いい国作ろう!「怒りのぶろぐ」

オール人力狙撃システム試作機

凄まじき「iPS細胞」利権の闇

2014年08月05日 13時09分06秒 | 社会全般
驚くべき事件が。


>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140805-00000011-mai-soci


STAP細胞論文の責任著者の一人である理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB、神戸市中央区)の笹井芳樹副センター長(52)が5日朝、CDBと隣接する先端医療センター内で首つり自殺を図り、兵庫県警が午前11時3分、搬送先の病院で死亡を確認した。遺書が残されていたという。STAP細胞を巡っては、理研が4月以降、論文通り再現できるか検証実験を進めており、8月中に中間報告を出す予定だった。

県警によると、先端医療センターの研究棟はCDBと通路でつながっており、笹井氏は研究棟の4階と5階の間にある踊り場で、手すりにくくりつけたひも状のもので首をつっているのが見つかった。午前8時40分ごろに発見され、110番通報があった。笹井氏は半袖シャツにスラックス姿。踊り場には革靴と遺書の入ったカバンが置かれていたという。

 笹井副センター長は1986年に京都大医学部を卒業。京大教授を経て理研に入り、2013年から現職。胚性幹細胞(ES細胞)研究の第一人者として世界的に有名だった。

 STAP細胞論文では、責任著者の一人として、筆頭著者の小保方晴子・研究ユニットリーダー(30)を指導し、今年1月の記者会見に同席。論文が不正と認定された後の4月には東京都内で会見し、指導の不備を謝罪したが、STAP細胞の存在そのものには自信を見せていた。理研が進めている検証実験には小保方氏も参加している。【井上卓也、椋田佳代】



=======



>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140805-00000020-mai-soci

なぜだ--。5日朝、飛び込んできた理化学研究所の笹井芳樹発生・再生科学総合研究センター(CDB)副センター長が自殺したとの一報。理研や研究者仲間らの間には大きな衝撃が走った。STAP細胞論文を巡っては、小保方晴子研究ユニットリーダーの共著者として指導する立場だった笹井氏。理研によるSTAP細胞の検証実験について近々中間報告がされることになっていた中での出来事だけに、関係者らの間に動揺が広がった。

=======



どうも、STAP細胞関連では、やたらと「厳しい」報道状況が続いてきたと感じていたが、それは裏に何らかの事情があるのではないかと勘繰っていた。

当方のこれまでの妄想傾向からして、そういう疑いの眼を向けるのは当然だ。それにしても、そうまでしてiPS研究の邪魔な存在になることを恐れるというのは、どうしてなのか?


既に、iPS絡みの利権が政治的にも経済的にも「要所」に回っているからなのではないか?

もしも万が一、iPSが後れを取ったりしようものなら、そうした利権が崩壊するから、なのではないのか?



当方から見て、笹井先生がここに来て自殺する理由というものは、全く見つけられない。


本当に自殺する程までに、気に病んでいたのだとすれば、STAP細胞問題が持ち上がって、大炎上となっていた時期の方がはるかに自殺したくもなるような状況だったのではないか。
今は、むしろ小康状態というか、人の噂も75日で次第に人々の記憶から薄れてきていた頃だったろう。


なのに、自殺する、と。


笹井先生は、研究者としては相当の切れ者だったはずだ。
優秀、頭がいい、平凡な言い方しか思いつかないが、笹井先生が愚かしい真似をするような人だったとは到底思えない。


何らの根拠もなく、エセ科学を信奉したりするような人であるとは到底思われない。知識や経験に裏打ちされた科学者だったはずだ。


逆に言えば、笹井先生が切れ者である、ということは、STAP細胞なんかに絶対邪魔されたくないと思っている「iPS利権」陣営からすると、潜在的に最大脅威という存在になるわけである。また、いつ復活してくるとも限らない。

検証グループの研究が成功されてしまったら?



STAP細胞関連での報道というのは、尋常ではない雰囲気があった。
普通の研究分野の問題とは思えないほどの、異様なバッシングと存在否定と「叩き潰す」という悪意に満ちたものだった。



これに何らの理由がないわけがない。


そこらヘンの新聞記者を心底怒らせるほどの問題であると思うか?
無理解、知識皆無のブン屋諸氏には、何が問題で何がどうなのかチンプンカンプンな話なのに、これを全国的にバッシング展開するというのには、それ相応の「大きな理由」というものが存在するはずだ、ということだ。



笹井先生は、本物の研究者だった。

笹井先生ほど優秀な人物が、ただの出まかせ論文を盲信することなど想像できない。



そして、今になって、死をもって償うだとか、行き詰って死を選ぶといったタイプの人であるとも思わない。いや直接会ったこともないし、人となりについて何かを知っているわけでもないんだが。単なる個人的直観なのだが。



首つり自殺を図ったとして、場所が不自然のように思う。


信念の人というのは、突発的・衝動的な自殺といったことは、考え難いように思える。



だが、どういうわけか渡り廊下の階段の手すり、ということらしい。
自分の研究室内、とかではなく、だ。


これは、待ち伏せするのに都合がいいとか、物証を残し難いとか、多数の人間の痕跡が落ちているとか、そういう理由が思い浮かぶ。



一体何があったのか?


謎だらけである。


『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 更に続・マレーシア機撃墜事... | トップ | 久々だが »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。