あるSEの業務日報

日報代わりの記録です。

ハードディスク WindowsXPでトラブル

2012-04-08 23:53:33 | 作業

 私のパソコンが何とも調子悪い。ファイルを開くと頻繁にフォルダを強制終了してしまうのだ。

 実は少し前からSSDからハードディスクへコピーしなおして運用しているのだが、いよいよOSが限界になってしまったようだ。

 そこで、同僚のパソコンもSSDで空き容量がパンク状態なので、私のSSDをいったん空にしてしまい、容量の大きな120GのSSDに載せ替える事にした。

 順調にいけば今日の夜には快適に動かせるつもりでいたのだが・・・同僚のケースを開けると、なんとSATAの電源コネクタに空きがなかったのだ。変換ケーブルの在庫もなく今日はあきらめて終了である。

 同僚の家から戻り、私のパソコンを起動すると・・・・XPの初期画面で「個人設定を読み込んでています」でフリーズしてしまった。20分待っても動かないので強制終了させ、セーフモードから起動させて、ネットワークドライブなどを停止させ、さらにレジストリクリーナーをインストールして問題が起きそうな所を改善した。

 再起動後、とりあえずは落ち着いて動いているようで、とりあえずは急場をしのげた。

 抜本的には、まず同僚のパソコンのSSDで容量の大きなものに入れ替え、次にSSDを玉突きさせて、60GのSSDをフォーマットし、私のパソコンの起動ドライブとする予定。当然OSの初期化をすることになるので、なかなか作業が大変なのは事実。

 今週も大変である。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たま 永眠

2012-04-07 19:29:04 | 出来事

今朝、愛猫のたまが亡くなった。

 来月で満19歳になる高齢猫だが、早朝6時の事だが、息が荒く少し苦しげだったが、時折みられたようなので、今日は調子が悪いと思いつつ母屋を離れた。

 その約1時間半後、7時30分に父の腕の中で静かに息を引き取った。聞けば、最近はほとんど歩く事ができなくなっていたのだが、洗面所で髭をそっている最中に自力で歩いて来たそうだ。そして父の顔を見ると安心して眠りについたようだ。

 猫としてはかなりの高齢だろうが、自力でトイレをしており、オムツをすることもなかった。

 たまが生まれたのは1993年5月18日。叔母が亡くなった日の朝生まれた。家の物置に住み着いた野良猫である。真っ黒い子が4匹と、真っ白いがしっぽと額だけが黒いはちわれの子が「たま」である。

 他の兄弟たちは大きくなっていくが、白い子は歯のかみ合わせが悪いのかうまくご飯が食べられない様子で、父はずっと食事の世話をしていたようだ。

 子猫達の母親はとても人懐こい可愛い猫だったが、あまり頭の良い猫とはいえず、何を考えたのか、ある日子猫たちをつれてどこかに旅立ってしまったのだ。そこにただひとり取り残され、体も小さいままの子を家で引き取り飼う事にした。それがたまである。

 その後まもなく全身が突然、痙攣(けいれん)する、「てんかん」の発作のようなものを何度がおき、正直あまり長生き出来ないとおもった。だが、成長するにつれ発作も徐々に治まり、避妊できるまでになった。

 たまは父にしか懐いてくれず、私は嫌われていた。当時、家のすぐ近くに家を借り仕事場としていたので、夜しか戻らなかったため、たまにしてみれば他所の他人に見えたのだろう。生後まもない段階で母親を離れてしまったのと、面倒を見てくれるのは父だけだったので、今にしてみれば社会科期の教育に完全に失敗したのだった。

 家にいる時はいつも父と一緒であり、仕事に行く時は大人しくじっと待っているとても賢く大人しい猫だった。夕方父が帰る時間が近づくと、いつも玄関近くに移動して父を待っていた。仕事から戻り車の音がすると、一生懸命で扉を爪でひっかいていたのを思い出す。

 そんなたまも遂に永眠した。

 大往生であり、しあわせな一生だっとおもう。

 

 最後におつかれさま。

 そして、すばらしい思い出をありがとう。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

M社 無線LANでトラブル

2012-04-05 23:55:27 | 訪問

無線LANが使えなくなったと連絡があったので訪問。

話を聞くと10年くらい前の古い機械で、バッファロー製のルーターを使用しており、SSIDはマックアドレスを元に指定するしかなく、暗号もWEPしか指定できず、さらにチャンネルも固定という今では使われていない技術ばかりである。

 さてクライアントから接続しようとすると禁止してしまうそうだが、訪問した時は電波が弱いながら復旧していた。

だがWEPを設定しておらず、自由にネットワークが誰でも入れる状態になっており大変危険な状態なので、まずWEPで暗号化することにした・・・のだが、いろいろ調べていくと最近導入したノートパソコンだが、内蔵の無線クライアントでは対応できずに、やむなくWEPを外して接続していたらしい事が判明。

 さらにいろいろ調べると、無線LANが常時5つ以上のネットワークが表示されているようで、空きチャンネルが自動切り替えできないルーターでは空きが埋まってしまったというのが結論である。

 セキュリティの問題からも新たにルーターを購入してそっくり入れ替えてしまう事にした。

 近くの家電店で無線ルーターとUSBクライアントを購入しMさっそくルーターのWAN設定をかけ、次にWEPを仕掛けて各クライアントと無線ノートパソコンにそれぞれ、暗号化の指定をかけた。

 そして最後にエプソンの複合プリンターで無線LANを指定しなおして作業完了。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加