こたなたよりこんなこと

「登場人物」と「人物設定」は「フィクション」です。人物・企業・団体は実在のものとは関係ありません。

「アンガスチーズバーガー」で極厚パティを味わいましょ

2017年07月14日 | 食品

 今日も今日とで暑いですね…。こう暑いと、シッカリした物が食べたくなってきませんか?そんなワケで、「バーガーキング」で「期間限定」で販売されている「アンガスチーズバーガー」を食べてみました。

 「アンガスチーズバーガー」はナンと言っても「売り」なのが「4オンス」、「113g」もの重量がある「極厚パティ」は「アンガスビーフ100%」を使用し、「アンガスビーフ」と相性のよい「コーンダストバンズ」にオニオンスライスとオニオンソテーを加え、それに「バーガーキングオリジナルBBQソース」を絡めて、新鮮なレタスとスライストマト、スライスチーズではさみこんだハンバーガーなのです。

 実際に厚みも「コーンダストバンズ」がもとから「ふんわり」しているせいか、「ダブルワッパークラス」と同等の厚さがありますね。ただし「直径」の方は「4インチ」とワッパーに比べて1インチ小さくなっています。パティも、宣伝どおり、通常のよりも「厚み」があるのを視覚的にも認識できるくらい。大体通常の1.5倍位の厚みでしょうかね?ただ、実際に食べてみると、そんなに「パティ」の厚みが感じられないんですよね。それでも「コーンダストバンズ」のふんわりとした食感との相性は良く、オニオンスライスのシャッキリ感と、オニオンソテーのかすかな甘みは「BBQソース」との相性は良く、すんなり食べられます。

 すんなり食べられるせいか、いまひとつ「クワトロチーズワッパー」や「テキサスワッパー」などに比べるとボリュームが控えめな感じがしましたよ。

 バリエーションとして「アングリーアンガスチーズバーガー」があり、こちらは「オニオンソテー」の代わりに「ハラペーニョ」が入っており、「ソース」も「ミートソース」に変更され、この時期に合った「ピリ辛感」を味わう事ができるようです。

 それでは、本日の登場人物はハンバーガーの話題に登場する確立が高いこの方。「カナダコーストガード」で「通信士」を勤めている「ニューファンドランド」の「Chefille」である「リュシェンヌ」さんです。「コーストガード」と「体力勝負」な仕事に就いている「リュシェンヌ」さん。やっぱり「ボリューム感」が大事なようで、「アンガスチーズバーガー」のボリューム感に少々不満なようです。ちなみに背景が「アンガスチーズバーガー」なのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日から「お盆」なのですよ。 | トップ | 高速道路をお得に使いましょ。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。