Shout chirpily

高知のアコデュオCRAZY DOCTORのブログ
アコースティックギター + カホン + 酒 = ?

今週の1枚 vol.306

2016年12月07日 21時54分51秒 | 今週の1枚
今日は定期のバイトで須崎へ行ってきましたが
今朝の高知は今年1番の冷え込みって事で
ピーンとした朝の冷たい空気が良い感じでした

いつもより少し早めに出発して
ゆとりを持って行ったんですけど
伊野までは枯れ葉マーク的な軽自動車に制限速度より遅いスピードで引っ張られ
その後は運送会社の車にまたまた同様のスピードで引っ張られる的な
なかなかの安全運転・・・

っていうか、高速料金返せよ!
って思いましたね

お仕事的にはそこそこの忙しさで
早く始めた分だけ早く終わるという
何の理不尽さもない感じで定刻にランチ!

今日の一葉さんは焼きうどんでした

焼きうどんをおかずにご飯という
まあ炭水化物祭りなわけですが
おかず3品がいずれもヘルシーな感じでしたので
バランス的にはOKかなと

午後からのお仕事もこれで頑張れるぜ!
って思いましたが
予想以上に疲れてしまってクタクタでした

そんな私を勇気づけてくれた今週の1枚です

SKID ROW / SKID ROW(1989年)

彼らのデビューアルバムで
BON JOVIの後押しもあって作られた作品です

ですのでバンドはBON JOVIの弟分的な感じで捉えられるかもしれませんが
全く違います!
音楽の質が違うんです
(あ、決してBON JOVIを悪く言うつもりはありませんよ)

デビュー作って事もあってか
全体に荒削りな感じですが
曲が素晴らしく良いし
ギター中心の曲構成で
演奏はハードだけどメロディーは美しいという
まあ王道アメリカンハードロックですよ

BON JOVIとは全く違うというのはこのハードさで
曲がちゃんとギターのリフでできているので
我々メタルギター好きも受け入れることができるのです
(リッチーさんのギターはリフとかないやん?)

Sebastian Bach様の独特の歌が何ともマッチしていて
めちゃかっこいいんですけど
当時はあのルックスですし
もうそれはそれは憎たらしかったですね
(だってめちゃかっこいいんだもん・・・)

で、高校生だった当時以来かもしれないってくらい
久々に本作を聴きましたが
ええやんね

全ての曲が3分くらいのコンパクトな感じで
しかもハードでキャッチーですので
どれでもシングルカットできる感じ
まさにハズレ曲なしです

大好きなバンドでしたが
何故かコピーしたことがないですね・・・
結構曲もギターも好きなのに何故かな〜
歌がきついんで今更CRAZY DOCTORで演ってやろうとも思いませんがね

さて、3枚目のシングルですね

久々に聴いてあまりの格好良さに鳥肌が立ちました

このアルバムで1番長い曲ですね
っていうても5分ちょっとやけどね

しかしまあSebastian Bach様カッコ良すぎやろ
憎たらしいわ〜
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人体実験?的な | トップ | Plota再び?的な »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。