みどりの森ノート

アニメなどの話題やイラスト。ポケモン、刀語、動物キャラ作品など。ポケモン(アニメ)の感想更新してます。

Zワザ(体験版)

2016-12-02 | ポケモン(アニメ)
  「守り神カプ・コケコ登場!挑戦、オレたちのZワザ!!」
 前半はキャラクター紹介、後半はカプ・コケコとサトシのZワザと今回もわくわくする導入回でした。
テレビ東京系列では1・2話が連続放送だった事もあり、先週第1話を見てからの1週間が妙に長く感じました。
 回し車を回すトゲデマル、寝てるトゲデマルを起こすアマカジ、首の岩をすり付けるイワンコ等ポケモン単体の動きも多くてとても可愛かったです。ポケモンと一緒に生活してる感が出てる。
教室に入りきらないアローラナッシーがドツボでした。あの尻尾やっぱり動くんですね。
 ポケモンスクールの仲間達。しっかり者で料理もできるマオ、知性派お嬢様のリーリエ、
大人しいけど釣り好きだったりアシマリをよく見ていたり動く時は動いてるスイレン、
厳しくも頼れるお兄さんポジションのカキと、バランス良いですね。
(マーマネのキャラがまだ掴めなかったので今回は失礼 オタクっぽい系?)
 歓迎会でそれぞれの手持ちポケモンを紹介してからの、カプ・コケコの指導による初めてのZワザ。
初めてのサトシがいきなり使いこなしてしまうのか…と思っていたらZクリスタルは試供品というオチでした。
これからサトシがZワザを習得していくのが楽しみです。

 サブタイトル画面の仲良しな4匹が可愛い。
 アイキャッチが引き続き「今日のポケモンピックアップ」形式なのが個人的に嬉しいです。
ポケモンはいっぱいいるのでアニメも少しでもちゃんと紹介する部分があった方がいいと思っているので。
 マオ役の上田さん、プリパラでの多彩な演技も見ているので、ぜひマオだけでなくポケモンの鳴き声もいろいろやってほしいです。


 ディアンシー映画の主題歌「夜明けの流星群」が今頃になって気に入ってきたので聴いてます。
映画の主題歌はケルディオの年が個人的に微妙(曲そのものもだけど歌ってる人の普段のキャラとのギャップが)
だったのをきっかけに映画館とCM以外であまり聴いてない年が続いていました。
ここ数年の主題歌も夜明けの流星群みたいにちゃんと聴いてみれば気に入るかもしれません。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アローラ!

2016-11-23 | ポケモン(アニメ)
  「アローラ!はじめての島、はじめてのポケモンたち!!」
 始まりましたサン・ムーン編。
予告などから思っていた通り、今までとはちょっと雰囲気を変えてその分思いっきり楽しそうです。
第1話から新キャラと新旧ポケモンがたくさん出てきてとても賑やかでした。
ナマコブシ、ニャビー、キテルグマにカプ・コケコと早速新ポケモン達が表情豊かでとても楽しかったです。
よく動くところや背景にもモブのポケモンがいっぱい描かれてるところはXY編から受け継いでくれたようで。
本編と同じくよく動く上にとっても楽しそうなOPと、前半で楽しく踊って後半の歌詞でちょっとじんわり来るEDもいい感じです。
 ポケモンライドに始まりポケモンスクール、スカル団、Zワザとサン・ムーンの新要素もいきなりたくさんでした。
今までのシリアスな悪組織もいいですがスカル団の下っ端チンピラ感も面白い事してくれそうです。
ロケット団との絡みとかもあるんでしょうか。
カプ・コケコは伝説ポケモン?にしてはフレンドリーな感じですね。
Zリングはいかにも人間が作ったみたいなアイテムなのでカプ・コケコから与えられるのは意外でした。
 ナリヤ校長がテレビ電話でオーキド博士の事を「ユキナリ」と呼んだのを聞き逃さなかった古参ファン。
にやりとする小ネタでした。

 ゲーム発売の前にアニメが始まるパターンは珍しかったかもしれませんが、
ツイッターなどの雰囲気を見ていると前の夜にアニメが始まっていい感じに空気が盛り上がったところで
0時からダウンロード版開始(パッケージ版は翌朝から)…と、結構いい流れになったと思います。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リルリルロック

2016-11-20 | ジュエルペット・サンリオ
 夏ごろに売っていた、明治のお菓子とSB69のコラボ商品。かわいい。
動物ミューモン形態、中でもグッズなどに結構使われてるこの絵柄はあまりオタク臭がないので
普通にスーパーの売り場に並んでても安全ですね。
キャラクターグッズを使う側としても人間形態とかの絵より使いやすそうで。

 SHOW BY ROCK!!しょ~とアニメに続いて2期を楽しんでおります。
今回も女子バンドは可愛く、男子バンドはかっこよく、+面白く、キャラを見せるのが上手いなあ…と思ってます。
1期以上にメイン5バンド以外のバンドがちょこちょこ出てきてゲームやってる身としてとても嬉しいです。
ドーリィドルチもすたっどばんぎゃっしゅもガウガストライクスもアニメで見れてとても嬉しい…
チョキュルイユに声がついてないとか細かい事はいいのです。
 先にゲームに登場していた2つの新バンドは予想通り2期のストーリーに絡むんですね。
まだ先が読めないですが、1期のクリティクリスタみたいに最後は仲良く平和に終わってほしいなあと思います。
というかそれぞれシンガン(アイオーン)、トラクロとの接点が気になります。
 そしてゲームでもちょこちょこ仄めかされていた、シュウ☆ゾーとロムの過去バンドも明かされてきて驚きです。
ゲームでの扱いはこの先どうなるのでしょうか。


 これも夏ごろにサンリオギフトゲートに行けた時に買った、フェアリルビジューケースとシール
フェアリルビジューケースは可愛いうえにゴージャスそうな見た目の割に1000円しないお値段だったので買ってみたのですが、これに似合う中身がなかなか見当たらないので、まだ空のままです(苦笑)

 リルリルフェアリル 地元で放送されていないのですが、
毎月AT-Xの無料日に見られるので1か月おきぐらいに飛び飛びで見ております。
可愛いフェアリル達とちょっとイイお話が心地いいです。

 あとサンリオ話… シュガーバニーズのアニメが前に1期を見たきりだったので最近2・3期を一気に見てます。
こちらもほのぼの可愛いです。たびうさ・かぜうさはアニメオリジナルでしょうか。
 田村ゆかりさんが歌う3期のOP曲とももうさ・はなうさのキャラソンが可愛いので手元に欲しいです。
シュガーバニーズの曲だけでも何曲かあるのでベスト盤的なのがあったらいいのですが…
やはりサンリオのキャラソン系はなかなか入手経路が少ないので悩ましいです。
けっこう豪華声優陣だというのに。

 歌手の人もですけど高橋剛さんの作るサンリオ曲も、いいんですよね。可愛さと盛り上がりがあって。
キャラソン系もピューロランドのショーの曲もどれも好きです。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どこから来たのかごくろうさん

2016-11-17 | ヤッターマン・タツノコ
 タイムボカン24 http://www.ytv.co.jp/timebokan24/

 2008-2009年のヤッターマンに続く、タイムボカンのリメイクが放送中です。毎週楽しんでおります。
コナンの隣と、放送枠もヤッターマンの時と同じなんですね。
いろいろと、ヤッターマンにはまっていた頃を思い出しながら見ています。
元祖の方のタイムボカンは何年か前にBSで再放送されていたのでその時に結構見ていたり。
三悪…アクダーマの声は夜ノヤッターマンと同じなのでこれからこの3人がずっと三悪キャラを担当するのでしょうか。頑張ってほしいです。
 妖怪ウォッチなどのレベルファイブが関わっていたり監督はジュエルペットサンシャインの稲垣さんだったり、
スタッフの顔ぶれ的にもちょっと注目しております。
ジュエルペットや妖怪ウォッチのぶっ飛びぶりをこちらでもぜひ生かしてほしいなあと。
 カレンがトキオよりちょっと年上設定なのが面白かったりこちらのカレンも木江田博士と思しき人を探している?
と思ったらおじいちゃんというわけでもないみたい?でミステリアスだったり、
各キャラのこれからにも注目です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 キンプリ、プリティーリズムにハマり直してから、平成ヤッターマンの監督でもある菱田さんについて改めていろいろ知りました。ヤッターマンにハマってた頃~プリリズリアタイしてた頃はほんとに名前しか記憶してなかったもので。
ヤッターマンに来る前はサンライズでガンダムとか男児向けにいろいろお仕事されてたそうで、
それを踏まえるとヤッターマンのラスト3話+劇場版のあの男児アニメらしい熱さがとても腑に落ちました。
プリティーリズムもキンプリも同じく男児向けの熱さを感じるところがあるので菱田さんこういうのお得意なのですね。
そういえば平成版ヤッターキングはロボットというかガンダムっぽいなあとかヤッタードラゴンはもしかして魔神英雄伝ワタルあたり意識してたのかなあとか、今になっていろいろ考えてしまいます。
劇場版の悪役だったパ・ズール大臣はプリリズの法月仁と路線がすごい似ていると思います。
 今になって菱田さんによるヤッターマンの裏話をとても聞きたいのですが、当時からそういうインタビューとかは特になかったんでしょうか。監督交代の件とか気になります。

 そもそも私がプリリズADが始まる時に見てみようと思ったのも「あのタツノコプロが手掛ける、今時の女児アニメ」
という点で気になったので、ヤッターマンにハマらなかったらプリリズ、プリパラも見ていなかったかもしれません。
なので今こうしてプリリズRLにハマっているのも元を辿ればヤッターマンにハマっていた時があったからなんですね。
平成ヤッターマン、何気に私のオタク歴において結構重要な作品です。

 平成ヤッターマン監督だった菱田さんのタイムボカン24開始時のツイートを貼っておきます。


 web拍手ポチっとな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よみがえる伝説

2016-11-16 | ポケモン(アニメ)
  「XYZの伝説!」
 サン・ムーン編の前に一休み的な番外編 監督は矢嶋さんとサン・ムーンの富安さんの二人体制
XYZ編でジガルデについてじっくりやってくれたのはとてもよかった反面ゼルネアスとイベルタルは絡ませないのか?
せっかくだからこの2匹も少し出したらいいんじゃないか?…と思っていたので
(2匹は映画に出ましたが主役はディアンシーだったし)
伝説3匹のスピンオフを1本作ってくれてよかったです。
 XYの伝説3匹+デデンネは北欧神話がモデルになっているのでは?という考察を前に見かけた事があるのですが
今回伝説3匹に加えてデデンネも出てきたので余計にそう疑いたくなります。
 パンジーさんはXY直前のデコロラアドベンチャーからサトシに同行してカロスの案内をしてくれたりこうしてXY本編後の番外編にもメインで出てきて、何気においしい役です。
 オーキド博士ホロキャスターはカメテテ。
悪くないけど一番最後がお前かいw今回出てないだろwと突っ込んでしまいました。

 テレビ東京系列ではこの次にもう1本デントとシトロン・ユリーカの番外編がありましたが
私の所を含む一部地域ではこの番外編2話が放送されないようです。
私の所は1話は放送されたのでまだマシな方だったんでしょうか。
サン・ムーン編はテレ東ではいきなり2話連続SPを2週連続でやってその分地方の遅れが開いてしまうので、
番外編を飛ばす事で少しでも遅れがなくなるならそれで…という感じ。

 新シリーズに変わってもアイキャッチやED後ミニコーナーで「今回のポケモンピックアップ」的な事はこのまま続けて欲しいと思います。
あと個人的に、ハリマロンの生天目仁美さんはポケモンの鳴き声などで引き続き出演してほしいです。
普通の人間キャラは勿論、鳴き声とか人外系の芝居も器用にこなせる方だと思っているので。

 さて次からはサン・ムーン編。予告など見る限り本編も主題歌も思いっきり楽しそうです。
最初の3匹にイワンコ、トゲデマル、ヤトウモリ、バクガメスといきなり新ポケモンもいっぱい出るみたい?

Pokémon Generations Trailer
 アメリカの方で制作されたショートアニメです。現在12話まで配信されています。
アメリカ制作といえば前に「戦慄のミラージュポケモン」なんてのもありましたね。
 伝説ポケモンを中心に、ゲームのイベントをシリアスに再現しており
ジ・オリジンみたいにゲームプレイ済の大人ファンにこそ見ていただきたい仕上がりです。かっこいい。
今の所日本語吹き替えも字幕版もないのが勿体無い…(見てれば大体の話は掴めますが)

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アデュー カロス

2016-11-10 | ポケモン(アニメ)
 思い出がいっぱい

  「さらばサトシゲッコウガ!クセロシキの逆襲!!」
 まだ残ってたフレア団。シトロンの最後?の見せ場。ヌメルゴンとお別れ。
そしてサトシゲッコウガとまさかのお別れ。特別なポケモンになってしまった故の措置でしょうか。
ジガルデとサトシゲッコウガと、サン・ムーンのゲームに出る2匹が一緒になったのは、アニメのサン・ムーン編でもまたちょっと出番があるんじゃないかなあ?という気がしてなりません。

  「終わりなきゼロ!また逢う日まで!!」
 実質最終回。各キャラを余すところなく見せてくれて、XYシリーズは最後まで丁寧でした。
冒頭の画面にはり付くピカチュウで初期OPを思い出し、
空港、ピカチュウとホルビーのバトルと第1話を思い出す要素がずるいです。
 手持ちポケモン全員ボールから出してのお別れシーンはよいサービスでした。
ハリマロンとヤンチャム、ホルビーとニンフィアetc いろんな組み合わせで別れの挨拶を交わしているのが感動的でした。みんなたくさん衝突したり戸惑ったりしながらここまで強くなったんだなあ…と感慨深く思えました。
からの、別れたくなくて逃げ出すデデンネとそれを諭すユリーカ。
年齢的に寧ろユリーカが駄々をこねそうな所だと思うのですが、デデンネをしっかり諭すあたり、
ポケモンが大好きなだけでなくおそろしく良くできた子です。ユリーカも旅を通して成長したという事でしょうか。
 セレナからサトシへまさかのキスシーン。最後まで(ポケモントレーナというより)美少女ヒロインしてました。
セレナはこのまま後腐れなくホウエンを旅するのだろうしサトシはいつも通りにぶいし、
どう決着するかと思っていたセレナの片思いも爽やかに終わって良かったです。
サトシとの旅の中でポケモントレーナーとしても、恋する女の子としてもたくさんの事を学べたのでしょう。
こんなシーンで流れる空港内アナウンスが「ラティアス航空」とは、これまたずるい小ネタ。
 ロケット団も今回もうまくサカキ様を言いくるめて、引き続きアローラでも相変わらずでいてほしいです。
ソルロックとルナトーンのキーホルダーがサン・ムーンを暗示させるまたまたうまい小ネタ。
 サトシとシトロンのバトルで二人の固い友情を感じて、
ラストは各キャラのこれからをダイジェストに見せてさらに最初のOP曲に乗せてXYシリーズの名場面集。
まさにXYシリーズの集大成な回でした。

 ミニコーナーは久しぶりのオーキド博士ホロキャスター
XYの目玉なメガシンカもいいけどそこにいるロトムがどうしてロトム図鑑になるのか説明してほしい…

 アニメXYは、毎回作画もストーリーもとても丁寧で大人ファンの目線でも見応えのあるシリーズでした。
監督がポケモン世代だからなのかにやりとできる小ネタも散らばっていたり。
大人ファンにサービスするのもいいですが、妖怪ウォッチという強力なライバルが出てきた事もあり肝心の子供には見てもらえたかなあ?というのが少し気がかりです。
なので、XYの丁寧さも良かったですがサン・ムーンでは思いっきりギャグに振った路線ではじけてほしいです。
 セレナの動かし方だけはちょっと、「ポケモントレーナー」というより「ただの美少女ヒロイン」
だったなと思います。セレナは可愛く描かれていたと思うけどセレナよりもポケモンを目立たせてほしいんだけどな…という感じが。
ポケモンを可愛く着飾って踊らせたいだけならやはりトライポカロンの規模をもっと小さくしたらよかったと思います。

 何週間か前から、毎週アニメの時間に早くもZリングのCMが流れています。
妖怪ウォッチよろしくゲームとがっつり連動するおもちゃだし、気合の入りようがうかがえます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホワイトプレイ記

2016-11-02 | ポケモン(ゲームプレイ記録)
 こんなDSでやっています。
夏にポケセンで買った♀主人公&ツタージャ(ゲームの自分と同じ組み合わせ)のステッカーを何とか貼り付けました。

 久しぶりのポケモンホワイトプレイ記事です。先日フキヨセジムを突破しました。
サン・ムーンが出る前に終わらせて少しでもXYをリアルタイムでやりたい…とぼんやり思っていたんですけど、このペースではちょっと厳しいかも。

 スカイアローブリッジ、ヒウンシティ、ホドモエの跳ね橋、タワーオブヘブンの階段と、立体感が格段に進化していて感動しちゃいます。科学の力ってすげー。
 秘伝じゃない技マシンも使い放題になったのは便利ですね。いろいろ使えていいです。
 きのみがゲーム内で育てられなくなったのは個人的に残念です。
PDWは行かずじまいなので想像するしかないですが、多分ゲーム内で育てるよりも効率良くなかったんじゃないかと思います。
 ライモンシティでのベルとベル父のイベント。
何となく危なっかしい所があるベルが父親と真面目に向き合ってて、ぐっと来ました。
アニメ版ベルのあのキャラも好きなんですが、このゲーム版ベルに先に慣れてしまってた人的にはアニメ版ベルは残念な改悪に思えただろうなあ…とやっと分かりました。

 フキヨセ前後で進化ラッシュを迎えたので記念撮影

 ホドモエ前後で育てた子達
 毒、草、電気タイプが多かったので香辛料っぽいNNで統一してみました。記念撮影。
見づらいかもしれませんがハバネロはフシデ、ハジカミ(山椒)はバチュル、シソノスケはアーケンです。

 お菓子屋さんで出会ったクッキー
 BWっぽいメッセージとツタージャっぽい緑色を見て思わず買ってしまいました。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヴィランズ ハロウィン

2016-10-31 | ポケモン(その他・総合)
 ゲーム売り場で配布されていたサン・ムーンの小冊子
新ポケモンがかなりたくさん載っているし(多分発行の時点で発表されてる新ポケモン全員載ってる?)
他のゲーム情報もいろいろ取り上げられていて無料配布物にしては読みごたえあります。
公式サイト行けばいくらでも情報は見られるのですが、紙媒体が見やすいのです。

 いろんなポケモン話。

 「敵組織がポケモンセンターを占拠!? 「ポケモンセンター占拠計画」の開催期間延長決定!」
http://www.pokemon.co.jp/info/2016/09/160902_p01.html
 最近ツイッターの方でこれのレポートをよく見かけるのですが、なかなか楽しい事になってるみたいです。
悪ボスの皆さんのなりきりぶりがすごいみたいで、すぐ行ける距離だったら私もちょっと行ってみるのに…と思います。
各ボスのファンの人も小さい子も楽しめる、よい企画です。
 悪役の皆さんのなりきり度や、なりきるだけでなくポケセンに来た人と積極的にコミュニケーション取ろうとする姿勢なあたり、去年から某テーマパークで話題になってる某悪役のイベントとなんだかかぶって見えますね。
ハロウィンも近いし時期的にも。もしかしなくても参考にしたのかも?

 ピカチュウとミミッキュのPOKEMON HALLOWEEN http://mimikkyu.pokemon.co.jp/
 サン・ムーン発売まで1か月近くもあるのですがハロウィンに合わせてなのかミミッキュのイベントが。
前のポケモン記事でも言いましたが、今まで新ポケモンのグッズ発売などは基本ゲームが出てからだったと思うので(トゲピーとかアニメに先行登場したポケモンは例外)ずいぶんプッシュするなあ…と思って見ています。
時期が早いのもですが、「友達が欲しくて人気のあるピカチュウの真似をしている…」と元々設定があざといと思っていたところに「そんなミミッキュにお友達を作ってあげよう」と同情を誘うようなプッシュの仕方がこれまたあざといな…
と思いながら見ています。
ミミッキュのメタ的な設定自体は面白いと思ってるので、アニメとかいろんなメディアで面白く使ってほしいです。

 「ポケモンセンターに、クリスマス&ウィンターグッズが登場!」 http://www.pokemon.co.jp/info/2016/10/161021_p02.html
 「ポケモンセンターに、お正月グッズが登場!」 http://www.pokemon.co.jp/info/2016/10/161028_p01.html
 今年も来ましたクリスマス・お正月グッズ。今年も可愛いですね。
こちらもゲームより先に出る新ポケモンのグッズとなります。
クリスマスを迎える頃にはゲームが出ているので逆に新ポケモンを入れておかないとな感じですが。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

それぞれの道

2016-10-28 | ポケモン(アニメ)
 サン・ムーンが出る前にXYのグッズをできるだけ使おうキャンペーン 実施中

  「はじまりはゼロ!シトロンの決断!!」
 カロスリーグもフレア団も終わってここからはXYシリーズの締めですね。
シトロイド、記憶は戻らなかったものの元通りになってよかったです。
アランも罪の意識を背負いながらも博士からの助けが出て、よかった。
自分のメダルをもらったユリーカがポシェットに入れてたの、プニちゃんを思っているんですね。

  「サトシとラストバトル!セレナの選択!!」
 セレナの締め回。ムサシも乱入して、最後までキラキラ綺麗なパフォーマンスでした。
マスタークラスの時や今回のセレナの思い切った態度はよかったと思うので、やはりマスタークラスに来るまでのセレナのトライポカロンの道のりがとんとん拍子すぎだったのが勿体なく思えます。
初心者のセレナをこんなに簡単にマスタークラス選手にしてしまうならトライポカロンの規模をもっと小さくした方がよかったのでは…とまだ思います。
競い合う面をなくしてほんとにただ「ポケモンちゃんをお好みに着飾って楽しく踊るエンターテイメント」にするとか。デパートの屋上や遊園地のヒーローショーぐらいのイメージ。
ホウエンのコンテストはトライポカロン以上にバトルの腕がものを言うので、セレナには思いっきり揉まれてほしい。
 ジガルデの巨石はどこかへ消えたそうです。たぶんアローラ地方?

 1回きりで終わるのは勿体ないと思っていたキャラソンプロジェクトED、
ニャースのバラードとそれぞれの締め回に合わせてキラキラ、ドリドリがまた流れて嬉しかったです。
ドリドリはわざわざ2番バージョン。

 そういえばサン・ムーンではロトム図鑑なるものが使われるそうですが
デコロラ時代にオーキド博士がロトムをゲットしてその後ミニコーナーにも一緒に出演してたの、もしかして伏線だったんでしょうか。ゲームの新要素をアニメで伏線張っていたとしたら珍しいパターンですね。

 サン・ムーンアニメ、最初は2週連続で2話連続SPを放送するそうで、地方民には正直ちょっと痛い話です。
こちらで1話が放送されるより前にテレビ東京系列圏で4話まで話が進んでしまうという…(震)

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デコラ!

2016-10-21 | ジュエルペット・サンリオ
 完走記念 ちょうどさんまの季節なので。

 ジュエルペットきら☆デコッ!完走いたしました。
マイメロやプリパラの森脇監督らしい、ゆるゆるな笑いが楽しいシリーズでした。面白かった!
謎の埼玉と群馬とサンマ推し。
 ジュエルペットのアニメでいつも気にするのがメイン以外の脇役ペットをどれだけ万遍なく目立たせてくれるかという点なのですが、きらデコはその辺ちょこちょこといろんなペットを出してきてたのでかなり満足です。
ストーリーテーラー的な使い方もしてたり。
アニメも4年目ともなればペットのキャラ付けが多少変でも受け入れてしまえるもので、
ラブラ&エンジェラがたまにガチ毒舌だったり可愛いダイアナがハゲヅラかぶったお笑いキャラだったりイケメンなディアンがこたつで腑抜けてるキャラだったり、1年目でこんな出し方されてたら許せなかっただろうなあ…と思います。
 そうそうてぃんくるの脇役で可愛いと思っていたアベニューちゃん、アメトリン&トリステンが再び登場してきたのも嬉しかったです。
 きらデコといえば映画があった年なので、スウィーツペットの出番も結構あって嬉しかったです。
スウィーツペットメインの2話はもちろんその後もちょこちょこと出てきたり。スイーツといえばなサンゴも。
さくらんの笑い上戸設定、ずっと映画のあのシーンだけの一発ギャグだと思っていたんですがTVの方でもあったんですね。
プリンキー役の声優さんは本職ではなくゲストのはずなのですがTVの方にも普通に出てきたのでちょっと謎でした。

 ゆるゆる路線を貫きながらも終盤はそれぞれのキャラの本気と成長が見えたり
ジュエルペット全員集合(多分?)でラスボス戦に参戦してきたり、きっちり大団円してたので良かったです。
ペット大人数でのジュエルフラッシュはやはり燃えますね。
 ずっとずっとトモダチはかなり気に入ってる曲なので最終話のキャラ大集合ダンスバージョンは映画EDと同じくらい豪華でとても満足です。いつでも見れるように手元に欲しかった。(レンタル勢)

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GO

2016-10-19 | ポケモン(その他・総合)
 ポケモンGOがテレビで取り上げられているのを見ていたらカントーのポケモンを描きたくなった

 すっかり今頃ですがポケモンGOに触れたいと思います。
世界中で大流行して元からのファンとしては嬉しい限りです。
…そういう私はというと、スマホが非対応機種だったのでやってなかったりします。
やってみたくないわけではないですけど、今ホワイトやっててそれが楽しいし、ポケモンGO以外にも楽しいポケモンコンテンツはいっぱいあるのでそこまで悔しいわけでも…?という感じです。やれるならやりたいけど。
 なんだか見てると今までポケモンに触れてこなかった層、昔触れたけど長らく触れていなかった層もかなりポケモンGOで遊んでいるみたいで(むしろそういう層に特に受けている?)、
これでポケモン人口がまた新しく増えたらいいなあ…と思います。
 このブームが冷める前に、各企業様にはカントーのポケモンのグッズを作ったりキャンペーン企画をしてほしいなあ…とか思います。その辺のコンビニでカントーポケモンのグッズが買えるような状況を作って
ポケモンGOでポケモンに(久しぶりに)興味を持ったライト層をもっとポケモンに引き込めれば…と。

 というか、ほんとにポケモンGO効果でVCの赤緑青黄やORASが今売れてるみたいで?
また新しく&久しぶりに本家ポケモンに触れる人が増えてるみたいで嬉しいです。
VCは20周年記念で出たものでしたがちょうどポケモンGOブームが起こっていいタイミングで出ましたね。


 「I LOVE コイキングさん」 http://www.pokemon.jp/special/koiking_love/
 ポケモンだいすきクラブのコイキング特集。
コイキングのうたがゲームのネタ拾いまくりでじわじわ面白いです。ていうかこれ歌ってる子供の心境が気になる。
だいすきクラブ、ここ何年か特定のポケモンをピックアップした企画を時々やってくれるのが楽しいです。
夏休み大作戦とかアバター制とかやってた頃のだいすきクラブも好きでしたが、これからもオフィシャルサイトではできない面白い事をいろいろ企画してほしいと思います。

 サン・ムーン 新ポケモンや新要素がどんどん発表されてきて、全部まとめてわくわくしています。
ゲームとアニメのスタートは11月ですがポケセンでは既に御三家のぬいぐるみが発売されていたり
公式サイトのハロウィン企画がミミッキュをプッシュ予定だったり(http://mimikkyu.pokemon.co.jp/
なんか発売より先に新ポケモンがいろいろ前倒しで出てます。カレンダーとかもゲーム発売前に出るんでしょうね。
今まで新ポケモンのグッズとかは早くてもゲーム発売と同時だったと思うので、なんか今回いろいろ前倒ししてるな…と思いながら情報チェックしてます。
ポケセンのクリスマス商品とかも多分ゲーム発売より前に新ポケモンで固めてきそうですね。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アイドル始めちゃいました

2016-10-08 | プリティーリズムRL
 9月15日の誕生日に合わせて描いてみたおとは この子も美少女ですね。
自分の誕生日だろうとお茶を用意したりいつも通り働きそうなおとはですがこの日ぐらいべるやいとあたりに強引に座らされて食べる側になってほしい…そんな事を考えながら描きました。
 ハッピースター☆レストランの衣装はみんな可愛いしいつものプリズムショーともちょっと違うコンセプトで、
EDのイラスト2点だけで終わるのは勿体無い感じがするのでもっと何か見たかったです。今からでも。

 プリズムストーン プリパラショップ 各店にて
キンプリ人気の影響なのか今年になってプリティーリズムの筐体が復活していると聞いて。
私もハマり直した今になってリアタイで遊んでおけばよかったと後悔していた所だったので、仙台に行った時にやってきました。ちょうど中古のプリズムストーンも手に入った事だし。
 好きなヒロイン達が好きな主題歌に合わせて、自分の好きな衣装で踊ってくれるのがたまらなく可愛いです。
これは、リアタイの時にアニメにハマっていればゲームにもハマっていたかもしれません…
地元にも筐体があるうちにいっぱいやりたかったです。いろんな服を着せてみたかった。
 ゲームの間キャラがほとんど喋りっぱなしなので何気に声優さん好きーとしても幸せでした。
レインボーライブはヒロイン達はじめ結構豪華声優陣なので、そういう意味でも嬉しいです。
 ゲームをやると普通にプリズムストーンが貰えるのですが、今までどこにあったんでしょうね…?

 実はRLリアタイの時にも、1、2回ほどゲームで遊んでみた事があったりします。
べる様にTRF曲のどれかを踊ってもらった記憶があるのですが、当時からアニメでべる様の美しさやTRFの曲にちょっと惹かれていたんでした。今みたいにハマるほどではなかったけど。
あの時に出た赤い靴のプリズムストーンを今回持っていこうと思ったんですけど数年の間に行方不明になってました…引っ越しも挟んだし。せっかく唯一リアタイ自力入手してたストーンなので満を持して使いたかったです。


 そしてさらに。ちょっと前にプリパラ(筐体)デビューもしちゃいました。
今まで、プリリズRLのキャラでなら遊びたいけどプリパラはそこまでは…って感じだったんですけど、
ランクを上げていくとマイキャラになるちゃんの髪型が貰えると知りまして。アイドルデビューしてしまいました。
なるちゃんの髪型貰うまでに結構ランク上げないといけないみたいなんですけど、いっちょ頑張ってみるか途中で飽きるか?…という感じです。もしマイキャラをなるちゃんにできたら、いろんな可愛い服を着せてみたいです。
そして可愛く踊ってほしい。アニメはずっと観ているので筐体の曲はお馴染みのものばかりで楽しいです。
 初めて知ったのですが、マイキャラのボイスって、プリティーリズム歴代ヒロインの阿澄佳奈さん大久保瑠美さん加藤英美里さん+伊藤かな恵さんで担当しているんですね。
プリパラになってもプリリズの魂が受け継がれているみたいでプリリズからのファンとしてはかなり嬉しい仕様です。
私もマイキャラ作るときにしっかり加藤さんボイスのキャラを選びました。
ちょうど顔立ちもなるちゃんっぽい子なので髪型を合わせるのが楽しみです。
 プリズムツアーズも良かったし、またアニメとかでセインツ出てほしいです。もっといえばRLのキャラ。


 そんなわけでうちのマイキャラ・なるちゃん(仮)です。早く本物なるちゃんにしたい。
QRコードはプリズムストーンで隠すスタイル。無駄にペアチャムぬいに持ってもらいました。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どんなときも そばにいるよ

2016-10-06 | ポケモン(アニメ)
 ホワイトボードがあったので デデンネとプニちゃん(落書き)

  「進撃する巨石!カロス防衛線!!」
 気がつけば囚われの重要キャラになっていたハリさん。はやくシトロンのハリマロンと並ぶ所が見たい。
 プニちゃんじゃない方のジガルデを説得するプニちゃん、テレビ報道に熱が入るロケット団と今回も見所いっぱいでしたが
何といってもカロスのジムリーダー勢揃いが燃えました。今までゲームでもアニメでもありそうでなかった(多分?)
オールスター祭りです。 カロスのチャンピオン・カルネとホウエンのチャンピオン・ダイゴの会話だったり
メガシンカといえばなコルニがサトシゲッコウガに感嘆するなど細かい会話シーンもいちいち嬉しかったです。
個人的に、せっかくの見せ場なのでチゴラスとシュシュプは進化しててもよかったなあと。
 ED後ミニコーナーまでジムリーダー大図鑑で嬉しかった。

  「反撃のジガルデ!カロス最終決戦!!」
 巨石ジガルデの触手に巻き込まれながら総出でサトシとアランのために戦ってくれたジムリーダー+博士+チャンピオン達、なぜか報道魂に火がついて一部始終をカロス中にテレビ放送してくれたロケット団、
そしてとうとうハリさんを助け出したW主人公・サトシとアラン 主要キャラ大活躍の熱い最終戦でした。
ジムリーダーが大集合してこんなに活躍するの、たぶんアニポケ史上初めてで、ものすごい燃えました。
悪の組織と伝説のポケモンのエピソード、TVシリーズでここまで盛り上げて扱ったのも多分初めてではないでしょうか。ずっとXYシリーズは丁寧な作りで高評価でしたが今回のフレア団編もとても良かったです。
 そしてジガルデは自らの意志でパーフェクトジガルデへ。
ユリーカ達とたくさん積み重ねてきた絆が根底にあっての行動で、こちらも熱かったです。
攻撃の時にユリーカがトレーナーのように「いっけー!」と言ってたのもまた、信頼してる感あってよかった。
出会った時から予想はついていましたがユリーカとプニちゃんの別れはやはり、涙、涙でした。
XY1話からずっとポケモン大好きをアピールしてきたユリーカ、気がつけば伝説のポケモンとこんなに深い絆を育んでいました。
今までは大体人間に対して距離を置いてるか一方的に攻撃する事が多い伝説のポケモンが人間(それも小さな子供)とじっくり信頼関係を作っていくというこの度の試み、とても良かったです。

  <ニャースのバラード>
 まだありましたキャラソンプロジェクト。「ニャースのうた」を思い出さずにいられません。
ちょうど今の季節にもぴったりです。

 さて。サン・ムーンのアニメのキービジュアルや予告映像も出てまいりました。
たくさん出ている新ポケモンや新キャラにわくわくします。
今回のサトシはちょっと(ちょっと?)ギャグ路線に振ってますね。 XYシリーズのサトシが10歳にしてはかなりイケメンキャラになっちゃってるので、振れ幅も大きく感じますね;
いろいろ言われてしまうのも分かるのですが、ギャグ路線自体は悪くないと思うので、期待を寄せたいと思います。
 妖怪ウォッチブームと重なってしまったタイミングもあって、ここでどうすれば子供人気を取り戻せるか…
と考えたら、まあこういう路線になるわけですね。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

虹の向こうへ

2016-10-01 | プリティーリズムRL
 まずはキンプリ続編決定おめでとうございます。
ここまで予想外の人気が出たなら作れるんじゃないかな…と思っていたらやっぱりでした。
プリティーリズム レインボーライブの時からいろいろと描かれてきた、ヒロ様や三強まわりがより掘り下げられるかもしれないので楽しみです。何よりスタッフが掘り下げる気満々みたいなので?
 キンプリの最後に流れる予告は当初は作るかどうか分からないで入れてしまったものだし
正直当初の規模的に続編を作れる状況でもなかったと思うので、続編が実現してほんとにおめでたいです。
 一作目が人気出すぎて続編が微妙になってしまうパターンの心配もあるのですが、スタッフの熱意を信じたいです。

 「『キンプリ』2万人同時応援上映イベントで柿原徹也・前野智昭・増田俊樹ライブ披露 - 『レインボーライブ』なるたちのメッセージ全文掲載」
 9月11日に行われたこちらのイベント「KING OF PRISM Over the Rainbow SPECIAL THANKS PARTY!」のライブビューイングに行ってきました。
地元で上映が終わって以来1か月半ぶりの応援上映とそして笑いあり愛ありのトークショーを楽しんできました。
出演はオバレの声優さん3人と司会の、アニスパのラジオなどで慣れ親しんだ鷲崎健さん。
 久しぶりに大人数で盛り上がった応援上映やオバレの皆さんの愉快なお話もとても楽しかったですが
個人的に一番ひっくり返ったのが女子キャラからのサプライズなメッセージでした。
↑のリンク先に女子のメッセージとオバレの朗読劇の文字起こしが掲載されています。太っ腹。
放送が終わって2年半も経っているというのに皆さん(中の人)変わらないガールズを演じてくださって感激です。
みんな変わらず可愛いしなんかエリートになっちゃってるし?りんねちゃんすごいね!
いとちゃんはちょっと特別扱いで恋する乙女してました。萌えた。
 べる様だけ台詞がなかったのでちょっと戸松さんが心配になったのですが、どうもこの時ツアーの真っ最中だったそうで?それでちょっと都合がつかなかったとか、そんな感じでしょうか。
 キンプリのイベントなのにこうしてわざわざ女子の出番があるという事は、キンプリから来た人達にもこの子達が受け入れられている証なんでしょうね。とても嬉しかったです。ていうか、もう一回聴きたいから何かに収録してほしい。

 「「KING OF PRISM by PrettyRhythm×アニメイトカフェ」池袋2号店・仙台・岡山でコラボ決定!」
 仙台のアニメイトカフェにキンプリが来たので、行ってまいりました。
本命は女子キャラなので最初は行く予定なかったんですけど、
メニューを見たら速水ヒロ様のレモネードに赤いベルローズが浮かべてあると知り。
べる様とヒロのカップリングが好きな私はぜひとも味わいたいと思ったのでした。
 注文しなかったけど「ユウの誓いのクロスロード」も、レインボーライブ観てるとざわざわするネーミングですね。


 本命の「ヒロのPRIDEレモネード」と、可愛いので頼んでみた「ドキッ・レオのくるくるロリポップパフェ」
ヒロ様ドリンクはヒロべるの味を噛みしめながら味わってきました。完全にキモオタでした。
レモネードの他にヒロが子供の時に食べていたパンの耳ラスクも付いてるのでちょっとボリュームあります。
レオ君のパフェも名前も見た目も味も可愛くて、二品とも美味しくいただきました。


 店内のお写真 細かいところまでネタ満載で何から何までキンプリ一色でした。すごい楽しい空間でした。
 去年SB69のカフェやお好み焼きコラボに行った時も思いましたが、キャラクターもののカフェって何だかんだ楽しいですね。ポケモンカフェもいつか行ってみたいです。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画 ボルケニオンと機巧のマギアナ 感想

2016-09-25 | ポケモン(アニメ)
 ネタバレ注意です。


 ボルケニオンはかっこよかったしマギアナはかわいかったしサトシ達の手持ちもその他のゲストポケモンもみんな大活躍でした。ゲストのキミアとラケル姉弟もなかなかの好感度。
観終わった後、久しぶりに素直に「今年のポケモン映画面白かった!」と思えました。

 ・本編前の「上映中はDSを閉じてください」ミニアニメ XY最後の今年はプラターヌ博士でした。
 ・同じく本編前のイラストコンテスト発表会 ポケモン映画はほとんどDVDで見た事ないんですが↑これとこのミニアニメは収録されてるんでしょうか。何気によくできてるのでDVDにも入れてほしいと思います。
 あと今年みたいに短編がない年はこのイラコン発表会のミニアニメをちょっと賑やかにするとか(ダークライの年みたいに/サトシの手持ち全員出すとか)そんな試みもいいんじゃないかと考えました。

 ・毎年恒例「ポケットモンスター、縮めてポケモン…」今年はメガシンカ特集でした。
コルニのメガルカリオ対アランのメガリザードンXってTVでも出ましたっけ?
 ・OPはサトシ対シトロン。ただでさえ良作画バトルの中、倒れたホルビーをかばうハリマロン(からのボケ)だったりピカチュウの電気技とアイアンテールの合わせ技(DPでも二つの技を合体させる戦法編み出してましたね)だったり細かい所まで凝ってました。

 ・今年の主役1・ボルケニオン
今までの強いばかりで言葉の通じない怪獣系伝説ポケモンから一新、ぶっきらぼうな性格で、でも愛嬌もちゃんとあって、主人公のサトシと何度もぶつかり合ううちにだんだん通じ合っていく、親しみやすいキャラでした。
世界を司ってるとかそれくらいの設定の伝説ポケモンの場合はここまでフレンドリーな設定にはなかなかしづらいと思うので、特にそこまでの存在でもないボルケニオンを思いっきり親しみやすいキャラにしたのはよい判断だと思います。
 最初はサトシ達にきつく当たってた所からのクライマックスの大活躍は、すごく頼もしかった。
 今年の配布は前売り:ボルケニオン、劇場:ゲッコウガでしたが劇場配布をボルケニオンにした方が効果的だったのではないかと思うくらい、いいキャラしてました。

 ・今年の主役2・マギアナ
転んでひっくり返ったりサトシの真似をしてラジオ体操したりロボットならではの愛嬌もあり。
ロボットだから感情がないのかと思ったらボルケニオンと言い争いをしたり体重が重い事を気にしていたり。
「可愛い」ポイントを押さえまくっていて映画を観たらボルケニオン同様親しみが急上昇しました。
小さくてお姫様のようなマギアナと大きくてぶっきらぼうなボルケニオンの組み合わせは、なるほどいいコンビですね。

 ・ゲストキャラ
終始サトシ達に手を貸してくれた、王女ながら行動力のあるキミアと 純粋な探究心ゆえにジャービスにそそのかされてしまった(終盤はちゃんと改心)ラケル、姉弟そろって魅力的でした。
 ジャービスも徹底した悪役で、勧善懲悪が気持ちよかったです。今年は人間ゲストキャラの塩梅もよかったです。

 ・ネーベル高原のポケモン達 いっぱいいて可愛かったです。
怪我の手当てが人間とポケモンの交流のきっかけになったアマルス、暗い過去があるゴクリン、
ニンフィアのリボンでメロメロになるシシコと個性も出ていて見ていて本当に楽しかった。
何よりポケモンが画面で生き生き動いていればとりあえず満足してしまうので今年のモブポケモンの使い方には満足です。
非力な描写の多かったポケモン達ですがクライマックスではみんなで力を合わせて高原を守っていたので、感動でした。

 ・メカシンカポケモンとサトシ達のポケモンの戦闘パート、全員大活躍な上にものすごい動く作画で、熱かったです。
例年の映画は戦闘パートでのサトシ達の手持ちの出番は大体ピカチュウメインで+αという感じだったのですが、
今年はほんとに全員大活躍で、とても満足です。みんなかっこいい。映画だからこそ、こういうのを見たかったんです。
 TVではなかなか素性を見せないプニちゃんもここぞとばかりに10%フォルムで戦いまくるし、
自らの意志でパーフェクトフォルムになって高原のポケモン達に加勢するし、伝説ポケモンというよりサトシ達の仲間として戦ってる感がとっても良かった。

 ・今年の主題歌 穏やかな曲調と管楽器の音がXYシリーズの締めくくり感あって、よかったです。
歌詞もボルケニオンとマギアナに取れたりアローラに旅立つサトシに取れたりという感じで。
 EDの中でなんか歯車の中にサトシゲッコウガの絵が刻まれるシーンは、忍者村の時の絵みたいな仕掛けでしょうか?

 ・毎年思ってるしポケモン以外のアニメ映画でも思うんですが、ゲスト声優5人は多すぎませんか。
山寺さんも、いてくれるに越したことはないんですけど、個人的にはそろそろ毎年毎年いなくてもいいかなあ…
と思えてきたり。

 ・EDの後に早くも来年の予告
歴代御三家と、アローラ御三家の(公開時点では)初めてアニメで動いてる所を見られました。

 主役ポケモン2匹が親しみやすいのと、TVレギュラー陣が全員活躍する点で今年の映画は久しぶりに高評価です。
TVレギュラー陣は戦闘シーンでのポケモン全員登場、ボルケニオンとぶつかり合ったサトシ、ポフレを高原のポケモンに食べさせるセレナ、メカ担当のシトロン、そしてがっつり活躍したロケット団とほんとに全員大活躍でした。
 戦闘パートのあるトレーナーの手持ちポケモンはかっこよく、高原の野生ポケモン達は動物的で可愛くと、ポケモンの動かし方もとても満足です。
 後でよく考えると説明不足な所もちょっと思い当るのですがそれを吹き飛ばすほどにアツくて面白かったです。
 ぜひ来年以降もこのまま頑張ってほしいです。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加