いい国作ろう!「怒りのぶろぐ」

オール人力狙撃システム試作機

郵政の人件費の出所

2005年09月05日 03時22分54秒 | 社会全般
民営化反対論の最も馬鹿なところは、「郵政職員の給与は税金が使われていない」という主張を繰り返すことだ。
本当に愚かだな。

NHKの討論番組を観た。共産党や社民党などは、前から同じことを主張していた。荒井議員も、「郵政職員は、手紙やはがきの売上で人件費2.4兆円が賄われているんです」と主張していた。又市さんも似たようなことを言い続け、「民営化して郵政職員が国家公務員じゃなくなっても、税金を入れていないんですから、歳出が減らないんですよ」とも言っていた。コイツらは、本当に頭が悪いのか?理解力がないのか?


郵政公社の人件費は、H16年度で約2.4兆円だが、郵便事業収益は全部で1兆9248億円しかない。一円も他に経費をかけなくても、足りないだろうが。売上全部を人件費に投入しても5千億円不足するっての。切手やはがき売上で間に合う訳がないんですよ、荒井君。

郵便事業の収益のうち、人件費は営業原価1兆7942兆円中の1兆3696億円計上され、別項目の販売費及び一般管理費にも人件費512億円が計上されている。合計すれば1兆4千億円以上だ。つまり、郵政総人件費2.4兆円のうち、郵便事業に1.4兆円が計上されている、ということだ。売上に対する人件費率は、約74%にも達する。売上の4分の3を人件費が占める、っていう事業なんて見たことが無い。恐らく個人経営の仕入れとかの必要ないような個人事業くらいなんじゃないか?有り得ないだろ?普通。残りの1兆円の人件費は、郵貯事業と簡保事業に分散されている(大体、郵貯5500億円、簡保4500億円という具合でしょう)。


今まで簡保は興味もないし、それ程よく調べたりしなかったのですけれども、どうしても「許せないな」と思うことが見つかりました。それは2つあります。一つは、有価証券売却損、もう一つは不動産動産売却損です。

まず、有価証券の方ですが、売却益82億円に対して、売却損が192億円、差額は110億円にもなります。これは保険契約者の配当金減少等の明らかな不利益となるのではないでしょうか?同じように、不動産動産売却益20億円に対して、売却損108億円で、差額は88億円です。両方合わせて198億円にもなります。こっそり処理しているが、200億円近くも損失を出して、保険契約者達の貴重な保険料はパアになったのですよ。何をやっているんだ、こいつらは!簡保は結構怪しいな。

人件費2077億円計上されているんですが、こんなに少ないはずがないんですね。で、他にも営業職員経費1166億円、という項目がありますが、こんなの普通ない科目でしょ?何に使われているのか不明。契約を取ったら出る報奨費のようなもの?この他にも、物件費1608億円、という項目がありますが、何と物件費に法定福利費を含むんだそうですよ!普通おかしいと思うでしょ?法定福利費なんて、一般的に言う年金や医療保険料、労働保険料などだと思うけれど、これが人件費じゃなくて物件費なんですって。全くの予想ですけれども、特定郵便局などに配られる費用で、その中に法定福利費を込みにしているんじゃないのかな?人件費になっていない、っていうのも変な話なんですよ。人件費・物件費・営業職員経費を併せると4851億円となって、大体いい線になるんですよ(郵貯の給与手当費はおおよそ5200億円以上計上されているからです)。簡保運営の費用構造もかなり怪しいです。


まあ今は簡保の詳細については置いておくとして、「税金投入」の話に戻ろう。郵政職員の給与に税金は一円も投入されていない、というのは確実にウソです。


郵貯の資産内容はこの1年でかなり変わりました。総額は減少して、210兆円くらいです。そして運用先も変わりました。
国債が112兆円、社債(要するに公庫公団債とか財投債だな)・地方債が約18兆円で主に公的債券が130兆円です。問題の預託金残高については、H15年度には156兆円あったのですが、これが117兆円まで減少しました。これに伴い、預託金の利息収入は3.7兆円から2.8兆円程度まで約25%も減少してしまいました。これは特殊法人改革によって預託金から財投債・機関債へと移行するということで、減らして行かざるを得ないからです。そして、利息収入もやっぱり25%くらい減少してしまいました。郵貯の収益源の主なものは、この預託金利息が最大で、有価証券利息は(先に挙げた130兆円と株式や外国債券等を併せて)、約9700億円にしか過ぎません。いかに預託金利息が大きいか、お判りいただけるかと思います。


国民への利払いはたったの8400億円(内、定額貯金には7400億円で、通常貯金などには1千億円程度しか払ってない)ですが、何と財務省から借金していて、これが約38兆円あり、この借金に対する利息は9900億円も払っています!べらぼうに高いでしょ?これもある意味カラクリなんですけれども(そもそも郵政の利益を小さくしておく為でしょうね)、今は置いておこう(民営化する際には、返済して相殺されると思うから)。現時点で、117兆円の預託金が全て国債とか地方債に置き換わると、これに対する利息収入は8730億円となって、約2兆円の収入減少となります。ところが預金者達への利払いは変わらないのですから、H16年度の純利益1兆2100億円は全てなくなり、逆に8千億円程度のマイナスとなってしまいます。


まとめてみますと、現在2兆8300億円ある預託金利息と有価証券利息9700億円を併せて3兆8千億円ありますが、預託金がゼロとなり全て国債等債券に置き換わってしまうと利息収入は1兆8600億円(248兆円×0.75%)となってしまい、1兆9400億円の収入減少となります。これで昨年の利益(1兆2100億円)は全て消滅するばかりか、マイナス7165億円となります。つまり、職員の給与等の営業費用は預託金利息が支えていると言ってもいいでしょう。では預託金利息は誰が払っているのか?それは特殊法人等の預託先です。預託先が金利を払うということは、結局国が払っていることと同じなのです。つまりは税金を投入していることと同じです。


これらは何度も記事に書いてきましが、何故これほどまでに物分りが悪いのかと思います。利益があるというのも違いますよ。単に、国の組織の中でお金が移動しているだけであり、実質的には見えにくい形で税金が投入されていることと同じなのです。反対派はいい加減に同じ論点を挙げるのは、止めにして下さい。「完全独立採算で、国からお金は出てない」「はがきや切手で人件費を払っている」というのは妄想です。

コメント (9)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女王の教室(第9回) | トップ | 大ニュース!『論座』を買っ... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とおりすがり)
2005-09-05 08:24:28
あなたがありえないと「個人的に思うこと」と、論理的に誤っていることの間に差があるようですね。

ご自愛ください。

なぜ、民営化に反対? (yomiyomi)
2005-09-05 10:13:40
「郵政職員の給与は税金が使われていない」というのに、なぜ民営化に反対なのでしょうか。立派に自活できそうですが?そのへんが矛盾。
論理的矛盾 (通りすがり)
2005-09-05 10:36:01
運用が失敗しているののに民営化すれば解決するという宗教だね。
運用の失敗 (まさくに)
2005-09-05 11:24:06
これと民営化自体の問題は関係ないでしょ。それは記事中でも関連を示してはいませんね。預託金から他の運用へと変わっていくのは、失敗でも何でもなくて、ほぼ必然的でしょうね。預託金そのものがなくなるんですから。



預託金利益が消滅し、仮に公債等に置き換わると、2兆円程度の利益がなくなるということを述べているのです。勿論民営化後にアクティブな運用で収益確保が出来るなら、民主党案のような毎年1万人リストラをしなくても済む、ということですね。



公社のままならば預託金が終了する07年度以降にアクティブな運用先を作ることは許されないのですから、2兆円を失うだけでそれによって赤字を埋める方策(結局はリストラ、局の整理縮小)しか残らないでしょうね、恐らく。
Unknown (ごじま)
2005-09-05 18:57:37
郵政民営化の問題はそのプロセス。



税制面で優遇されている公社の内に利益を確保できる構造を作ろうとしてる。コンビニ進出だけじゃなく、運輸業界の買収まで始めてしまったよね。



そのため、公社でありながら既に民業を圧迫している。公的企業のご都合主義が垣間見える。10年後の民営化が無事成功して完了する頃には競合他社の追随を許さないような独占企業が誕生してしまう可能性がある。その時、郵政の株を所持管理している独立法人と国のうまみはどれ程になっているだろうか。



逆に民営化後、採算ラインに乗せることに失敗した場合はニュージーランドの郵政民営化の末路と同じ道を辿る可能性が大きい。採算の取れない地方郵便局は廃止され、金融部門は外資に買収され、結局新たに公的金融機関を設立する。



どちらにしても今のままの法案では不完全な気がする。
プロセスは大事ですね (まさくに)
2005-09-06 11:39:05
確かにそうなんですね。ならば、国会中でも開催前でも堂々と民主党のプランを発表し、何が問題点か洗い出す必要があったのです。



法案審議となってからも、そうでした。課題の棚上げで、国民が不利益を被ったと思います。公社が既に要らないならば郵便事業専業として、他は全て売却するとかでしょうか。



公社形態は2年後まで(多少の延期はありえます)で、会社自体は株主が政府であるとしても、税法上は普通の株式会社と同じになると思いますが・・・
Unknown (うそつき)
2005-09-07 21:05:33
うそつきは泥棒の始まりと言います。

この記事自体がうそつき、まやかし、どこかの首相と同じ。

まやかし無しの記事でも書いたらどうか。
ウソ (まさくに)
2005-09-08 09:54:17
どこら辺にそれがあるのか、例示頂けると有難いです
Unknown (釣り)
2005-09-11 08:31:27
 これは「つり」ですか。前段で妄想・推測全開で、後半でいきなり、でもって税金投入なしはウソとは。書き手は、自分の書いたことに責任を持たねばならないし、この文章に全責任を負って、下さい。あとから、知らなかったでは、すまされないですよ。もっとも、現在の生活現状の問題点を「官僚」にもとめること自体、為政者の古くさい延命策。この数年、ひーひーいう庶民の裏で、金儲けをしてるのは誰ですか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
●泉自●党●相は戦後最大の詐欺師! (貞子ちゃんの連れ連れ日記)
公職選挙法違反で50万円の罰金を払うことを覚悟で今日もブログを書く貞子です。禁固2年はかなり困るけど。。。。 私は禁固が怖いから昔ながらの伏字●●を使うしかないですね。 伏字が多いと戦前の恐怖の官憲取り締まりを思い出しますね。現行の公職選挙法は 古臭すぎで
民営化の効果 (日本の進路を考える)
児童生徒のころの社会のキーワードのひとつが3公社5現業であったかたは、もう中年過ぎになっているのかな?郵政事業が大物国営事業最後のひとつであることは皆さん分かっていないという気がする。でなければ何で民営化かという疑問は出てこないくらいのことではなかろうか
郵政民営化 (オカメインコと一緒)
郵政民営化に反対するつもりはないけれど、 今のまま、過疎地の郵便事業の今後の事や、 今までのように、民営化=天下りの図式を野放しにしたまま 民営化を進めてしまう事は、問題があるのではないかと思います。 「郵政職員の給与は税金が使われていない」という話が 本当
郵政改革 (Generation Mosaic)
郵便事業ってすごい。 競争相手のない独占事業であり赤字になると郵便料金を値上げす
多くの心ある人々が郵政民営化法案に反対しています (このままでいいの?ニッポン)
 小泉首相は叫びます。「一部の特権階級の既得権益より、1億2千万の国民全体の利益を」と。「一部の特権階級」とは彼が言うところの「27万人の郵政公務員」のことなのでしょう。  しかし、郵政民営化法案に反対しているのは直接生活を脅かされるであろう262,0
郵政改革、なぜ民より官の方が良いのか (mutter away)
郵政改革反対派議員によれば、小泉郵政改革を実行すると、郵便料金は高くなり、郵貯のATM使用は有料になり、職業によらずだれでも保険(簡保)に加入できなくなるそうです。郵政公社は、誰も成し遂げられなかった、民より低コスト高サービスを実現しているのでしょうか?
郵政民営化 (もこブーの日記)
郵政民営化法案が可決となったそうな。 長い道のりでしたな・・・ 保育園の民営化、民間委託というのは身近な問題だったので、 色々と勉強したことがあるのですが、 民営化の目的といえば、 お金の(コスト)問題だったと思うよ。 でも、それは利用者には言いにくいから