無量大数 - 10の68乗の世界

個人用ストレージもテラバイトオーダーに到達した昨今、世界に散らばるさまざまなジャンルのトピックを拾います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

言語中枢の発達過程から論じる低年齢英語学習の是非

2006-03-31 20:34:21 | 言語

もうちまたでは喧喧諤諤だなあ >小学校の英語必修化


音声言語中枢(「読み書き」能力をつかさどる部位ではないことに注意!)というのはどうも幼少期、特に8歳くらいまででほぼ完成してしまうらしい。それ以後はいくら訓練してもそれ以前に訓練したのとは比べ物にならないほど完成度は落ちる。


似たような事例は「絶対音感」の形成だ。カラオケの作成過程では必須とされる能力である。大人になってからではいくら訓練してもドミソの音をこまかく(複数の音源が組み合わされている音楽のそのすべてを)聞き分けて音譜に落とす作業は出来ない。


英語においては日本人の不得意とされる l と r や v と b の聞き分けなどは最低でも幼少期にやっておかないと、その後の英語習得時にハードルが高くなってしまうのだ。結果、free と flea、lice と rice の聞き分けもまともにできないのだから恐れ入る。


ググって見つけた典型的な事例(笑)
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/reader/200511/2005110200020.htm



 学習コストの最適化という観点からは最優先の課題である。低コストこそがこの時代の要請である。児童生徒の発達過程を十分に斟酌して学習カリキュラムが考えられていないのは文部科学省のお役人たちが超おばかなせいだろう。


ヒアリング技能はこれだけで相当に十分であろうと思われる。スピーキングはヒアリングに比べて訓練は容易であるのだから、ぜんぜん後回しでもいい。


日本では中高プラス大学2年でトータル10年も英語教育を受けさせているが、読む書く聞く話す4技能すべてが世界の最低レベルという体たらく。いつになったらカイゼンされるのだろうか?


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« N700は19%ものエネルギー... | トップ | 「犯」罪を「防」がない防犯... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。