こたなたよりこんなこと

「登場人物」と「人物設定」は「フィクション」です。人物・企業・団体は実在のものとは関係ありません。

昨日は「春らしかった」のは

2017年03月21日 | 一般

 昨日は最高気温が「18℃」と風は強かったですが「春らしい」一日でした。それもそのはず、昨日は「春分の日」でした。

 で、「春分の日」とは「二十四節気」の一つで「立春」から「4番目」の節季でして、旧暦では2月内になりますね。では「春分」はいつかと言いますと、 現在一般的とされている「定気法」では、「太陽が春分点を通過した瞬間」で、すなわち「太陽黄経」が「0度」になったときとされ、だいたい「3月21日」ごろ。ただし「暦」では春分点を通る日ですが、「天文学」ですはその瞬間とされているのです。もう一つの「恒気法」ですと「冬至」から「1/4年」約91.31日後となり、こちらは「3月23日」ごろになるのです。また「春分」は 期間としての意味もありまして、この日から、次の節気である「清明」の前日までも「春分」になるのです。ちなみに「 西洋占星術」は「おひつじ座」の始まりともなっています。

 ちなみに、よく「春分の日」は「昼と夜の長さが同じ」と言われていますが、実際は「昼」の方が長いんですよ。これは「日の出」「日の入り」の定義が関連しまして、「日の出」は「太陽が地平線(水平線)から出た瞬間」、「日の入り」は「太陽が地平線(水平線)に完全に沈んだ瞬間」なので、「太陽の大きさ」分の差がでるので「昼が長い」ということになるのです。

 昨日は春の陽気でしたが、今日は一日雨。最高気温も前日よりもグッと下がって11℃。東京では桜が開花しましたが、春はあと少しだけ先なようです。

 それでは、本日の登場人物は「春」な話題でしたのでこの方。「天元界 気象制御管理省 第三惑星管理室 東亜支局統括副局長 気象精霊」で「セルフィーヌ」さんの相棒でもあり「南風の精霊」である「アウステル」を称号に持つ「リセルアーテ・アウステル・フォーニエル」さんです。寒気がまだ影響しているようで春本番はもう少しだけ先のようです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 向かい風がこう強いと…。 | トップ | 「花粉」が目に… »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。