雨の日にはJAZZを聴きながら

FC2 に引越しました。http://jazzlab.blog67.fc2.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(3)

2005年12月25日 19時38分34秒 | JAZZ

バティスト・トロティニョンがサイドメンとして参加しているアルバムは,

Moutin Reunion Quartet 『 Power Tree 』(2001 Dreyfus)
Moutin Reunion Quartet 『 Red Moon 』(2003 Nocturne)
Pierrick Pedron 『 Cherokee 』(2000 Elabeth)
Christian Brun 『 French Songs 』(2001 Elabeth)
Claudia Solal 『 My Own Philosophy 』
Jerome Barde 『 Bifurg 』(yourbuz.com)
OLH orchestra 『 G meets K 』(Yolk records)
Doudou Gouirand 『 Les racines du ciel 』(RDC records)
Jean-Luc Chevalier quartet 『 Hommage a jaco 』(seventh records)

などがあるようですが,僕の持っているのは,Moutin Reunion Quartet 『 Power Tree 』とPierrick Pedron 『 Cherokee 』だけです。Moutin Reunion Quartet の『 Red Moon 』も欲しいのですが,まだ巡り合えてません。

                   
Pierrick Pedron 『 Cherokee 』(2000 Elabeth)
まず,このジャケット・センスは何なんでしょうね。これじゃ食指が伸びませんね。でも内容はかなりイイです。僕はピエリック・ペドロン(as)をこのアルバムでしか知りませんが,やや不安定に聴こえる(リップ・コントロールに難あり?)箇所も散見されますが,全体に激しくブローし,勢いがあり,そんなネガティブな要素など忘れてしまうほど魅力的な音です。ジュリアーニに結構似ているかも。系譜的にはパーカー系です。今回,検索していてたまたま面白い彼のライブ映像を見つけました。かなり貴重ですよ。ぜひ見てくださいね。おっと,トロティニョンのことを忘れてました。もちろん素晴らしいですよ。【愛聴度★★★☆☆】

                   
Moutin Reunion Quartet 『 Power Tree 』(2001 Dreyfus)
優れた才能同士が引き合うように集結したムタン・リユニオン・カルテット。ご存知ムタン兄弟にトロティニョンとこれまた卓抜したテナー・マンのシルヴァン・ビュフ(正しい呼び方知りません)が参加しています。ほとんどがムタン兄弟のオリジナルで,フュージョン的な楽曲も多く,かなりカッコイイです。M-1の出だしからフランソワ・ムタンの強烈グルーブ・ベース・ソロです。このフランソワ・ムタンって人はエレキベースのフレーズを事も無げにアップライトでやってのける技術があるんです。凄いの一言です。おっと,トロティニョンのことを忘れてました。もちろん素晴らしいですよ。以前にマイ・ブログでムタン・リユニオン・カルテットの最新作『 Something Like Now 』を紹介してます。こちらも見てくださいね。【愛聴度★★★★☆】


<番外編>
トロティニョンとは関係ありませんが,シルヴァン・ビュフの『 Soul Notes 』(2001 naive)はマニュエル・ロシュマン(p),プリズムのクリストフ・ウォーレム(b)が参加していて,噛めば噛むほど味の出るスルメ的名盤です。時々ムショウに聴きたくなり,密かに楽しんでいます。【愛聴度★★★★☆】
                   



『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Baptiste Trotignon 『 troti... | トップ | David El-Malek 『 Organza 』 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ドラム小僧)
2005-12-25 22:07:35
トロティニョンがサイドマンとしてこんなに活躍していたのですね。



ちょっとムータン関係で恐縮ですが、先日新宿ディスク・ユニオンに行ったら、アントワーヌ・ヘルヴェ、ムータン兄弟、そして何とカールハインツ・シュトックハウゼンの息子マルクース(Tp)のセッションアルバムが置いてありました。ちょっと怖くて買わなかったのですが、お聴きになりましたか。
どうでしょうか? (クリス)
2005-12-25 22:31:22
enjaの「Invention is You」ですよね。

なんかレビュー見るとフリー・ジャズっぽいですよ。

僕は澤野の「Cornerstone」しか聴いてませんが,経歴のわりにおとなしめで,ムタン兄弟も控えめだったので,あまり印象に残っていません。



澤野盤が気に入った人がこのenja盤を聴いたらショックを受けそうですね。



僕は購入予定はありませんが,誰か買いますかね。
Cherokee (nary)
2005-12-25 23:57:09
ジャケットに見覚えがあるのに音楽的な印象が全くなくて、CD棚で確認したところあんのじょう未開封でした。

あとで聴いて見ます。



未開封 (クリス)
2005-12-26 11:28:27
ナリーさんはかなり未開封がありそうですね。

僕は未開封というのはほとんどないのですが,

先日,ナリーさんが今年のベスト10にも挙げていた

pilcのライブ盤は,僕も買ったのですがまだ未開封です。

そうそう,HoenigのDVDもこの前見つけて買ったのですが,

やはり未開封です。



僕も今年中に「今年のベスト10」をやりたいのですが,意外に今年は良いアルバムが少なくて,選考に苦慮しております。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。