あるSEの業務日報

日報代わりの記録です。

しろいねこを読んで

2016-12-25 22:44:20 | 出来事

 猫ブログ「しろいねこ」は毎日読んでいるのだが、今日12月25日はすえこちゃんの命日だ。

 その後ほどなく現在のみるこちゃんへと話は続くのだが、2012年12月25日という日は私が思い出に残る日だ。

 その日というのは同僚といっしょに紋別市へ行ったが、たまたま母も同乗していた。理由など細かい事はもう忘れてしまったが、その日は何か用事があり、そのついでに紋別市の親せきの事が気がかりで、母と親せき宅へ訪問した。だが留守で連絡先もわからないのであきらめて帰った。

 そして、今から考えると元気に車で移動できた最後の日となった。その後まもなく体調を崩してしまうのだ。年末に風邪をこじらせた。私は何となく風邪ではないと感じ、普通は嫌がるだろう母が素直に従い(それほど体調が悪かった)父の車で病院に向かった。30日、しかも日曜日だったが、救急外来に来たものの、当時インフルエンザが流行していたので、看護師はいかにも受付るのを嫌そうな態度が伝わってくる。それでも内科の先生に診察してもらう事になった。でもたいして診察もしないで「風邪ですね」で、さっさと送り返されてしまった。後から分かった事だが、単純な風邪ではなく悪性リンパ腫だったのだ。

 医者の立場にしてみれば、母が「がん検診を受けていない」というのが問題のようだが、がん検診を受けていない人は多いし、母は糖尿病できちんと通院しているのだから、まさかガンだとは考えてもみなかった事だろう。また、これが年末ではなく平日だとしたら、もっと検査をしてガンを見つけられたのかもしれなかった。だが実際には医者の言葉を信じて年末年始を自宅で過ごしたので、より事態を悪化させてしまったと思う。そして1月はじめに救急車で搬送されるまでになってしまった。寝ているときに脳梗塞を再発したようだ。元々言葉がちょっと不自由だったが、ほとんど話す事が出来なくなってしまった。そして北見の病院で精密検査を受けて、悪性リンパ腫と脳に転移している事が見つかった。その後旭川の病院へ転院し、抗がん剤と放射線治療でいったん退院したものの、すぐに再発して7月に亡くなった。

 この12月25日は母が元気に過ごせた最後の日となった。

ジャンル:
かなしい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« その後、カップそば | トップ | 桑茶を再び買った »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。