みどりの森ノート

アニメなどの話題やイラスト。ポケモン、刀語、動物キャラ作品など。ポケモン(アニメ)の感想更新してます。

クリスマスの魔法

2017-02-19 | ジュエルペット・サンリオ
恋ダンスらしきもの


 リルリルフェアリルのクリスマス回でなんとジュエルペットとの共演があったそうで。
レンタルなどでちゃんと観れるのがとても楽しみです。
思い返せば映画の時にジュエルペットとマイメロの共演が実現しているので、今回また新しいキャラとのコラボが繋がったの、めでたいです。
 YouTubeにあるジュエルペットあたっくちゃんすも見ました。 アニメの放送もおもちゃ販促も終わった後のタイミングで公式の意図がちょっと分からないのですが、ジュエルペットの作品を少しでも残してくれて嬉しいです。
リルリルフェアリルのアニメでプチ復活できて、よかったね。

 SB69アニメ 今頃になりましたが2期もお疲れ様でした。
1期以上にいろんなバンドをアニメで見れたし、ラストは今回も平和に終わって良かったです。
クライマックスの5バンド大合唱は感動ものでした。ぜひどこかのCDに収録してほしいです。
 動物ミューモン形態が好きなのでEDや次回予告、最終話のシアンの歌を聴くミューモン大集合が可愛かったです。
アンゼリカさんのミューモン姿もやっと見る事ができました。ゲームにも逆輸入希望です。
そしてアイオーンとアイレーンの兄妹もゲームでもぜひ絡みが見たいです。
 SB69、ゲームもまだまだ続くしこれからもいろんなキャンペーン展開などが待っているようで、
まだまだ公式に振り回される事になりそうです。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

酉と魚

2017-02-16 | その他・日記
 今年の年賀状に使った絵を公開します。鶏とひよこと郷土玩具。
鶏をもっふりこんもりに描けたので気に入ってます。まわりの子達も。

 そして 12月に水族館に行く機会があったのでちょっとお写真。
付き添いの名目で行ったので100%自由には回れませんでしたが、楽しんできました。海はいいね。
地方民なのもあって動物園や水族館になかなか行く機会がないので、もっと行ってみたいです。


 ハンモックに入ってるのはカワウソ(コツメだかユーラシアだか忘れた)

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

酉年絵と冬の感想(TV)

2017-02-12 | その他作品
 2月も半ばですが、毎年恒例の干支キャラ集合絵を描きました。

(ポケモン)アチャモ、バシャーモ、ホウオウ
(プリティーリズム、プリパラ)ペンギン先生、ラブリン、トリコ
(刀語)真庭鳳凰
(ヤッターマン(リメイク版))ヤッターペリカン (タイムボカン24)ペラリーノ
(ジュエルペット)シトリン
(あにゃまる探偵キルミンずぅ)木島タマオ

 ペンギン先生の横に顔を出しているのはプリティーリズム3シリーズ+プリパラ皆勤賞のユニット・ビーフ&チキン&フィッシュのチキンさんです。本名は酉子さん。
キンプリからハマり直す前は(というかこれを描く直前まで)ほぼモブのこのキャラをカラーで描く日が来るなんて思ってませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 最近のアニメ感想

 秋アニメはヘボット!、ユーリ!!! on ICE、刀剣乱舞花丸あたりを楽しんでおりました。
花丸はゲームをやっているともうキャラが喋って動いてるだけですごい嬉しかったですね。
ゲームのネタもいろいろ拾われていたり、審神者の視聴者的にはたいへん良い出来のアニメ化だったと思います。
ヘボットはスタッフの皆さんが心配になるレベルに毎週ぶっ飛びまくりで、息切れしない程度にこのまま飛ばし続けてほしいです。
 冬アニメはリトルウィッチアカデミア、昭和元禄落語心中、四畳半神話大系(再放送)に注目中です。
あとNHKの再放送でエヴァンゲリオンを今頃になってちゃんと見ています。
最近NHKが過去のヒット作をいろいろ再放送してくれてるのでラブライブ、進撃の巨人など今まで見そびれていたアニメを見る機会に恵まれて助かっています。このままこれからもいろんな再放送をしてくれるととても有難いです。

 2月なのでプリキュアも新しいシリーズにバトンタッチの季節ですが
今年はお菓子×動物という可愛いの鉄板な組み合わせで、例年以上にときめいております。楽しみ。
プリキュアが(ほぼ)全国ネット放送で良かった…とつくづく思います。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

刑事グース

2017-02-09 | ポケモン(アニメ)
  「出るかZワザ!大試練への挑戦!!」
 今までのジム戦に代わる大試練。Zワザも成功して熱いバトルでした。
モクローの微笑むような寝顔が和みます。
前回のED後パートでジュンサーさんにスカウトされていたデカグースが早速登場。
これからジュンサーさんと一緒に定期的に出てくるんでしょうか。

  「サトシ、カキんちに行く!」
 カキの当番回。家の様子や牧場の手伝いを見せて好感度を上げてきたと思えば妹に甘すぎる意外な一面も見えたり、
さらにカキがZワザを使う事になった話も明かされたりとカキの掘り下げをじっくり見れました。
2話あたりでカキが登校前に配達をしてきたと言っていたり第1話と同じメンバーのスカル団を第1話と同じカキとサトシで倒したり、何気に序盤の伏線が回収されて上手いと思いました。
 サトシのZワザ修行も順調のようです。
第1話のスカル団戦ではカキだけZワザを使ってたのが今回はサトシのZワザで倒してたのもいい対比でした。
 サトシのモクローが寝てばかりいるので「お、今回は寝てないな」と考えるようになってきました。

 ちょっと中途半端なタイミングですが今年の映画の話。
今までとがらりと路線を変えて、一番最初のお話をやるようですね。
ポケモン映画は伝説ポケモンの配布、配布ポケモンを2匹も3匹も主役にして全員目立たせないといけない、などのノルマが毎年ありそれによって映画の内容も大体毎年テンプレに縛られている感があったし、
(去年のボルケニオンはそこそこ面白く作られていたと思う)
実際数字も配布ポケモンに頼っても下がる一方だったようなので、この辺で大きく改革するのはありだと思います。
ポケモンファンにもファミリー層にもポケモンの配布に関わらず内容で観たいと思わせてくれる映画を期待します。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の感想(映画編)

2017-02-03 | その他作品
ポッピン族はタドナが可愛いです。


 1月のうちにアニメ映画を3本観たので感想を書いておきます。
最初の2本はちょっと辛口多めになってしまいましたが、面白かったです。(念)

  「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」
 今回一番の目玉だった実写パート。アニメとのギャップを積極的にネタにしたり面白かったです。
CGでももっちもちのコマ母ちゃんとか好きです。
ただそれ以外の要素はちょっと物申したい事が。
 ゲスト以外の妖怪がほとんど“いつものメンバー”で、舞台もさくら町の中だけなのがちょっと物足りなさを感じました。
1作目とかほんとにいっぱい妖怪出してた分余計に。
キュウビとオロチはせっかくかっこよく戦ってたのにヒカリオロチ・ヤミキュウビになった途端退場してたのも、
ギャグのつもりなのかもしれないけど惜しかったです。そこはかっこいいバトルを貫いてほしかった…
 そしてゲストの女の子・カナミに焦点が当たりすぎて、カナミのシーンが多いのにあまり感情移入できない。
個人的には好きだし応援したくなる子だと思ったんですけど、ぽっと出のキャラなのでカナミのシーンだけ妖怪ウォッチじゃない別の作品を見てるような感覚になってしまいました。好きなんだけど。
 まあまあ面白かったけど、前2作がとても良く出来てたのもあって今作はちょっと評価低めになりそうです。(個人的に)
 あと、同時上映のスナックワールドがミュージカル仕立て&王道ストーリーで地味に面白かった。

  「ポッピンQ」
 キャラクターもみんな可愛いし時の谷のファンタジーな感じも良いしCGのダンスシーンも綺麗でした。
歌もどれも明るくて好きだしストーリーは王道の少女の成長物語。
素材はとてもいいなと思ったんですけど、内容も宣伝も子供向けかオタク向けかで中途半端になってると感じました。
 これはTVシリーズでじっくりやるか、もっとそぎ落として思いっきり子供向けにしたらとても面白くなったのではと思います。映画1本でやるにはヒロイン5人(それぞれ悩み持ち)は多すぎると思いました。
映画1本でやるならヒロインは伊純と沙紀ぐらいで十分だったと思います。
 ポスターも子供向けにしてはシリアスそうだったりオタク向けにしては子供っぽかったりで、
これ見ても子供とその親は選ばなそうだなあ…という感じ。
小さい子もですがヒロイン達と同じくらいの思春期の子にも見てほしい内容だと思ったのですが、
それぐらいの子も映画見るにしても「君の名は」とかを選んでもこれは選ばないだろうなあ…
 「こうすればもっと良くなったのに」というのがはっきり見えてる分、とても勿体無いアニメだと感じました。

 妖怪ウォッチもポッピンQもダメ出しばかり書いてしまいましたが面白かったか駄目だったかと言われれば面白かったので、これ読んで見るのやめようかと思った人はそのまま見てください。

  「この世界の片隅に」
 すずさんの人生に笑ったり泣いたりときめいたり。各メディアで話題になっているのも納得のとてもよい映画でした。
ぎりぎりの状況で製作、小規模で公開し始めて徐々に評判が広がりやがてすっかり話題の映画へ…というヒットの流れがキンプリと似ているのでどうしてもお仲間意識的なものを感じてしまいます。(内容的には全然違うけど)
キンプリよりもずっと一般向けのよい映画なので、このままたくさんの人に見てほしいと思えます。
 アニメや洋画の芸能人声優には厳しいのですが、これはなんか、受け入れてしまいました。
のんさんのあの喋りが映画にすっかり馴染んでいました。
 そして 刀語の七花ととがめが好きな人間なので、周作さん(細谷佳正)がとてもかっこよかったです。
声もキャラも七花が好きな人間にはたまらない男性でした。
とうしても刀語と重ねてしまいそうになるのですが、すずさんと周作さん(細谷佳正)が結婚して愛し合って生きていく様子を見ているとほんとに、よかった…となります。

 すっかり話題作になってこの映画の片渕監督の関連作品も名前があがるようになってきてるので、
ここで世界名作劇場・名犬ラッシーがどこかで再放送されたりしないかな…とちょっと望みをかけていたり。
そして同じく世界名作劇場のロミオの青い空が関東で再放送が始まって結構話題になってるようなので、嬉しく思っています。(本音を言うと私も見たいのですが。)

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

がんばリーリエ

2017-01-29 | ポケモン(アニメ)
 UFOキャッチャーで取れたおやすみミュウ 抜群の可愛さです。
ポケモンのUFOキャッチャー景品はいつも可愛いぬいぐるみとか続々出ていていろいろ欲しくなるのですが、
妖怪ウォッチが流行り出してからポケモンの景品が割を食うようになって前ほど置かれなくなってるのが悩ましいです。

  「タマゴ係はだ~れだ?」
 みんな大好きリーリエ回
ポケモンに触るのが怖いだけで、ポケモンの知識はたくさん持っているしポケモンのぬいぐるみも本もたくさん持っているし庭に野生のポケモンを呼んで遊ばせるほどポケモンが好きな子なんですね。
見た目の可憐さだけでなく、今回の真摯な姿を見てとても応援したくなりました。
リーリエがまたポケモンと触れ合えるようになるまでを卵を育てながらじっくり丁寧に描いてほしいです。
 リーリエの家族写真にはゲームでもおなじみのルザミーネとグラジオが写っていたので
この人達の話もいずれ掘り下げられるのが楽しみです。
 冒頭のハイテンションなトゲデマルがかわいい。ぼーっとしてる率が高いモクロー可愛い。
卵を襲おうと侵入してきたヤトウモリといい、やっぱり今作のポケモンは「生き物」してていいなあと思います。

  「ぬしポケモンはデカグース!」
 ゲームはまだやっていないので今までのジム戦に代わるシステムはまだいまいち分からなかったり。
これからアニメと一緒に覚える事になりそうです。
 ハラさんの試練 コラッタ達をただバトルで倒すのではなく(最終的にそういう方向になってはいたけど)
人とポケモンが共生するためには…という方向に考えさせるの、現実の動物の問題ともリンクしていてやっぱりこのシリーズのポケモンは「生き物」しているな…と今週も思いました。
アローラ図鑑の文章もなんか今までより生々しい感じですよね。
大群で食べ物を食い荒らすコラッタ達がいかにもねずみという感じで、良かった。
ボールから出されてもじっと寝ているモクローもピカチュウ大好きハイテンションなトゲデマルも可愛いし。
ポケもんだいで欄から余裕ではみ出すアローラナッシーには笑った。
 第1話のカプ・コケコはZリングをどこから持ってきたんだと思っていましたが、そういう事だったんですね。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-01-23 | 刀語


 竹さんから待ってましたの刀語の新規絵です。しかもお仕事とかでなくご自分の意志で描かれたそうで。
何年経っても魅力的な七とがを描いてくれて、とても嬉しいです。
 刀語の原作が出てからこの一月で十周年を迎えたわけなのですが 今までファンの有志の間でだけ言われていたので竹さんがどなたかの呟きをご覧になったんだろうか…と勝手な想像をしていたり。
このツイートに公式アカウントも反応していたりするのでここから公式側に話が広がっていったらいいなあ…などとこっそり考えていたり。
 ツイッターを見ているとこの竹さんのツイートにたくさんのリプライがついていたりこれがきっかけで刀語十周年を祝う呟きやイラストが急増していたりして、刀語の話題が広がっていてとても嬉しいです。


 ポケットモンスター サン/ムーンのキャラクター原案に我らが竹さんのお名前が載っています。
アニメのEDに竹さんのお名前があるのでもうずっと気になっていたところで、描き下ろし絵つきで発表してくださってとても高ぶりました。ポケモン公式で公開されてるイラストからずっと目を付けていたエーテル財団職員に、
他にもエーテル財団のキャラをデザインされていたのですね。
たぶん設定画的なものが存在すると思うので攻略本か何かに収録してほしいです。とても見たい。
 竹さんもポケモンもどちらもとても好きなのですが(だからこそ?)竹さんがポケモンというビッグタイトルにやってきたの、かなりびっくりしました。何故だか。
でもこれでポケモン経由で竹さんの絵が知られたり刀語やI can Friday by day!に興味を持つ人が出てきてくれたらいいなあ…と思います。
 竹さんのポケモンのイラストを見てみたいです。というかそのうち本当にポケモンカードとかのお仕事も来たりして?

 先にツイッターの方に載せていた酉年記念絵
 にわとりやひよこと触れ合う容赦姫はとっても可愛いと思います。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トゲデマルとニャビー

2017-01-12 | ポケモン(アニメ)
 今年も当ブログをよろしくお願いします。酉年。
ポケモンの酉年イラスト見てると、純粋なにわとり系のアチャモやバシャーモよりも新作のモクロー率が高くて人気を感じました。他にもにわとりにこだわらずホウオウや好きな鳥ポケモンをチョイスされてる方もいて。
カプ・コケコ率も高くて意外でした。
新作の重要キャラだし、浮いてるしそういえば名前がぴったりなのでなるほどという感じ。

  「びりびりちくちくトゲデマル!」
 ポケもんだい ポケモンに関する問題ばかりじゃないんですね。
 冒頭でサトシが着てたTシャツ、初代ゲームで水ポケモンとかに使われてたアイコンですね。
冒頭で家事をやるサトシが新鮮。いままでずっと旅してたし家事はタケシやデントやシトロンが担ってましたからね。
白衣を一枚一枚洗濯機に入れるだけの動作が妙に笑える。
 今回はマーマネ&トゲデマル回。トゲデマルの生態や性別が分かって可愛かったです。
マーマネは気難しそうな所もありますがサトシと協力し合う所が見れてよかったです。
 キテルグマの運動能力が今回もやばい。これからずっとこんな感じなんでしょうか(笑)
 うとうとしていたりリュックに入るモクローがかわいい。あまり動かない描写が多いですがフクロウだしこんなもんなんでしょうか。

  「市場の風来坊ニャビー!」
 冒頭でニャビーが出てきたところでナレーションが「…このポケモンの名は。」と入るの、話題の某映画がよぎってしょうがなかった。
 第1話からちらちら出ていたニャビーがやっと本格登場。
この回でゲットするとばかり思っていたけどもう少しいろいろありそうです。
サトシは今回はゲットを諦めたけど明らかにフラグは残っているし、ムーランドおじいちゃん(だかおばあちゃんだか)のあまり先が長くなさそうな感じも引っ掛かるし、
ニャビーをゲットするまでに結構ドラマが展開されそうで、楽しみです。
 屋台のおばちゃんがニャビーの数少ない理解者で、地味にいいキャラしてました。
 ペルシアンの猫かぶりもさすが、お見事。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひていクリア(蒐集完了)

2016-12-29 | 刀語
 ひていクリアありがとうございました。(深々) 姫様が主役。

 すっかり今頃ですが、映画 傷物語の9月初めの入場者プレゼントだったひていクリア、しっかり入手しておりました。
現代にやってきてバカンスを楽しむ否定姫がひたすら微笑ましいお話でした。
江戸時代からやって来たとは思えないあんな事やそんな事をやらかす否定姫とそれに振り回されながらも真摯な対応をする阿良々木くんがひたすら面白くて。否定姫の束の間のバカンスに付き合ってくれた阿良々木くんにも感謝で一杯です。
 初対面の阿良々木くんとの会話の中にも不愉快な女や右衛門左衛門の事をちょこちょこ織り交ぜてくるあたり、
やっぱりこの人達は否定姫にとって「身近な人」だったんだなあというのがうかがえてたいへん満足です。
 内容とは別に気がかりだった、久しぶりの刀語で西尾さんが設定とかいろいろ間違ってしまわれないかという点も
問題ないようで読んでて安心できました。それどころか予想以上に刀語のキーワードが散りばめられていて、
刀語ファン必読ものでした。
 原作が書かれてから約10年(!)、アニメから6年、ノイタミナの再放送からも3年が経っているのに
こうして刀語の新作が新しく書かれたの、ほんとに嬉しいです。しかも予想以上のボリュームで。
これだけのものを書いてくれた西尾さんにとっても感謝です。

 物語シリーズの方はちゃんと見れていないのですが、特典だけもらって帰る…という勿体無い事はしないで映画も観てきました。さすがシャフトだなあ…と思えるアニメでした。

 
サンリオのリルリルフェアリル化。
他のジャンルでキャラをフェアリル化したイラストをちょこちょこ見かけたので、つい…
こんな妖精が出てくるアニメが土曜朝に放送されてる世界線に行きたいです。

 ポケモンのミミッキュ×七花 キュ刀流
絵柄的に合いそうな気がしたので、つい。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4DX

2016-12-27 | プリティーリズムRL
 11月11日の誕生日に合わせて描いてみたべる様
この子はやっぱりとびきり美少女に描かなければ…と念を込めながら描きました。
美しくて努力家なカリスマキャラ・べるはそんなにハマってなかったリアルタイム時から好きだったので、やっとちゃんと描く機会ができて良かったです。
そして周りにはべるに愛を向ける仲間達。彼女の中にも周りにも、愛は溢れているのです。

 行きそびれたままになっていたキンプリ4DXの機会がめぐってきたので行ってまいりました。
最寄りの映画館のキンプリは7月に終了していてその時「これで映画館で観るのは最後か…」と思っていたら
9月のイベントのライビュに上映が組み込まれていてそこで「今度こそ映画館では最後か…」
と思っていたら12月になってこうして4DXを観る機会にめぐまれました。
何だかんだ数か月おきに映画館で観る機会にめぐまれています。
 4DX。話には聞いてましたがひっきりなしに座席が揺れる、水が出る、風が出る、シャボン玉が出る、いい香りが出る…
とまるで遊園地のアトラクションでした。どの効果も場面にぴったりで、楽しかったです。
当然のように応援上映で、久しぶり&ちょっと遠距離だったので赤いペンライト1本だけ持って行ったんですが
初めてだったのもあって揺られながらペンライトをを振るのはなかなか苦労しました。
個人的に4DXで見るなら通常上映で十分かなあ…?と思ったり。
でも周りのお姉さん方は普通に応援していたのでさすがエリート力を感じました。
「ありがとう」「お疲れ様」「アンコール」と気持ちいい言葉のたくさん言えた応援上映でした。
 私がキンプリを見るようになったのは春~夏だったのでこんな寒い日(しかも雪降ってた)のキンプリって新鮮だったんですけど、公開当初~人気に火が付き始めたのって真冬だったんですよね。
 もう公開から1年が経とうとしているとは。
そしてこういう期間限定などでいまだに上映する映画館が絶えないとは。やっぱり嬉しいです。
突破クリエイティブアワードなんてものも受賞したそうで、めでたいです。

 キンプリのために足をのばしたのでそのままプリズムストーン店舗でレインボーライブ女子のグッズを買い
プリティーリズム筐体も遊んできました。筐体の中で踊る女の子達がやっぱり可愛いです。
 これまでに買ったなるちゃんアクキー

 プリリズRLのブルーレイ発売もあって、NewTypeで夏と今月の2回、ヒロイン達のかわいい描きおろしイラストが付きました。当然買いました。
キンプリではなくRLの描きおろし絵が今年になって付くの、すごい嬉しいです。
ブルーレイ記念と、やはりキンプリのおかげですね。
声優さん達のインタビューも愛が詰まっていて嬉しかったです。

 レインボーライブもいいですが、オーロラドリームの歌もちゃんと聴いてみるといいなあ…と思える今日この頃です。
あとAD、いま改めて見ると冒頭ナレーション~OPの入りがかっこいい。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポケモンセンタートウホクレポ 2016.12

2016-12-24 | ポケモン(その他・総合)

 店内にあったクリスマスツリー
店員のお姉さんが定期的に「アローラ!」と挨拶していてアローラな雰囲気が出ている店内でした。


「アローラロコンとゆきまつり」 記念ショッパー
サッポロ店リニューアル記念イラスト。とても可愛いので何かグッズ買いたかったのですがクリアファイルなどはもう売り切れていました。代わりにこのショッパーが貰えました。


 同シリーズ もちむにぬいぐるみ リーフィアの雪うさぎ
売り場で見て一目ぼれ。名前の通りもちもちむにむにで、たまりません。ピカチュウとグレイシアと3種類ありました。

 「お正月2017」 年賀状
 今年のお正月グッズ。伝説2匹のハワイアンな絵とピカチュウ御三家のかわいい絵です。
ピカチュウのポケセン商品は最近服を着たり他のポケモンの着ぐるみを着たものが多いですがここでもダルマッカになっています。よく見るとはずんでるのが可愛い。
個人的には干支にちなんだポケモンも少し入れてほしかったなと思います。アイテムの模様とかでいいから。

 「Welcome to Alola!」 ポストカード
 サン・ムーン記念の素敵イラストです。このイラストのグッズの他にゲーム内に出てくるアイテムのグッズも早速あったみたいで、ゲームやってる人は欲しくなりそうだな、と思いました。


 「トロピカルタイム」クリアファイル
早くも入学シーズン用の文房具が。このピンク系のと青色系の2パターンがありました。
他にもいろいろ文房具が出ていました。


 今回のお菓子
ハワイっぽいロゴっぽいデザインが決まってます。クッキーもポケモンのプリントがあって可愛い。
他にもサン・ムーンのお菓子がいくつか出てました。

 クリスマス商品も狙っていたのですが、もう目ぼしいものは売り切れていたので諦めました。

「Bottle of Confetti」缶入りシール
 ポケセンではなく地元のセブンイレブンで買ったのですがポケセンブランド商品なのでついでに。
デザインもポケモンのチョイスもかなり可愛くて好みです。今の時点で公式サイト等に載ってなくて、
ツイッターで人様の写真を見て初めて知りました。セブンイレブン限定みたいです。
アクリルキーホルダーもありました。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モクローとアシマリ

2016-12-22 | ポケモン(アニメ)
  「モクロー登場!アローラでポケモンゲットだぜ!!」
 サトシのアローラ初ゲットは、発売前から人気のモクロー。
無邪気でおっとりでモフモフで可愛いです。サトシのリュックに入るのが好きという萌えポイントまで。
ずっとアニメで見てみたいと思っていた首がくるくる回るところも期待通り可愛いです。
 ドデカバシ一家もよいゲストキャラでした。
ツツケラの進化形のケララッパとドデカバシは今の時点でまだ公式サイト等に載ってないのでゲームで出会った人しか知らない事になるのですが、アニメにさらっと出てしまいましたね。ちょっと驚きでした。
 前回ミミッキュとキテルグマを見た時はこのまま素直にロケット団にゲットされるのか分からなかったのですがミミッキュはあっさりゲットされました。このまま素直にいう事をきくのか…ゴージャスボールに入ったという事は
ロケット団によく懐いてうまくやっていくのでしょうか。
キテルグマはロケット団を気に入ってお世話してるつもりっぽいのがちょっと微笑ましいです。
パワーを考えると全然微笑ましくないのですが。
 ロトム図鑑、図鑑機能だけでなくバトル・ゲットのアドバイスもしてくれる親切仕様。
 アローラのジョーイさんの相棒はハピナスとキュワワー。
 冒頭でツツケラの群れがお店の木の実を結構いっぱい取っていったのに怒らず受け入れてるアローラの人達。
やっぱりこのシリーズは「ポケモンと共生してる」感が描かれていいなあ…と感じます。

  「アシマリ、がんバルーン!」
 スイレンとアシマリの話。
大人しいのでここまであまり目立たなかったスイレンの事をたくさん知れた回でした。
大人しいけど、海と水ポケモンへの愛は人一倍な子で好感度急上昇です。
真面目な子だと思っていたらポケもんだいで「嘘です。」とお茶目な一面も。
ロケット団にキレて「許さない」の時の顔が刀語の七実を彷彿とさせました。
 のんびりしてるモクロー、まさかの水上キテルグマ、イワンコにヤドンとメイン以外のポケモン達も楽しかったです。
スカル団の小者感が好きです。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミミッキュの うらみ

2016-12-08 | ポケモン(アニメ)
 ルビサファ時代のポケモンセンターのショッパーが出てきたので紹介。
XYからの主要キャラがフルカラーで印刷された直球な柄のショッパーもいいですが、
BWまでのこういうシンプル路線なショッパーも持ちやすくて好きでした。

  「よロトしく、ボク、ロトム図鑑ロト!」
 ロトム図鑑とロケット団回。 ロトム図鑑、コミュニケーションが取れたりポケモン図鑑に加えて日常会話も学習できたり、今までにないタイプのポケモン図鑑です。
デコロラ編でオーキド博士がロトムをゲットしてXY編のホロキャスターでずっと博士の相棒をしていたのはこのロトム図鑑への伏線だろうと勝手に予想していたのですが、特に関係なかったのでしょうか…。
中身はロトム(ポケモン)だし、個人的にニャースに次いでポケモンの通訳としても活躍してほしいと思っています。
 少し遅れてアローラ地方にやってきたロケット団。
キービジュアルやOPでも一緒にいたキテルグマ、ミミッキュと早々に出会いました。
2匹はこのままロケット団が正式にゲットするのか、このままいつぞやのプリンやブルーみたいな
「ゲットしてないけど何故かついてくる」ポジションになるのか。
でもこのままだとまともに戦えるポケモンがニャースだけ(しかも技がみだれひっかきだけ)なのでムサシとコジロウにも新しいゲットはしてほしいのですが。
 ミミッキュ。この回を見るまで、「ミミッキュのうた」のような内気で健気で可哀想な、悪い意味であざとい印象だったんですけど、今回登場したミミッキュはまた違う方向に強烈ですね。
ニャースが通訳できるのを逆手にとって何を言ってるのか分からない怖さもあったり。
ピカチュウを恨んでいるわけはいつか明かされるんでしょうか。気になりすぎます。
ロケット団側だけでなくピカチュウにも積極的に絡んでいってほしいです。
 ククイ博士のイワンコがかわいい。ルガルガンも好きなのでシリーズ後半では進化してほしいです。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Zワザ(体験版)

2016-12-02 | ポケモン(アニメ)
  「守り神カプ・コケコ登場!挑戦、オレたちのZワザ!!」
 前半はキャラクター紹介、後半はカプ・コケコとサトシのZワザと今回もわくわくする導入回でした。
テレビ東京系列では1・2話が連続放送だった事もあり、先週第1話を見てからの1週間が妙に長く感じました。
 回し車を回すトゲデマル、寝てるトゲデマルを起こすアマカジ、首の岩をすり付けるイワンコ等ポケモン単体の動きも多くてとても可愛かったです。ポケモンと一緒に生活してる感が出てる。
教室に入りきらないアローラナッシーがドツボでした。あの尻尾やっぱり動くんですね。
 ポケモンスクールの仲間達。しっかり者で料理もできるマオ、知性派お嬢様のリーリエ、
大人しいけど釣り好きだったりアシマリをよく見ていたり動く時は動いてるスイレン、
厳しくも頼れるお兄さんポジションのカキと、バランス良いですね。
(マーマネのキャラがまだ掴めなかったので今回は失礼 オタクっぽい系?)
 歓迎会でそれぞれの手持ちポケモンを紹介してからの、カプ・コケコの指導による初めてのZワザ。
初めてのサトシがいきなり使いこなしてしまうのか…と思っていたらZクリスタルは試供品というオチでした。
これからサトシがZワザを習得していくのが楽しみです。

 サブタイトル画面の仲良しな4匹が可愛い。
 アイキャッチが引き続き「今日のポケモンピックアップ」形式なのが個人的に嬉しいです。
ポケモンはいっぱいいるのでアニメも少しでもちゃんと紹介する部分があった方がいいと思っているので。
 マオ役の上田さん、プリパラでの多彩な演技も見ているので、ぜひマオだけでなくポケモンの鳴き声もいろいろやってほしいです。


 ディアンシー映画の主題歌「夜明けの流星群」が今頃になって気に入ってきたので聴いてます。
映画の主題歌はケルディオの年が個人的に微妙(曲そのものもだけど歌ってる人の普段のキャラとのギャップが)
だったのをきっかけに映画館とCM以外であまり聴いてない年が続いていました。
ここ数年の主題歌も夜明けの流星群みたいにちゃんと聴いてみれば気に入るかもしれません。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アローラ!

2016-11-23 | ポケモン(アニメ)
  「アローラ!はじめての島、はじめてのポケモンたち!!」
 始まりましたサン・ムーン編。
予告などから思っていた通り、今までとはちょっと雰囲気を変えてその分思いっきり楽しそうです。
第1話から新キャラと新旧ポケモンがたくさん出てきてとても賑やかでした。
ナマコブシ、ニャビー、キテルグマにカプ・コケコと早速新ポケモン達が表情豊かでとても楽しかったです。
よく動くところや背景にもモブのポケモンがいっぱい描かれてるところはXY編から受け継いでくれたようで。
本編と同じくよく動く上にとっても楽しそうなOPと、前半で楽しく踊って後半の歌詞でちょっとじんわり来るEDもいい感じです。
 ポケモンライドに始まりポケモンスクール、スカル団、Zワザとサン・ムーンの新要素もいきなりたくさんでした。
今までのシリアスな悪組織もいいですがスカル団の下っ端チンピラ感も面白い事してくれそうです。
ロケット団との絡みとかもあるんでしょうか。
カプ・コケコは伝説ポケモン?にしてはフレンドリーな感じですね。
Zリングはいかにも人間が作ったみたいなアイテムなのでカプ・コケコから与えられるのは意外でした。
 ナリヤ校長がテレビ電話でオーキド博士の事を「ユキナリ」と呼んだのを聞き逃さなかった古参ファン。
にやりとする小ネタでした。

 ゲーム発売の前にアニメが始まるパターンは珍しかったかもしれませんが、
ツイッターなどの雰囲気を見ていると前の夜にアニメが始まっていい感じに空気が盛り上がったところで
0時からダウンロード版開始(パッケージ版は翌朝から)…と、結構いい流れになったと思います。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加