クレール美容室

女性の抜け毛や薄毛は今では深刻な社会問題になっています。現役美容師だからわかる安全な美容の選び方を書き綴っていきます。

今更、ボタニカル?

2017年05月18日 | セーヌ・シリーズ(ヘアケア商品)
昨日、ボタニカルシャンプーについての質問がありましたが何かと話題のボタニカルとは何だろう?
『ボタニカル』とは「植物の・・・」という意味合いで化粧品では植物由来の原料を指しています。
その点ではオーガニックやエコサートとは少し意味合いが違っていて、無農薬とか自然などの安全性を保証するものではありません。

しかしながら、最近ではボタニカルという文言を付けているシャンプーやトリートメントが多くなってきました(イメージアップのためかな)

植物成分由来の原料なんて今更紹介しなくても、今までにも多く使われてきましたが、問題なのはその主成分にあるのです。

例えばそれらボタニカルを高らかに謳っていても、肝心の洗浄成分が石油系(鉱物由来)なら何の意味もありません(石鹸系なんて論外。良いシャンプーの比較の土俵にも上がれない)

昨日のお客様からの質問にあった「L〇Xのボタニカルシャンプーは良いの?」については、如何にもの戦略的な宣伝コピーですね。

配合成分を見ればお分かりのように、洗浄成分がラウレス硫酸であるので、いわゆる硫酸系のシャンプーです。

これにボタニカルの主張の何を感じられるでしょうか?

ここに大手メーカーさんの商品の『質』の低さを感じてしまいますね。

そして、ノンシリコンを大々的に謳いながらも「※シャンプーのみ」と表記しているあたりは何の進歩も無いと感じているのは私だけでしょうか?

下記の表示成分はL〇Xのボタニカルシャンプー(これでボタニカルなんて・・・?)

★シャンプー
水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロペピルベタイン、塩化Na、ブドウ種子油、ユーカリ葉エキス、アロエベラ液汁、チャ葉エキス、ミズハッカ葉エキス、アルガニアスピノサ核油、アルギニン、グリセリン、酢酸トコフェロール、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-10、サーマスサーモフィルス培養物、マルトデキストリン、PG、PPG-7、クエン酸、乳酸、水酸化Na、亜硫酸Na、EDTA-2Na、安息香酸Na、ソルビン酸K、香料

★トリートメント
水、ステアリルアルコール、グリセリン、ジメチコノール、ベヘントリモニウムクロリド、ブドウ種子油、ユーカリ葉エキス、アロエベラ液汁、チャ葉エキス、ミズハッカ葉エキス、アルガニアスピノサ核油、DPG、アルギニン、グルタミン酸、酢酸トコフェロール、サーマスサーモフィルス培養物、マルトデキストリン、パラフィン、アモジメチコン、ドデシルベンゼンスルホン酸TEA、ポロキサマー217、(C12-14)パレス-7、(C12-14)パレス-5、酢酸、乳酸、PG、亜硫酸Na、クエン酸、EDTA-2Na、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、安息香酸Na、ソルビン酸K、香料
『美容』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幸せ者です | トップ | やっぱり今日も・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む