みどりの森ノート

アニメなどの話題やイラスト。ポケモン、刀語、動物キャラ作品など。ポケモン(アニメ)の感想更新してます。

映画 ボルケニオンと機巧のマギアナ 感想

2016-09-25 | ポケモン(アニメ)
 ネタバレ注意です。


 ボルケニオンはかっこよかったしマギアナはかわいかったしサトシ達の手持ちもその他のゲストポケモンもみんな大活躍でした。ゲストのキミアとラケル姉弟もなかなかの好感度。
観終わった後、久しぶりに素直に「今年のポケモン映画面白かった!」と思えました。

 ・本編前の「上映中はDSを閉じてください」ミニアニメ XY最後の今年はプラターヌ博士でした。
 ・同じく本編前のイラストコンテスト発表会 ポケモン映画はほとんどDVDで見た事ないんですが↑これとこのミニアニメは収録されてるんでしょうか。何気によくできてるのでDVDにも入れてほしいと思います。
 あと今年みたいに短編がない年はこのイラコン発表会のミニアニメをちょっと賑やかにするとか(ダークライの年みたいに/サトシの手持ち全員出すとか)そんな試みもいいんじゃないかと考えました。

 ・毎年恒例「ポケットモンスター、縮めてポケモン…」今年はメガシンカ特集でした。
コルニのメガルカリオ対アランのメガリザードンXってTVでも出ましたっけ?
 ・OPはサトシ対シトロン。ただでさえ良作画バトルの中、倒れたホルビーをかばうハリマロン(からのボケ)だったりピカチュウの電気技とアイアンテールの合わせ技(DPでも二つの技を合体させる戦法編み出してましたね)だったり細かい所まで凝ってました。

 ・今年の主役1・ボルケニオン
今までの強いばかりで言葉の通じない怪獣系伝説ポケモンから一新、ぶっきらぼうな性格で、でも愛嬌もちゃんとあって、主人公のサトシと何度もぶつかり合ううちにだんだん通じ合っていく、親しみやすいキャラでした。
世界を司ってるとかそれくらいの設定の伝説ポケモンの場合はここまでフレンドリーな設定にはなかなかしづらいと思うので、特にそこまでの存在でもないボルケニオンを思いっきり親しみやすいキャラにしたのはよい判断だと思います。
 最初はサトシ達にきつく当たってた所からのクライマックスの大活躍は、すごく頼もしかった。
 今年の配布は前売り:ボルケニオン、劇場:ゲッコウガでしたが劇場配布をボルケニオンにした方が効果的だったのではないかと思うくらい、いいキャラしてました。

 ・今年の主役2・マギアナ
転んでひっくり返ったりサトシの真似をしてラジオ体操したりロボットならではの愛嬌もあり。
ロボットだから感情がないのかと思ったらボルケニオンと言い争いをしたり体重が重い事を気にしていたり。
「可愛い」ポイントを押さえまくっていて映画を観たらボルケニオン同様親しみが急上昇しました。
小さくてお姫様のようなマギアナと大きくてぶっきらぼうなボルケニオンの組み合わせは、なるほどいいコンビですね。

 ・ゲストキャラ
終始サトシ達に手を貸してくれた、王女ながら行動力のあるキミアと 純粋な探究心ゆえにジャービスにそそのかされてしまった(終盤はちゃんと改心)ラケル、姉弟そろって魅力的でした。
 ジャービスも徹底した悪役で、勧善懲悪が気持ちよかったです。今年は人間ゲストキャラの塩梅もよかったです。

 ・ネーベル高原のポケモン達 いっぱいいて可愛かったです。
怪我の手当てが人間とポケモンの交流のきっかけになったアマルス、暗い過去があるゴクリン、
ニンフィアのリボンでメロメロになるシシコと個性も出ていて見ていて本当に楽しかった。
何よりポケモンが画面で生き生き動いていればとりあえず満足してしまうので今年のモブポケモンの使い方には満足です。
非力な描写の多かったポケモン達ですがクライマックスではみんなで力を合わせて高原を守っていたので、感動でした。

 ・メカシンカポケモンとサトシ達のポケモンの戦闘パート、全員大活躍な上にものすごい動く作画で、熱かったです。
例年の映画は戦闘パートでのサトシ達の手持ちの出番は大体ピカチュウメインで+αという感じだったのですが、
今年はほんとに全員大活躍で、とても満足です。みんなかっこいい。映画だからこそ、こういうのを見たかったんです。
 TVではなかなか素性を見せないプニちゃんもここぞとばかりに10%フォルムで戦いまくるし、
自らの意志でパーフェクトフォルムになって高原のポケモン達に加勢するし、伝説ポケモンというよりサトシ達の仲間として戦ってる感がとっても良かった。

 ・今年の主題歌 穏やかな曲調と管楽器の音がXYシリーズの締めくくり感あって、よかったです。
歌詞もボルケニオンとマギアナに取れたりアローラに旅立つサトシに取れたりという感じで。
 EDの中でなんか歯車の中にサトシゲッコウガの絵が刻まれるシーンは、忍者村の時の絵みたいな仕掛けでしょうか?

 ・毎年思ってるしポケモン以外のアニメ映画でも思うんですが、ゲスト声優5人は多すぎませんか。
山寺さんも、いてくれるに越したことはないんですけど、個人的にはそろそろ毎年毎年いなくてもいいかなあ…
と思えてきたり。

 ・EDの後に早くも来年の予告
歴代御三家と、アローラ御三家の(公開時点では)初めてアニメで動いてる所を見られました。

 主役ポケモン2匹が親しみやすいのと、TVレギュラー陣が全員活躍する点で今年の映画は久しぶりに高評価です。
TVレギュラー陣は戦闘シーンでのポケモン全員登場、ボルケニオンとぶつかり合ったサトシ、ポフレを高原のポケモンに食べさせるセレナ、メカ担当のシトロン、そしてがっつり活躍したロケット団とほんとに全員大活躍でした。
 戦闘パートのあるトレーナーの手持ちポケモンはかっこよく、高原の野生ポケモン達は動物的で可愛くと、ポケモンの動かし方もとても満足です。
 後でよく考えると説明不足な所もちょっと思い当るのですがそれを吹き飛ばすほどにアツくて面白かったです。
 ぜひ来年以降もこのまま頑張ってほしいです。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あなたのこと まもってあげる

2016-09-22 | ポケモン(アニメ)
 前にマックのハッピーセットでもらった「フォッコのプリンセスキーバトン」
ずっと仕舞いっぱなしだったのですが赤いペンライトとして使える事に気付いたので、
この間キンプリのライブビューイングで活躍してもらいました。

 キンプリにゴジラ、プリパラ、傷物語に押されてどんどん後回しになっていたポケモン映画をやっと観ました。
いつもの感想文をただいま制作中です。

  「衝撃ジガルデ対ジガルデ!壊れゆく世界!!」
 フレア団とサトシ達の攻防が進みます。
各自それぞれの持ち場について動いてるのが総力戦感あって燃えますね。
フラダリの拘束を破るサトシゲッコウガとか、少しずつサトシ達優勢になってきて盛り上がってきました。

  「突撃ミアレジム!シトロイドよ永遠に!!」
 各チームのクライマックスが同時進行してかなり見応えのある30分でした。
映画を観た後だとちょっと重なるシーンもいろいろあったり。
 シトロイド シリーズ序盤からちょこちょこ登場して視聴者にも愛着をわかせていたのは今回のためだったのか…
シトロンの信念が込められた魅力的なロボットでした。
シトロンの発明への熱い思い、しっかりと伝わりました。映画のテーマにもちょっと通じますね。
 暴走ジガルデも無事「プニちゃん」に戻ってよかった。あの大暴れするジガルデを前に逃げるでも怖がるでもなく、ただ「プニちゃん」に戻ってきてほしい一心で歌ったユリーカは、ほんとにプニちゃんが好きなんですね。
そして最初は人間を信用していなかったジガルデもずっと一緒にいた人間の呼びかけで正気を取り戻すくらい、人間への考えが変わっていたんですね。今回のEDは心にしみます。
 寝返るパキラさん、あくまで悪としてセレナ達に加勢するロケット団、最強メガシンカから本格参戦のダイゴさんと
他の皆さんも大活躍でした。
 ED後ミニコーナーのクセロシキ 本編の展開に合わせて負傷してるのが細かい。
 フラダリの手持ちが赤ギャラドスでしたがカープ優勝でタイムリーだな…とぼんやり思ったり。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポケモンセンタートウホクレポ 2016.8・9

2016-09-18 | ポケモン(その他・総合)

 ピッピ好きなんですけどぬいぐるみの類を持っていなかったので買ってみました。
ORASのひみつ基地に置くぬいぐるみというコンセプトなのでちょっとデフォルメしてあります。
前髪と尻尾と背中の羽がふっくら盛り上がってるのがまた可愛いです。
同じシリーズのチルットのぬいぐるみも、体の周りにぐるりと綿(羽)がついてるデザインで可愛かったです。

 約1年ぶりにポケセン店舗に行ってきました。
8月と9月に立て続けに行ける機会があったので2回分まとめて買ったもの解説。
 ワールドピカチュウシリーズ、メガシンカのポンチョシリーズ、ピカチュウ大量発生チュウ!グッズなど、ピカチュウのグッズがいつにもまして多く並んでました。お土産に良さそう。

 Pokemon Halloween Circus クリアファイル、シール
ハロウィン商品 毎年なかなかタイミングが合わなくてあまり満足に買えた事がなかったんですが、
今年は発売直後に行けたのでよりどりみどりでした。(そして結局いつものクリアファイル。)
ポケモンがポケモンの仮装をしてるのも可愛いし衣装デザインも可愛いです。

 pokemon-kana? クリアファイル
 今回買いたいと狙っていたシリーズ。 文字とポケモンの組み合わせがおしゃれかわいいです。ミュウとか見た事ないポーズのポケモンが何匹かいる気がするのですがもしかしてこれのために描きおろしたんでしょうか?


 今回買いたいと狙っていたシリーズその2・東日本大震災チャリティー商品 POKEMON with YOU
今年のチャリティー商品のデザインがなかなか可愛いのでハンカチが残っていてよかったです。

 和柄グッズ シール、ミュウ根付
 お手玉風、リボン、日本画風のおしゃれデザイン。
個人的に米俵に乗ってるコラッタとデデンネがとても可愛いので立体グッズを出して欲しかったです。

 HIP POP! PARADE マグネット ガーディ、ブイゼル
店舗に行けない間にAmazonでクリアファイルを買っていたのですが店舗で見つけたこれがさらにツボりました。
面白かわいいデザインと低反発的な感触が癖になります。

 ふんわりバスタイム アクリルタンブラー
 去年ぐらいから店舗に置いてあるのを見てずっと可愛いと思っていたシリーズ とうとう手を出しました。

 Trainers Collection TC~Sazanami Town~ ステッカー
 サイトで見た時はあまり興味がなかったんですが、女主人公とツタージャの組み合わせがまさに今ホワイトでプレイしてるのと同じなので、買ってみました。ホワイトやってる間に何かに貼れたらいいな。
この時期にこういう商品が出るあたり、BWシリーズは根強い人気ありますね。

 自由帳(シリーズ名不明)

 ミュウのラバーキーホルダー、 PokeNeco DOLCE マスキングテープ

 「くったりぬいぐるみ」も寝顔がかわいいのでちょっと気になったのですが、現物を見たら胴長でべったりしてるのでちょっと遠慮してしまいました。ぬいぐるみだけでなくタグに描かれてるイラストでもグッズが欲しかったと思います。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シン・ジガルデ

2016-09-09 | ポケモン(アニメ)
 ルビサファ時代に買ったTシャツ 確かポケモンカードの企画で出たやつ。
アチャモとか可愛いのですが1回洗濯しただけでプリントがぼろぼろ剥がれてしまいました…悲しい。

  「カロスリーグ優勝!サトシ頂上決戦!!」
 トリを飾ったのは待ってましたのサトシゲッコウガ対メガリザードンX。
技ラッシュの所などぼんやり観てると何が何だか分からないぐらいの超作画で、最後まで見応えありました。
サトシ達もですが現場のアニメスタッフさん達も超作画続きでお疲れ様です…
アニメ独自のサトシゲッコウガをもってしてもまたリーグ優勝は叶いませんでしたが
(というかサブタイトルで優勝と言い切っちゃったのは詐欺ではないのか…)、もう長年観ているとアニメを続けるための大人の都合と割り切れてしまうのが少し寂しいような。
でもこれまでのサトシの成績考えるとリーグで決勝まで勝ち進んだってけっこう快挙なのでは。
XYシリーズのサトシは今までより大人なところがありますが、今回も優勝にあと一歩で届かない結果だったのになんだかドライでしたね。他シリーズのサトシだったらもっと悔しがって引き摺りそうな所を。
 ヌメルゴンの試合をテレビで見守る湿原のポケモン達とシトロン父のシーンもよかったです。
 いつものようにリーグに集まったポケモンを奪おうと息巻いていたのにいつの間にか全力でサトシを応援していたロケット団。やはり愛すべき悪役です。
 ED後のミニコーナー、盛り上がってるのはいいけどもはや司会が何を言っているのか聞き取れないw
 そして休む間もなくフレア団編に突入です。最悪のパターンとして想像していた、リーグ中の乱入で勝負が滅茶苦茶になるのは避けられたのでとりあえずよかった。

  「襲撃フレア団!プリズムタワーのジガルデ!!」
 カロスリーグの余韻に浸る間もなくフレア団編。
ミアレシティがパニックになる中ショータ、サナ、トロバ、ティエルノ、カルネさんにプラターヌ博士にリモーネさんにシトロイドとサブキャラも総出演で戦ってたのが熱いです。分かってらっしゃる。
なるほどこういう事はみんなミアレシティに集まってるリーグ直後でないと出来ませんね。
 プニちゃんがジガルデになるのを初めて目の当たりにしたユリーカ。
怖がるでもなく「無事でよかった」みたいな安堵の表情をしたのが印象的でした。本当にプニちゃんが大好きなんですね。
 ED後ミニコーナーもフレア団仕様。今までのフレア団の話や最強メガシンカはぶつ切りにやってきていろいろ忘れてるのでおさらいできるのありがたいです。

 ED せっかくピカチュウのうた面白かったのに戻さなくていいよ…
…と最初は思ったんですけど、ユリーカとプニちゃんの別れが近づいてきているこのタイミングでこの歌を聴くとけっこうじんわりきますね。ここでプニちゃんのうたに戻したのは賢明な判断だと思えます。
 フレア団編が終わったら1回しか流してないセレナ、シトロン、ロケット団のEDと合わせてキャラソンプロジェクトのローテーションして欲しいなあ。

 ところでゼルネアスとイベルタルはTVの方には出ないで終わっちゃうんでしょうか。
ジガルデがこれだけ大きく取り上げられているのでこの2匹にも少し出番を…と思うのですが。
ゲームまだやってないんですけどゼルイベとジガルデって接点ありましたっけ?

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひていクリア

2016-09-02 | 刀語
 現パロデート おめかししたとがめが食べても可愛いし七花があの図体で食べてても可愛いし、ソフトクリームって可愛いアイテムですね。

劇場版 傷物語 来場特典 http://www.kizumonogatari-movie.com/special/privilege02.html
 ずっと刀語が来ないかと待っていた「混物語」、9月3日からいよいよ刀語が登場です。
とっくに原作が完結して、アニメの本放送そして再放送も終わって何年も経ったこのタイミングでもう諦めかけていた新作小説です。西尾維新さんの筆による。
初めてお知らせを聞いた時はもう舞い上がり過ぎておかしくなりそうでした。(というか、今も。)
 そしてキャラのチョイスは主役を差し置いてまさかの否定姫。 …そういえば西尾さんは自ら否定姫好きだと公言したり、画集の語りも否定姫だったり零話も否定姫(と七花)で締めるほどに否定姫が好きな方でした。
こんなに何年も経っての新作の執筆でわざわざ否定姫を採用するとはよっぽどお好きみたいですね?
否定姫が主役なら、腹心だった左右田右衛門左衛門やそして誰よりも“不愉快な女”だったとがめ、
因縁のある主人公・七花の事も彼女の口からぜひとも語ってほしいと思います。

 アルカディアさんのフィギュアも、引き続き少しずつ出来てきたりキャラが増えて、このまま頑張ってほしいです。
もう買えるやつは買えるようなんですけどやはりなかなかお値段が…(苦)というわけでまだ手元には一体もありません;
 そして 先日のアニメロサマーライブで栗林みな実さんが「時すでに始まりを刻む」を歌ったそうで?
すごい聴きたかったです。もしかしてこれ毎年後でNHKのBSあたりで放送してたような気がするのですが…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 刀語と直接関係ないけど個人的にチェックしたい話題

 資料集 - 日本アニメ(ーター)見本市 http://animatorexpo.com/books/
 ページの下の方にI can Friday by day!のタイトルがあります。とても楽しみ。
今もサイトの方に竹さんとすしおさんの設定画がたくさん載っていてそれだけでもありがたいんですけど、Webだとやっぱりいつ消えるか不安もあるので紙媒体で欲しいと思っていたのでした。
サイトに載ってない資料やこぼれ話なども期待していいでしょうか…?

 二次創作で蜜蜂とこなゆきちゃんの組み合わせを見かけたので(描いたはいいけどしばらく公開しそびれていたやつ)
この二人黄色いもふもふと白いもふもふなので並べるとたんぽぽみたいでいい感じだなあ?と思います。
蜜蜂は温厚なキャラなので、こなゆきちゃんと一緒になる事があったら面倒見てくれそう。
 落書きだけど可愛く描けたので載せる容赦姫
容赦姫はとっても可愛いのでもっと見たかったです。今からでも。できれば竹さんのあの絵で。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画はいいぞ

2016-09-01 | その他作品
 なるちゃん ピンクで幼くてラブリーで可愛い。
リアタイ時から改めてメインヒロイン6人みんな好きになったんですけど、単純に可愛らしさに関してはなるちゃんが一番ですね。さすがラブリー担当。 

 というわけでプリティーリズムの話。キンプリにハマって、プリティーリズムも見てくれる人が私の予想外に多くて驚いています。
失礼な事言うかもしれませんが、キンプリにハマってる層って、男子キャラや深夜アニメは好きでも女子キャラや女児アニメにはそこまで興味を示さないのではないかと勝手に思っていたのでした。
それが蓋を開けてみたらプリティーリズムを完走してハマってくれたりプリリズの女子キャラも気に入ってくれたり、
キンプリから入ったのに結果的に女子キャラの方が本命になった方もちらほら見受けられて、嬉しい限りです。
さらにスピンオフ元であるプリリズRLだけでなく、(キンプリから入って)プリリズAD、DMF、プリパラまで全部観てくれたりプリパラ筐体デビューされる方も続々と出ているようで、ほんとに感謝感激です。
 キンプリそのものの人気だけでなくプリティーリズムとプリパラにまで人気が波及してるのほんっとに嬉しいです。
 そしてこのタイミングで、DMFとRLのブルーレイが出たりプリズムストーン店舗でプリティーリズム女子キャラのグッズが展開し始めたり、NewTypeにokamaさん描き下ろしのRLピンナップがついたり、
この人気を受けてプリティーリズム公式がまたいろいろ動いてきてるのがとても嬉しいです。
 キンプリもプリティーリズムもキンプリが流行りだすまではそれほどの人気でもなかったのに、
シンデレラストーリーのごとくな今のこの人気を嬉しく思います。
さっきから文末が嬉しいばっかりですがほんとに、キンプリ人気のおかげでプリティーリズムが賑わうたびに感謝&嬉しく思っています。人気がいまいちだった間も頑張ってくれたスタッフさん、古参ファンの人にもキンプリから興味を持ってプリリズ・プリパラに来てくれた人達にも感謝でいっぱいです。

 かつてゴジラとハム太郎が二本立て映画をやっていた時に入場者プレゼントとして配られた知る人ぞ知る・ゴジハムくん
約15年も経った今になって描いてみるとは予想してませんでした。

 話題のシン・ゴジラを先日観てきました。
ネットでの愉快な盛り上がりや発声可能上映なる企画が思いっきりキンプリを彷彿とさせるのでなんかそういうノリで行っちゃっていい映画のような思い違いをしかけてましたが、こわかったですね!そういえば怪獣映画ですからね!
でも「こわい映画」としてはとても面白く出来てたんじゃないかと、素人考えながら思います!
ゴジラの怖さだけでなく登場人物も個性的な人達だったので、なるほどこれは人気出るなあ…と思えました。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ケチャップの夢

2016-08-27 | ポケモン(アニメ)
 ちょっと頼まれて撮影したもの

  「激闘カロスリーグ!集え、すべての熱き想いよ!!」
 サトシ達とマノンがいよいよ出会いました。シトロンのハリマロンとマノンのハリさんの共演はぜひ見たいです。
マノンのハリさん(シトロンのでも)とフラベベに進化してほしいんですけど残りの期間で実現するでしょうか?
 フラダリがサトシの前に現れたりプラターヌ博士も意味深な事を言っていたり、フレア団の影もちらついてきました。
リーグ決勝戦の日に何か起こるようですが、最悪リーグ中にフレア団が何か起こして試合がうやむやになるのは嫌だな…
 報道担当のパキラさん XY未プレイなので「どっかで聞いた名前だな」ぐらいにしか思ってませんでしたが、実は…でしたね。
 ショータの後日談もぐっと来ました。

  「決勝戦!サトシ対アラン!!」
 本筋とスピンオフの主人公だった二人が出会っていよいよポケモンリーグの決勝戦で戦う…ここまで長かったですね。
ずっと絆を深めてきたライバルもいいですが、アランのような何回かしか会ってない強キャラ感あふれるライバルもよいです。
 倒されたオンバーンを気遣ったりまるで仇を取るかのように燃え上がるルチャブルの師弟関係が素敵でした。
ルチャブルはショータ戦からの挽回もできたし。途中体がテカテカ光ってたのは演出でしょうか。
ファイアロー対ケンホロウの空中戦もかっこよかった。

  <新ED>
 とっても愉快なピカチュウのキャラソン。
今まで合いの手的にポケモンの鳴き声が入る歌はありましたが、(喋れるニャースの他に)ポケモン自身の視点の歌がもっとあったらいいなあとずっと思っていたのでした。
歌詞が全部鳴き声で構成されているのはさすがに予想外でしたが(笑)
 ピカチュウの変顔はそれこそ「ピカチュウのなつやすみ」やちょこちょこ披露してたポケモンの物真似が以前からありましたが、これやX海峡Y景色でやってる変顔は(以前やっていたのがマスコットキャラがやる芸という感じだったのに対して)人間がやる変顔みたいな感じで、監督が変わるとピカチュウの方向性も変わるんですねえ。
 変顔ではないですがXYの一番最初のOPでピカチュウが画面に顔を寄せてキスするあれは何だったのかな?
とちょっと思います。見た通り可愛い仕草として画面にキスしてるだけなのかもしれませんが、
今までのピカチュウではやってこなかった事なのでちょっと戸惑ったというか。

 ピカチュウのケチャップ好き設定って元々赤緑時代のアニメの一発ネタだったはずなんですが、ファンアートで描かれまくって半ば公式設定みたいになっちゃってますね。で、その辺の世代でもあるXYの監督もそのくちで
コルニ編の時にピカチュウにケチャップ食べさせたり今回こんなEDを作ってしまったり…という感じでしょうか。
 http://www.kagome.co.jp/campaign/pokemon/ ←ちょうど今カゴメのケチャップとコラボキャンペーンやってるのは本格的に公式設定になったって感じがして、良いです。うちの冷蔵庫にもちゃっかりポケモンパッケージのケチャップが。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライバル

2016-08-11 | ポケモン(アニメ)
 ペロッパフは群れるのが似合う

  「準決勝フルバトル!サトシ対ショータ!!」
 ショータ、サトシからたくさんの事を学んで成長しましたね。
初登場時はまだまだ初心者トレーナーという感じだったのが嘘のようです。
自分本来の精密さとサトシから吸収した型破りなところをうまく融合させていて、ほんとにサトシに憧れて目指していたんだなあ…と思えました。
 この日のためにわざわざ衣装を用意してきたルチャブル、きまってる。(そのままでも服着てるような感じだけど) せっかくきまってたのに早々に倒されてしまったのは残念。切り込み隊長はつらいよ。
 アランと戦った歌舞伎キャラなお兄さん、いいキャラしてると思って観ていたらまさかの山ちゃんでした。

  「ライバル決戦!サトシゲッコウガVSメガジュカイン!!」
 ショータ戦後半。
後輩からライバルへとたくましく成長したショータとそれに応えるサトシの熱さが伝わる、いいポケモンバトルでした。
可愛い系のイメージをひっくり返してガンガン戦うペロリーム、
空中戦×高クオリティ作画という美味しすぎる組み合わせで見応え抜群だったオンバーンVSボーマンダ、
トリは御三家同士、メガシンカ同士、引き続き良作画で最後まで見応え抜群だったゲッコウガVSジュカイン。
バトルが終わった後ちらりと映ったセレナの嬉しそうな表情も良かったです。

 去年の映画もテレビ放送されたので一年ぶりに観ました。長編も短編もEDカットなのがたいへん惜しい。
 短編は歌うのを嫌がるルチャブルにみんなが寄ってたかって歌わせようとしたり(結果オーライだったけど)
アチャモが本編の立ち位置もEDキャストの位置もゲストでなくレギュラー側にいたので何か勘繰りたくなったり
(当初は誰かがゲットする予定だったのか?とか)
 長編はグラードンが1匹だけ水の中に置き去りにされてるのが見るからに可哀想だったり
じめん技が必要だからとその辺にいたヒポポタス適当に連れてくるならシトロンのホルビー使ってやれよと思ったり
一年前と同じような突っ込みをしながらも楽しんで観ました。

 今年の映画はなんか結構評判いいっぽいので、楽しみです。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リルリル

2016-07-30 | ジュエルペット・サンリオ
 サンリオキャラクター大賞 ジュエルペット18位おめでとうございました。
なんとアニメが終了しているのに去年よりも順位アップです。めでたい。
時期的にアニメ効果がまだ残っているってのもあるんでしょうか。
ルーアはデザイン的になかなか好きなので、やっとちゃんと描く機会が来てよかったです。

 以下いろんなサンリオ話

 SB69しょ~と、短い中に面白さが詰まっていて毎週楽しいです。
 ゲームの方も大型リニューアルが完了しましたが、アバターがとても可愛くてさすがサンリオ!という感じ。
今までサウンドルの使い道が意外となかったのでアバター用のアイテムを買いまくりたいです。


ジュエルペットの後釜・リルリルフェアリル
地方なのでアニメは観れないんですが去年のジュエルペットマジカルチェンジと同じく第1話がYouTubeで無料配信されていたので、観てみました。ありがたい。
りっぷはじめフェアリル達が可愛いですね。今までマイメロ、ジュエルペットと来て「今度のは動物じゃないのか…」とあまり食指が動かずにいたんですけど、アニメを観たらフェアリルの可愛さにときめきました。
 女児向けアニメなのに人間側の主人公はお兄さんなんですね(笑)そのお兄さんが女児用のかわいい販促玩具アイテムを使うと…珍しいスタイルですね。

 「ちっちゃな英雄(ヒーロー)」 http://www.puroland.jp/little-hero/index.html
 サンリオピューロランドで今やっているミュージカル。
知る人ぞ知る、2007年にシナモロールの映画と同時上映でやったのに全く話題ならずに終わったあの「ねずみ物語」のミュージカル版です。
とても良いアニメなのであのまま埋もれてしまうのは惜しすぎる…と思っていたらこんな形で復活していて驚きです。
もしソフト化される事があればアニメ版と比較の意味でも見てみたいです。
ついでに便乗でアニメ版ももっと有名になったらいいんだけどな…なんて。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぶつかりあって 燃える思い

2016-07-22 | ポケモン(アニメ)
 ペロリームを描いてみたらマネネと並べてみたくなった。

  「カロスリーグ開幕!リザードン対決・X対Y!!」
 始まりましたカロスリーグ。早いなあ、とつい思うけど11月には新作が出るのでそれまでにフレア団やジガルデの事もやらないといけないんですね。
ショータにアランにティエルノ、トロバとオールスター勢揃い感があってわくわくします。
XYはライバルキャラあまりいないような印象でしたが気付けばこんなにいたんですね。
ディアンシー映画のOPでサトシと戦ったメガアブソル使いの女の子は嬉しいサプライズでした。
 佐香智久さんモデルのトレーナー・トモ。XYに数々の歌を提供し続けてとうとうアニメ出演してしまいました。
たくさんの素敵な歌を作ってくれたのでお礼にこれぐらいの事があってもいいですね。
チルタリスにシャンデラと推しポケモンもしっかりアピールしていました。
チルタリスはメガ進化を期待していましたが残念。トロバのプテラも。
 オールスター勢揃いの中で目立っていた初登場キャラ2人目・タケル。ぽっと出でいきなりサトシに勝負を挑んできてどういうつもりだと思って観ていたら、胸に来る捨て台詞を残していきました。実は深いいキャラだった。
「うしおととら」でも魅せてくれた、畠中祐さんの泣き演技が光っておりました。

  「メガジュカイン対ライチュウ!経験値いただきます!!」
 オールスター祭りなカロスリーグ。サトシ対アヤカ、ショータ対ティエルノと面白い組み合わせが続きます。
ライチュウにメガアブソルにメガジュカインetcと顔ぶれも豪華ですね。
メガアブソル使いのアヤカさん、ディアンシー映画の他に最強メガシンカにも出てましたっけ?(うろ覚え)
もしくはミニコーナーのメガシンカ図鑑。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

sun moon

2016-07-08 | ポケモン(その他・総合)
 700位おめでとう キリのいい数字。
全順位発表してくれて楽しかったです。

 ポケモン総選挙720 お疲れ様でした。
ゲッコウガが人気あるっぽいのは知っていましたがここまでとは驚きです。公式の供給に見合う需要だったんですね。
あとは上位は伝説ポケモンが占めていて、「1位のポケモンが配布される」って条件ならまあそうなるよね、という感じ。
データ放送投票であ行から始まるポケモンに操作ミスで票が入ってしまってアーケオスとかが上位に入っちゃってるのは興味深かったです。うちもデータ放送の機能ほとんど使わないし、他の家もそんな感じなんでしょうか。
 最下位のバオッキーをわざわざ発表したり配布したりするのは、いつかのヌマクローブームに続いてもやっとしました。

 さて 2月のポケモン20周年と同時に発表された新作・サン/ムーン 続々と情報が出てきました。
今回の新ポケモン達もみんな可愛かったりかっこよかったり不思議だったりでわくわくしています。
最初の3匹はみんな可愛いので今の所選べません。モクローがリアルフクロウの可愛さと面白さを兼ね備えててスタッフのこだわりを感じます。3匹とも進化形にも期待しちゃいます。
いつもの公式イラストに加えて設定画みたいなのも一緒に公開されてるのがファンに優しいですね。
舞台はハワイがモデルだそうで、南国の陽気な感じがいいですね。
景色やイベントにハワイの文化がいろいろ使われていたら楽しそうです。
 アニオリで終わるのかどうか心配になっていたジガルデフォルムチェンジもサンムーンに登場するそうで。

 pokemon-kana? http://www.showa-note.co.jp/press/pokemon-kana_2016/
 最近気になったグッズ。おしゃれデザイン。アニメの絵だけどもしかしていくつか描きおろしある?

 『祭りだワッショイ! 「みんな集まれ!ピカまつり」のグッズが、ポケモンセンターに登場!』
http://www.pokemon.co.jp/info/2016/06/160615_p03.html
 気になったグッズその2。かわいい夏イラスト。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

からくりひみつ基地

2016-07-06 | ポケモン(アニメ)
  「メレシーを探せ!ヌメルゴンとデデンネ!!」
 カロスリーグ前にヌメルゴンお迎え回。平和に暮らしてるようで何よりです。
メレシーは映画ではディアンシーの家来でちょっと特別感ありましたが、こうして見ると普通のポケモンですね。
フラージェスとヌオーのやり取りがナイス脇役でした。提供画面とワンマンプレーデデンネもかわいい。
 OPのウルップさんがパーフェクトジガルデに差し替え、CM提供画面のデデンネが可愛い。

  「爆熱の機巧フェスティバル!」
 カロスリーグ前の息抜き的な回?アニメの作り的にも省エネ制作してる感じでした。(つまらなくはない。)
サブタイトルが映画タイトルっぽいですが特に映画への小ネタが仕込まれてるとかいうわけではなさそうですね。
からくりに振り回されるサトシ達が面白かったです。どんなとこでも喧嘩になるハリマロンとヤンチャム。
 EDはキラキラのシトロンカバー。セレナのドリドリといい、曲も歌う声優さんも決まってる条件でカバーしないといけないのでどんな感じになるかちょっと心配もあったのですが、2曲ともいい感じのカバーになっていて良かったです。
(もしかして声優さんがカバーするの前提で曲作られてる?)
ロケット団の歌も含めて、1話限定にしておくのは勿体ないので1話ずつローテーションEDにして欲しいです。

 映画のイラストコンテスト、毎年春に久しぶりに応募しようかと考えるのですがここ何年も応募していません。
大体毎年課題のぬり絵に新ポケモンが来るのでそれで描くハードル上がっちゃうのかなー…という自己分析です。
可愛い系のポケモンだったら個人的に案が浮かびやすそうなんですけど今年はボルケニオンもマギアナも比較的デザインが細かいので、なかなか…という感じでした。来年こそは…?

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なでる

2016-07-01 | ジュエルペット・サンリオ
最近のサンリオ関係話です。

 SB69、他のゲームやらと同じく3月の引っ越しからすこし中断していたのですが、私が離れていた間に新バンドが2つも3つも追加されたりイベントが2属性制になったりデイリーミッションが登場したり目まぐるしく変わったので
ちょっとした浦島太郎気分です。もうすぐ大型アップデートもありますね。
 新バンド2つは珍しくタイアップなしだったりそれぞれシンガンクリムゾンズ、トライクロニカに通じる所があるので、もしかして新作アニメへの仕込みなのか…?などと勘繰っちゃいますね。
 早いものでショートアニメが始まるので楽しみです。1期で出てこなかったキャラが出るといいな。

 サンリオキャラクター大賞 http://sanriocharacterranking.com
 シリーズが終了したジュエルペットが今年もエントリーしていて一安心しました。
SB69は去年と同じメイン5バンドでのエントリーですが、これ5バンド以外が好きな人はどうすればいいのかなあとか、いっそSB69総合として投票したいんだけどなあとか、ちょっと思うところはありますね。
 今回は「なでる投票」がめちゃくちゃ可愛いので和みました。
なでると触った所からハートがいっぱい出てくるしずっとなで続けるとキャラが嬉しそうなリアクションを取るので、めろめろになります。とにかく画面が可愛い。いろんなキャラに何度もやりたくなってしまいます。
これ考えた人天才じゃないかと。サンリオならではの企画ですね。

 触れるのが遅くなりましたが、去年のキャラクター大賞の企画だったハッピーセットもようやく出ましたね。
キティちゃんやマイメロの子供も好きな定番のキャラクターの中にメイプル社長の人形が混ざってるのはなかなか面白い光景だったのですが、おもちゃが選べない仕様だったのはちょっとまずかったなと。
お馴染みのサンリオキャラが欲しい子にはSB69はハズレだし、逆にSB69だけが欲しいファンの人にはものすごい苦行ですよこれ。 
ハッピーセット、いつもはおもちゃ選べるのになんでこんな時に限って選べない仕様にしちゃったんですか…
企画自体は悪くなかったのに選べない仕様にしたせいで残念な事になってしまった感がありました。

 ジュエルペット、TVシリーズは終了しましたがなんかミニアニメが動画配信されてるんですね?
まだ観てないのですが、細々と続いて嬉しいです。
http:/shopbrand/ct51//a-shop.fwinc.co.jp/ そしてTVシリーズ7年分の主題歌集CDが出るそうです。
パッケージは描き下ろしだしこないだのてぃんくるカレンダー同様気合の入った作りになってるようなので、
これは応援したいです。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レインボーな感想

2016-06-24 | その他作品
 過去のプリリズRL関連映画2作とガイドブックを見たので、ちょっと感想。

  <映画 プリティーリズムオールスターズ プリズムショーベストテン>
 3年分のプリズムショーがぎゅっと詰まったよいお祭り映画でした。おなじみのプリズムショーを映画館の大画面で楽しみたかったです。リアタイ時に映画のお知らせを聞いて「オールスター映画ってプリキュアの真似?ベストテンって、TVのプリズムショーそのまま流すだけの使い回しかよ?」みたいな事思って申し訳ありませんでした。撤回します。
 オーロラドリームとディアマイフューチャーもキンプリ観る前のRLよろしくもう結構記憶があやふやになっているのですが、改めて観るとこの2シリーズの曲もいいのでちゃんと聴いてみたくなりました。
 EDはYou May Dreamに乗せての3年間の名場面集でこんなシーンあったねえ…と感慨深くなりました。
 司会パートはマスコット大集合にペンギン先生とモモの掛け合いが愉快でした。夢のコラボ。
 普通に女子キャラメインの映画とはいえヒロとコウジの歌が放送事故扱いされてるのは笑いました。後でちゃんと男子のショー特集もあってよかった。
 おまけのマジカルみおん。何気に好きなネタだったのでちゃんとアニメ化(?)されたのを観れて嬉しいです。
映画を観る前のお約束あり(観客席の脇役キャラが細かい)、ラストでは子供には意味不明な中の人ネタをぶち込むわ歴代ヒロイン全員で魔法少女になるわで滅茶苦茶に楽しかったです。
RLガールズは1年間紆余曲折あったのにここではギャグ時空で7人で仲良くボケ倒してるのがすごい微笑ましかったです。
タイムボカンシリーズのコスプレって、子供は勿論若いファンも分からんでしょう…これで喜ぶのは私みたいなごく一部の人だけですよ(笑)べるだけどの作品の衣装かちょっと分からなかったのが心残り。

 <映画 プリパラ み~んなあつまれ!プリズム☆ツアーズ>
 ベストテンに続いてプリリズ+プリパラ4年分のお祭り映画でした。
ただの総集編ではなくプリリズとプリパラの橋渡し的な感じになっていて、どちらも観ている者としてはなかなか胸熱でした。
プリパラ組とりんねとか、ラストのプリズムショーとライブの交換とか。そふぃの姉コスモさんの新たな一面も。
OPはプリパラ1年目のメイキングドラマの世界だしEDはまさかのめが姉ぇ&めが兄。
 そしてルート4のオバレパート。何気にオバレの新規プリズムショーが2つも入っていました。
prideは本編で叶わなかったヒロとコウジ版だしfravorの方はRL後の3人の様子が描かれているし
プリズムジャンプはキンプリの「ときめきサイクリング」の別バージョンみたいな感じだしラストに意味深なメッセージもあるし、キンプリの後に観るとこの時点で既にキンプリをちょっと感じるような気合の入り方でした。
キンプリ・エピソード0って感じ。
キンプリの予習にもおさらいにもぴったりな感じなのでキンプリでオバレファンになった人はルート4のRL部分だけでもぜひ観た方がいいと思います…

 キンプリですっかり話題になってる応援上映ですが実はこの2作からやっていたんですね。(もっと言うと他作品でも)
この時からのファンの応援の積み重ねがキンプリの応援上映に繋がっていると思うとやはりリアタイ時からのファンには頭が上がりません。
RLにハマり直した今、この2作の応援上映もすごく行ってみたかったです。
女子のプリズムショーをキンプリのノリで応援したかった…!

  <プリティーリズム レインボーライブ 公式ガイドブック>
 アニメイトのキンプリ売り場にここぞとばかりに出されていたので(とても感謝。)、買っちゃいました。
アニメの資料が盛りだくさんでどこまでも読みふけってしまいます。
キャラデザ松浦さん描きおろしのおやすみイラスト、女子も男子もとっても微笑ましいです。愛されべる様。
 okamaさんのキャラ原案がたくさん載ってるので見ていてとても楽しいです。すごいセンスある方ですね!
べるやジュネはアニメではお姉さんポジションなので大人びて描かれていましたが、okamaさんの初期デザインはちょっと大人っぽい中学2年生という感じでこれはこれで等身大な感じが好きです。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まあ、あれだ

2016-06-22 | ポケモン(アニメ)
  「ライバル対決!サトシVSショータ!!」
 ショータは素直で頑張り屋でほんとにいい後輩・ライバルキャラです。
会う度にポケモンも育ってるし戦術も学んで身につけてるし、すごく成長してますね。
シリーズ終盤で彼がどこまで育つのか楽しみです。
 前回あたりからCM提供画面でボルケニオンとマギアナが動いてるのがかわいい。CG?

  「エイセツジム戦!氷のバトルフィールド!!」
 余計なストーリーを入れずジムに立ちはだかるジムリーダーと即ジム戦って流れ、ゲームと同じBGMも相まってゲーム版のジム戦に寄せてる感ありますね。あられの表現もゲームっぽかった。
サトシゲッコウガの名前はアニメ内では今回が初出でしかもユリーカ命名だったのか…
 ユリーカのペロリームウェアかわいい。ユリーカのポケモン服シリーズとトライポカロンの各選手のコスチュームは可愛いのでどこかにまとめるかグッズに使ってほしいです。

  「迷いの森・・・進化の夜明け!」
 メインはサトシとゲッコウガでしたが個人的に魅力的だったのはセレナ。
片思いの相手を探して自分から暗い雪の中に入って行って、雪玉をぶつけてあそこまで叱咤できるなんて、この子こんなに強い所あったんだ…と株が上がりました。乙女モードな面だけじゃなかったんですね。トライポカロン関連などではいろいろ言いたい事もあるんですが、こんな面もあるとは、やはり勿体無い子です。

  「サトシゲッコウガVSメガユキノオー!発動巨大水手裏剣!!」
 やっと完成したサトシゲッコウガに相手はメガ進化ポケモン、ジム戦恒例のスタッフが心配になるほどの超作画で、
最後にふさわしいかっこいいジム戦でした。新作も近づいてきたし、もうカロスリーグなんですね。
ジム戦を終えたサトシに駆け寄るセレナ、前回の態度を踏まえると感動です。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加