あるSEの業務日報

日報代わりの記録です。

PCめがね、その後

2016-11-17 17:29:39 | 話題

 先日買ったブルーライトカットのPCめがねだが、かなり助かっている。

 夜になりLED蛍光灯を点灯しているが、やはりPCめがねをかけると、あきらかに目が疲れない。

 私のパソコンの液晶ディスプレイはLEDバックライトではないので、影響は少ないと考えていたが違っていた。PCめがねは必需品だと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日はジュルちゃんの命日だった

2016-10-19 17:09:20 | 話題

 昨日はちょっとバタバタして書けなかったが、昨日は「ジュルのしっぽ」のジュルちゃんの命日だった。

 あれから6年が経つが、ブログの更新は終了してもまだ閲覧している人は多いと思う。私のデスクトップの一番上のアイコンはこのブログが置かれているので、ブラウザーは事実上スタートページだ。gooブログの存在を知ったのがこのジュルちゃんだった。毎日更新されるジュルちゃんがとても楽しく、操作性も良さそうに思えたので、gooブログに登録した記憶がある。自分の書き込みをさかのぼってみると、初書き込みは2008年の8月1日らしい。当時は本当に日々の日報として書き込んでいて、日々訪問したり、開発したりと結構忙しかったと思う。

 私も4年前に愛猫のたまを亡くしそのままなので、そろそろ猫を飼いたいなと感じている。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またWindows10がアップデートされた。

2016-10-14 17:06:11 | 話題

 昨日の夜にまたWindows10が自動でアップデートされた。パソコンの電源を切る時に、「更新とアップデート」の選択肢の選択肢があって、実行するとファイルがダウンロードされてパソコンが終了した。そして次にパソコンの電源を入れたら更新された新バージョンのWindows10に切り替わった。

 何が変わったのか、何処が変わったのかは正直よくわかっていないが、スタートボタン周りのアイコンが追加していた。

 私のパソコンのスタート画面だ。スタートボタンを押すと、タスクバーの上の列にアイコンが追加された。左下から「電源」。「設定」。「エクスプローラー」。「個人用フォルダー」。「ネットワーク」。「ホームグループ」。「ローカルアカウント」だ。電源アイコンがスタートボタンのすぐ上に配置されたので、いつでも誰でも簡単に終了することができるので、大変わかりやすくなった。多くのアメリカ人は電源を切らずにそのままにしているので、Windows8では電源終了を裏側に隠してしまったが、Windows10になってから徐々に終了アイコンが復活してきており、今回のアップデートでいつでも電源が切れるようになった。日ごろからこまめに電源を切る私としてはありがたい仕様変更だ。

 さて、そのほかのアイコンについては正直、あまり関係ないなと思う。ちょくちょく「設定」はいじる事がないし、コントロールパネルも簡単に開くことができるので、なぜ電源アイコンのすぐ上に「設定」を配置したのか理由がわからない。その上のエクスプローラーはファイル一覧となるので便利だろう。「個人用ファイル」は、ローカルアカウントでログインした際の各ファイルの玄関口となるもので、どこにファイルされているか一覧で示せるようになっている。ネットワークのローカルアカウントは普段からどれくらい使うのか疑問であり、もっとアイコンの数を減らしても良かったのではと感じた。

 まだ批判も多いWindows10だが、勝手にバージョンアップされたとか、圧縮メモリを採用したのでハードディスクが回り続けるなど、あいかわらずの問題児だが、それでもだいぶ安定してきたと思う。そこそこのパワーがあればかなり使いやすいOSに仕上がってきたので、長い目で付き合ってみてほしい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

My Yahooが終了したので、Feed Watcherをインストールしてみた。

2016-10-02 17:15:25 | 話題

 9月29日にYahoo japanのサービスであるMy yahooが終了した。ニューや天気予報など便利に使っていたのだが9月末に全て使えなくなってしまった。もちろん類似のポータルサイトはたくさんあるので、無くなっても特に困るものではないのだが、何か変わるものが無い物かと検索したら、Feed Watcherなるものが最初に上がってきたので、とりあえずインストールしてみた。

Feed Watcher

 結構便利だ。Yahooの他にFacebookなど代表的なSNSも登録できて一括ログインできる。

 これならMy yahooの後継として使えそうだ。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

半額、目玉焼き風てりやきバーガーを売っていた。

2016-09-14 17:01:54 | 話題

 ダイソーで充電ケーブルを買ったが、隣のコープさっぽろでパンが半額になっていたので、いくつか買って来たのだが、ヤマザキから目玉焼き風てりやきバーガーなるものが半額になっていた。

 これって月見バーガーかな思った。思えば9月、久々にマクドナルドに行きたいところだが、近くに店がないのであきらめていたところ、なんとヤマザキから売られていた。

 開けたところ。

 写真ではわかりにくいが、ちょっと薄めの目玉焼きと照り焼きのパティがはさんでいて、美味しかった。これなら半額でなくても買っても良いと思うので、見かけたらぜひ買いたい。

 さて、マクドナルドに行けるのはおそらく11月だろう。平日2時までのバリューセットをぜひ食べてみたいところだが、行けるのは夕方になるので無理だろうな…。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Windows10のハードディスク、アクセスランプの回避法~アクセス解析のトップで

2016-09-09 03:04:09 | 話題

 gooブログのアクセス解析を有料で申し込んでいるのだが、常に上位に上がっているのが、「Windows10 でディスクアクセスの原因。仮想メモリを手動管理で回避」だが、今週立て続けにコメントを残していった方がいらして、あらためて多くの人がWindows10のハードディスクで問題を抱えているのを知り、設定の手動回避を詳しく解説する事にした。

 手順は以下の通り。

 まずはWindows10を起動し、スタートボタンを右クリックする。

 コンテキストメニューが表示されるので、「システム」をクリックする。

 「システム」のパネルが開くので「システムの詳細設定」をクリックする。

 「システムのプロパティ」が開き「詳細設定」が選択されている。

 「パフォーマンス」から「設定」をクリックする。

 「パフォーマンスオプション」が開く。

「詳細設定」からカスタムを選択する。

「仮想メモリ」を開く。

「すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する」のチェックを外すと、「カスタムサイズ」の手動入力ができるようになる。

 初期サイズ。2048。

 最大サイズ。8192。を入力し、「設定」ボタンを押す。そして最後に「OK」ボタンを押して、パネルをすべて終了させる。

 最後に再起動するように促される。

 再起動後、再びWindows10を起動させる。これで手動管理にしたので、4ギガバイト以上のメモリーを積んでいるならハードディスクの常時アクセスしている状態は回避されるはずだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北海道に再び台風へ

2016-08-21 05:49:41 | 話題

 つい先日も台風がやってきたばかりだが、再び直撃を受けそうだ。

 アメダスの記録を合計すると、昨日1日の合計が125ミリとなった。降水量がとても少ないオホーツクとしては、これは記録的な数字だと思う。 

 北海道新聞によると、避難指示や勧告がでているようだし、常呂川(ところがわ)はん濫発生情報がレベル5で、すでにはん濫している模様だ。湧別川(ゆうべつがわ)もレベル4であり、いつはん濫してもおかしくない状況になっている。

 オホーツクは冬には流氷が来るので、寒さによる冷え込みは半端ない。そのための備えは昔から行われいるので万全なのだが、先に言ったとおり降水量はとても少なくて晴れが多い。そして日照時間がとても長いのが特徴だ。雨不足にならないのは大雪から降った雪により、雪解け水となって川が枯れることはなく、ほとんどのシーズンで平穏な日が続くのだが、本当に滅多に起きない台風の上陸が起きてしまった。しかも立て続けに起きたのは私は記憶がないので、被害が大きく起きないのを願っている。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 昔の本で思い出す事。

2016-08-20 01:33:29 | 話題

 先日アンプが壊れたので新しい物に入れ替えた。安かったがとても満足している。アンプを含むオーディオセットは毎日1時間は音楽を鳴らすようにしている。これはエイジングと言われるもので、ならし運転のようなものだ。それまでは本来の力が発揮されないままなので、きちんと毎日鳴らしてあげる事が大切だ。

 だが半年以上も機器を外したまま放置していたので、えらそうな事は言えないのだが、時間的にも余裕ができたので昔のように本格的に音楽を楽しみたいと思うのだが、改めて思うのが基本的な知識があったからだ。これらの多くがNHK教育テレビの「技能講座 オーディオ入門」で教わった。初めて見たのが1978年の途中からで、翌79年は全て視聴し同時にテキストも購入した。アンプやコードプレーヤーの操作法、FMチューナーの設置やチューニング、カセットデッキの録音、スピーカーの設置法など、オーディオ機器全般に渡る基礎知識を教わった記憶がある。googleで「技能講座オーディオ入門」を検索してみたら、なんとその記事があった。ほんとうに懐かしい。私の本棚にずっとあったのだが、父がパソコン雑誌と共に処分されてしまいすごく残念だ。それまで漠然と右と左にスピーカーがついていたのだが、この番組で、本当の意味での「ステレオ」がどういう物なのか明確に理解した。ステレオとは音楽を鳴らす装置の事ではなくて、左右のスピーカーによる空間を再現する事だ。だから2つのスピーカーの間隔はおおむね1.5mくらいまでで、2mを超えて設置してしまうと、いわゆる鳴き別れが起きてしまい、音像定位が結ばれなくなってしまう。理想的リスニングポイントは正三角形の頂点からやや下がった地点、つまり2つのスピーカーの間を結んでトライアングルを結んだ地点から半歩下がった地点となっている。オーディオ入門はこのような基本を教えてくれた番組だった。

 でも現実の部屋では場所に制約が多く、理想的に設置できない場合も多い。逆に部屋が広い場合は、スピーカーの距離を広げたくなるものだが、おおむね1.8mくらいが限界で、それ以上広げると左右の間にセンタースピーカーを設置しなければならなくなるが、たとえ設置しても音像定位がきちんと結ばれるためにはきちんと調整が必要になるので、安易にスピーカー間を広げてしまうとバランスを崩してしまう。

 このようにオーディオ入門を昔学んだが、一通りオーディオ機器がそろっているが、これで完成というわけではなく、まだするべき事はたくさんあるので、オーディオをうまく使いこなして良い音を鳴らしていくのが醍醐味だと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Windows 10 Anniversary Update 実施してみた

2016-08-09 19:38:31 | 話題

 先週からリリースされたWindows10の最新版、Windows 10 Anniversary Updateをダウンロードしてみた。

 結論から言うと、現在使用している機器ではほとんど変化がなかったが、ひとつ目立ったのは、日本語入力IMEで言語バーを表示させているが、半角か全角の表示で、そのフォントが太字で表示され見やすくなったくらいだ。あと起動時のログイン画面で壁紙が表示されるようになった事と、管理者権限が要求された警告文が変更になったくらいだろうか。

 今回のアップデートも最新のデバイスを駆使した時に発揮されるものばかりなので、従来から使用している人にとってはあまり関係のない機能だとおもう。前回、ユーザーインターフェースの大きく変えてしまうと、ユーザー自身が混乱して反感を招く結果になったので、いったんWindows10に乗せ換えたのなら積極的にアップデートをした方がよいのではと思う。

 

 

,

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マイクロソフトWindows10の新価格版がアナウンスされた。

2016-08-01 02:41:27 | 話題

 アマゾンのメールマガジンでMicrosoft Windows10 Home新価格版が送られてきた。もちろん買う必要はないが無料アップデートが終了したんだと思った。

 7月中であればWindows7は無料でアップグレードできたのだが、見送った人はそれ以降については有料で買わなければいけなくなった。延長サポートの終了は2020年の1月なので、あと3年半以内には買わなければいけななくなったのだが、残留した人はかなりいるだろうと思う。もちろんWindows7はパフォーマンスもよく、かなり安定したOSなのであえて動きたくないという人は多いだろう。いっぽうのマイクロソフトも、一人自爆してしまったWindows8の失敗を繰り返さない為にも、満を持してのリリースであり、ひとりでも多くのユーザーにWindows10に乗り換えてもらい、早急にビジネスモデルの転換を図りたいのだが、またしても独断的なアップロードを行った事でユーザーに反感を招いてしまい、アップデート率は当初の目標を下回ったようだ。今後のWindows7ユーザーの動きが気になるところだ。

 さて、マイクロソフトはWindows10であれば、アップデートは今後自動的に更新される事になっているが、気になるのは積んだパソコンのスペックが重要になると思う。ざっくり言えばCore2duoプロセッサは現在のWindows10を動かすにはギリギリのスペックであり、10年前のパソコンはそろそろ動きがきつくなってくる頃だ。当面はハードディスクを外してSSDに乗せ換える事でパワー不足をある程度は解消することができる。しかしメモリー不足が問題となるだろう。最近のパソコンはメモリーが10ギガを超えて積む事ができるが、10年前のパソコンは4ギガが制限となっている機種が多く、32ビット版ではWindows10が動作ギリギリの状況だ。現に今年5月のアップデートを実施したところ、急激にメモリーをバカ食いするようになってしまい、快適に動かすには4ギガでは足りず、もっとメモリーを積む必要が出てきている。結論から言うと10年前のパソコンを使っている場合は、Windows7をそのままにしておき、パソコン自体を買い替える準備をした方がよいだろう。

 昔から繰り返し言われていることだが、ハイスペックのパソコンを長く持つか、そこそこのパソコンを短期間で次々に入れ替えるかは、ユーザーの考え方次第だ。だが将来拡張するだろうからと、全く使われないオーパースペックのパソコンを購入するのは疑問だ。用途と拡張力を考えて最適なパソコンを選ぶのが大切だと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加