Area dee -Gathering room-

Bass Fishing/Radio Control/Music/Fixed Gear Bike & more…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

It's my ride. 〜AUDI A3 Sports Back 3.2quattro〜

2017年02月23日 | Automobile

愛車です。

こういうネタをやりだしたら、いよいよネタ不足がバレます。

でも仕方ないんです。校了作業中で会社と家を特急往復。

ブログネタを拾ってるヒマがありません。

ロケ地:ドクター中松通り


AUDI A3 Sports Back 3.2quattro。

もう10年落ちのクルマで、8Pと呼ばれてるヤツです。

フリーの編集者として仕事をスタートさせたときはクルマがありませんでした。

けれど、フリーで活動するにはクルマが必須。

「次は何に乗ろうかな〜」などとボンヤリ考えておりました。

仕事とプライベートの両方で使うことが前提で主な活動は都内近郊。

でも、いきなり四国や東北へロケに行くこともあるので

長距離を走ることも考えなければいけません。

狭い都内でもキュンキュン走れるクルマが欲しいし、

一方でカメラマンさんや機材を積めるラゲッジも要る。

ここらで欧州車にも乗ってみたいなぁ、なんて思ったり。

 

そんなある日、琵琶湖にて友人であり、某クルマ屋(rusty#2)さんのバスボートに乗せてもらい

一緒にバスフィッシングを満喫しておりました。

釣れない時間が延々と続き、集中力もとぎれて雑談が始まります。

 dee「ねぇ、AUDIの●●とかって、●▼■万円って相場かな?」

 rusty#2「んー、程度にもよるけど、そんなもんじゃない?」

 dee「そっかー。ネットで調べるとそんな感じなんだよね。ありがと」

 rusty#2「…………」

 dee「…………?」

 rusty#2「ってお前、相場だけ聞いてオレから買わない気か?

 dee「だって、オレ金ないから、迷惑かけちゃうかなってwww」

 rusty#2「なに言ってんだよ!予算と車種言え!すぐ見つけてやるわ!

 

げにありがたきは友達であります。

というわけで、すぐ見つけてくれたのが、今の愛車というわけです。

名付けて「紅蜥蜴号(べにとかげ号)」。なんかくの一みたい?!

 

中古車購入って完全に出会いだと思います。

金はないのに贅沢だけは言うもんだから、100%満足な理想の個体が現われるのって

ほとんど奇跡だと思います。なので、いくらクルマを紹介されても首を縦に振れない。

販売店さんもだんだん面倒になって「コイツ、買う気あんのか?」なんてなれば

いよいよ巡り合わせも悪くなっていくってもんです。

だから、信用できる人に探してもらう。

“この人が探してきたクルマだから大丈夫!”と思えるんだから

あとは、色の好みとか大雑把な程度くらいで判断すればいいもんね。

そんな幸運な巡り合わせでやってきた愛車は大事に乗ろうと思います。

 

 ♪(伴奏)

 幸せだなぁ。

 僕は君に乗ってフフフフン♪するのが大好きなんだ。

 僕は死ぬまで君に乗ってフフフフン♪するのをやめないぞ♥︎

 いいだろ?

 

すみません、マキタスポーツのネタが出てしまいましたw

 

A3はいわゆるCセグメントに属するクルマで

名車VWゴルフが開拓した(?)使い勝手のいいサイズです。 

フルサイズのワゴンよりショートなぶん、取り回しがよくて

5人乗りだし、荷物もそこそこ乗ります。

昔、自分含めて3人乗車で15本ほどのバスロッドの束と

トローリングモーター&マウント、さらにバッテリー2個と魚群探知機

タックルボックス2個、バッカン2個、3人分のお泊まりスーツケースを積んで

ダム湖へとロケに出かけたこともありました。

エンジンは今のA3にはない大排気量の3.2ℓ狭角V6で250phを発生。

徳島までバビューン!と走って2日みっちりロケして

ズガーン!と帰ってきても運転の疲労感がほとんどなし。

ドイツ車って「アウトバーンの国のクルマだから高速性能が高い」とか言いますが

それって、ホントなんだと体感して思いました。

フルタイム4WDの割には燃費も優秀だと思います。

どこかで見かけても石投げたりイタズラとかしないでねw

 

いつまで乗れるかわかりませんが、乗るほど愛着が湧いてしまうので

この先、修理やメンテのたぐいにお金が掛かることを考えると

どうしたものかと、ときどき思うのです。

 

●愛知ヴィエクル https://www.facebook.com/AichiVehicle/

 

『メーカー・ブランド』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にっぽん不思議紀行 vol.2 〜... | トップ | Premium Friday »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL