こたなたよりこんなこと

「登場人物」と「人物設定」は「フィクション」です。人物・企業・団体は実在のものとは関係ありません。

春のお目覚めの季節?

2017年03月06日 | 一般

  昨日、一昨日と気温が上がり、最高気温は15℃以上と春の兆しが近くなってきましたね。それもそのはず昨日は「啓蟹」でした。

 さて「啓蟄」ですが、コレは、二十四節気の第3の節気でして、二月節、旧暦の1月後半から2月前半をさしています。ちなみに「啓」は「開く」、「蟄」は「虫などが土中に隠れ閉じこもる」意味で、「啓蟄」で「冬籠りの虫が這い出る」と広辞苑では書かれています。また、春の季語としても使われています。

 現在一般的に使われている「定気法」では太陽黄経が345度のときで3月6日ごろとされ、暦ではそれが起こる日ですが「天文学」では「その瞬間」とされています。もう一つの「平気法」ですと「冬至から5/24年」つまり「約76.09日後」になり、こちらは「3月8日ごろ」になります。また期間としての意味もあり、この日から、次の節気の「春分」前日までの期間なのです。

 でも今週は最高気温が10度前後日が続くみたいで、本格的な春はお彼岸を過ぎてからですかね。

 それでは、本日の登場人物はこの方。、「天元界 気象制御管理省 第三惑星管理室 東亜支局 気象精霊」で階級は「第三階位第二 級」、精霊の種類としては「風の上等精霊」。「天空の精霊」を意味する「カエラム」を称号に持つ「ファルティシア・カエラム・マーティンス」さんです。春の目覚めですが、「ファル」さんまだ少し眠そうです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心拍数をもっと調整して、長... | トップ | 「大吟醸」の甘酒は »

コメントを投稿