みどりの森ノート

アニメなどの話題やイラスト。ポケモン、刀語、動物キャラ作品など。ポケモン(アニメ)の感想更新してます。

2017-01-23 | 刀語


 竹さんから待ってましたの刀語の新規絵です。しかもお仕事とかでなくご自分の意志で描かれたそうで。
何年経っても魅力的な七とがを描いてくれて、とても嬉しいです。
 刀語の原作が出てからこの一月で十周年を迎えたわけなのですが 今までファンの有志の間でだけ言われていたので竹さんがどなたかの呟きをご覧になったんだろうか…と勝手な想像をしていたり。
このツイートに公式アカウントも反応していたりするのでここから公式側に話が広がっていったらいいなあ…などとこっそり考えていたり。
 ツイッターを見ているとこの竹さんのツイートにたくさんのリプライがついていたりこれがきっかけで刀語十周年を祝う呟きやイラストが急増していたりして、刀語の話題が広がっていてとても嬉しいです。


 ポケットモンスター サン/ムーンのキャラクター原案に我らが竹さんのお名前が載っています。
アニメのEDに竹さんのお名前があるのでもうずっと気になっていたところで、描き下ろし絵つきで発表してくださってとても高ぶりました。ポケモン公式で公開されてるイラストからずっと目を付けていたエーテル財団職員に、
他にもエーテル財団のキャラをデザインされていたのですね。
たぶん設定画的なものが存在すると思うので攻略本か何かに収録してほしいです。とても見たい。
 竹さんもポケモンもどちらもとても好きなのですが(だからこそ?)竹さんがポケモンというビッグタイトルにやってきたの、かなりびっくりしました。何故だか。
でもこれでポケモン経由で竹さんの絵が知られたり刀語やI can Friday by day!に興味を持つ人が出てきてくれたらいいなあ…と思います。
 竹さんのポケモンのイラストを見てみたいです。というかそのうち本当にポケモンカードとかのお仕事も来たりして?

 先にツイッターの方に載せていた酉年記念絵
 にわとりやひよこと触れ合う容赦姫はとっても可愛いと思います。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トゲデマルとニャビー

2017-01-12 | ポケモン(アニメ)
 今年も当ブログをよろしくお願いします。酉年。
ポケモンの酉年イラスト見てると、純粋なにわとり系のアチャモやバシャーモよりも新作のモクロー率が高くて人気を感じました。他にもにわとりにこだわらずホウオウや好きな鳥ポケモンをチョイスされてる方もいて。
カプ・コケコ率も高くて意外でした。
新作の重要キャラだし、浮いてるしそういえば名前がぴったりなのでなるほどという感じ。

  「びりびりちくちくトゲデマル!」
 ポケもんだい ポケモンに関する問題ばかりじゃないんですね。
 冒頭でサトシが着てたTシャツ、初代ゲームで水ポケモンとかに使われてたアイコンですね。
冒頭で家事をやるサトシが新鮮。いままでずっと旅してたし家事はタケシやデントやシトロンが担ってましたからね。
白衣を一枚一枚洗濯機に入れるだけの動作が妙に笑える。
 今回はマーマネ&トゲデマル回。トゲデマルの生態や性別が分かって可愛かったです。
マーマネは気難しそうな所もありますがサトシと協力し合う所が見れてよかったです。
 キテルグマの運動能力が今回もやばい。これからずっとこんな感じなんでしょうか(笑)
 うとうとしていたりリュックに入るモクローがかわいい。あまり動かない描写が多いですがフクロウだしこんなもんなんでしょうか。

  「市場の風来坊ニャビー!」
 冒頭でニャビーが出てきたところでナレーションが「…このポケモンの名は。」と入るの、話題の某映画がよぎってしょうがなかった。
 第1話からちらちら出ていたニャビーがやっと本格登場。
この回でゲットするとばかり思っていたけどもう少しいろいろありそうです。
サトシは今回はゲットを諦めたけど明らかにフラグは残っているし、ムーランドおじいちゃん(だかおばあちゃんだか)のあまり先が長くなさそうな感じも引っ掛かるし、
ニャビーをゲットするまでに結構ドラマが展開されそうで、楽しみです。
 屋台のおばちゃんがニャビーの数少ない理解者で、地味にいいキャラしてました。
 ペルシアンの猫かぶりもさすが、お見事。

 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ひていクリア(蒐集完了)

2016-12-29 | 刀語
 ひていクリアありがとうございました。(深々) 姫様が主役。

 すっかり今頃ですが、映画 傷物語の9月初めの入場者プレゼントだったひていクリア、しっかり入手しておりました。
現代にやってきてバカンスを楽しむ否定姫がひたすら微笑ましいお話でした。
江戸時代からやって来たとは思えないあんな事やそんな事をやらかす否定姫とそれに振り回されながらも真摯な対応をする阿良々木くんがひたすら面白くて。否定姫の束の間のバカンスに付き合ってくれた阿良々木くんにも感謝で一杯です。
 初対面の阿良々木くんとの会話の中にも不愉快な女や右衛門左衛門の事をちょこちょこ織り交ぜてくるあたり、
やっぱりこの人達は否定姫にとって「身近な人」だったんだなあというのがうかがえてたいへん満足です。
 内容とは別に気がかりだった、久しぶりの刀語で西尾さんが設定とかいろいろ間違ってしまわれないかという点も
問題ないようで読んでて安心できました。それどころか予想以上に刀語のキーワードが散りばめられていて、
刀語ファン必読ものでした。
 原作が書かれてから約10年(!)、アニメから6年、ノイタミナの再放送からも3年が経っているのに
こうして刀語の新作が新しく書かれたの、ほんとに嬉しいです。しかも予想以上のボリュームで。
これだけのものを書いてくれた西尾さんにとっても感謝です。

 物語シリーズの方はちゃんと見れていないのですが、特典だけもらって帰る…という勿体無い事はしないで映画も観てきました。さすがシャフトだなあ…と思えるアニメでした。

 
サンリオのリルリルフェアリル化。
他のジャンルでキャラをフェアリル化したイラストをちょこちょこ見かけたので、つい…
こんな妖精が出てくるアニメが土曜朝に放送されてる世界線に行きたいです。

 ポケモンのミミッキュ×七花 キュ刀流
絵柄的に合いそうな気がしたので、つい。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4DX

2016-12-27 | プリティーリズムRL
 11月11日の誕生日に合わせて描いてみたべる様
この子はやっぱりとびきり美少女に描かなければ…と念を込めながら描きました。
美しくて努力家なカリスマキャラ・べるはそんなにハマってなかったリアルタイム時から好きだったので、やっとちゃんと描く機会ができて良かったです。
そして周りにはべるに愛を向ける仲間達。彼女の中にも周りにも、愛は溢れているのです。

 行きそびれたままになっていたキンプリ4DXの機会がめぐってきたので行ってまいりました。
最寄りの映画館のキンプリは7月に終了していてその時「これで映画館で観るのは最後か…」と思っていたら
9月のイベントのライビュに上映が組み込まれていてそこで「今度こそ映画館では最後か…」
と思っていたら12月になってこうして4DXを観る機会にめぐまれました。
何だかんだ数か月おきに映画館で観る機会にめぐまれています。
 4DX。話には聞いてましたがひっきりなしに座席が揺れる、水が出る、風が出る、シャボン玉が出る、いい香りが出る…
とまるで遊園地のアトラクションでした。どの効果も場面にぴったりで、楽しかったです。
当然のように応援上映で、久しぶり&ちょっと遠距離だったので赤いペンライト1本だけ持って行ったんですが
初めてだったのもあって揺られながらペンライトをを振るのはなかなか苦労しました。
個人的に4DXで見るなら通常上映で十分かなあ…?と思ったり。
でも周りのお姉さん方は普通に応援していたのでさすがエリート力を感じました。
「ありがとう」「お疲れ様」「アンコール」と気持ちいい言葉のたくさん言えた応援上映でした。
 私がキンプリを見るようになったのは春~夏だったのでこんな寒い日(しかも雪降ってた)のキンプリって新鮮だったんですけど、公開当初~人気に火が付き始めたのって真冬だったんですよね。
 もう公開から1年が経とうとしているとは。
そしてこういう期間限定などでいまだに上映する映画館が絶えないとは。やっぱり嬉しいです。
突破クリエイティブアワードなんてものも受賞したそうで、めでたいです。

 キンプリのために足をのばしたのでそのままプリズムストーン店舗でレインボーライブ女子のグッズを買い
プリティーリズム筐体も遊んできました。筐体の中で踊る女の子達がやっぱり可愛いです。
 これまでに買ったなるちゃんアクキー

 プリリズRLのブルーレイ発売もあって、NewTypeで夏と今月の2回、ヒロイン達のかわいい描きおろしイラストが付きました。当然買いました。
キンプリではなくRLの描きおろし絵が今年になって付くの、すごい嬉しいです。
ブルーレイ記念と、やはりキンプリのおかげですね。
声優さん達のインタビューも愛が詰まっていて嬉しかったです。

 レインボーライブもいいですが、オーロラドリームの歌もちゃんと聴いてみるといいなあ…と思える今日この頃です。
あとAD、いま改めて見ると冒頭ナレーション~OPの入りがかっこいい。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポケモンセンタートウホクレポ 2016.12

2016-12-24 | ポケモン(その他・総合)

 店内にあったクリスマスツリー
店員のお姉さんが定期的に「アローラ!」と挨拶していてアローラな雰囲気が出ている店内でした。


「アローラロコンとゆきまつり」 記念ショッパー
サッポロ店リニューアル記念イラスト。とても可愛いので何かグッズ買いたかったのですがクリアファイルなどはもう売り切れていました。代わりにこのショッパーが貰えました。


 同シリーズ もちむにぬいぐるみ リーフィアの雪うさぎ
売り場で見て一目ぼれ。名前の通りもちもちむにむにで、たまりません。ピカチュウとグレイシアと3種類ありました。

 「お正月2017」 年賀状
 今年のお正月グッズ。伝説2匹のハワイアンな絵とピカチュウ御三家のかわいい絵です。
ピカチュウのポケセン商品は最近服を着たり他のポケモンの着ぐるみを着たものが多いですがここでもダルマッカになっています。よく見るとはずんでるのが可愛い。
個人的には干支にちなんだポケモンも少し入れてほしかったなと思います。アイテムの模様とかでいいから。

 「Welcome to Alola!」 ポストカード
 サン・ムーン記念の素敵イラストです。このイラストのグッズの他にゲーム内に出てくるアイテムのグッズも早速あったみたいで、ゲームやってる人は欲しくなりそうだな、と思いました。


 「トロピカルタイム」クリアファイル
早くも入学シーズン用の文房具が。このピンク系のと青色系の2パターンがありました。
他にもいろいろ文房具が出ていました。


 今回のお菓子
ハワイっぽいロゴっぽいデザインが決まってます。クッキーもポケモンのプリントがあって可愛い。
他にもサン・ムーンのお菓子がいくつか出てました。

 クリスマス商品も狙っていたのですが、もう目ぼしいものは売り切れていたので諦めました。

「Bottle of Confetti」缶入りシール
 ポケセンではなく地元のセブンイレブンで買ったのですがポケセンブランド商品なのでついでに。
デザインもポケモンのチョイスもかなり可愛くて好みです。今の時点で公式サイト等に載ってなくて、
ツイッターで人様の写真を見て初めて知りました。セブンイレブン限定みたいです。
アクリルキーホルダーもありました。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モクローとアシマリ

2016-12-22 | ポケモン(アニメ)
  「モクロー登場!アローラでポケモンゲットだぜ!!」
 サトシのアローラ初ゲットは、発売前から人気のモクロー。
無邪気でおっとりでモフモフで可愛いです。サトシのリュックに入るのが好きという萌えポイントまで。
ずっとアニメで見てみたいと思っていた首がくるくる回るところも期待通り可愛いです。
 ドデカバシ一家もよいゲストキャラでした。
ツツケラの進化形のケララッパとドデカバシは今の時点でまだ公式サイト等に載ってないのでゲームで出会った人しか知らない事になるのですが、アニメにさらっと出てしまいましたね。ちょっと驚きでした。
 前回ミミッキュとキテルグマを見た時はこのまま素直にロケット団にゲットされるのか分からなかったのですがミミッキュはあっさりゲットされました。このまま素直にいう事をきくのか…ゴージャスボールに入ったという事は
ロケット団によく懐いてうまくやっていくのでしょうか。
キテルグマはロケット団を気に入ってお世話してるつもりっぽいのがちょっと微笑ましいです。
パワーを考えると全然微笑ましくないのですが。
 ロトム図鑑、図鑑機能だけでなくバトル・ゲットのアドバイスもしてくれる親切仕様。
 アローラのジョーイさんの相棒はハピナスとキュワワー。
 冒頭でツツケラの群れがお店の木の実を結構いっぱい取っていったのに怒らず受け入れてるアローラの人達。
やっぱりこのシリーズは「ポケモンと共生してる」感が描かれていいなあ…と感じます。

  「アシマリ、がんバルーン!」
 スイレンとアシマリの話。
大人しいのでここまであまり目立たなかったスイレンの事をたくさん知れた回でした。
大人しいけど、海と水ポケモンへの愛は人一倍な子で好感度急上昇です。
真面目な子だと思っていたらポケもんだいで「嘘です。」とお茶目な一面も。
ロケット団にキレて「許さない」の時の顔が刀語の七実を彷彿とさせました。
 のんびりしてるモクロー、まさかの水上キテルグマ、イワンコにヤドンとメイン以外のポケモン達も楽しかったです。
スカル団の小者感が好きです。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミミッキュの うらみ

2016-12-08 | ポケモン(アニメ)
 ルビサファ時代のポケモンセンターのショッパーが出てきたので紹介。
XYからの主要キャラがフルカラーで印刷された直球な柄のショッパーもいいですが、
BWまでのこういうシンプル路線なショッパーも持ちやすくて好きでした。

  「よロトしく、ボク、ロトム図鑑ロト!」
 ロトム図鑑とロケット団回。 ロトム図鑑、コミュニケーションが取れたりポケモン図鑑に加えて日常会話も学習できたり、今までにないタイプのポケモン図鑑です。
デコロラ編でオーキド博士がロトムをゲットしてXY編のホロキャスターでずっと博士の相棒をしていたのはこのロトム図鑑への伏線だろうと勝手に予想していたのですが、特に関係なかったのでしょうか…。
中身はロトム(ポケモン)だし、個人的にニャースに次いでポケモンの通訳としても活躍してほしいと思っています。
 少し遅れてアローラ地方にやってきたロケット団。
キービジュアルやOPでも一緒にいたキテルグマ、ミミッキュと早々に出会いました。
2匹はこのままロケット団が正式にゲットするのか、このままいつぞやのプリンやブルーみたいな
「ゲットしてないけど何故かついてくる」ポジションになるのか。
でもこのままだとまともに戦えるポケモンがニャースだけ(しかも技がみだれひっかきだけ)なのでムサシとコジロウにも新しいゲットはしてほしいのですが。
 ミミッキュ。この回を見るまで、「ミミッキュのうた」のような内気で健気で可哀想な、悪い意味であざとい印象だったんですけど、今回登場したミミッキュはまた違う方向に強烈ですね。
ニャースが通訳できるのを逆手にとって何を言ってるのか分からない怖さもあったり。
ピカチュウを恨んでいるわけはいつか明かされるんでしょうか。気になりすぎます。
ロケット団側だけでなくピカチュウにも積極的に絡んでいってほしいです。
 ククイ博士のイワンコがかわいい。ルガルガンも好きなのでシリーズ後半では進化してほしいです。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Zワザ(体験版)

2016-12-02 | ポケモン(アニメ)
  「守り神カプ・コケコ登場!挑戦、オレたちのZワザ!!」
 前半はキャラクター紹介、後半はカプ・コケコとサトシのZワザと今回もわくわくする導入回でした。
テレビ東京系列では1・2話が連続放送だった事もあり、先週第1話を見てからの1週間が妙に長く感じました。
 回し車を回すトゲデマル、寝てるトゲデマルを起こすアマカジ、首の岩をすり付けるイワンコ等ポケモン単体の動きも多くてとても可愛かったです。ポケモンと一緒に生活してる感が出てる。
教室に入りきらないアローラナッシーがドツボでした。あの尻尾やっぱり動くんですね。
 ポケモンスクールの仲間達。しっかり者で料理もできるマオ、知性派お嬢様のリーリエ、
大人しいけど釣り好きだったりアシマリをよく見ていたり動く時は動いてるスイレン、
厳しくも頼れるお兄さんポジションのカキと、バランス良いですね。
(マーマネのキャラがまだ掴めなかったので今回は失礼 オタクっぽい系?)
 歓迎会でそれぞれの手持ちポケモンを紹介してからの、カプ・コケコの指導による初めてのZワザ。
初めてのサトシがいきなり使いこなしてしまうのか…と思っていたらZクリスタルは試供品というオチでした。
これからサトシがZワザを習得していくのが楽しみです。

 サブタイトル画面の仲良しな4匹が可愛い。
 アイキャッチが引き続き「今日のポケモンピックアップ」形式なのが個人的に嬉しいです。
ポケモンはいっぱいいるのでアニメも少しでもちゃんと紹介する部分があった方がいいと思っているので。
 マオ役の上田さん、プリパラでの多彩な演技も見ているので、ぜひマオだけでなくポケモンの鳴き声もいろいろやってほしいです。


 ディアンシー映画の主題歌「夜明けの流星群」が今頃になって気に入ってきたので聴いてます。
映画の主題歌はケルディオの年が個人的に微妙(曲そのものもだけど歌ってる人の普段のキャラとのギャップが)
だったのをきっかけに映画館とCM以外であまり聴いてない年が続いていました。
ここ数年の主題歌も夜明けの流星群みたいにちゃんと聴いてみれば気に入るかもしれません。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アローラ!

2016-11-23 | ポケモン(アニメ)
  「アローラ!はじめての島、はじめてのポケモンたち!!」
 始まりましたサン・ムーン編。
予告などから思っていた通り、今までとはちょっと雰囲気を変えてその分思いっきり楽しそうです。
第1話から新キャラと新旧ポケモンがたくさん出てきてとても賑やかでした。
ナマコブシ、ニャビー、キテルグマにカプ・コケコと早速新ポケモン達が表情豊かでとても楽しかったです。
よく動くところや背景にもモブのポケモンがいっぱい描かれてるところはXY編から受け継いでくれたようで。
本編と同じくよく動く上にとっても楽しそうなOPと、前半で楽しく踊って後半の歌詞でちょっとじんわり来るEDもいい感じです。
 ポケモンライドに始まりポケモンスクール、スカル団、Zワザとサン・ムーンの新要素もいきなりたくさんでした。
今までのシリアスな悪組織もいいですがスカル団の下っ端チンピラ感も面白い事してくれそうです。
ロケット団との絡みとかもあるんでしょうか。
カプ・コケコは伝説ポケモン?にしてはフレンドリーな感じですね。
Zリングはいかにも人間が作ったみたいなアイテムなのでカプ・コケコから与えられるのは意外でした。
 ナリヤ校長がテレビ電話でオーキド博士の事を「ユキナリ」と呼んだのを聞き逃さなかった古参ファン。
にやりとする小ネタでした。

 ゲーム発売の前にアニメが始まるパターンは珍しかったかもしれませんが、
ツイッターなどの雰囲気を見ていると前の夜にアニメが始まっていい感じに空気が盛り上がったところで
0時からダウンロード版開始(パッケージ版は翌朝から)…と、結構いい流れになったと思います。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リルリルロック

2016-11-20 | ジュエルペット・サンリオ
 夏ごろに売っていた、明治のお菓子とSB69のコラボ商品。かわいい。
動物ミューモン形態、中でもグッズなどに結構使われてるこの絵柄はあまりオタク臭がないので
普通にスーパーの売り場に並んでても安全ですね。
キャラクターグッズを使う側としても人間形態とかの絵より使いやすそうで。

 SHOW BY ROCK!!しょ~とアニメに続いて2期を楽しんでおります。
今回も女子バンドは可愛く、男子バンドはかっこよく、+面白く、キャラを見せるのが上手いなあ…と思ってます。
1期以上にメイン5バンド以外のバンドがちょこちょこ出てきてゲームやってる身としてとても嬉しいです。
ドーリィドルチもすたっどばんぎゃっしゅもガウガストライクスもアニメで見れてとても嬉しい…
チョキュルイユに声がついてないとか細かい事はいいのです。
 先にゲームに登場していた2つの新バンドは予想通り2期のストーリーに絡むんですね。
まだ先が読めないですが、1期のクリティクリスタみたいに最後は仲良く平和に終わってほしいなあと思います。
というかそれぞれシンガン(アイオーン)、トラクロとの接点が気になります。
 そしてゲームでもちょこちょこ仄めかされていた、シュウ☆ゾーとロムの過去バンドも明かされてきて驚きです。
ゲームでの扱いはこの先どうなるのでしょうか。


 これも夏ごろにサンリオギフトゲートに行けた時に買った、フェアリルビジューケースとシール
フェアリルビジューケースは可愛いうえにゴージャスそうな見た目の割に1000円しないお値段だったので買ってみたのですが、これに似合う中身がなかなか見当たらないので、まだ空のままです(苦笑)

 リルリルフェアリル 地元で放送されていないのですが、
毎月AT-Xの無料日に見られるので1か月おきぐらいに飛び飛びで見ております。
可愛いフェアリル達とちょっとイイお話が心地いいです。

 あとサンリオ話… シュガーバニーズのアニメが前に1期を見たきりだったので最近2・3期を一気に見てます。
こちらもほのぼの可愛いです。たびうさ・かぜうさはアニメオリジナルでしょうか。
 田村ゆかりさんが歌う3期のOP曲とももうさ・はなうさのキャラソンが可愛いので手元に欲しいです。
シュガーバニーズの曲だけでも何曲かあるのでベスト盤的なのがあったらいいのですが…
やはりサンリオのキャラソン系はなかなか入手経路が少ないので悩ましいです。
けっこう豪華声優陣だというのに。

 歌手の人もですけど高橋剛さんの作るサンリオ曲も、いいんですよね。可愛さと盛り上がりがあって。
キャラソン系もピューロランドのショーの曲もどれも好きです。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どこから来たのかごくろうさん

2016-11-17 | ヤッターマン・タツノコ
 タイムボカン24 http://www.ytv.co.jp/timebokan24/

 2008-2009年のヤッターマンに続く、タイムボカンのリメイクが放送中です。毎週楽しんでおります。
コナンの隣と、放送枠もヤッターマンの時と同じなんですね。
いろいろと、ヤッターマンにはまっていた頃を思い出しながら見ています。
元祖の方のタイムボカンは何年か前にBSで再放送されていたのでその時に結構見ていたり。
三悪…アクダーマの声は夜ノヤッターマンと同じなのでこれからこの3人がずっと三悪キャラを担当するのでしょうか。頑張ってほしいです。
 妖怪ウォッチなどのレベルファイブが関わっていたり監督はジュエルペットサンシャインの稲垣さんだったり、
スタッフの顔ぶれ的にもちょっと注目しております。
ジュエルペットや妖怪ウォッチのぶっ飛びぶりをこちらでもぜひ生かしてほしいなあと。
 カレンがトキオよりちょっと年上設定なのが面白かったりこちらのカレンも木江田博士と思しき人を探している?
と思ったらおじいちゃんというわけでもないみたい?でミステリアスだったり、
各キャラのこれからにも注目です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 キンプリ、プリティーリズムにハマり直してから、平成ヤッターマンの監督でもある菱田さんについて改めていろいろ知りました。ヤッターマンにハマってた頃~プリリズリアタイしてた頃はほんとに名前しか記憶してなかったもので。
ヤッターマンに来る前はサンライズでガンダムとか男児向けにいろいろお仕事されてたそうで、
それを踏まえるとヤッターマンのラスト3話+劇場版のあの男児アニメらしい熱さがとても腑に落ちました。
プリティーリズムもキンプリも同じく男児向けの熱さを感じるところがあるので菱田さんこういうのお得意なのですね。
そういえば平成版ヤッターキングはロボットというかガンダムっぽいなあとかヤッタードラゴンはもしかして魔神英雄伝ワタルあたり意識してたのかなあとか、今になっていろいろ考えてしまいます。
劇場版の悪役だったパ・ズール大臣はプリリズの法月仁と路線がすごい似ていると思います。
 今になって菱田さんによるヤッターマンの裏話をとても聞きたいのですが、当時からそういうインタビューとかは特になかったんでしょうか。監督交代の件とか気になります。

 そもそも私がプリリズADが始まる時に見てみようと思ったのも「あのタツノコプロが手掛ける、今時の女児アニメ」
という点で気になったので、ヤッターマンにハマらなかったらプリリズ、プリパラも見ていなかったかもしれません。
なので今こうしてプリリズRLにハマっているのも元を辿ればヤッターマンにハマっていた時があったからなんですね。
平成ヤッターマン、何気に私のオタク歴において結構重要な作品です。

 平成ヤッターマン監督だった菱田さんのタイムボカン24開始時のツイートを貼っておきます。


 web拍手ポチっとな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よみがえる伝説

2016-11-16 | ポケモン(アニメ)
  「XYZの伝説!」
 サン・ムーン編の前に一休み的な番外編 監督は矢嶋さんとサン・ムーンの富安さんの二人体制
XYZ編でジガルデについてじっくりやってくれたのはとてもよかった反面ゼルネアスとイベルタルは絡ませないのか?
せっかくだからこの2匹も少し出したらいいんじゃないか?…と思っていたので
(2匹は映画に出ましたが主役はディアンシーだったし)
伝説3匹のスピンオフを1本作ってくれてよかったです。
 XYの伝説3匹+デデンネは北欧神話がモデルになっているのでは?という考察を前に見かけた事があるのですが
今回伝説3匹に加えてデデンネも出てきたので余計にそう疑いたくなります。
 パンジーさんはXY直前のデコロラアドベンチャーからサトシに同行してカロスの案内をしてくれたりこうしてXY本編後の番外編にもメインで出てきて、何気においしい役です。
 オーキド博士ホロキャスターはカメテテ。
悪くないけど一番最後がお前かいw今回出てないだろwと突っ込んでしまいました。

 テレビ東京系列ではこの次にもう1本デントとシトロン・ユリーカの番外編がありましたが
私の所を含む一部地域ではこの番外編2話が放送されないようです。
私の所は1話は放送されたのでまだマシな方だったんでしょうか。
サン・ムーン編はテレ東ではいきなり2話連続SPを2週連続でやってその分地方の遅れが開いてしまうので、
番外編を飛ばす事で少しでも遅れがなくなるならそれで…という感じ。

 新シリーズに変わってもアイキャッチやED後ミニコーナーで「今回のポケモンピックアップ」的な事はこのまま続けて欲しいと思います。
あと個人的に、ハリマロンの生天目仁美さんはポケモンの鳴き声などで引き続き出演してほしいです。
普通の人間キャラは勿論、鳴き声とか人外系の芝居も器用にこなせる方だと思っているので。

 さて次からはサン・ムーン編。予告など見る限り本編も主題歌も思いっきり楽しそうです。
最初の3匹にイワンコ、トゲデマル、ヤトウモリ、バクガメスといきなり新ポケモンもいっぱい出るみたい?

Pokémon Generations Trailer
 アメリカの方で制作されたショートアニメです。現在12話まで配信されています。
アメリカ制作といえば前に「戦慄のミラージュポケモン」なんてのもありましたね。
 伝説ポケモンを中心に、ゲームのイベントをシリアスに再現しており
ジ・オリジンみたいにゲームプレイ済の大人ファンにこそ見ていただきたい仕上がりです。かっこいい。
今の所日本語吹き替えも字幕版もないのが勿体無い…(見てれば大体の話は掴めますが)

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アデュー カロス

2016-11-10 | ポケモン(アニメ)
 思い出がいっぱい

  「さらばサトシゲッコウガ!クセロシキの逆襲!!」
 まだ残ってたフレア団。シトロンの最後?の見せ場。ヌメルゴンとお別れ。
そしてサトシゲッコウガとまさかのお別れ。特別なポケモンになってしまった故の措置でしょうか。
ジガルデとサトシゲッコウガと、サン・ムーンのゲームに出る2匹が一緒になったのは、アニメのサン・ムーン編でもまたちょっと出番があるんじゃないかなあ?という気がしてなりません。

  「終わりなきゼロ!また逢う日まで!!」
 実質最終回。各キャラを余すところなく見せてくれて、XYシリーズは最後まで丁寧でした。
冒頭の画面にはり付くピカチュウで初期OPを思い出し、
空港、ピカチュウとホルビーのバトルと第1話を思い出す要素がずるいです。
 手持ちポケモン全員ボールから出してのお別れシーンはよいサービスでした。
ハリマロンとヤンチャム、ホルビーとニンフィアetc いろんな組み合わせで別れの挨拶を交わしているのが感動的でした。みんなたくさん衝突したり戸惑ったりしながらここまで強くなったんだなあ…と感慨深く思えました。
からの、別れたくなくて逃げ出すデデンネとそれを諭すユリーカ。
年齢的に寧ろユリーカが駄々をこねそうな所だと思うのですが、デデンネをしっかり諭すあたり、
ポケモンが大好きなだけでなくおそろしく良くできた子です。ユリーカも旅を通して成長したという事でしょうか。
 セレナからサトシへまさかのキスシーン。最後まで(ポケモントレーナというより)美少女ヒロインしてました。
セレナはこのまま後腐れなくホウエンを旅するのだろうしサトシはいつも通りにぶいし、
どう決着するかと思っていたセレナの片思いも爽やかに終わって良かったです。
サトシとの旅の中でポケモントレーナーとしても、恋する女の子としてもたくさんの事を学べたのでしょう。
こんなシーンで流れる空港内アナウンスが「ラティアス航空」とは、これまたずるい小ネタ。
 ロケット団も今回もうまくサカキ様を言いくるめて、引き続きアローラでも相変わらずでいてほしいです。
ソルロックとルナトーンのキーホルダーがサン・ムーンを暗示させるまたまたうまい小ネタ。
 サトシとシトロンのバトルで二人の固い友情を感じて、
ラストは各キャラのこれからをダイジェストに見せてさらに最初のOP曲に乗せてXYシリーズの名場面集。
まさにXYシリーズの集大成な回でした。

 ミニコーナーは久しぶりのオーキド博士ホロキャスター
XYの目玉なメガシンカもいいけどそこにいるロトムがどうしてロトム図鑑になるのか説明してほしい…

 アニメXYは、毎回作画もストーリーもとても丁寧で大人ファンの目線でも見応えのあるシリーズでした。
監督がポケモン世代だからなのかにやりとできる小ネタも散らばっていたり。
大人ファンにサービスするのもいいですが、妖怪ウォッチという強力なライバルが出てきた事もあり肝心の子供には見てもらえたかなあ?というのが少し気がかりです。
なので、XYの丁寧さも良かったですがサン・ムーンでは思いっきりギャグに振った路線ではじけてほしいです。
 セレナの動かし方だけはちょっと、「ポケモントレーナー」というより「ただの美少女ヒロイン」
だったなと思います。セレナは可愛く描かれていたと思うけどセレナよりもポケモンを目立たせてほしいんだけどな…という感じが。
ポケモンを可愛く着飾って踊らせたいだけならやはりトライポカロンの規模をもっと小さくしたらよかったと思います。

 何週間か前から、毎週アニメの時間に早くもZリングのCMが流れています。
妖怪ウォッチよろしくゲームとがっつり連動するおもちゃだし、気合の入りようがうかがえます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホワイトプレイ記

2016-11-02 | ポケモン(ゲームプレイ記録)
 こんなDSでやっています。
夏にポケセンで買った♀主人公&ツタージャ(ゲームの自分と同じ組み合わせ)のステッカーを何とか貼り付けました。

 久しぶりのポケモンホワイトプレイ記事です。先日フキヨセジムを突破しました。
サン・ムーンが出る前に終わらせて少しでもXYをリアルタイムでやりたい…とぼんやり思っていたんですけど、このペースではちょっと厳しいかも。

 スカイアローブリッジ、ヒウンシティ、ホドモエの跳ね橋、タワーオブヘブンの階段と、立体感が格段に進化していて感動しちゃいます。科学の力ってすげー。
 秘伝じゃない技マシンも使い放題になったのは便利ですね。いろいろ使えていいです。
 きのみがゲーム内で育てられなくなったのは個人的に残念です。
PDWは行かずじまいなので想像するしかないですが、多分ゲーム内で育てるよりも効率良くなかったんじゃないかと思います。
 ライモンシティでのベルとベル父のイベント。
何となく危なっかしい所があるベルが父親と真面目に向き合ってて、ぐっと来ました。
アニメ版ベルのあのキャラも好きなんですが、このゲーム版ベルに先に慣れてしまってた人的にはアニメ版ベルは残念な改悪に思えただろうなあ…とやっと分かりました。

 フキヨセ前後で進化ラッシュを迎えたので記念撮影

 ホドモエ前後で育てた子達
 毒、草、電気タイプが多かったので香辛料っぽいNNで統一してみました。記念撮影。
見づらいかもしれませんがハバネロはフシデ、ハジカミ(山椒)はバチュル、シソノスケはアーケンです。

 お菓子屋さんで出会ったクッキー
 BWっぽいメッセージとツタージャっぽい緑色を見て思わず買ってしまいました。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヴィランズ ハロウィン

2016-10-31 | ポケモン(その他・総合)
 ゲーム売り場で配布されていたサン・ムーンの小冊子
新ポケモンがかなりたくさん載っているし(多分発行の時点で発表されてる新ポケモン全員載ってる?)
他のゲーム情報もいろいろ取り上げられていて無料配布物にしては読みごたえあります。
公式サイト行けばいくらでも情報は見られるのですが、紙媒体が見やすいのです。

 いろんなポケモン話。

 「敵組織がポケモンセンターを占拠!? 「ポケモンセンター占拠計画」の開催期間延長決定!」
http://www.pokemon.co.jp/info/2016/09/160902_p01.html
 最近ツイッターの方でこれのレポートをよく見かけるのですが、なかなか楽しい事になってるみたいです。
悪ボスの皆さんのなりきりぶりがすごいみたいで、すぐ行ける距離だったら私もちょっと行ってみるのに…と思います。
各ボスのファンの人も小さい子も楽しめる、よい企画です。
 悪役の皆さんのなりきり度や、なりきるだけでなくポケセンに来た人と積極的にコミュニケーション取ろうとする姿勢なあたり、去年から某テーマパークで話題になってる某悪役のイベントとなんだかかぶって見えますね。
ハロウィンも近いし時期的にも。もしかしなくても参考にしたのかも?

 ピカチュウとミミッキュのPOKEMON HALLOWEEN http://mimikkyu.pokemon.co.jp/
 サン・ムーン発売まで1か月近くもあるのですがハロウィンに合わせてなのかミミッキュのイベントが。
前のポケモン記事でも言いましたが、今まで新ポケモンのグッズ発売などは基本ゲームが出てからだったと思うので(トゲピーとかアニメに先行登場したポケモンは例外)ずいぶんプッシュするなあ…と思って見ています。
時期が早いのもですが、「友達が欲しくて人気のあるピカチュウの真似をしている…」と元々設定があざといと思っていたところに「そんなミミッキュにお友達を作ってあげよう」と同情を誘うようなプッシュの仕方がこれまたあざといな…
と思いながら見ています。
ミミッキュのメタ的な設定自体は面白いと思ってるので、アニメとかいろんなメディアで面白く使ってほしいです。

 「ポケモンセンターに、クリスマス&ウィンターグッズが登場!」 http://www.pokemon.co.jp/info/2016/10/161021_p02.html
 「ポケモンセンターに、お正月グッズが登場!」 http://www.pokemon.co.jp/info/2016/10/161028_p01.html
 今年も来ましたクリスマス・お正月グッズ。今年も可愛いですね。
こちらもゲームより先に出る新ポケモンのグッズとなります。
クリスマスを迎える頃にはゲームが出ているので逆に新ポケモンを入れておかないとな感じですが。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加