98、 0.2

私の携帯用の個人測定機ではケトン体の単位はmmol/lで血液検査で測るのはμmol/lなので、02.というのは血中総ケトン体200μmol/lということになり、体重の減量を期待するには、1000μmol/lになることが必要ということで、

ケトン体の値を1にすることが必要となります。ともかく、私としては、いろいろと試行錯誤で対応しているので、まずは、お腹一杯食べながら2週間過ぎて、体重と脂肪共に1.5kg減ったというところです。しかし、どうも4週間では治験にならないようで、もっと続けなければならないようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ケトン体は酸性!

2016年09月13日 | ケトン体ダイエット

9/10

血糖値107、ケトン体0.1

朝は、疲れているた。眠りが安定していない。痛風の箇所が痛い。肉などプリン体が多い食品ばかり食べているので、尿酸値がかなり高くなっており、その薬を飲まなければならないようだ。

朝はクリニックで仕事、昼はカットステーキとサラダ。「食べん菜」ではダイエット中はいるもこれ。午後から教会。明日の葬儀のために教会員が来て用意をしてくれている。私は、式次第と個人略歴を作成。故人が詳細に作っていてくれたのでかなり助かる。歌が好きなので、愛唱歌のリクエスト3曲を無理にプログラムに入れる。故人のスライドショーをしようと伝えたら、喪主から500もの写真と文章が来たので、編集したがなかなか削れない。

夕飯は、添加物なしの特大ソーセージ、肉入りスープ、肉野菜炒め、イカのキムチ。

 考えてみればケトン体は酸性なので、ビタミンⅭを多量に摂る。代謝のためにビタミンBも。ケトン体は体臭が強くなるというのは、この酸性対策をしていないからだと思う。娘に聞いたら、体臭は感じないとのことで安心!

8時に仕事に戻って、週報と説教作りで夜中の1時過ぎになり、寝たのは2時近く。

9/11

122、 0.4

10時半から礼拝で、説教は50分。弁当には肉と野菜炒め、すぐに葬儀の準備。3時から1時間ほどの式と茶菓、片付いたのは6時過ぎ。かなり疲れた。

 牛肉のステーキ200g、美味しかった。力がみなぎってきた。

9/12月

104、 0.3

 小降りの中、作業を続けた。脂肪燃焼の為には、筋肉を動かすことが大事なので、しっかりとプロテインを摂ったうえで激しくない運動を長時間続けることが大事です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ケトン体を作るにはカテコーラミンが出る!

2016年09月12日 | ケトン体ダイエット

9/8

血糖値111、ケトン体0.4

朝10時50分食後3時間 血糖値116

朝からフラッシュでふらふらするので、血糖値を計った。

肝臓や筋肉のグリコーゲンを等に変換する時にはカテコーラミン(アドレナリンやノルアドレナリン)が出て脂肪分解を促し、ケトン体が産生されるようだ。それでフラッシュ気味になるのだろう。

12時半から納棺式、そして火葬前式、そして食事、糖質のない物を選んで食べた。

帰ってからは少し休んで、そごうに行き、家内のフォーマルバックを購入。今まで財布も入らない小さなものしかなかったとのことで、日曜の召天記念会に向けて急きょ買いに行った。

その後、とんかつの単品を食べ、キャベツをお代わりした。美味しかった。

9/9

血糖値112、ケトン体01

なぜ、ケトン体が出ないのだろう。そして血糖値がこんなに高いのだろう。

糖質制限は寝不足はきついようだ。10時頃、少し横になる。

13時から18時過ぎまで、お茶を飲みながら休みなく打合せ。かなり疲れた。

家内も疲れているようで、ビタミンCの点滴をしており、7時頃、野菜炒めと魚、キムチを食べ、7時半からの祈祷会で説教。9時半に帰るとなんだか心臓が負担になっている感じ。風呂に入って、プロテイン等を摂り、就寝。

夜11時 血糖値109、ケトン体0.4

ケトン体は出ていた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

脂肪が取れた!

2016年09月07日 | ケトン体ダイエット

9/6

 血糖値123、ケトン体0.2

 朝は肉200gとゆで卵、サラダ、そしてサプリ

 朝から炎天下で作業を続け、昼はゆで卵2つとアーモンドだけ、水は3Lくらい飲みましたが、体力・体調としてはいつもと変わりはありません。麦茶は良く飲みますが、スポーツドリンクは糖分が入っているので飲めません。

7時半に家に帰り食事、家内は糖質制限食に戸惑っているようで、味付けもしていないので、醤油で良いから強めの味にしてほしいと注文をしました。鶏肉も湯がいてしまっているので、大事なコラーゲンが抜けてしまっています。身体が火照り、プロテインを多めに摂りましたが、寝つきが悪かったです。

 夜2340 血糖値102

 

9/7

 血糖値111、ケトン体0.4

 体組成計 左が8/31、右が9/7

 体重 74.0kg 73.0Kg

 体脂肪率 23.1% 21.9

 脂肪量  17.1kg 16.0kg

 筋肉量  53.9kg 54.0kg

 骨量   3.0kg 3.0kg

 BMI   26.1   25.7

 基礎代謝 1559kcal   1559kcal

 内臓脂肪レベル 15   14

 我が家の体重計では、脂肪レベルがあまり変わらないのですが、クリニックの体組成計では、以上のような立派な成果が上がりました。体重の1Kg減は全て脂肪です。手を上げたくなります。

 身体が火照るのはビタミンⅭが足りないからのような感じで、2gを摂りました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ケトン体の推移

2016年09月05日 | ケトン体ダイエット

9/4日

 血糖値122、ケトン体0.3

 朝から火照っていた。血糖値がやけに高く、ケトン体の出が悪い。体重は減っているが、それは筋肉の減りであって、内臓脂肪は16レベルと増えている。どうも、お腹が減った時に食べるアーモンドの影響かもしれない。そして、ココナッツオイルを数グラムしか摂っていないことを思い出しました。朝は、卵焼き2個と、肉その他、家内の苦心したケトン体食。昼はドレッシングを忘れたので、教会でのお弁当は味気なく、あまり食べない。

 夜は焼き肉で豚肉6枚とエビを1尾、キャベツ、モヤシ、なす、シイタケ、ピーマンを、バルサミコ酢とココナッツオイルとレモン汁に付けて食べた。お腹が一杯になりましたが、夜中の2時半に起き眠れないので、ココナッツオイルを小スプーン4杯飲んで、プロテインをスプーン4杯20g摂りました。

9/5月

 血糖値100、ケトン体0.5

 ケトン体が増えたのはココナッツオイルの影響でしょうか。すごく眠かったので、朝食の後20分の仮眠、その後は忙しく、銀行との対応や医療法人の監査などでした。教会員の召天を昼に電話で受け、すぐに成田に出かけ、遺体と遺族のために祈りと慰め、打合せや説明を葬儀社を交えて行って6時に帰り、遺影の為の写真をPCから10ほど探して喪主に送り、葬儀の時にスライドショーで思い出を作るための準備のための写真も数十枚用意する。

 7時半過ぎに帰宅すると、家内は大きくておいしい魚を用意していてくれた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

糖質制限食の苦労

2016年09月03日 | ケトン体ダイエット

9/3 血糖値112、ケトン体0.4

なんだかだるい朝となりました。便通はファイバーを3袋を分けてとっているのであります。なにか代謝が悪く、熱があるようなので、ビタミンⅭとBを摂りました。朝食は、生姜焼き100g、卵焼き2つ、厚切りハム、イワシ、スープ、キャベツのみじん切りにココナッツオイルとレモン汁をドレッシングにしたもの。プロテインは大さじ一杯で5gなので、20gが精いっぱい。体タンパク質の異化を防ぐために(筋肉を分解して栄養にする)のを防ぐためにグルタミンを摂取し、脂質を代謝する成長ホルモンの分泌を促すアミノ酸(L-アルギニン、L-リジン、L-オルニチン)と脂質をエネルギーに変換するのに不可欠なL-カルニチンをサプリで摂取する(トリアミノプラス)。やはり、サプリを用いなければ糖質制限ダイエットは無理でしょう。水は、炭水化物には十分含まれているので、制限する代わりに十分飲んでいます。飲まないと喉が渇きます。

 仕事をばりばりするというわけにもいかず、1時間半毎に20分くらい横になります。断食でも最初の3日間がきついので、それに比べれば、食べているだけ楽なものです。でも、70歳を超えると無理かもしれません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

糖質制限で栄養摂取は大変

2016年09月03日 | ケトン体ダイエット

9/2 朝7時過ぎの血糖値は108、ケトン体は0.4と既に出始めてきました。朝はサラダと豚肉、アサリのスープと卵。プロテイン20g、その他。

 10時頃、体調が悪く横になる。11時半に食べん菜(レストラン)に行き、カットステーキと生サラダを食べる。ステーキと生ハムで100gくらいでしょうか。

 考えてみれば、ご飯は一食160gで炭水化物50g、タンパク質4g、脂質0.5g程だから、それで凡そ225calが取れ、一日ご飯3杯で675kcalとなります。パンは、普段手作りしているので私のレシピで作ると、強力粉180gで658.8kcal、全粒粉70gで230kcal、黒砂糖8gで28.3kcal、塩4g、バター10gで74.5kcal、クルミ30gで170kcal、ゴマ40gで231kcal、干しブドウ30gで160kcalで合計1553kcal、一回で食べる量はその4分の1ですから390kcal、かなりカロリー豊富なパンを食べていたことになります。それに、とろけるチーズを付けていたのだから太るはずです。

 ところが、糖質制限となると、大変なことになります。私の基礎代謝1600kcalを肉だけで摂るとするとだいたい400gも食べなければならない。一日のエネルギー必要量は、1.75倍で計算すると2800kcalなので、豚肉の生姜焼きだけでは、脂肪もあるので600gくらいが必要となります。

 夜は、栄養失調のような感じになってきました。でも、肉中心の食事では胃が消化不良で膨らみ、もう食べたくありません。食事法を考えなければならないようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ケトン体ダイエット始めました!

2016年09月02日 | ケトン体ダイエット

 ケトン体ダイエットを9月1日から始めました。理由は、中性脂肪値が高く、内臓脂肪も減らず、手足の血流が悪いからです。ケトン体ダイエットについては、おりおり説明しますが、糖質(米や麦その他の主食をなす炭水化物)を摂らず、タンパク質と脂肪そして線維を摂ることです。そうすると、脂肪が燃焼してケトン体というものが生成され、血糖つまりグルコースに代わる栄養源となるそうです。ライザップなども、その方法によるようですが、医療関係者としては、検査数値や体調などを随時確認して、体調なども見ながら、その効果を調べようとするものです。うまくいくかどうかは、わかりませんし、続けられるかどうかもわかりませんが、応援宜しくお願いします。

 なお、私の体重は74kg、身長は168.5cmですから、BMIは26.1です。25以上の軽肥満となります。体脂肪率は23.1%で標準、筋肉量は54kg、骨量3kgです。ところが、内臓脂肪レベルが15ですから10以上のやや過剰を越えて15以上の過剰となります。お酒は殆ど飲まないので、26歳から40歳の身体を壊すまで頻回に繰り返した断食が原因かと思います。私の場合、3日の断食は普通で、10日の断食を3回、21日の水だけ断食を一回しました。そんなことで肝臓と心臓を痛めたので、その後は節制に務めていますが、血流は悪く、脂肪肝のままで、痛風になったりしています。

 実は、2年前の夏、80kgを超え、腹囲110cmくらいになったので、これはまずいとダイエットを始めて筋肉量は保ちながら6kg痩せ、腹囲も94cmまでなり、腹回りの脂肪は取れたのですが、内臓脂肪が全く減っていないので、これをやるしかない、と決意した次第です。

 昨日は、水を一杯飲んだ後、簡易測定器で朝7時半に測定するとグルコース110、ケトン体0.1以下でした。血糖値は朝食前としては高め、ケトン体が出ていないのは当然です。

茹でた豚肉100g、湯葉100g、プチトマト6個、サニーレタス3枚、ココナッツオイルとバルサミコ酢をドレッシングににして、紅茶とレモン汁。空腹感は収まらないので、ペプチド15粒、ファイバー、その他サプリメントを摂りました。

10時、頭痛がしてきたので、アーモンド2袋と麦茶を摂ったのですが、さらに低血糖になって後頭部が痛くなってきたので、ビタミンとグルタミンを摂り、プロテインスティックを3本食べ、横になったら、楽になっってきました。

 1時半に豚肉の生姜焼き150gをサラダをお皿に2杯食べた。眠くなったので、30分ほど寝ました。起きた後は、体調が回復し、夜10時半までに車を4時間以上運転しました。夜食は外だったので、可能なメニューを探し回り、生サラダと紅茶を摂りました。なんだか疲れ、11時半には寝ました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016.9月のお知らせ

2016年09月02日 | マリヤ・クリニック

*  9月30日(金)は院長が集団検診の出張のため午後の診察は15時からとなります。

*  10月よりB型肝炎ワクチンが定期接種化されますが、千葉市の方は8月より先行接種が可能となります。対象者は、H28年4月生まれ以降で生後2ヶ月以上のお子さんです。当院は予約不要です。

*  病児保育のご利用には、前もって登録をしておいてください。詳細はホームページや配布資料をご覧ください。

*  栄養指導を当日の予約時間までにご連絡がなく、無断キャンセルした場合、1080円のキャンセル料が掛かります。

*  体組成計を健康管理にお役立て下さい。体脂肪量や筋肉量を始め、筋肉の左右バランス、内臓脂肪レベル、基礎代謝量、骨量などの測定ができます。栄養指導のご予約を頂いている方は無料で、その他の方は1回300円(税込)で測定できます。

*  障害治療研修所の全体研修会が10月10日(月・祝)10時半より16時まであります。会費は2000円(会員)、定員30名です。ヨーゼフ・ポイントの利用ができます。今回は、日本発達障害支援協会の池田医師ご夫妻と柏崎院長による発達障害についての講演です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加