雨の日にはJAZZを聴きながら

FC2 に引越しました。http://jazzlab.blog67.fc2.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(1)

2005年12月23日 23時33分17秒 | JAZZ
バティスト・トロティニョンの最新作。とは言っても今年の春頃にはDUの店頭に並んでいたと思ったけど,購入したのはつい最近の事。バティスト・トロティニョンは2000年の1st アルバム『 Fluide 』を聴いてその超絶技巧ぶりに驚愕し,以来追っかけているフランスの若手ナンバー・ワン・ピアニストです。『 Fluide 』は内容もさることながら,緑を大胆に配したトロティニョン分身の術ジャケで,かなり売れたアルバムですから,ご存知の方も多いと思います。予断ですが,山本隆氏によると緑のジャケは売れるそうです。この1st アルバムは2003年に澤野工房から再発になっています。下の写真は僕の所有するオリジナルですが,澤野からの再発はジャケ下の鍵盤部分が除かれていてデザイン的にはより洗練されています。2001年の2nd アルバム『 Sightseeing 』も2005年に先日お話したP.J.Lの「European Jazz Piano Collection」で再発されています。3rd アルバム『 Solo 』は一転してソロ・ピアノでした。ヨーロピアン技巧派にありがちな現代音楽のジャズ・アレンジ的な楽曲(おそらく全曲彼のオリジナル)で,やや好き嫌いがあるかもしれません。それにしてもNaïveの一連のジャケットはインパクトがありますね~。『 Fluide 』の分身トロティニョン。『 Sightseeing 』のまっ黄色ジャケ。そして『 Solo 』はちょっとオカルトチックなモノクロの手首ジャケ。これにはタイトルや彼の名前すら記されていません。これは結構目立ちますね。そういえばマイルスの『 Get Up With It 』もLPでは顔写真のみで,タイトル,マイルスの名前が一切記されてなかったのが印象的でした。(CDにはちゃんと記されています。)黄色いジャケも脳裏にしっかり焼きつく色で,すぐに思い浮かぶ黄色ジャケといえば,マッド・ヴィンディングの『 The Kingdom 』(stunt)やサルバドーレ・ボナフェデの『 Journey To Donnafugata 』(CamJazz)あたりかな。話がわき道に逸れてしまいましたが,この新作はトロティニョンとデヴィッド・エルマレックの共同名義になっています。曲も半分つづ持ち寄って全曲オリジナルです。デヴィッド・エルマレックもまだ知名度はいまいちですが,僕の大好きなテナー・マンで,下の写真の2作品『 Organza 』(2001 Cristal),『 Talking Cure 』(2003 Cristal)なんかは愛聴盤です。エルマレックはずっとピエール・ドゥ・ベスマンと競演していたので,いずれはトロティニョンにお鉢が回ってくるのかなと思ってたところに本作がリリースされたわけです。でもちょっと調べてみたら二人は1998年には一緒にツアーしていたようですし,2004年にはチェカレリのバンドで一緒だったこともあり,今回の共同名義のアルバム制作に至ったというわけです。

To be continued....

   
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吉田美奈子 <12月のILLUMINA... | トップ | Baptiste Trotignon 『 troti... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トロティニョン (ドラム小僧)
2005-12-24 12:26:04
お久しぶりです。彼のソロ新作がDVD付で出る記事を書いていましたのでTBさせていただきます。
ドラム小僧さん,こんばんわ。 (クリス)
2005-12-25 21:25:02
拝見させていただきました。相変わらず語学力を生かしたすばらしい記事。感心いたします。ちょっとチェック不足でした。すみません。



「Solo 2」のことは,今回記事を書くにあたり,検索していたら見つけました。フランス語だったのでよくわからなかったのですが,ヌーボー,Solo2,DVDと単語があったので,おそらく今度のはソロのDVD付きだろうと想像してました。やっぱりでしたか。



ソロじゃないDVDを本当は見たいのですけどね。

勝手ながら僕の3つの記事を逆TBさせていただきます。

では,また。
エルマレックって、言うのですね。 (すずっく)
2005-12-27 10:44:48
私、2003年のリーダー作しかもってないけど、この人好きです。

うん、心密かに注目してました。

この新譜、、かなり欲しいです。

興味津々つうところ。。。



本当は (クリス)
2005-12-28 14:32:06
どう読むのか分からないんです。

フランス語って,そのままアルファベット読みでは

だめみたいですね。



ドラム小僧さんに添削してもらわないといけません。

Davidもデビッドではないようですよ。



2003年のリーダー作は「taking Care」ですね。

これだけ押さえておけば,とりあえずいいんじゃないですかね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
イケメン仏ジャズピアニストインタビュー (海辺で気まま日記)
                                                    solo? フランスの若手ジャズピアニストで実力、ルックス共に評価?のあ