CROHN BROTHERS

クローン病患者だけで結成した
アマチュアROCK BAND!!
入院するまで突っ走る!そんな男達のブログ☆

久々にいぢってみれば・・・

2017-02-12 09:53:52 | menber's
皆様、雪などが猛威を振るっておりますが、ご無事でいらっしゃいますでしょうか。
何だか元気になってきたKOTAです


2度にわたる入院を経たものの、寛大にも沢山の皆様のご厚意により、
無事に復職させていただくことができました
本当にありがたく、同時に気の引き締まる思いでございます


退院1週間後の検査では、レントゲンではありましたが、
肺の影は特段気にならず、CRPも0.5以下に下がっておりました


もう既にプレドニンが2錠減らされ、計20mgとなりました
さらに2週間後にはもう1錠減らし、15mgになるそうです
もっと緩やかに減らしていくのかと思いきや、意外でした。
医療というものは、日々進歩していくものなのですね・・・♪




さてさて!
退院したからには、待ちに待った音楽の時間でございます
久々にギターに触れた時はちょっと感動してしまいました


上の画像は我が家の絶対にやってはいけない「横置き」にされた、かわいそうな楽器たちでございます
だって、吊るす場所もなければ個別に置く場所もないんですもの


しかし、やはりと言うべきか、チューニングがかなり狂っておりました
でも、キーが下がる程狂っていたのは、一番手前の黒いギターだけでございました


何を隠そう、一番手前の黒いストラト風ギターは、格安ギターを僕が全部バラし、再度組み直した実験ギター君でございます
(JDのフレット、GOTOHのペグ・ブリッジ、カスタムCTSのポット、ビタQのコンデンサ、Fenderの5Wayセレクタ、リンディーフレーリンのピックアップ・・・
 お金かけすぎなのに、下手なリペア技術のために可哀相な仕上がりのギター君でございます(ごめんね、腕が上がったらやり直すから許してね?))


そして、その奥にあるギター3本はリペアの神様に直していただいたギター君で、ほぼほぼチューニング不要でございました
やっぱり全てがキッチリと調整されているギターは、チューニングも狂いにくいんですね
特に赤いKRAMERに至っては、ロックナット&フロイドローズのため、寸分も狂っておりませんでした
N師匠大明神様・・・すごすぎます


ただ、一番驚いたのは・・・
たった1ヶ月強触っていなかっただけなのに、ギターソロを一発で弾けなかったことでございます
元々上手は方ではありませんが、あまりの指の動かなさ度合いに、思わず笑がこみ上げてきてしまいました(笑)

でも、以前はそこそこ弾けていたわけですので、すぐに勘を取り戻して見せますとも。ハイ

DTMも再開でございます♪
ドラムの打ち込みにも慣れてきましたし、シンセ音源も楽しい限りです
ガンガン音楽活動開始中でございますぅ♪

楽しくて仕方ありません
精進します!!




by KOTA
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あ、あれ? 基準値超えてる... | トップ | 手作りエフェクターボード~... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (親方)
2017-02-12 16:47:07
いつの間にか、相棒たちが増えてるね(笑)
Unknown (KOTA)
2017-02-14 19:23:35
>親方

はい、知らないうちに小人さんが・・・
って、ウソです。ごめんなさい(^^;

増やす前に腕上げろや、って感じですよね(^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。