クロアチアの風  ~茶猫の旅カフェ~

アドリア海の国クロアチアと旧ユーゴの風景をお届けします。旅行情報、写真をお楽しみ下さい。番外編では世界の猫も登場!

届けられたワイン

2016-10-23 14:14:49 | クロアチアこぼれ話


スプリットで、すごくいいことがありました! お客様のワインがスプリットに届けられました!


お客様がプリトヴッツェ国立公園のホテルに、スロベニアで買ったワインを2本置き忘れてしまいました。そのうち1本は、友人から頼まれたワインだったようです。
忘れたことがわかったのは、スプリットに向かうバスの中。もうホテルに戻ることはできません。
ワインはお部屋で確認されました。でも日本に送ってもらうと高くついてしまいますし、日数もかかります。ホテルに送ってもらうとしても、何日につくかわかりません。

すると、私達のバスの運転手さんが、スプリットに来るツアーバスの運転手にあずけて持って来てもらえばいいというのです。「俺の同僚がプリトヴィツェに泊まってるから連絡してみるよ」といってその運転手に電話をかけてくれました。しかし彼はスプリットでなく別の町に行くことになっていたので、持って来てもらうことはできませんでした。

茶猫がプリトヴィツェのフロントデスクのマリアさんに電話で相談すると、今度はマリアさんが、ホテルからスプリットに向かうバスの運転手さんを探してくれました。すぐに運転手さんを見つけてくれ、その運転手さんにワインを渡しました。その運転手さんは、ザタールに1泊したあと、茶猫たちの2泊しているスプリットのホテルに、夜遅くワインを届けてくれたのです。見ず知らずの運転手さんが、会ったこともないお客様のために、まるで何でもないというような顔で届けてくれたのです。

以前、トロギールのカフェに忘れた茶猫の大切なノートが、公共バスの運転手さんたちのリレーで、トロギールからスプリットへ、スプリットからドブロブニクのバス停へ、その後、私が泊まっているホテルに届けられたことがありました。そのノートは、茶猫が本を書くために、クロアチアの様々な情報を集めて記録した本当に大事なノートでした。だから、もう見つからないと思っていたノートが手許に渡ったときには、本当に嬉しかった!! これは茶猫がクロアチアに強く惹きつけられるようになったできごとのひとつで、このブログでもずいぶん前に紹介しました。(カテゴリー「クロアチアこぼれ話」2006/8/24 ) でもそれはもう、10年以上前のできごとです。クロアチアは今、変わりつつあります。


その頃は、路線バスの運転手さんがバス停で呼び止められ、見ず知らずの人からお金をあずかることがしばしばあったそうです。「ザグレブの息子に金を届けてくれ。息子はバスターミナで待っている」などと言われ、運転手さんがお金を託されたそうです。そして「その金は必ず届く」(運転手さんの話)

自分とは関係のない見ず知らずの人のために動いてくれる。迷いも気負いもなく、まるで当たり前のことのように届けられたワイン...そんな善意や優しさが、今のこんな時代になっても、まだこの国に残っていたことが、本当に嬉しかったです。

茶猫にとってまたひとつ、思い出に残る旅になりました。

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 崖沿いのカフェでティータイム | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。