こたなたよりこんなこと

「登場人物」と「人物設定」は「フィクション」です。人物・企業・団体は実在のものとは関係ありません。

中秋の名月が見れなかったからねぇ…

2016年10月13日 | 天文・科学

 今日は10月に入って初の「十三夜」でして「中秋の名月」の後の十三夜です。つまり「後の月」な訳ですよ。

 「お月見」って2回ありまして、まずは、先月の「中秋の名月」と、その後の十三夜。つまり、今日の十三夜の月見をする「後の月見」があるのです。「中秋の名月」と「後の月見」をしないと「片月見」といわれ「縁起が悪い」と言われているのです。しかも、この2回の「月見」ですが、地方によっては「同じ場所」で見ないと、片方しか見ない「片月見」と同じく「縁起が悪い」とされているのです、さらに、実は来月もう一回あります。11月10日の「十日夜」を見れば「お月見」は完了なそうです。

 ただまぁ、中秋の名月の時と同じく、現時点で東京は曇っていますね…。中秋の名月が見れなかったですし、そうなると別に今回も見なくても良いような感じがしてきますが、ともあれ見ようとする行為自体に意味があると思えばね。

 そんなワケですから、来月もお月見、しましょうね。

 それでは、本日の登場人物は「月」と言えばこの方「月の智霊 マルカ」の称号を持つ「天元界 気象制御管理省 三惑星管理室 東亜支局 東亜支局長 気象参謀」の「セルフィーヌ・マルカ・アクティナ」さんです。「後の月」って事でしたが、「セルフィーヌ」さん結構乗り気だったようですね。「あの」衣装着ちゃっていますし。でも結果的には月は見れませんでしたケドね…。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「聲の形」を観てきたけど | トップ | 24ヶ月点検はいつにしようかな? »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (すずき)
2016-10-19 20:27:54
まず、このカッコのセフィーさんがステキなのです(ココ大事)。

で、月齢13.5(@21時)の月を、14日の夜に奥会津で見ていました。
いゃ〜〜、月って明るいんですね。

そして、月が沈んでから朝までの間は星がよく見えること、見えること。
M42は双眼鏡目視で、ボヤーッと光が広がっているのがわかりましたし、すばるは肉眼(あ、眼鏡はかけてます)で6個見えましたよ。
Unknown (ハギハラ)
2016-10-20 18:37:07
 そうです、「セルフィーヌ」さんが、この服を着ているのが大事なんですよ。それにしても久々に描きましたよ「バニー」。

 街中では気が付きませんが、月は相当明るいんですよ。
 奥会津でしたら星が良く見えたでしょうね。双眼鏡でも「M31」は形くらいは確認できたかも知れませんね。ホントに「明るい夜空」でしたら肉眼でも大体の場所は解りますし。

 福島と言えば、「白河」でしたら「チロ」さんの実家がありますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。