Dance and Art by Sakurai Ikuya:CROSS SECTION*BLOG

ダンスアートユニット《櫻井郁也/十字舎房》発。コンテンポラリーダンスとオイリュトミーのレッスン、ステージ、エッセイなど。

断片・5/19

2017-05-19 | ダンスノート(からだ、くらし)
動物や樹木が何だかうらやましいのは、それらが、ありのままにある、ことをひたすら受け入れて、とにかくウソというものをつかない、つこうともしない、からかもしれないなあと思います。
彼らはからだだけで生きているのだから、もっとこうナリタイとか考えないで、いのちのままにしているのだろう。

いくら知恵が働いても金を蓄えても、ひともまた有限であるから病気も衰えも結局は受け入れざるを得ないのだが、それが少しコワイから、ちょいと目をそらして夢やら理想とかをこしらえるのだろうか。

からだには無限とか永遠とかいうことはなく、刻一刻そのものだから、そこのところをもっと呑み込んで、刻一刻を味わい尽くしたいと、なぜだろうか、えらく思うのです。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 櫻井郁也ダンス公演(7月公演... | トップ | 櫻井郁也ダンスソロ・7月公演... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む