Dance and Art by Sakurai Ikuya:CROSS SECTION*BLOG

ダンスアートユニット《櫻井郁也/十字舎房》発。コンテンポラリーダンスとオイリュトミーのレッスン、ステージ、エッセイなど。

断片・4/29

2017-04-29 | ダンスノート(からだ、くらし)
たとえば舞踊家の、ニジンスキーは写真の中でさえ、なぜあれほどに恐怖や陶酔を呼び出してしまうのだろうか。ひとつのニクタイが首を傾ける、だけで世界全部が傾いて壊れてゆくように感覚されてしまう、のは、なぜか。
「肉体を殺すのでなく、知性を殺したい。」
という彼の一言はとても印象に残っている。

たとえば女優の、サラ・ベルナールはなぜ棺桶で寝ていたのだろう。
睡眠というのを、単なる自然の摂理だけでなく、毎夜毎朝、意識的な死と復活をしていたのだろうか。
あるいは夜のたび棺桶に入って物質身体だけになり、新しい精神の入れ替わりを待望していたのだろうか。

たとえば僧侶の、鉄門海上人は、なぜミイラとなってあれほど強く何かを語りかけてこられるのだろうか、入定とはやはり自然死と異なることなのだろうか。からだごと、ことばそのもの、に成られたのだろうか。


わからないこと、わからないままに大事に感じてしまうこと、
わからないがとても気になり気にしていること、が、身体とタマシイには、やたらある。そして、わからないことは、歳を経て増えてゆく。

そんざい、ということの輪郭は、次第次第に広がり謎めいてゆくのかしら。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気になる映画ふたつ | トップ | photo・4/30 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む