あるSEの業務日報

日報代わりの記録です。

次はコーヒーが不作~早起き日経+FT

2017-04-14 21:36:37 | 話題

 今日も早朝の早起き日経+FTを見ていたら、昨日のポテチショックに続いてコーヒー豆が不作で値段が高騰する恐れがあるようだ。コーヒー豆は値上がりしないでほしい。

 日経電子版で検索してみたが、コーヒー豆に関する記事は見当たらず、検索しても1年から半年前の記事ばかりだった。

 状況を注視する必要がある。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ポテチショック』が起きているらしい

2017-04-13 14:11:54 | 話題

 早朝のニュース番組、早起き日経+FTをみていたら「ポテチショック」が起きていると報じられた。ポテトシップスの原材料が品薄になり、一部の製品で出荷停止すると報じられたが、それを知った消費者が買いだめしてしまい、オークションで高値になっているという内容だ。

 日経電子版に記事があった。

 この記事を見て大昔のオイルショックを思い出した。近年では「あるある大事典」の納豆の買い占めが思い出される。イナゴのごとくみんなが一斉に群がるんだよね。

 ちなみにポテトシップス、実は先週の木曜日に旭川のドン・キホーテに行ったんだけど、ポテトチップスを久々に買おうかなと思ったのだが、コーナーに無かった。ドン・キホーテの店内はごちゃごちゃとしているので、探すのが下手で見つからないかと結局別の物を買ったのだが、今週の報道を見るとちょっと前から品薄状態だったのかもしれないと思った。

 さらにポテトシップスで思い出すのは、母は新じゃがが採れるとポテトチップスを良く作ってくれた。一枚ずつスライスしていくのだが、しっかり水気を拭き取らないと油が跳ねて危険であり、原料は安いがとても手間のかかる料理だった。でも揚げたてのポテトチップスは大変おいしく大好きだった。

 大袋が出回るのはちょっと時間がかかるだろうけど、早く戻ってもらえるのを願う。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポテトチップス販売休止相次ぐ 北海道産ジャガイモ不足で ~日本経済新聞

2017-04-10 19:56:56 | 話題

 日経電子版によると、「カルビーと湖池屋は10日、北海道産のジャガイモを原料とした一部の商品の販売を休止することを明らかにした。昨夏の台風の被害を受けて北海道産ジャガイモの収穫量が減少し、原料調達が困難になったためだ。」

 詳しい記事はこちら

 じゃがいもは日本国内で100%自給できる数少ない食べ物と思っていたのだが違ったようだ。確かに昨年は北海道に台風が、しかも連続してやってきた珍しい出来事だったが、ポテトチップス生産の大手2社がそろって販売の休止とは想像したこともなかった。

 生産が元に戻ることを願う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クレヨンしんちゃんのスーパー「サトーココノカドー」が春日部に“開店”

2017-04-09 20:17:42 | 話題

  Infoseekニュースを見ていると、タイトルにある、サトーココノカドー が開店したらしい。

 行ってみたいな~、サトーココノカドー。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WBSでキャスター気分が味わえるVR動画を公開

2017-04-04 02:12:25 | 話題

 いつも見ているテレビ東京のワールドビジネスサテライトだが、キャスター席から見たバーチャルリアリティー画像というものが公開された。

 画像はこちら

 スタジオセットで、メインアンカーとなる中央の席からみた映像が見える。出演者の大江麻理子さんや大浜さん、それに相内 優香さんと北村まあささんの4人と一緒にキャスター気分が味わえる映像だ。

 さて、4月の新年度に入り、いつも見ている番組がいろいろ改変された。まずBSジャパンの早起き日経プラスFTの番組時間が午前5時25分となった。3月までは4時30分からの開始だったので、かなり時間が短縮された形だ。もっとも、ほぼ同じ内容を3回繰り返していたので、リピートがない1回だけの放送となった。あと朝ダネ!が早起き日経から独立して5時20分から放送されるようになった。あとジャパネットの早起きショッピングスタジオも、3月までは早起き日経内に3回放送されていたが、番組がコンパクトになった為に無くなったようだ。私が5時くらいにテレビの電源を入れたら、ジャパネットが流れており、河野友里さんと塚本さんの二人で財布を紹介しており、もっと長い時間を拡大して放送されるようだ。

 そのほかモーニングサテライトが時間延長し7時5分までとなったのと、それに続く日経モーニングプラスもそれぞれ時間がずれた。しかし今度は逆に7時45分までと逆に時間が短縮されるようになってしまった。モーサテが延長されるのはうれしいのだが、榎戸教子さんが短くなってしまうのはねぇ~(悲)。日経CNBCでは古参でお姉さん的な存在なのだが、日経CNBCとの同時放送は4月から無くなって、BSジャパンだけで放送されるようになったようだ。もっとも大手町の日経スタジオからの放送であり、形としてはBSジャパンで放送されるが、朝エクスプレスが放送される手前の寄り付き前の経済記事を知らせる日経CNBCの番組という感じがする。

 朝エクスプレスといえば、3月までの岡村キャスターが昼エクスプレスに移動になり、代わりに直居さんがアンカーとなった。話も解説も上手なので安心して聴ける感じだ。そして昼エクスプレスは八木ひとみさんが卒業してしまったので、岡村さんと佐久間あすかさんで進行するが、昼のコメンテーターの出番はかなり少なくなった印象を受けた。崔真澄さんはほんのちょっとしか出演しなかった。個別株を斬るでも佐久間さんの司会であり、できれば崔さんの解説が聞きたかった。そのほかニュースでは河野恵さんが読み上げていた。昨年4月の昼エクスプレスではサブキャスターとして注目銘柄の解説や視聴者コメントを読み上げるのが中心であり、一般ニュースは他の人が読み上げていたが、今月から久々に一般ニュースを河野さんが読み上げた。でもちょっと噛むのが多かった、緊張したのかな? 

 そんなこんなで早朝から寄り付きと、大引けまでをほとんど通して見ていたが、番組改編でいろいろあった一日だった。

 ちなみに八木ひとみさんだが、ネットで調べたらNHKで4月8日から経済番組が始まるようだ。一度見てみようかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Windows 10の「Creators Update」は4月11日配信スタート~IT Media NEWS

2017-04-02 21:18:59 | 話題

 IT Mediaニュースによると、

 Microsoftが「Windows 10」の次期アップデート「Creators Update」を4月11日から“ローリングアウト”すると発表した。

 と、書いてあった。詳しくは記事を読んでいただきたいが近く自動的にダウンロードされると思う。

 今回のアップデート記事を読んでみたが、今のところ私にはあまり関係ないかな・・・、と思う。でもひとつ気になったのはブルーライトフィルターで、次回のアップデートから使用できるようになるらしい。最近はLEDディスプレイが増えているので疲れ目対策として有効だと思う。ちなみに私の液晶ディスプレイはLG製で、LEDバックライトは使っておらずブルーライトは無関係なのだが、いずれディスプレイを入れ替えたときは役に立つと思う。

 Windows10は一度アップデートさえしてしまえば、以降は無料でアップデートできるのでとても便利なのだが、初期のトラブルなどで敬遠した人は多いが、以前のバージョンであるWindowsVISTAは、今月中旬にまもなくサポート期限が切れてしまう。それ以降はWindowsXPと同じくネットにつなぐと大変危険な状態となるので接続は控えるべきだ。WindowsVISTAを使っている人はすぐにWindows10の購入手続きを取ってほしい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

特急オホーツク、ダイヤ改正で運転区間を短縮

2017-03-04 17:33:51 | 話題

 ECナビの「みんなのNEWSウォッチ」を読んでいると「きょうJRダイヤ改正 2017年3月4日、何が変わった? 大物なくとも多くの変化 通販の影響も」の記事が気になった。

 写真にはオホーツクを示す車体が記載されているので読んでみた。記事を簡単にまとめると、それまでは札幌ー網走間を1日4往復走らせていたが、経営難のJR北海道は、老朽化した車体を更新できずに古い車体を使いまわして1日2往復にするのと、残りの2往復は中間点である旭川ー網走にして、旭川から乗り継いで運行することになったらしい。全体としては札幌ー網走間の足は保たれるが、途中で乗り換えるのは煩わしいし待ち時間もふえるので、あまり有り難くない話だ。

 オホーツクは何度も乗ったが最近は利用していない。鉄道を利用する事はめっきり減った。10年くらい前に補助金事業で毎月のように札幌へ出張していた事があるが、それも同僚の車であって特急オホーツクはほとんど利用しなかった。唯一、2004年だったか北海道産業クラスターの大会に参加したときに、同僚と共にオホーツクに乗ったくらいだろう。長時間なので疲れないようにとグリーン車にしたのだが、車の運転が大好きな同僚は、他人に乗せられて動くのは馴染めなかったようだ。その時のグリーン車ではアイスクリームがサービスで付いてきたが、ガチガチにに凍ったアイスは結構おいしかったのを覚えている。だが、ワゴンサービスも数年前に廃止されてしまったので、アイスクリームも無くなったのだろうかと、ちょっと気になった。ワゴンサービスは結構好きだった。初めて乗ったのは小学生の時であり、親がお菓子を買ってくれた記憶がある。その後も私はオホーツクに乗るとコーヒーはよく飲んだ。今から思うとたいして旨い味では無いと思うが、あつあつのコーヒーが飲めるのはうれしかった。それに網走からの上りでは、駅弁が車内販売されていて、岡村べんとう屋のかに飯と、まい泉のカツサンドが選べて、どちらも美味しくお勧めだった。ちなみに下りは・・・普通の弁当とサンドイッチであり、初めて買った時は本当にがっかりしたのを覚えている。

 この記事を読むと経営が苦しいJR北海道はますます路線が縮小していくのだろう。さみしい限りだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プログラミング初心者がつまづきやすい0とnullの違いを「トイレットペーパーで」解説した画像が見事

2017-02-23 03:28:58 | 話題

 今日もinfoseekニュースを見ていると、タイトルにあるように、トイレットペーパーを使ってプログラミングでの違いを説明している記事があった。元ネタはねとらぼだ。

 詳しい記事はそちらで読んでいただくとして、要点として数字のゼロは、コンピュータで扱う場合の0は空っぽではないという事を示すのに、トイレットペーパーで説明したのが面白い。

 この0とnullについては私も昔に学んだ記憶が私もあって、機械語を学ぶときは絶対に必要な事柄だ。これはアスキーコード表を見てほしいが、数字の0はコード番号が48になっている。同様に数字の9は57だ。同様に小文字のaは97だしほかにも$記号は36など、コンピュータ上の文字や数字は全てコード表に登録されている。だから数学としてのゼロと、コンピュータのゼロとは意味買いが違うのだ。

 コード表での0はnull(ヌルと読む)文字と呼ばれ、何も無い空っぽとして規格されている。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どんな味かは運次第? 米国で大人気のゲーム感覚ジェリービーンズ、日本初上陸

2017-01-19 03:19:45 | 話題

 PEXの「みんなのNEWSウォッチ」はほぼ毎日ポチッとしているのだが、タイトルのあるように面白い記事がった。

 映画ハリーポッターの1シーンをそのまま本当に作ってしまったような、色々な味がランダムで選ばれるゼリービーンズだ。ハリーポッターは映画館で見たのだが「う○こ味」が印象になったが、そんなへんてこな味が本当に作ってしまったらしい。

 「う○こ味」といえば、間寛平氏の事を思い出す。かなり昔の事になるが、偶然見たバラエティ番組でう○この話があった。船に寛平さんが泳いでいた。小さな船のトイレは垂れ流しなのだが、それが偶然当たってしまったという話だった。その”ブツ”はどうやら苦いらしい・・・・・。それでハリーポッターに戻ると、ゼリービーンズのう○こ味と、寛平さんの話が結びつき「う○こ味」は苦いのではないかと予想する。

 ちなみにこの番組、Youtubeで無いかなと検索したら何とあった。DTDX:雨上がり宮迫の”海と間寛平の話”

 汚い話で申し訳ございませんm(__)m。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楽天モバイルその後

2017-01-17 19:29:45 | 話題

 契約してから一週間の楽天モバイルだが、良かった点、悪い点がいろいろ見えてきた。

 シャープSH-M04を契約したわけだが、まずはスマホの設定を確認してみた。

楽天モバイルも格安スマホの一つなので、通信キャリアはソフトバンクかなと思っていたら、設定を開くとなんと、NTT DOCOMOと表示されていた。

  あ~ドコモなんだ~・・・と直感的に思ってしまった。というのは昔からあまり良いイメージが無いのだ。私が初めて携帯電話を持ったのは1995年の夏であり、第一世代のドコモでやはりシャープの端末だった。初めて携帯電話を持てたのはとてもうれしかったが、電話機自体がとても重くて電池も1日しか持たなかったので、1年後にセルラー(現在のAU)に乗り換えた。ソニーの端末で、電話機がジョグダイアルの「クル、クル、ピッピッ」のやつだった。とても軽くて電話の音質が良い。それに通話エリア内であれば通話が切れにくかった。ドコモは昔から通話がとても切れやすかったのだ。かなり気に入ってる電話機だったが、当時隣町で仕事する事がとても多く、セルラーは一部でしか開通していなかったので、しぶしぶドコモの携帯電話に戻った。そして始まったばかりの第2世代通信でF203を選択した。でも相変わらずドコモは良く通話が途切れるし、おまけに音質は最悪であり、終始金属的な音になってしまうのだ。次は2000年にセルラーでも通話エリアが広がってドコモと大差なくなり、さらに第3世代のCDMA1のサービスが始まったのですぐに切り替えた。音質が格段に向上したし通話も途切れない。日立の電話機だったが、セルラーでもiMODEと同じようなインターネットと接続できる機能も付いていた。それ以来4年ごとに買い替えており、2004年のCDMA2000の1xWINは本格的なインターネットができるようになり、ダウンロードも実効1Mbpsがある。ドコモが始まったFOMAと呼ばれたW-CDMAは、固定電話であるISDNの無線版であり、携帯電話で2回線が使用できた。だがダウンロードは384Kbpsで遅く一定の普及はしたものの、ほどなく第4世代に取って代わった。2008年にはドコモもKDDI、これにソフトバンクも共に第4世代通信となり、ようやく規格が統一されてLTEとなった。

 そんなわけで、ドコモは第1世代、第2世代、第3世代、第4世代と、日本中の。すべての基地局を最初から全部作り直してきたわけだが、安定して通信できるかなと思ったら・・・・・ダウンロードが死ぬほど遅い。ブラウザを開くと、文章がまず先に表示されて、後から写真がダラダラと表示されていく。まるで昔のISDNを思い出すようだ。LTEは開通しているエリアなので基地局の問題なのか、楽天モバイルが悪いのかはわからないが、起動直後のアップデートに半日かかってしまった。それと翌日に楽天マガジンの案内があったのでgoogleストアからダウンロードしてみると、何と10%の所でエラーで停止してしまった。これじゃ全く使えないではないか。思えばセットアップ時にWiFi接続するように促されたが、無線LANは持っているが必要ないので外してあり、設定をスキップした。でもこれではまとも動いてくれないので、急きょWiFiを設定することにした。その後光回線からWiFi設定で楽天マガジンをダウンロードされると瞬間的にインストールされた。まあほとんど外に出る必要が無いので別に良いのだが、ドコモ回線は本当に失望した。

 

エモパーが便利そう

 このスマホにはエモパーというガイドが付いている。Windows10のコルタナ君みたいなものらしい。とりあえずインストールしてみた。まあ別にこんなガイドは必要ないと思っていたら、面白い事に昨日の歩数結果が勝手に表示された。確かに買い物でダイソーに行ってきたのだが、5341歩と記録されている。スマホは胸ポケットに入れていたのだが、きちんと歩数がカウントされているのがわかる。安い歩数計は腰のあたりに付けておかないときちんとカウントされないのだが、このスマホはどういう理屈なのかはわからないが正しく表示されるので驚いた。エモパーちゃんのおかげでまじめに歩き始めた今日この頃である。

楽天マガジンはHIVIがうれしい。

 1か月無料というので楽天マガジンをインストールしてみたのだが、200雑誌を読み放題になるらしい。田舎に住んでいるのでスーパーマーケット内の書店が無くなってしまい、コンビニくらいにしか週刊誌そのものが無くなってしまったので、このサービスはちょっとありがたいかもしれない。でも5インチのスマホなので虫眼鏡を使っても読みにくいのが現状だが、200誌のかに、StereoSoundとHIVIがあった。これは20年くらい前に定期購読していた雑誌なのだ。おもえば昔、月刊誌は20誌以上を定期購読していた。大半はアスキーやI/Oなどのパソコン誌だが、日経トレンディなどの経済紙と、あとオーディオ雑誌も4誌ほど購読していた。20年前までは書籍くらいしか情報を得る手段が無かったが、インターネットの出現とそれに常時接続が可能になったのは大きい。おかげで物理的な書籍は全く読まなくなってしまった。

 HIVIの記事をいくつか読んでみたがなんとも懐かしい。雰囲気は残されている感じがする。ちっちゃな画面だが、がんばって読んでみようかなと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加