みどりの森ノート

アニメなどの話題やイラスト。ポケモン、刀語、動物キャラ作品など。ポケモン(アニメ)の感想更新してます。

ケチャップの夢

2016-08-27 | ポケモン(アニメ)
 ちょっと頼まれて撮影したもの

  「激闘カロスリーグ!集え、すべての熱き想いよ!!」
 サトシ達とマノンがいよいよ出会いました。シトロンのハリマロンとマノンのハリさんの共演はぜひ見たいです。
マノンのハリさん(シトロンのでも)とフラベベに進化してほしいんですけど残りの期間で実現するでしょうか?
 フラダリがサトシの前に現れたりプラターヌ博士も意味深な事を言っていたり、フレア団の影もちらついてきました。
リーグ決勝戦の日に何か起こるようですが、最悪リーグ中にフレア団が何か起こして試合がうやむやになるのは嫌だな…
 報道担当のパキラさん XY未プレイなので「どっかで聞いた名前だな」ぐらいにしか思ってませんでしたが、実は…でしたね。
 ショータの後日談もぐっと来ました。

  「決勝戦!サトシ対アラン!!」
 本筋とスピンオフの主人公だった二人が出会っていよいよポケモンリーグの決勝戦で戦う…ここまで長かったですね。
ずっと絆を深めてきたライバルもいいですが、アランのような何回かしか会ってない強キャラ感あふれるライバルもよいです。
 倒されたオンバーンを気遣ったりまるで仇を取るかのように燃え上がるルチャブルの師弟関係が素敵でした。
ルチャブルはショータ戦からの挽回もできたし。途中体がテカテカ光ってたのは演出でしょうか。
ファイアロー対ケンホロウの空中戦もかっこよかった。

  <新ED>
 とっても愉快なピカチュウのキャラソン。
今まで合いの手的にポケモンの鳴き声が入る歌はありましたが、(喋れるニャースの他に)ポケモン自身の視点の歌がもっとあったらいいなあとずっと思っていたのでした。
歌詞が全部鳴き声で構成されているのはさすがに予想外でしたが(笑)
 ピカチュウの変顔はそれこそ「ピカチュウのなつやすみ」やちょこちょこ披露してたポケモンの物真似が以前からありましたが、これやX海峡Y景色でやってる変顔は(以前やっていたのがマスコットキャラがやる芸という感じだったのに対して)人間がやる変顔みたいな感じで、監督が変わるとピカチュウの方向性も変わるんですねえ。
 変顔ではないですがXYの一番最初のOPでピカチュウが画面に顔を寄せてキスするあれは何だったのかな?
とちょっと思います。見た通り可愛い仕草として画面にキスしてるだけなのかもしれませんが、
今までのピカチュウではやってこなかった事なのでちょっと戸惑ったというか。

 ピカチュウのケチャップ好き設定って元々赤緑時代のアニメの一発ネタだったはずなんですが、ファンアートで描かれまくって半ば公式設定みたいになっちゃってますね。で、その辺の世代でもあるXYの監督もそのくちで
コルニ編の時にピカチュウにケチャップ食べさせたり今回こんなEDを作ってしまったり…という感じでしょうか。
 http://www.kagome.co.jp/campaign/pokemon/ ←ちょうど今カゴメのケチャップとコラボキャンペーンやってるのは本格的に公式設定になったって感じがして、良いです。うちの冷蔵庫にもちゃっかりポケモンパッケージのケチャップが。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライバル

2016-08-11 | ポケモン(アニメ)
 ペロッパフは群れるのが似合う

  「準決勝フルバトル!サトシ対ショータ!!」
 ショータ、サトシからたくさんの事を学んで成長しましたね。
初登場時はまだまだ初心者トレーナーという感じだったのが嘘のようです。
自分本来の精密さとサトシから吸収した型破りなところをうまく融合させていて、ほんとにサトシに憧れて目指していたんだなあ…と思えました。
 この日のためにわざわざ衣装を用意してきたルチャブル、きまってる。(そのままでも服着てるような感じだけど) せっかくきまってたのに早々に倒されてしまったのは残念。切り込み隊長はつらいよ。
 アランと戦った歌舞伎キャラなお兄さん、いいキャラしてると思って観ていたらまさかの山ちゃんでした。

  「ライバル決戦!サトシゲッコウガVSメガジュカイン!!」
 ショータ戦後半。
後輩からライバルへとたくましく成長したショータとそれに応えるサトシの熱さが伝わる、いいポケモンバトルでした。
可愛い系のイメージをひっくり返してガンガン戦うペロリーム、
空中戦×高クオリティ作画という美味しすぎる組み合わせで見応え抜群だったオンバーンVSボーマンダ、
トリは御三家同士、メガシンカ同士、引き続き良作画で最後まで見応え抜群だったゲッコウガVSジュカイン。
バトルが終わった後ちらりと映ったセレナの嬉しそうな表情も良かったです。

 去年の映画もテレビ放送されたので一年ぶりに観ました。長編も短編もEDカットなのがたいへん惜しい。
 短編は歌うのを嫌がるルチャブルにみんなが寄ってたかって歌わせようとしたり(結果オーライだったけど)
アチャモが本編の立ち位置もEDキャストの位置もゲストでなくレギュラー側にいたので何か勘繰りたくなったり
(当初は誰かがゲットする予定だったのか?とか)
 長編はグラードンが1匹だけ水の中に置き去りにされてるのが見るからに可哀想だったり
じめん技が必要だからとその辺にいたヒポポタス適当に連れてくるならシトロンのホルビー使ってやれよと思ったり
一年前と同じような突っ込みをしながらも楽しんで観ました。

 今年の映画はなんか結構評判いいっぽいので、楽しみです。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リルリル

2016-07-30 | ジュエルペット・サンリオ
 サンリオキャラクター大賞 ジュエルペット18位おめでとうございました。
なんとアニメが終了しているのに去年よりも順位アップです。めでたい。
時期的にアニメ効果がまだ残っているってのもあるんでしょうか。
ルーアはデザイン的になかなか好きなので、やっとちゃんと描く機会が来てよかったです。

 以下いろんなサンリオ話

 SB69しょ~と、短い中に面白さが詰まっていて毎週楽しいです。
 ゲームの方も大型リニューアルが完了しましたが、アバターがとても可愛くてさすがサンリオ!という感じ。
今までサウンドルの使い道が意外となかったのでアバター用のアイテムを買いまくりたいです。


ジュエルペットの後釜・リルリルフェアリル
地方なのでアニメは観れないんですが去年のジュエルペットマジカルチェンジと同じく第1話がYouTubeで無料配信されていたので、観てみました。ありがたい。
りっぷはじめフェアリル達が可愛いですね。今までマイメロ、ジュエルペットと来て「今度のは動物じゃないのか…」とあまり食指が動かずにいたんですけど、アニメを観たらフェアリルの可愛さにときめきました。
 女児向けアニメなのに人間側の主人公はお兄さんなんですね(笑)そのお兄さんが女児用のかわいい販促玩具アイテムを使うと…珍しいスタイルですね。

 「ちっちゃな英雄(ヒーロー)」 http://www.puroland.jp/little-hero/index.html
 サンリオピューロランドで今やっているミュージカル。
知る人ぞ知る、2007年にシナモロールの映画と同時上映でやったのに全く話題ならずに終わったあの「ねずみ物語」のミュージカル版です。
とても良いアニメなのであのまま埋もれてしまうのは惜しすぎる…と思っていたらこんな形で復活していて驚きです。
もしソフト化される事があればアニメ版と比較の意味でも見てみたいです。
ついでに便乗でアニメ版ももっと有名になったらいいんだけどな…なんて。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぶつかりあって 燃える思い

2016-07-22 | ポケモン(アニメ)
 ペロリームを描いてみたらマネネと並べてみたくなった。

  「カロスリーグ開幕!リザードン対決・X対Y!!」
 始まりましたカロスリーグ。早いなあ、とつい思うけど11月には新作が出るのでそれまでにフレア団やジガルデの事もやらないといけないんですね。
ショータにアランにティエルノ、トロバとオールスター勢揃い感があってわくわくします。
XYはライバルキャラあまりいないような印象でしたが気付けばこんなにいたんですね。
ディアンシー映画のOPでサトシと戦ったメガアブソル使いの女の子は嬉しいサプライズでした。
 佐香智久さんモデルのトレーナー・トモ。XYに数々の歌を提供し続けてとうとうアニメ出演してしまいました。
たくさんの素敵な歌を作ってくれたのでお礼にこれぐらいの事があってもいいですね。
チルタリスにシャンデラと推しポケモンもしっかりアピールしていました。
チルタリスはメガ進化を期待していましたが残念。トロバのプテラも。
 オールスター勢揃いの中で目立っていた初登場キャラ2人目・タケル。ぽっと出でいきなりサトシに勝負を挑んできてどういうつもりだと思って観ていたら、胸に来る捨て台詞を残していきました。実は深いいキャラだった。
「うしおととら」でも魅せてくれた、畠中祐さんの泣き演技が光っておりました。

  「メガジュカイン対ライチュウ!経験値いただきます!!」
 オールスター祭りなカロスリーグ。サトシ対アヤカ、ショータ対ティエルノと面白い組み合わせが続きます。
ライチュウにメガアブソルにメガジュカインetcと顔ぶれも豪華ですね。
メガアブソル使いのアヤカさん、ディアンシー映画の他に最強メガシンカにも出てましたっけ?(うろ覚え)
もしくはミニコーナーのメガシンカ図鑑。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

sun moon

2016-07-08 | ポケモン(その他・総合)
 700位おめでとう キリのいい数字。
全順位発表してくれて楽しかったです。

 ポケモン総選挙720 お疲れ様でした。
ゲッコウガが人気あるっぽいのは知っていましたがここまでとは驚きです。公式の供給に見合う需要だったんですね。
あとは上位は伝説ポケモンが占めていて、「1位のポケモンが配布される」って条件ならまあそうなるよね、という感じ。
データ放送投票であ行から始まるポケモンに操作ミスで票が入ってしまってアーケオスとかが上位に入っちゃってるのは興味深かったです。うちもデータ放送の機能ほとんど使わないし、他の家もそんな感じなんでしょうか。
 最下位のバオッキーをわざわざ発表したり配布したりするのは、いつかのヌマクローブームに続いてもやっとしました。

 さて 2月のポケモン20周年と同時に発表された新作・サン/ムーン 続々と情報が出てきました。
今回の新ポケモン達もみんな可愛かったりかっこよかったり不思議だったりでわくわくしています。
最初の3匹はみんな可愛いので今の所選べません。モクローがリアルフクロウの可愛さと面白さを兼ね備えててスタッフのこだわりを感じます。3匹とも進化形にも期待しちゃいます。
いつもの公式イラストに加えて設定画みたいなのも一緒に公開されてるのがファンに優しいですね。
舞台はハワイがモデルだそうで、南国の陽気な感じがいいですね。
景色やイベントにハワイの文化がいろいろ使われていたら楽しそうです。
 アニオリで終わるのかどうか心配になっていたジガルデフォルムチェンジもサンムーンに登場するそうで。

 pokemon-kana? http://www.showa-note.co.jp/press/pokemon-kana_2016/
 最近気になったグッズ。おしゃれデザイン。アニメの絵だけどもしかしていくつか描きおろしある?

 『祭りだワッショイ! 「みんな集まれ!ピカまつり」のグッズが、ポケモンセンターに登場!』
http://www.pokemon.co.jp/info/2016/06/160615_p03.html
 気になったグッズその2。かわいい夏イラスト。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

からくりひみつ基地

2016-07-06 | ポケモン(アニメ)
  「メレシーを探せ!ヌメルゴンとデデンネ!!」
 カロスリーグ前にヌメルゴンお迎え回。平和に暮らしてるようで何よりです。
メレシーは映画ではディアンシーの家来でちょっと特別感ありましたが、こうして見ると普通のポケモンですね。
フラージェスとヌオーのやり取りがナイス脇役でした。提供画面とワンマンプレーデデンネもかわいい。
 OPのウルップさんがパーフェクトジガルデに差し替え、CM提供画面のデデンネが可愛い。

  「爆熱の機巧フェスティバル!」
 カロスリーグ前の息抜き的な回?アニメの作り的にも省エネ制作してる感じでした。(つまらなくはない。)
サブタイトルが映画タイトルっぽいですが特に映画への小ネタが仕込まれてるとかいうわけではなさそうですね。
からくりに振り回されるサトシ達が面白かったです。どんなとこでも喧嘩になるハリマロンとヤンチャム。
 EDはキラキラのシトロンカバー。セレナのドリドリといい、曲も歌う声優さんも決まってる条件でカバーしないといけないのでどんな感じになるかちょっと心配もあったのですが、2曲ともいい感じのカバーになっていて良かったです。
(もしかして声優さんがカバーするの前提で曲作られてる?)
ロケット団の歌も含めて、1話限定にしておくのは勿体ないので1話ずつローテーションEDにして欲しいです。

 映画のイラストコンテスト、毎年春に久しぶりに応募しようかと考えるのですがここ何年も応募していません。
大体毎年課題のぬり絵に新ポケモンが来るのでそれで描くハードル上がっちゃうのかなー…という自己分析です。
可愛い系のポケモンだったら個人的に案が浮かびやすそうなんですけど今年はボルケニオンもマギアナも比較的デザインが細かいので、なかなか…という感じでした。来年こそは…?

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なでる

2016-07-01 | ジュエルペット・サンリオ
最近のサンリオ関係話です。

 SB69、他のゲームやらと同じく3月の引っ越しからすこし中断していたのですが、私が離れていた間に新バンドが2つも3つも追加されたりイベントが2属性制になったりデイリーミッションが登場したり目まぐるしく変わったので
ちょっとした浦島太郎気分です。もうすぐ大型アップデートもありますね。
 新バンド2つは珍しくタイアップなしだったりそれぞれシンガンクリムゾンズ、トライクロニカに通じる所があるので、もしかして新作アニメへの仕込みなのか…?などと勘繰っちゃいますね。
 早いものでショートアニメが始まるので楽しみです。1期で出てこなかったキャラが出るといいな。

 サンリオキャラクター大賞 http://sanriocharacterranking.com
 シリーズが終了したジュエルペットが今年もエントリーしていて一安心しました。
SB69は去年と同じメイン5バンドでのエントリーですが、これ5バンド以外が好きな人はどうすればいいのかなあとか、いっそSB69総合として投票したいんだけどなあとか、ちょっと思うところはありますね。
 今回は「なでる投票」がめちゃくちゃ可愛いので和みました。
なでると触った所からハートがいっぱい出てくるしずっとなで続けるとキャラが嬉しそうなリアクションを取るので、めろめろになります。とにかく画面が可愛い。いろんなキャラに何度もやりたくなってしまいます。
これ考えた人天才じゃないかと。サンリオならではの企画ですね。

 触れるのが遅くなりましたが、去年のキャラクター大賞の企画だったハッピーセットもようやく出ましたね。
キティちゃんやマイメロの子供も好きな定番のキャラクターの中にメイプル社長の人形が混ざってるのはなかなか面白い光景だったのですが、おもちゃが選べない仕様だったのはちょっとまずかったなと。
お馴染みのサンリオキャラが欲しい子にはSB69はハズレだし、逆にSB69だけが欲しいファンの人にはものすごい苦行ですよこれ。 
ハッピーセット、いつもはおもちゃ選べるのになんでこんな時に限って選べない仕様にしちゃったんですか…
企画自体は悪くなかったのに選べない仕様にしたせいで残念な事になってしまった感がありました。

 ジュエルペット、TVシリーズは終了しましたがなんかミニアニメが動画配信されてるんですね?
まだ観てないのですが、細々と続いて嬉しいです。
http:/shopbrand/ct51//a-shop.fwinc.co.jp/ そしてTVシリーズ7年分の主題歌集CDが出るそうです。
パッケージは描き下ろしだしこないだのてぃんくるカレンダー同様気合の入った作りになってるようなので、
これは応援したいです。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レインボーな感想

2016-06-24 | その他作品
 過去のプリリズRL関連映画2作とガイドブックを見たので、ちょっと感想。

  <映画 プリティーリズムオールスターズ プリズムショーベストテン>
 3年分のプリズムショーがぎゅっと詰まったよいお祭り映画でした。おなじみのプリズムショーを映画館の大画面で楽しみたかったです。リアタイ時に映画のお知らせを聞いて「オールスター映画ってプリキュアの真似?ベストテンって、TVのプリズムショーそのまま流すだけの使い回しかよ?」みたいな事思って申し訳ありませんでした。撤回します。
 オーロラドリームとディアマイフューチャーもキンプリ観る前のRLよろしくもう結構記憶があやふやになっているのですが、改めて観るとこの2シリーズの曲もいいのでちゃんと聴いてみたくなりました。
 EDはYou May Dreamに乗せての3年間の名場面集でこんなシーンあったねえ…と感慨深くなりました。
 司会パートはマスコット大集合にペンギン先生とモモの掛け合いが愉快でした。夢のコラボ。
 普通に女子キャラメインの映画とはいえヒロとコウジの歌が放送事故扱いされてるのは笑いました。後でちゃんと男子のショー特集もあってよかった。
 おまけのマジカルみおん。何気に好きなネタだったのでちゃんとアニメ化(?)されたのを観れて嬉しいです。
映画を観る前のお約束あり(観客席の脇役キャラが細かい)、ラストでは子供には意味不明な中の人ネタをぶち込むわ歴代ヒロイン全員で魔法少女になるわで滅茶苦茶に楽しかったです。
RLガールズは1年間紆余曲折あったのにここではギャグ時空で7人で仲良くボケ倒してるのがすごい微笑ましかったです。
タイムボカンシリーズのコスプレって、子供は勿論若いファンも分からんでしょう…これで喜ぶのは私みたいなごく一部の人だけですよ(笑)べるだけどの作品の衣装かちょっと分からなかったのが心残り。

 <映画 プリパラ み~んなあつまれ!プリズム☆ツアーズ>
 ベストテンに続いてプリリズ+プリパラ4年分のお祭り映画でした。
ただの総集編ではなくプリリズとプリパラの橋渡し的な感じになっていて、どちらも観ている者としてはなかなか胸熱でした。
プリパラ組とりんねとか、ラストのプリズムショーとライブの交換とか。そふぃの姉コスモさんの新たな一面も。
OPはプリパラ1年目のメイキングドラマの世界だしEDはまさかのめが姉ぇ&めが兄。
 そしてルート4のオバレパート。何気にオバレの新規プリズムショーが2つも入っていました。
prideは本編で叶わなかったヒロとコウジ版だしfravorの方はRL後の3人の様子が描かれているし
プリズムジャンプはキンプリの「ときめきサイクリング」の別バージョンみたいな感じだしラストに意味深なメッセージもあるし、キンプリの後に観るとこの時点で既にキンプリをちょっと感じるような気合の入り方でした。
キンプリ・エピソード0って感じ。
キンプリの予習にもおさらいにもぴったりな感じなのでキンプリでオバレファンになった人はルート4のRL部分だけでもぜひ観た方がいいと思います…

 キンプリですっかり話題になってる応援上映ですが実はこの2作からやっていたんですね。(もっと言うと他作品でも)
この時からのファンの応援の積み重ねがキンプリの応援上映に繋がっていると思うとやはりリアタイ時からのファンには頭が上がりません。
RLにハマり直した今、この2作の応援上映もすごく行ってみたかったです。
女子のプリズムショーをキンプリのノリで応援したかった…!

  <プリティーリズム レインボーライブ 公式ガイドブック>
 アニメイトのキンプリ売り場にここぞとばかりに出されていたので(とても感謝。)、買っちゃいました。
アニメの資料が盛りだくさんでどこまでも読みふけってしまいます。
キャラデザ松浦さん描きおろしのおやすみイラスト、女子も男子もとっても微笑ましいです。愛されべる様。
 okamaさんのキャラ原案がたくさん載ってるので見ていてとても楽しいです。すごいセンスある方ですね!
べるやジュネはアニメではお姉さんポジションなので大人びて描かれていましたが、okamaさんの初期デザインはちょっと大人っぽい中学2年生という感じでこれはこれで等身大な感じが好きです。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まあ、あれだ

2016-06-22 | ポケモン(アニメ)
  「ライバル対決!サトシVSショータ!!」
 ショータは素直で頑張り屋でほんとにいい後輩・ライバルキャラです。
会う度にポケモンも育ってるし戦術も学んで身につけてるし、すごく成長してますね。
シリーズ終盤で彼がどこまで育つのか楽しみです。
 前回あたりからCM提供画面でボルケニオンとマギアナが動いてるのがかわいい。CG?

  「エイセツジム戦!氷のバトルフィールド!!」
 余計なストーリーを入れずジムに立ちはだかるジムリーダーと即ジム戦って流れ、ゲームと同じBGMも相まってゲーム版のジム戦に寄せてる感ありますね。あられの表現もゲームっぽかった。
サトシゲッコウガの名前はアニメ内では今回が初出でしかもユリーカ命名だったのか…
 ユリーカのペロリームウェアかわいい。ユリーカのポケモン服シリーズとトライポカロンの各選手のコスチュームは可愛いのでどこかにまとめるかグッズに使ってほしいです。

  「迷いの森・・・進化の夜明け!」
 メインはサトシとゲッコウガでしたが個人的に魅力的だったのはセレナ。
片思いの相手を探して自分から暗い雪の中に入って行って、雪玉をぶつけてあそこまで叱咤できるなんて、この子こんなに強い所あったんだ…と株が上がりました。乙女モードな面だけじゃなかったんですね。トライポカロン関連などではいろいろ言いたい事もあるんですが、こんな面もあるとは、やはり勿体無い子です。

  「サトシゲッコウガVSメガユキノオー!発動巨大水手裏剣!!」
 やっと完成したサトシゲッコウガに相手はメガ進化ポケモン、ジム戦恒例のスタッフが心配になるほどの超作画で、
最後にふさわしいかっこいいジム戦でした。新作も近づいてきたし、もうカロスリーグなんですね。
ジム戦を終えたサトシに駆け寄るセレナ、前回の態度を踏まえると感動です。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レインボーな季節

2016-06-03 | その他作品
 キンプリの流行りに乗ったのをきっかけに、プリティーリズム レインボーライブにハマリ直しております。
なんせ放送時に録画したものが一年分全話手元にあるもので、観ようと思えばいくらでも観れてしまうのです。
さすがに全話がっつりと観る時間は取れないんですがちょこちょことつまみ食いを。
 改めてハマった頭で見ると、リアルタイムで観てた時よりもヒロイン達がずっと可愛く魅力的に見えます。
リアルタイム時から美人さんで好きだったべるは変わらず好きだし、なるは小さくてピンクで無邪気でまさにラブリーだし、おとははお嬢様だしあんとわかなはチェリピキだしいともクールなのに唯一彼氏持ち可愛い。
可愛いだけでなくそれぞれが抱えている問題を一年かけて乗り越えたり仲間達との仲を深めていく所を見せつけられるんだから、応援したくなっちゃうわけですね。
そして男子はコウジ推しになってきたっぽいです。リアタイ時はほとんど気に留めてなかったのに分からないものです。
いとちゃんとお幸せに。
 RL当時ぷっちぐみで連載してた漫画とかすごい読みたかったです。(単行本化されてない?)
可愛かっただろうなあ…。

 キンプリの、雑誌やインターネットで取り上げられてる記事も少しずつ漁っているのですが
制作時はぎりぎりの予算・人数で綱渡り状態で作り上げさらに公開当初は上映館も少なく崖っぷちだったそうで。
それが2月あたりからSNSの口コミで広まって今のこの盛り上がりにつながっているという話を知って、ほんとに良かった…と思っています。そういう私自身も流行りだしてから掌返したような感じではありますが。
でも監督はじめスタッフと、RLリアタイ時からずっと応援してきたファンの思いが報われて本当に良かったです。
 過去のプリリズ映画にも男子キャラを強引に登場させたりしていたそうで、スタッフの男子キャラへの熱意を感じます。
(本来RLの主役である女子は…?とちょっと思わなくもないんだけど。まあこの人気ぶりだしいいか?)
まだ読んでない記事とか制作秘話的なものがいろいろあると思うので。もっと漁りたいです。

 RL・キンプリでカバーされた3曲を中心にTRFを聴いてみたのですが、すごいかっこいいですね!(今更感)
プリリズ以前もサビくらいは聞き覚えあったんですけど初めてちゃんと聴きましたよ。
今から20年以上も前にこんなかっこいい音楽が存在していたんですね。小室ファミリーとか言われるわけですね。
RLでもOPに使われたCRAZY GONNA CRAZYとか、元の曲フルで聴いてみたらすごい綺麗で感動しました。
いま初夏なのに冬の夜景がありありと浮かんじゃいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 冬~春のいろんなアニメ感想いきます。

 春アニメは坂本ですが?が面白いです。
 冬アニメは昭和元禄落語心中と、NHKで再放送されたラブライブ!、進撃の巨人が面白かったです。
再放送ふたつは今回初めて観ましたがなるほどこれはヒットするな…という感じ。
おそ松さんはキャラ人気ばかり話題になってますがそういうの抜きにしてもよく出来たギャグアニメでした。
背景などの美術面も凝ってたなあと。
 ひみつのここたまは キラリスとサリーヌ・パリーヌが可愛いです。
もっと言うとここたまよりも猫のアマンダが無駄に可愛すぎて困っています。ノラの虎太郎ともお似合いだし。

 映画はキンプリの他にドラえもんとズートピアを観ました。どちらもとっても面白かった。
ズートピアは動物の特徴がすごくこだわって描かれているのを感じて、動物好きにはたまらなかったです。
流石ディズニー。動物要素抜きにしてもストーリーもどきどきわくわくの連続で楽しかったしニックとジュディの凸凹だけど名コンビな感じもとても好きです。恋人ってわけじゃなくても二人の息の合った感じ、とてもいいです。
あと、ゲスト声優は最小限であとは基本普通の声優さんばかり使われていたのも高評価ポイントです。
 自己流にしないと描けないようです。
 薄々思ってましたがディズニーのファンアートで公式タッチそっくりに描ける人ってすごい。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

めざせゲッコウガ

2016-05-27 | ポケモン(アニメ)
  「サトシとアラン!ゲッコウガVSメガリザードンふたたび!!」
 サトシゲッコウガへの道はまだまだ険しい。
サトシゲッコウガは完全に謎の現象なのでこれを解き明かしてくれるのはよっぽどの専門家かと思っていましたがシトロンの手探りな実験で結構解明されるとは、やりおる。
 話のメインじゃないのにレントラーのバトル作画が気合入りまくりでしびれました。(ジム戦の時の流用もある?)
オンバーンはもしかして進化回以来だっけ?
 ハリさんの回復と嬉しそうなマノンも分かって一安心です。

  「森の呪いと白いボクレー!」
 前回の次回予告がホラーっぽい雰囲気だったのでアニメXYは定期的にホラーっぽい回入るなと思っていたら普通にほのぼの回でした。お供え物がマカロンって、さすがカロス。(純日本人の感想)
ミニコーナーは色違い特集。色違いピカチュウってアニメに出るの初めて?

  「サトシ対チャンピオン・カルネ!VSメガサーナイト!!」
 ジガルデ、フレア団、チャンピオン・カルネ、サトシゲッコウガとクライマックスの要素が出揃ってきました。
XYシリーズはあと半年ほどありますがサトシゲッコウガの成長、カロスリーグ、ジガルデ関連とやっていると結構あっという間なのかな?
 サトシッゲッコウガ、まだ特訓段階であんなすごい事になるならうまくコントロールできるようになったらどれだけすごい事になるんでしょうか…今回の演出見てると先がこわいです。
ED後のミニコーナーはお茶目なカルネさん。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かくかくメブキジカ

2016-05-06 | ポケモン(アニメ)
 恋の花咲く季節

  「シトロンの花嫁!?ユリーカのシルブプレパニック!!」
 いつも張り切ってシルブプレしまくるくせにいざシトロンに彼女ができそうになると複雑な気持ちになるユリーカいとおしい。シトロンも普段ヘタレっぽい雰囲気出してるのにいざという時はいいお兄ちゃんになるし、良い兄妹です。
パンツ一丁でアーボックに巻きつかれるのが夢というのはユリーカの出まかせなのかガチなのか…
 ホルビーとミミロルのうさカップル、見た目的にもなかなかお似合いでした。
ハリマロンとヤンチャムはいい噛ませ役だったし。
尻尾で歯磨きしたりユリーカと動きがシンクロするデデンネ可愛い。
ミニコーナーもデデンネ特集で、初登場回の可愛いシーンや群れで固まって寝る可愛い絵を拝めました。

  「セレナ、サトシになる!最強ピカチュウ対決!!」
 セレナの彼女力が大爆発。乙女チックするだけでなくサトシのために看病したり必死でサトシの戦法を思い出してバトルしたり、頑張ってたのが好印象でした。
こないだのトライポカロンの時は苦言も呈しましたが、サトシにほれ込んでお花畑するだけでなく自分から動こうとする姿勢自体は好きです。いつぞやのプレゼントの話の時といい。
あとはこういう姿勢がポケモントレーナーとしての成長に繋がってくれればポケモン作品のヒロインとして合格なのです。
 ゲストのジミーとトンガリ 見た目も含めて賑やかな二人でした。
サトシの名前が結構知れ渡ってるって初めて出る設定でしょうか。これだけいろいろ旅してるしね。
 演歌歌手のロケット団、ムサシの髪型はポケモンでもいろいろ歌った小林幸子意識してる?

 おはスタの司会交代 山ちゃん長い間お疲れ様でした。
おはスタやってない地域の人間なので本当は関係ないといえば関係ないんですけど、ポケモンはじめ小学館×テレビ東京作品をいろいろと通ってきてる私にとっておはスタはずっと憧れの番組です。観られないから余計に。
旅行先などでキャラがいっぱい出てくる可愛い天気予報を見れた時はとても興奮したものです。
 おはスタ放送してる地域で育った人にとって山ちゃんはもはや朝の顔なのかもしれないし、慎吾ママにネタを真似されるくらいなのでおはスタの面だけでもすっかり有名人ですね。
 よくよく思い出せばポケモン映画のゲストに山ちゃんが出続けているのもおはスタの司会者だからという縁でしたね。
レイモンドやベッキーもおはスタ経由でポケモンのお仕事に来ていたし。
 で。これからおはスタから山ちゃんがいなくなればポケモン映画への出演もなくなるのでしょうか。
代わりに新しい司会者の小野友樹さん花江夏樹さん(二人とも声優)がポケモンにやってくるのか…?
ポケモンファンとしてはそこも気がかりです。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プリズムの輝きは いつもここに

2016-04-24 | その他作品
 劇場版 KING OF PRISM by PrettyRhythm http://kinpri.com/

 話題の映画・キンプリを観ました。
プリティーリズム レインボーライブ(以下プリリズRL)の劇場版であり男子キャラのスピンオフという事で
はじめはわざわざ映画館まで行って観なくても…とスルーしていたのですが、この盛り上がりっぷりを受けて
これはプリリズ/プリパラずっとリアタイで観ている人間としてはチェックするべきじゃないか…?と思い立ったのでした。
 いやはや 言い表せないというかツッコミきれないというか、めちゃくちゃ楽しかったです(笑)
ツイッターなどに観てきた方のレポ漫画なんかがいろいろ漂ってますが、おおむねそんな感じです(笑)
スケジュールの関係でいきなり応援上映に行ってしまったのですが、若いお姉ちゃん達の愛のこもった&訓練されたコールに初めはびびりつつも、気付けばめちゃくちゃ楽しかったです!
 男子キャラのスピンオフなのでTVシリーズからのヒロ、コウジ、カヅキと映画版の新キャラ(全員男子)がメインなのですが、他にもTVシリーズでおなじみのあの子達やあの人達もちょこちょこと顔見せがあるので、プリリズRLの後日談としても満足の内容でした。
男女カプ好きとしては自転車のくだりがとても眼福でございました。べる様好き。
プリパラでおなじみのあの男の子もいたし。

 キンプリ/プリリズシリーズの監督は平成ヤッターマンの監督でもあり個人的に馴染み深い人なのですが、
こんなに才能のある方だったとは。ここまで追いかけてきて本当によかったと思います。
「夜ノヨッシャーマン」ミニアニメ化希望です。監督お願いします。


 キンプリ観に行く前に、プリリズRL観てたのがなんだかんだ3年も前だしそもそもリアタイ時そこまでハマってたわけでもないので結構忘れてるし、当時の録画を引っ張り出して軽くおさらいをしました。
早送りしまくりながら超ダイジェストででしたが4クール分。
 改めて観たら人間ドラマがなかなか濃くて、こんなにしっかり描かれていたんだなあ…と改めて見直しました。
キンプリで主役を張ってる男子キャラ達はTVでは脇役だったので正直あまり記憶が残ってなかったのですが、
あの3人がぶつかり合いながらオバレを結成するまでがじっくりと描かれていた事に今頃気付きました。
 キンプリ観た方に主張したいのが、プリリズRLの内容を知ってる状態でキンプリを観ると、感じる厚みが段違いです。
プリリズRLからの積み重ねをキンプリの随所に感じる事ができました。
RLで紆余曲折を経てオバレ結成した三人がキンプリでは立派に成長していて、とても感慨深く思えました。
プリズムショー界の裏でいろいろ奮闘していたあの人やあの人もキンプリでも健在だったし、いとの弟のユウ君もいます。
評判になってるカオス分だけでなくTVシリーズからの積み重ねによる感動も味わう事ができて、ほんとに、TVシリーズ見直してから行ってよかった…!と心底思いました。
 プリリズRLを知らずにキンプリのカオス面や新キャラを楽しむのもそれはそれでと思いますが、
キンプリを観てオバレ3人に興味が湧いた方はぜひRLも…!と思います。

 しかしリアタイ放送時はそこまでの人気でもなかったしキンプリの上映始まった時点でも正直大した事なさそうだと思っていたのが(メインキャラが全裸のポスターが衝撃的だったのは覚えている)こんなに火がつくとは。
男子キャラ人気ももちろん嬉しいし、キンプリ経由でプリリズRLを観てRLにもハマってくれたり女子キャラも気に入ってくれる人が続々と増えてるの、ずっとリアタイでTVシリーズ観ている人間としてほんとに感慨深いです。
私自身もプリリズRLの面白さを再認識できたし、そういう意味でもこの映画が作られてほんとによかったと思います。
スタッフと、私が観るだけ観てスルーしてる間もプリリズRLを応援し続けてキンプリも上映当初から応援してくれてるエリートな皆さんにはとっても感謝です。
続編希望です。この加熱ぶりなら可能なのでは。

 そんなわけで キンプリも楽しいですが最近プリリズRLにちょっと再燃中です。男子もいいけど女子もいいよ。
リアタイ時にはスルーしていたグッズやらが今になって気になってきたり。TRFの楽曲もいいね。

 というわけで。とにかく楽しい映画を観たい方、男子キャラを楽しみたい腐られた方、純粋にプリティーリズム レインボーライブが好きだった方、全力でおすすめします。応援上映で思いっきりはしゃぎましょう。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近

2016-04-22 | その他・日記
 このたび被災された方々にお見舞い申し上げます。 ニュースを見ていると少しずつインフラが復旧してきているようで、早くいつもの生活が行き届いてほしいと思いながら見ています。

 こちらはテレビやインターネットに触れなければ何事もないあたたかい日々なので、ツイッターで“いつも通り”にくっちゃべっては後から目に入った災害関連の深刻な話にはっ、と我に返るのを繰り返す、そんな感じです。
こういう時に緊急時の知識を持ってたり適格な事を言える人を全力で尊敬しつつ、5年前にまわりでいろんな事があったのに何も吸収しなかったんだなあと無力さを感じたり。
長々書く時間がないからとツイッターにばかりいると結局“いつも通り”な呟きばかりしてしまうので、
ここに改めて書いておこうと思いました。
 落ち着いてきて、機会があれば熊本のおいしいものを食べたいです。三陸や福島のおいしいものも食べたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ついでに近況 新居に住み始めて1か月以上経ちますが、自分でも信じられない事にいまだに部屋の細々とした整理がついておりません。今も時間があればあっちを整理してこっちを整理して…みたいな毎日です。
とはいえあとはほんとに細々した事ばかりだし、自分でもそろそろいい加減に終わらせたいと思っています;
まあ私の片づけ能力がポンコツなのが主因だろうし。 こないだ久しぶりにちょっと絵を描いてみたらなんだかいつも以上に線がふらふらしてる気がしたのでリハビリもしたいし。
 そろそろ乙女椿が花を咲かせる時期なので、外でそれっぽい花を見つけると思いっきり見てしまいます。
うちで挿し木しているものはちょっと諦めた方がよさそうです。仕方ない。
うまくいけば幼い否定姫を育てるような気持ちで育てられたかもしれないので残念ですが。

 辛気臭い話ばかりで終わるのもあれなので先日撮ったお写真
 刀語の舞台にもなっている某所で、近くに来たついでに寄ってみた建勲神社(の入り口)。
刀剣乱舞でおなじみ・へし切長谷部の模造刀が中に飾られていました。
その割に全然話題にあがってないようですが、ファンでも模造刀だとあまり食指が動かないのでしょうか。
それとも単なる知名度?

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

未来の私

2016-04-07 | ポケモン(アニメ)
 3週間ぶりぐらいのお絵かき・ペロッパフ
ミルフィのペロリームのいちごケーキみたいな衣装も可愛かったですね。(アニメ感想)
引っ越しの後も新居の荷物整理や他にもバタバタする事が続いていたのですが、そろそろやっとお絵かきやゲームを再開できそうです。

  「エルVSセレナ!開け未来への扉!!」
 セレナとトライポカロン全体について言いたい事は前回の感想で長々と言ったので読んでない方はそちらから。
 怪我をおしても決勝戦に出ようとしたりヤシオさんにきっぱり意思表示をしたり、この回だけ見るなら決勝まで勝ち進んだ人らしい立派な振る舞いでした。途中の道のりが都合よすぎだったのがやはり惜しい。
大会が終わって、負けても「楽しかった」と笑顔で振る舞うセレナには安心しましたが初めての大会で大泣きして髪切るほど悔しがってたのを思い出すとこれ普通は逆の反応になるんじゃいか?とつい思ってしまいますが・・
 前の感想でも書きましたが、こういろいろ言いたい事があっても肝心のパフォーマンスのシーンはものすごい良作画なので案の定見入ってしまうのでした。セレナは勿論サナもムサシもエルさんも良かった。
 セレナがバランス崩したのをフォローするニンフィア、初出場の時は自分が転んでしまってたのに、成長しましたね。ヤンチャムにもお姉さんらしいリアクション取ってたし、弱虫ちびっこだったのが見違えるようです。
別れのシーンで熱烈キッスを浴びせるムチュールと放心するヤンチャムには笑った。
 ドリドリセレナver しょこたんキャスターの歌に比べるとちょっとパワーダウンに感じたり伴奏がカラオケみたいにちょっと安っぽく聴こえてしまったりそんな第一印象でしたが、セレナらしく可愛らしいです。
もっと聴けばまた印象良くなるかも。何よりずっと念願だったセレナカバーが実現して嬉しいです。こないだのロケット団EDもでしたが折角なのでもっと何回かEDで流してほしかったです。
 パフォーマー通信も今回が最後とは。まだまだスポット当ててほしいモブ選手いっぱいいたので残念。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  BW「サトシ対コテツ!秘密兵器サザンドラ!!」
 放送時に録画失敗して観られなかった回を回収できました。
コテツのリオルが進化する瞬間を見そびれていたのが地味に心残りだったのでやっと見る事ができました。
 久しぶりに観るBWシリーズでしたが、イッシュリーグまで来てるのにサトシの手持ちが進化前・途中ばかりでもうちょっと進化して欲しかったなあとか(コテツの手持ちが最終進化形ばかりなので余計に対比が)
まだまだ初心者感が抜けてなくてリーグ戦の最中までルールを間違えてるコテツにサトシがこの後負けるのはやっぱり理不尽だなあとか、でもサザンドラあたりは強キャライメージを崩さないでくれてよかったとか、
ツタージャはいい姉御キャラだとかいろいろ思うところがでてきました。でもポケモンバトルを見てるのは面白かった。
 OPの「やじるしになって」EDの「みてみてこっちっち」も久しぶりに観ましたがOPのモブポケモンがどっと走り抜ける所は壮観だしモデル歩きミミロップ&ムチュールはやっぱり可愛かったです。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加