あるSEの業務日報

日報代わりの記録です。

ボーズ ベビーキャノンの接続ケーブルを変えた。

2016-12-02 16:57:51 | オーディオ

 ボーズのアクースティマスキャノン(愛称はベビーキャノン)だが、付属のケーブルを止めて写真のインプット側の入力側と直接ケーブルでつないだら、恐ろしく音が良くなった。

 

  本来であれば専用のコネクタでスピーカーへ出力されるのだが、ケーブルを外してしまってボックスの入力端子の部分でスピーカーにそのまま出力させた。

 結果は大成功でとても音が良くなったし、アクースティマスキャノンもしっかり低音が出ている。

 取り外したケーブルがこれ。

 1本が5mもあり見ての通りまるで電気用の平行コードであり、とても良い音とは言える代物ではない。じつはずっと前も同様にケーブルを直接つないでいたのだが、パソコン用としてのスピーカー接続なので、そのまま付属ケーブルを使ったわけなのだが、改めてケーブルの違いを思い知らされた。

 本日の視聴はYoutubeで小澤征爾指揮ベルリンフィルのくるみ割り人形

 今回はパソコンで再生しているわけだが、ロシアの踊りの時に子供が泣く場面があるのだが、今回スピーカーケーブルを変えたことにより、何度か子供が泣いて観客が笑うシーンが鮮明に聞き取れた。昔の記憶がよみがえったのでほんとうにうれしい。

ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サブパソコンにエプソンのイ... | トップ | メモリーを増設した »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。