あるSEの業務日報

日報代わりの記録です。

Windows10のアップデート実施でプリンタが使えなくなった。原因はプリンタポート。

2016-10-05 19:43:25 | 訪問

 昨日の事だが、ある会社でWindows10でアップデートがかかり、NECのドットプリンターで印刷できなくなったと電話があったので訪問した。 

 結論から言うとデバイスドライバーは正常に機能していて、どういうわけかプリンタポートの問題だった。パラレルトートのLPT1を選択していたのに、アップデートによりLPT1ポートに何か問題があったようで、普段は使用することがないLPT2ポートに切り替えると無事に印刷できた。

 詳しく話すと、業務で使用しているWindows10 homeのデスクトップパソコンが、電源を入れると、アップデートのメッセージがありファイルが更新されて起動した。その後プリンターに印刷しても何も印刷されず、プリンタのダイアログにはエラーで取り消された旨のメッセージがあったので、呼ばれたわけだ。

 最初、デバイスマネージャーが原因かと思い、ファイルをインストールしてみたが結果は変わらなかった。システムの復元で、以前の環境に戻したらとりあえずは問題は解決できるだろうが、またアップデートされるので原因を見つけないと再発するだろうから復元はしなかった。だが、業務用に使っているアカウントと、私がメンテナンスのアカウントを別に作ってあるので、そちらでログインすると何事もなく印刷できたのでプリンタ側の問題ではない。Windows10のデバイスマネージャーに関するファイルはアカウントに関係なく共通なので、これは間違いなく業務アカウントで何かの操作に問題がある事を示しているので、業務アカウントにログインしなおして、何が原因か考える事にした。それで思いついたのがLPT1の他に、LPT2とLPT3の3つがあるが、試しにLPT2に切り替えると印刷ができた。どうやらアップデートによりポートが切り替わってしまったようだ。LPTは昔使われていたパラレルプリンタでり、一般的なUSBポートではないレガシーインターフェースだ。これらの設定は詳しい人間でなければプロパティを開けはしないだろう。

 もし、同様にWindows10でアップデートしてプリンターで印刷が出来なくなった人がいるなら、コントロールパネルからデバイスとプリンターを選び、問題のプリンターのアイコンを右クリックする。プリンターのプロパティを選択するとダイアログが開くので、ポートを確認する。通常はLPT1が選ばれているが、別のポートに変えると印刷されるかもしれないので確認してみよう。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オーディオの基礎 12 アナ... | トップ | DHCのサプリメントを買った~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL