CROHN BROTHERS

クローン病患者だけで結成した
アマチュアROCK BAND!!
入院するまで突っ走る!そんな男達のブログ☆

準備は着々と・・・(あれ、違う?)

2017-04-22 00:28:33 | menber's
皆様お久しぶりでございます
色々あって、今も色々あるKOTAです(誰でも何かしらあるっつーの(笑)


さてさて!
久々の投稿は、またしてもヘタの横好きで作ってしまった「オーディオ関連のあれこれズ」でございます

右上の黄色いスピーカーは実は「アンプ」でございまして、かなりの爆音を出せる設定となっております。
いっちょまえにゲインとボリュームツマミが裏にあり、電源(または電池)のオンオフスイッチも完備してございます
そして、ライブハウス等ではモノラルが主流ですので、モノラル1個仕様としました。
これを最初に作ったのがそもそもの始まりでした。


これは、DTM(PCで作る音楽)作業の過程で、今までイヤホンのみで聞いていたのですが、
「実際のアンプから流れたら、どんな音が鳴るんだろう?」と、いつもドキドキしておりました。

ですので、普段はイヤホンを使い、出来上がった時や「この音どううだろう?」と試す時はアンプを使うため、
もうひとつ、右下のイヤホン⇔アンプの切り替えスイッチ(オーディオセレクター)が出来上がりました


たかが「ケースとステレオミニプラグのメスを3個と配線材を買って作るだけ」なのですが、僕は無駄にこだわりました
ケースはいつものタカチさんのアルミダイキャスト、プラグのメスは某有名メーカーのもの、配線材は当然Beldenの(信者か(笑))88760を使用しました。
どれもそこまでお高い物ではありませんので、割とネットの情報だけを頼りにサクサク決定しちゃいました
(「実際の音はどうよ?」と聞かれますと・・・僕のアホ耳には違いは判りません



そんなこんなでDTM用のアンプとセレクターが完成しました。
となると、やっぱりPC側のセレクターも作りたいですよね!? ね!? ね!!!!???(ハイ、僕だけですね。すみません 単にスピーカーのハコが余ってただけだったりします


PCの方は青色の元々テキトーに購入した(ごめんね)スピーカーを接続しておりましたが・・・
「ちょっとアップグレードしたいな♪ でも完全に切り替えるのは怖いな あ、セレクターで両方活かそう! ついでにPCが増えた時用にPCセレクターも付けちゃえ!」
という、至極単細胞的な思考で作り始めたのが左右にある赤いスピーカー2個と、真ん中に鎮座する緑のセレクターでございます

スピーカーは至極簡単で、以前作成したものと同じ要領で、ハコにフルレンジスピーカーをネジ留めし、スピーカーをBeldenの(ホントに信者か(笑))8470でプラスとマイナスをつないだものを、
左のスピーカー上部にある、ちっちゃなオーディオアンプに接続しております。


セレクターの方は、全体像はこちらでございます↓


on-onのミニトグルスイッチ(3PDT)2つをそれぞれ、あえて逆に配線することで、「スイッチの棒が向いている方を選んでるよ」と一目瞭然にしてみました♪
材料は先ほどと全く同じ物でございます♪
慣れとは本当に怖いもので、ドリルでの穴あけからバリ取り、設置、配線まで、1時間とかからずにで完成してしまいました(どんだけ無駄にやってるんだよ



だんだんモノで溢れかえってきてしまいました・・・
さ、仕事仕事!(もちろん音楽でございます♪)



by KOTA
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゼンタコート | トップ | プラグインは奥が深いです。... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (親方)
2017-04-25 21:48:14
そのうち楽器屋が出来そうだね!www

楽しそうだな〜(^^)
Unknown (KOTA)
2017-04-25 22:01:37
>親方

はい、音源作りと同じく楽しいです(笑)

整然と並んだギター類とエフェクター類を見て、早速兄から「こりゃ工場だな(^^;」って言われました(笑)

間違えても良いように、予備パーツも含めてドカ買いするのが災いしましたけれど、もう大分なくなってきました♪

ちなみに、出来たスピーカーはミドルからベースにあたる帯域がブーストされて、僕好みに仕上がりました♪
これが世に言う「ビギナーズラック」なんですね(笑)

ホントに勉強になりました♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。