いい国作ろう!「怒りのぶろぐ」

オール人力狙撃システム試作機

濱口桂一郎著『新しい労働社会-雇用システムの再構築へ』

2009年08月16日 04時12分35秒 | 俺のそれ
色々あったこの数日でしたが、移動時間に読むことができました。

先生のブログは勿論知っていましたし、数々の論争やバトルがあってなお、抑制的に書かれたというのは、専門家の意地かと思いました(笑)。


新書ブームに乗って「軽い1冊」が矢鱈と増えた昨今ですが、岩波らしい地味な1冊(笑)に仕上がっており、かつての輝きを失った岩波の新書ならではの硬派な出来映えではないだろうか。

自分の考えていたことと共通する部分はあって、自分のブログに書いてきたことが無意味ではなかったのかもしれないと思ったりした。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「整形不美人」の日本列島 | トップ | 「経済を成長させる政策」と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
池田信夫先生と濱口桂一郎先生(まとめ:「障害者就労支援事業」と「障害者の労働者性」) (「天羽優子先生」ファンクラブ通信)
労働法政策を専門とする労働政策研究・研修機構労使関係・労使コミュニケーション部門統括研究員の濱口桂一郎先生が、「社会福祉法人維雅幸育会」というところが行っている障害者就労支援事業に関して、次のようなことを述べられています。 >工場の生産ラインを丸ごと請...